旦那の小遣いと交際費

レス13
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

赤とんぼ

旦那は40代半ばで中間管理職です。
毎月の小遣いはガソリン代(1万円位)込みで5万円です。昼食は会社で弁当を注文し、代金は給料から引かれます。タバコやギャンブルはしないのですが、会社の付き合いの飲み会が多く困っています。ひどい時には、1ヶ月に4回もあります。1回分は小遣いから出してもらいますが、あとは家計費から出します。飲むとタクシーで帰ってくるため、会費とあわせて1万円を渡します。管理職手当てが支給されているので、仕方がないのかなと思う反面、「これ以上給料は上がらない」と言われてしまうと、ため息がでます。これから子供の教育費がどんどんかかるのに・・・。
同じような状況の方お話聞かせてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数13

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 夫の小遣いは

    生かさぬよう殺さぬように与えるのが鉄則です。
    男というものは小遣いが多すぎても少なすぎても問題を起こします、多すぎるとギャンブルやホステス等の水商売にお金を費やし始めますし、逆に少なすぎると思いやりがなくなったり、内緒で借金をしたり、会社のお金を横領したり、果てには盗みを働くのです!
    貴方の目的は円滑な家計の運営の筈です、「金のガチョウの首を絞めるような行為」をしてはいけません。
    さて、小遣いの額ですが人によって適当な額は異なります(ここが重要です!「・・さんの旦那さんは月に1万円あれば十分と言ってるのに」は事実ですが全ての人に当てはまる真実ではないのです。
    旦那さんの小遣いを減らしたいようですが、まず手始めに飲み会のお金を月に2回まで自腹として貰うことから始めてはどうでしょうか?不満を言うでしょうがなだめすかして、これで2年程慣れさせるのです、忘れてはいけないのは、その間に彼に見返りを与えることです、飲み会1回分の額でも臨時に与えてあげれば彼の不満は消失します。
    2年経って大丈夫な様でしたら、自腹の回数を3回、4回と増やしていきます、肝心なのは一気に強硬な態度を見せないことです。

    ユーザーID:

  • ひどくないときは?

    ノミニュケーションの世界がある世代や会社では、月に4回というのは決して多いほうではないと思いますけど、ひどくないときはどのくらいなのでしょうか。

    月の小遣いが昼代抜きの5万円は、なかなかのいい待遇だと思います。ガソリン代が高騰して月に1万5千円くらいはかかっているでしょうから、残りは3万5千円くらい・・・部下にいい顔をしようとすると、飲み会2回でなくなってしまうでしょうね。

    減らせというのは簡単ですが、飲みに行く連中、わけても上役や年上とのみに行く連中の人脈と情報網はバカにできないものがあります。酒は自分が好きなように飲みたいと広言する私にはあまり声がかかりませんが、やはりある部分では遅れを取っているように感じますね。

    野放図に勝手をやらせろとは言いませんが、あまりきつく締めるのもどうでしょう。それでも家計がきついようならば、それをご主人に伝えてご家族でよく考えて話し合われるといいと思います。

    ユーザーID:

  • あーやだやだ。

    40代の中間管理職とのことですが、職種によって
    変わってくると思います。

    営業職や、人と会うことの多い部署であれば、忘年会や
    歓送迎会以外にも、不定期で親睦を深める意味の飲み会
    は大なり小なりあると思われます。これは、交流を深める
    こと=飲食を共にすること、というのが常識的に考えられ
    ている以上、仕方の無いことです。

    週3回もあれば異常ですが、月に2〜3回は仕方無いと
    思います。特に期末とか年末とかは・・・
    まがりなりにも中間管理職を仰せつかっている以上、それ
    なりの責任を負担していることをお忘れなく。

    それにしてもパンださんとやら、あなたの偏見に満ちた
    レスは怖いを通り越して呆れますね。
    >金のガチョウの首を絞めるような行為
    夫=金づるとしか思ってないってこった。

    ユーザーID:

  • ためになるトピですね

    ぱンださんのお話感心しました。

    私は前はギリギリの額を渡して、結局足りずにあとからチョコチョコ渡してましたが、最近はちょっと多めに渡してこの中でやってね、という風にしてます。

    奥さんの腕次第というところですね。

    ユーザーID:

  • ・・・

    いつも思うのですが。。。

    私の職場にも、「お金がない」というのを理由に飲み会に来ない上司がいます。
    それをみて、後輩は何って思うか。

    「ダメだな。こいつ。小さい男だな」

    管理職と一緒にご飯を食べに行って、割り勘なんて言われた日にゃー

    「はぁ?管理職のくせに」

    と、男としての評価が下がるものです。

    そこまで家計が!って思うなら、自分も働いてみたら?
    家計が苦しいからダンナのお小遣いを減らす=昇給のチャンスを捨てる。だと思いますけど。
    男にはお金を使わなくてはいけないってときがあるんですよ。

    自分はケチな上司についていきたいとは思いません。
    私は上記の理由から働いています。

    ユーザーID:

  • 高い安いは額面だけでは決まらない

    41才既婚子ナシ♂です。

    我が家は小遣い制にしておりませんので単純な比較はできませんが、
    額面だけでは適正か否かは決まらんと思います。
    収入がこれだけ、総支出がこれだけ、貯蓄がこれだけ、と分けていった額に対して、どの位の割合を使っているか?
    になるかと...

    どーしても付き合い飲みを減らさせたいなら
    小遣い1万円UPの代りに「飲み会費用の家計からの補填なし」とかにすれば、
    無い袖は振れないから減るでしょう。
    (ダンナの面子はツブれるかもしれませんが)

    ユーザーID:

  • こんな発言許されるのですか?

    -- 引用開始 --
    生かさぬよう殺さぬように与えるのが鉄則です。
    男というものは小遣いが多すぎても少なすぎても問題を起こします、多すぎるとギャンブルやホステス等の水商売にお金を費やし始めますし、逆に少なすぎると思いやりがなくなったり、内緒で借金をしたり、会社のお金を横領したり、果てには盗みを働くのです!
    -- 中略 --
    その間に彼に見返りを与えることです、飲み会1回分の額でも臨時に与えてあげれば彼の不満は消失します。
    -- ここまで --

    みなさーん、旦那さんの小遣いが少ないと、盗みを働くようですよぉ、横領するようですよぉ、借金するようですよぉ。また、多いと、ギャンブルに走ったり、女性につぎ込むそうですよぉ!この書きこみされた方は「男というものは」と断言されてますから、気をつけましょう!
    まあ、旦那さんが稼いできた給料から、小遣いを「与える」なんていっている人ですから、よほどの聖人君子な方だと思いますが。。。

    ユーザーID:

  • 5万て少ないと思いますけど・・・

    中間管理職って、上とも下とも飲みにいかなきゃいけないじゃないですか。

    それを考えると回数は妥当だと思います。

    そして1回あたりの飲み会の負担額って、わりと大きいものじゃないんですか?

    うちの夫はヒラの時から「女性の分出してるし・・・」と7000円〜8000円出してましたし、昇格したらもっと負担増となりました。

    仲の良い上司は1ヶ月の小遣い8万円だと言ってますし、その上の部長は1ヶ月15万円は自分の為に確保しているとのこと(余ったら貯金するそうですが)。

    個人的には5万円じゃ足りないだろうなぁ、と思います。

    ランチ代だけで1ヶ月1000×20で2万円でしょ。コーヒーだの何だの雑費1万円でしょ。雑誌だの本だのでまた1万円として、やはり飲み代には1万円しか残らない。これはせいぜい1回分・・・8万円で妥当かな。

    ユーザーID:

  • 困りますねぇ。

    ダンナは30後半、管理職です。
    年収はおおよそ8、900万円くらいです。
    お小遣いは45000円。

    他に会社行事の集まりの積み立てが月に12000円です。
    来年大学に入る息子、高校受験を控えた娘がいるので家計はピンチ?(持ち家なし)

    今現在妻である私はフルタイム勤務ですが、更年期のため年内で退職予定。
    私の上司連中の財布の紐がかたーい為、夫にはこんなにみっともない人であって欲しくないし、でも家計はきついしでどうしたらよいのやら・・・。

    自分の退職後にどうやって収入を増やそうか、思案中です。

    ユーザーID:

  • あらあら

    私の主張があまりにも過激過ぎて皆様の御不興を買った様ですね。

    まあ、私も旦那様と同じ、しがない勤め人の男なんで面白可笑しく書き過ぎた点もあります、ご容赦下さい。

    確かに、皆が皆、そんな極端な行動には走りませんが仕事柄、問題を起こした理由が小遣いの大小に関わっていた事案をいくつか知っていたものでこんな書き込みをしてしまった次第でして・・・申し訳ありませんでした。

    ユーザーID:

  • 営業職の場合

    夫30代メーカー営業 私同じく30代メーカー営業

    なので営業職の気持ちは激しく理解できます。
    我が社の場合は飲み会、接待は少ないので自腹はありませんが。夫の会社は飲み会、接待の回数が多く5.5万円では
    平社員でも、とてもじゃないけど足りません。

    しかし、営業の気持ちはよくわかるので時には見栄も必要ですし、後輩に営業に指導するときは今日の食事代ぐらいは出すよなどど言いたいでしょうし。。。

    男は遊んでなんぼだと私自身思ってますので。
    もう、あきらめてます。

    ユーザーID:

  • 小遣いを7万に増やす

    増やして、その金額でやりくりをさせる。

    もしくは
    ガソリン代は費用として家計から出し、
    小遣いを6万に増やす。

    これで、今までよりも約1万安くなりますよ。

    締めつけばかりでは不満が生まれるので、うまい具合に誤魔化しながら削っては?

    ユーザーID:

  • 会社・家庭の状況によるもの

    「付き合いの飲み会」と一口に言っても、会議後の懇親で飲む・上司と飲む・部下と飲む・気心の知れた仲間と飲む、それぞれ必要性も断わりやすさも異なります。
    (あまり詮索してはご主人のご機嫌を損ねるかも?)

    夫・妻のこづかいが多いか少ないか、というトピを見るにつけ、各家庭の収支が違うのに比べても仕方無いと思うのです。妻は専業主婦の家庭で夫の年収500万円の家庭と、共働きで総合年収1200万円の家庭では、こづかいが違うのも当然ではないでしょうか。
    とにかく家計を分析し「交際費+こづかい」がどこまでなら出せるのか、今後どのように出費が増加する見込みなのか確認し、一度ご主人とお話されてはいかがでしょうか?

    ぱンださんのレス、個人的にはとても楽しく読みましたよ。表現はともかく要点はついているように感じました。
    (本気でそのように家庭を「支配・統制」されるのは辛いでしょうけどね(笑))

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧