?ちくわぶの調理の仕方?

レス9
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

ふくさ

おでんのトピで人気だった「ちくわぶ」を
買ってきて、おでんの中に入れ初めて食べてみました!

・・・が、なぜか、おいしくないんです〜。
モチモチというより、モゴモゴ?

「モチモチ」の食感の食べ物は好みで、生麩なんて
いくらでも食べちゃう位、好きなんです!
(当方、京都在住です)

だから、ぜったいに私好みに違いないと思って
早速作って食べてみたのに。

何がいけなかったんでしょうか?

スーパーで売っていた2本入りのちくわぶを
横半分に切って、端っこがとろける位煮込みましたが
もっと小さく切った方が良かったんでしょうか。

皆様があれだけ「おいしい、おいしい」と
言われてるので、それは楽しみにしてたんです〜。

おいしく作れるコツやポイントがあれば
ぜひ教えて下さいませ!

よろしくお願いしますっ。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数9

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちは

    東京出身ですが、おでんに「ちくわ麩」は入れません。
    しかし小学校の給食に出たときは、いつも幅1センチ位の斜め切り(斜めの輪切り)になってました。

    >横半分に切って、
    だと火が中まで通らなかったのではないかしら

    ユーザーID:

  • 煮方はちょうど良さそうですね

    端っこがとろけるくらいなら。
    切り方は、一本を二つに切る、でも多分大丈夫だと思いますが(ちなみに私が作る時は一本を三つに切ってます)、横半分ではなくて、青竹を切るように(かぐや姫の入っている竹のイメージね)斜めに切った方が切り口の表面積が大きくなって、食感がよくなります。

    あ、あとね。
    竹輪麩に生麩のモチモチ感を期待しちゃいけません。
    竹輪麩はモチモチというよりはモゴモゴで正解の食べ物です。

    ユーザーID:

  • もっとスライスして欲しかった

    ちくわぶを二等分しただけで煮たのですか?出来れば斜め切り(厚さ1cm位かな)した方がいいと思いますが。 ちくわぶは東京近辺では人気ありますが関東と地理を広げると人気ないですよ(私は大好きですが) それに原料は小麦粉です、すいとんみたいなものとお考えいただけたらわかりやすいと思います。TOPI主さまの好きな「麩」とは食感が違います。
    ちくわぶを知らない友人(関東近県出身)におでんのちくわぶを食べさせたら「ただの小麦粉の塊でしょう?おいしくな〜い」と、言われました。
    ちなみに私はちくわぶの煮物の時は甘辛い味付けで煮ております。でも煮物よりもおでんの方が好きです。

    ユーザーID:

  • ちくわぶ

    京都出身で東京在住のものです。

    「ちくわぶ」というものを、こちらにきて初めて食べました。

    が、、、ごめんなさい。「おいしい」というものではありませんでした。餅麩と比べられるモノじゃないと思います。こちらの友人知人も、「わたしは好きなんだけど、京都の人にはオススメしない。社会経験として一度は食べてみてもいいと思うけど、気に入らないんじゃないかな」っていう人がほとんどでした。

    昔は京都でちくわぶなんて売っているのを見たことがありませんでした。今では手に入るのですね。

    ユーザーID:

  • ひえっ、私のせい??

    おでんトピの方で、「ちくわ麩とは」とレスした者です。

    >ちくわ麩ってやつは、生麩(グルテンですね)を竹輪のように棒にまいて成型した、もちもちした食感のものです。

    と書いたので生麩のとろけるようなもちもち感を連想されたのでしょう。

    確かに生麩なんですが、生麩を非常に薄く伸してきっつくまいて成型してるので、そのまま成型した生麩よりかなり「しまった」仕上がりです。煮ると何重にも層になっているのがわかります。なので、煮汁の染みた部分はとろぷるになりますが、中の方は結構歯応えあるのです。(私はそこがまた好きなんですが)

    縦に2つ割では中まで充分に火が通らなかったのでしょうね。他の方のご指摘のように、1cm程度の輪切りで再度試してみてください。

    小麦粉ダンゴ、すいとんと同じ、という説明もありますが、あくまでグルテンです。あの食感は、家庭で粉練るだけで簡単に作れるものではないですよ。

    紛らわしい書き方をしてしまって、誤解された皆さん、ごめんなさい〜!!!

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • ありがとうございますぅ

    皆様、レスありがとうございますっ。

    斜め切りにするのが一般的な切り方なんですね!
    袋には特に何も書いてなかったので、切らずに
    そのまま入れようかとも思ったくらいでした〜。
    ちょっと食べにくいかな、と思い2つに切って入れました。
    知らない人の為にも表記しておいて欲しかったですね(笑)

    また、食感はモチモチじゃないんですか???
    おでんのトピで「モチモチ」と皆様が言っておられたので
    すっかり生麩並みのモチモチ感を想像してました。
    そんな美味しそうなモノを今まで食べていなかったなんて!と
    悔やんだくらいだったんですが。。。

    とりあえず、教えていただいた切り方でもう一度だけ
    チャレンジしてみようと思います。
    本当にありがとうございました♪

    ユーザーID:

  • かくふも同じ?

    義母が、長野出身です。煮物によく「かくふ(角麩?)」を使います。ちくわぶに似ているように思います。和菓子の「水無月」のようなサイズ・形(三角形)で売っています。表面は波のようにでこぼこしています。
    確か、義母は軽く下茹でしていたように思います。おでんよりも、鰹だし・砂糖・酒・しょうゆでしっかり味を染み込ませた煮物にしていますね。
    京都の生麩とはちょっと違いますが、きどらない家庭の煮物で、私は好きです。でも、義父や夫、義姉夫など男性陣にはあまり人気はありませんね。ひたすら女性陣で食べています。

    ユーザーID:

  • 現関西在住

    私も結婚後、関西に来るまで「ちくわぶ」が全国区の具では
    ないと知りませんでした。
    私も子供の頃から大好きな具なんですもの!
    関西人の夫も私が作ったおでんで初めて存在を知ったようですが、
    「これ何?美味しくない・・・」とボソっと言われました(泣)
    近所のスーパーで真空パックにされたちくわぶを
    普通に売っていたので、こちらでも定番だと思っていたのに違ったようですね。
    ちくわぶはあまり火に掛けて煮込み過ぎると
    ドロドロになるし、かと言って味が染みてないと美味しくない。
    当日よりも、翌日の方がだしが全体に染みていて
    いいカンジだと思います。

    そうそう、私が結婚後初めて作ったおでんには
    ちくわぶは入れましたが、当然(?)牛スジは入れませんでした。
    夫に「何でスジ入れないの?忘れた?」と言われて
    次回は入れてみました。が・・・
    だしが動物臭くて、私が慣れ親しんでいたおでんのだしの味とは
    まるで違う物になって呆然としました。(苦笑)
    牛スジ自体は味噌煮込みにしたり、シチューにしたり
    私も大好きなんですが。
    やっぱりお互いに食べ慣れない物は苦手なのでしょうかねぇ〜

    ユーザーID:

  • ちくわ麩 マイナーな情報だと覚悟の上で・・

    こちら宮城県では「ちくわ麩」として焼麩も売ってます。山形の車麩のように竹筒や木の棒に小麦のグルテンを巻きつけて焼いた物だったのでしょう(今はおそらくステンレスのパイプを使ってると思いますが)。
    スーパーでは、このトピでいうところの「ちくわぶ」も置いてますが余り一般的ではない感じです。東北では「麩」といえば焼麩ですし、宮城では「揚げ麩」も結構シェアしてます。 以上、蛇足的なレスですみませんでした。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧