• ホーム
  • ひと
  • ★自分の手術の日に子供の小学校を休ませること

★自分の手術の日に子供の小学校を休ませること

レス78
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

ポテト

レス

レス数78

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 別にどこに居ても良いのでは

    「ポテト子ちゃん、なんで昨日学校おやすみしたの?」
    「ママが手術するから、ずっと病院の廊下のソファーに居て待ってたの」
    「へぇー、ポテト子ちゃんのママ、病気なの?」
    「ウン、シキュウゼンテキシュツだって。お腹切ったんだよ〜」
    「へぇー、シキュウゼンテキシュツかぁー。帰ったらうちのママに聞いてみよう」
    ・・・・・・・・・・・
    1週間もしないで町内に知れ渡る・・・というご心配は無いですか?

    まぁ、病院に居ようと、自宅で待機しようと、通常通り学校に居ようと、トピ主さんの言う「病気の母親を思いやって欲しい」というのは、大差ないと思いますよ。お子さんの資質によりますが。

    手術成功すると良いですね。おからだお大事に。

    ユーザーID:

  • 小学校4年生のとき、

    父の胃がんの手術に付き添いました。といっても、たまたま冬休みので、学校を休んだわけではないのですが。
    8時間を越える大手術で、母や親戚と一緒に、暗い廊下で「ひたすら待つ」だけ。小学生の私にとっては、苦痛な経験でした。良い経験になったという意識は、34歳の今も、あまり持てません。。。

    投稿者さんが、お子さんに判断させるというのは、賛成しかねます。小学校中学年であれば、「学校を休みたい」とか、そういうレベルで、付き添いを希望する可能性が高いです。親が適切な判断をくだすべき。
    それをお子さんにゆだねるという点からも、投稿者さんは依存心が強いように感じられます。

    ユーザーID:

  • 私の経験

    私が勤めてからの経験ですが、その時感じたことを一つ言わせてください。

    母が子宮筋腫のため子宮全摘出手術、入院の時、私の勤め先の都合で、毎日早朝出勤、残業で、休むなんてとんでもない雰囲気でした。一方姉は、その当時専業主婦で、母に毎日ついてくれてました。
    その時、私は、母のためにせめて手術当日だけでも付き添いたかったし、心配、罪の意識にさいなまれました。
    姉には感謝しました。姉も忙しい中、頑張ってくれたに違いありません。

    なんとか、一日だけ休みをとり母に付き添いました。
    職場の皆さんに頭を下げ、申し訳ないと思いました。
    大変でした。私が倒れそうなくらい疲れていましたし。
    でも愚痴は言えませんでした。事情を説明しても姉は
    わかってくれませんでした。
    私思うんです。その場にいてもいなくても、本当に心配している人もいる、社交辞令の人もいる。そこの事情を理解できる傲慢でない人間を育てることも大切だと。決して人に強要しない。子供は今学校で自分に何が起こってるか、休むのが例えば、いじめにつながる環境にあるなど説明できません。
    休ませる、休ませないにしてもいっぱい手術についてお話してあげてください。

    ユーザーID:

  • ありがとうございました

    予想以上の反響に驚いています。…というか、このトピは皆さまにとってほとんど「反感」「非常識」「間違った価値観」などと感じられたのだということがわかりました。

    私も熟慮した結果、手術中病院で待たせることが子供にとってどんなプラスになるのか??がわかりました。(ほとんどないんですね)
    「自分の気持ち、考え」ばかりで子供のことを考えていなかったということですね。

    多くのご意見をすべて読み、上記のようにすることに決めました。子供が病院へ行きたいと言ったら主人か母に連れてきてもらうつもりです。場合によっては早退、遅刻することに関しては問題ではないと思っています。子供の気持ちを尊重したいので。また、授業の遅れを気にするご意見もありましたが、その辺は心配してないのです。

    体をお気遣いただいた方々ありがとうございました。(お顔も名前も知らない方からのお気遣い、不思議ですけどうれしいですね。)
    皆さまありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 休ませなかった

    外科手術と二週間の入院。
    子どもは小学生と幼稚園のときのこと。
    休ませなかったです。
    というか、休ませるという発想がなかったんです。

    理由はないです。
    今、思えば手術は自分のこと。
    学校や園のことは子どもたちのこと。
    それぞれの今の立場をまっとうすればいいと。

    事故などでの緊急手術ではなかったからでしょう。
    前もって子供たちにはいいきかせて、母親がいなくてもしっかり生活をするように、と言い渡していたと思います。

    それに病院に連れていけば、それを世話をする大人が必要ですし、待機している夫がいてもそれは不測のことで待機してるのであって。

    そういうのに方針も教育もないような気がします。
    私の場合はね。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • うちの場合は

    家庭の方針はそれぞれなので、どちらが良いというのはありませんが・・・

    私も5年前に婦人科系の病気で手術し10日間入院しました
    その頃子供は2年生、その間近くの実家に預けましたがなるべく普通に過ごさせたかったので手術の日もいつも通り登校させました

    もちろんちゃんと説明もしましたが、子供にとって母親が1週間も入院すること自体、大変なことでそれだけで非常事態と分かるには充分です
    子供にそれ以上の不安を与えたくありませんでした

    トピ主さんも何度か手術のご経験がおありのようなので術後の様子はお分かりですよね
    術後は背中から入れた管の麻酔は続いてましたので頭はボーッとしてる状態でも本麻酔が切れたときの痛みは酷く、痛み止めの注射や座薬でただただ耐える一晩でした
    あの状態を子供が見たら相当なショックを受けたと思います

    ユーザーID:

  • うちの場合は(つづき)

    2日後だいぶ治まってきたので初めて子供を連れてきてもらいました
    手紙と、夫に連れて行ってもらった100円ショップで買ったカエルの置物(早く帰ってこれますように)を持って半泣き状態で・・病院のベッドに横たわる私を見ただけでショックだったようです

    手術に付き添わせなくても子供はちゃんといろんなことを感じ取ると思います
    今でもあの時のことは子供も鮮明に覚えています
    一見子供に聞いて決めるのは良い方法のようにも思えますが、子供にとっては想像しにくいことなのでちょっと酷かなとも思います

    でも子供のことを一番分かっているトピ主さんが子供のことを考えて決められるなら、それがトピ主さんご家族にとっての最良の方法なのだと思います

    トピ主さんの手術の成功とご回復をお祈りします

    ユーザーID:

  • 休ませました。

    娘が小3になった4月に田舎に転勤で引越、6月に
    入院でした。休ませた理由は病院が家から遠く、引越してきたばかりでお友達がいなくてあずけられなかったし、知り合いがいないのに一人で留守番をさせるのができなかったからです。入院にあたり子供の事だけが心配で その日だけは旦那がどうしても会社を休めなくなってしまったので先生と相談して娘は私のベットに本やゲームを用意しテレビもみたい時に見てって感じで・・・。今でも たまにみんなで集まりお茶をするほど 同じ部屋の人達と とても仲良しになれたので あまり気を使わなく済んだのでほんとうに助かりました。
    そして子供の様子ですが・・・・。本気で「ママ、かわいそう」って思ってくれてたみたいだけど、初めて見る病院内での出来事が テレビのドラマのようだったみたいで、少しワクワクしているのがわかりました。私は その様子を見て笑えたけど、トピ主さんからしてみたら、ショックかも・・・。ちなみに テレビや本 ゲームがあって なんでも食べられるようにしてあったけど やっぱり 暇で疲れたみたい。

    ユーザーID:

  • 子供と相談してって、、、?

    こんなことどうして子供と相談するのかな?
    高校生なら、いざしらず。

    もちろん、親が決めることです。

    ユーザーID:

  • どんな理由であっても・・・

    病院ってキレイなところではありません。
    院内感染って言葉があるように、結構汚染されているものです。病気の人が来るところですからね。いろんな菌が持ち込まれます。
    健康な子供を、わざわざそんなところへ連れて行く感覚がわかりません。

    また、数時間の間、自分の親が体を切ったり縫ったりしているのを知っていて、(それが初めての経験であるならば、「初めてだ」という理由も含めて)強いストレスにさらされて、絶対に騒がない、他人の邪魔にならないと言い切れますか?

    病院には、命の終わりが近い人もいます。そんな人の家族も見舞いに来ています。体調が悪いと、ちょっとしたことで機嫌が悪くなったり、ナーバスになったり、いろいろな意味で余裕がない状況で、子供の騒ぐ声。変声期前の男の子や、同じ年頃の女の子声も、よく通りますからね。うざったく思う人も出てくるでしょうね。

    厳しいようですが、子供はつれてこない方がよいと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    傷つくことをわざわざを発言する方がいて悲しいです。ダンレオンさん。
    11月17日10時06分の掲載に私の意見と返信に対する感謝をすでに述べています。よく読んで下さい。

    ユーザーID:

  • 子供がかわいそう

    子供にとっては病院の雰囲気や空気はあまり良くないと思いますが、どうですか?
    あなたも麻酔で眠っているだろうし、手術に立ち会うのでもないし。

    手術後、数日たって元気な顔で子供に会う方が子供にとっては嬉しいと思います。
    私も幼稚園の頃、母親が手術して入院し親類宅に預けられたのですが、不安症のような取り残されたようなトラウマがあり、人に依存または拒否してしまうところがあります。

    あまりショックを与えないで、できるだけ平穏で穏やかな時間を与えてあげてください。
    緊迫した雰囲気や母親の不安な顔、言葉などは、できるだけ避けてあげた方が無難です。

    ユーザーID:

  • 術後すぐの面会

    子宮摘出ではないのですが 何度か付き添った経験から。
    術後は集中管理室か詰め所に近い術後管理室でしばらくか 一日過ごすのではないかしら。

    そういう部屋に入るときは 手洗いして紙帽子を被りマスクをしてそれ用の衣服を被りました。私が付き添った病院は身内の大人のみ一人か二人で子供は入室禁止でした。お医者さまに聞いて置かれるといいと思います。ご主人とお母さまが面会している間 一人で廊下で待つことになりますから。

    ユーザーID:

  • 親の手術に付き添うか、否か。

    この間、七十一になる父が、前立腺がんの手術を受けました。臓器の摘出があるので、確認のため母だけが付き添いました。
    父の開腹手術は二回目になるのですが、今回も母から付き添わなくていいと言われました。無駄な人数は必要ないと母は毅然としていました。
    この年になっても、当てにされていないのだと少し寂しい気がしましたが、今の病院は完全看護なので、家族が一晩付き添うということもないそうです。
    親の手術に付き添うか、否か、というのは、小学生のお子さんだけでなく、大人でも同じように思います。まずは、当人の配偶者が決めればよいことでしょう。私も母から言われたので、今回は行きませんでした。手術室の前に居ても、無力だし、医師や看護師さんにお任せするしかないでしょう。
    今回の正月の帰省には、父にできるだけのことをするつもりです。家族のできることとは、限られたものだけですね。

    ユーザーID:

  • ちょっと違和感

    うーん、「家族の役割」を認識させるということで、手術に付き添わせるってこと?
    それじゃ、ちょっと意味が違うように思う私です。

    昔だって、学校を家の事情で休んでる子供は沢山いました。でも、それはあくまで家の事情で、人手が足らなく、働き手としての一員として休んだという意味があると思うのです。

    家族の役割を認識させるんなら、子供は学校、お母さんは手術を頑張る、と大変な時だけど、お互いを気遣いながらも、自分が今目前に置かれた役割を全うすることの方が、意味があるように思うのです。

    トビ主さんの投稿を読んでいたら、私的な弱さの部分しか見えてきません。「お母さんはこんなに辛いの支えて」ということを子供の生活サイクルを犠牲にして強要するより「辛い手術だけど頑張ってみんなのこと考えて耐えたよ」というお母さんの方が、私は子供さんのためになると思います。

    それと、昔的考えですがそういうことを小さいことからやってたら、物事の優先順位が育たない子供になりそうです。「家族がしんどいといってるから」と、簡単に責任がかかってる方を休む大人になりはしないでしょうか。

    ユーザーID:

  • トピ主さん

    ダンレオンさんが嫌な言い方をされているとは
    思えませんが・・・?
    また、トピ主さんが最後のレスが反映された後に
    書いたレスとは限りません。

    掲示板でみんなに意見を求めた以上、
    多少耳の痛いレスがつくのも
    しょうがないことだと思います。

    名前を挙げて「傷つく・・・」と言われた
    ダンレオンさんのほうも嫌な気分になるでしょうし、
    傷つくと思います。

    横ですみませんでした。

    ユーザーID:

  • トピ主さま いらだたないで。

    神経過敏になっています。ダンレオンさまの意見は 一意見としてありですよ。何もとんがるようなことはないです。私も一番いいのは「学校に行っておいで。心配しないでいいから。学校が終わっている頃のはもう終わってるからね。」と、親の気持ちで決めてもいいと思ってました。

    落ち着いて手術までの日々を過ごして下さい。子供が余計な恐怖心を持ちます。笑ってその日を迎えましょう。学会で発表されるような特別の手術ではないです。ど〜んと構えて お医者様に安心してお任せしましょう。

    ここのみんなもついていますよ。

    ユーザーID:

  • どうぞお大事に

    手術の日が、迫ってきて、いろいろ不安がつのる日々だと思います。お元気でしょうか。

    子どもにとって、色々な経験をさせることは有意義でしょうが、小学生で親の病気(入院、手術が必要なような)を経験することが、すでにヘビーなことだと思います。

    子どもはいずれ成長して、親が年老いていくのを見たり、介護をしたり、そして肉親の死に直面することになるのですから、なにも、そんなに早いウチから色々経験させることはないでしょう。

    お子さんにとって、出来るだけ、気丈なおかあさんでいてあげてください。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧