女性管理職の皆さん!

レス16
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

おにぎり

私は30代後半、新米の中間管理職の者です。

私がこの役職についたのは、おそらく勤続年数が長く他に適任者が幸か不幸かいなかったため。
仕事は一生懸命に頑張っていますが、私のこの優柔不断で決断力がない、人からは悪く思われたくなく顔色を伺いながらの指導になってしまう、どちらかというと人に頼って生きてきた性格上、管理職なんてできない!とかなり弱気になってます。部下にはクセのある子もいて、毎日胃が痛いです。
退職も考えましたが、「仕事が面白い」と思えることもあり、なんだか辞めよう、もう少し続けようの繰り返しです。
でも、辞めると決断していない以上、とにかくやっていくしかないですよね。そこで皆様に教えていただきたいのです。女性管理職としての心構えを。

ちなみに私には子供がいるため、男の人のようにバリバリと仕事第一!に働くことはできませんし、しようとも思ってません。結論は、心構え云々じゃなく、やっぱりこんな私、管理職になるべきじゃなかったのかな。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 慣れます

    徐々になれますよー。
    2年前は大変だったけど(家で泣いたり、わめいたり、だんなに八つ当たりもしました。)、なんとなく慣れました。

    判断できないときは、ひとつ上の上司に判断を委ねます。
    判断を部下に求められるときは、
    「どうしたらいいと思います?」とか「よろしくお願いします」とか部下に判断を委ねます。
    要は、部下を動かそうと思ってはいけません。
    部下もビジネスパートナーです。自分のできないところを補ってもらったらいいのです。そうするとトータルでしたい仕事がどんどんできるようになります。

    お互いがんばりましょー。

    ユーザーID:

  • がんばりすぎずにがんばって

    まずはおめでとうございます。

    私は以前管理職をしていた37歳の既婚者(子無し)です。
    結婚前まではバリバリ仕事してましたが、結婚を期にパート扱いに変更しました。
    理由は自分の性格がわかっていたからです。
    仕事が大好き、家庭も大事たぶん両方がんばって疲れ果ててしまうだろう・・・と。
    今も仕事内容は似たようなことをしていますが、後任の人を主して、私はサブといったところです。

    管理職ってかなり難しい仕事だと思います。
    相手が人間だから。
    自分の仕事だけやっていればいいってことでもないし。
    私が経験で学んだのは、管理職になっても上から物をいうようなことはしないこと。和を大切にすることです。
    仕事の実力は時間とともに身についてくるはず。
    だから何より人間関係を大切にしてほしいです。

    そして、最終的に一番大事なものは家族だっていうことを
    忘れずに。

    とにかくまずは、がんばってみてください。
    応援しています。

    ユーザーID:

  • 中間管理職ではないんですが・・・

    役職があまり細かく分かれていない職場なんですが、ある程度年齢があがってくると、人事のことまでまかされたり、部下(的な人物)の教育係もまわってきたりと、自分だけのことを考えて仕事できなくなりました。

    上みて下みて仕事する毎日。疲れますけど仕方ないと割り切ってます。部下を叱るときはしかりますし、褒めることも忘れません。
    やる気のない部下(アルバイト)はいらないので、配置換え、もしくはもっと有能な人を引っ張ってきてほしいと意見します。その人の仕事がなくなって逆恨みされても平気です。仕事ってそんなに甘くない。それは男も女も一緒ですよ。

    できるというよりは、やらなきゃ仕方ないって感じです。すーーーーーっごく疲れますけどね。

    ユーザーID:

  • 皆さんのおかげで・・・1

    おにぎりさん、おめでとうございます。
     私は30歳後半、既婚2児ありの事務系中間管理職です。中間管理職でありながら、産休、育休取得後、また中間管理職として職場復帰しました。
     毎日忙しくしておりますが、頼れる親もおりませんので、保育園と学童と夫婦2人で家事育児もこなしています。夫も同じく中間管理職です。職場、保育園、小学校、学童、自宅が車で15分の範囲内であるので乗り切っていられるのかもしれませんね。私の毎日は、定時帰宅でお迎えでお迎え後帰宅し、子供を寝かし付けてから旦那とバトンタッチで仕事へ。それでも終わらない時は早朝出勤してから家へ戻り子供を送ってから出社というスケジュールです。
     私が常に心掛けていることは、皆様の協力あってこそ私が仕事を続けていられると言う感謝の気持ちを常に持って仕事にあたるということでしょうか。仕事を依頼する時も、していただくと言う態度で依頼し、終わった後は、ありがとうとか、助かりましたといった態度で。指導する時も、あなたのこういうところは認めるけど、こういうところは改善した方がいいのではとか、改善してくれるとありがたいといった態度で望むといったことでしょうか。

    ユーザーID:

  • 皆さんのおかげで・・・2

     私の上位管理職に、そんなに下手に出なくても、もっと威厳を持って仕事をしなさいと言われたこともあります。けれど、家庭も仕事も大事な私でも中間管理職として認めてくれる部下に感謝してるので、態度や言葉じりにあらわすようにしています。部下も自然と、私のペースに合わせてくれるようになりました。しょうがない時も「駄目上司でごめんね」と素直に謝ると、「しょうがないですね〜」といって頑張ってくれます。
     毎年我が社では、上司からの評価と部下からの評価を受けるのですが、部下からの評価は結構いい点をいただけています。
     中間管理職とは、仕事を上手に割り振ること、部下の仕事の結果をチェックし、責任を持つこと、部下が仕事でつまずきそうな時助言すること、自分が手を出さないといけない時までは部下に任せること、部下全体を見守ることだと私は思っていますので、日々実践するように心掛けています。
     

    ユーザーID:

  • 皆さんのおかげで・・・3

     私も決定事項に関しては結構優柔不断なのですが、部下にどうした方がいいか案を何件か出させ、それぞれどんなメリット、デメリットがあるかを考えてもらい、部下はどうしたいのかを尊重しながら、私と違う考えであれば、自分はこういう理由でこう思うけど、あなたは?と問いかけます。討論の結果出た結論であれば、決定事項に関しての責任は私が持ちます。このような方法で乗り切ると、後で何か生じても、想定の範囲であれば慌てることもありませんし、想定外の場合でも、部下も決定に関与していますから、後始末に協力的です。
    とにかく、部下に感謝、家族に感謝して、日々、仕事をさせていただいています。

    ユーザーID:

  • トピ主です1

    ちいさん、MIZUさん、早速ありがとうございました。

    そんな甘えたこと言ってるなら、さっさと辞めちゃいなさい!!的なご意見をいただくと覚悟してたのですが、温かいご意見をいただき感謝しています。

    私もMIZUさん同様、子供がある程度大きくなるまで正社員ではなくパート扱いにしてもらっていたのです。人事的なこと、子供が大きくなったことで正社員に復帰したのですが、復帰とほぼ同時に管理職ということになってしまい、正直準備もできていない状態でレールに乗せられてしまったというか・・。会社にはずっと携っていたとはいえ、パートと正社員は違う。しかも私がパートである間に会社の方針もガラッと変わってしまった。もう本当にパートで自分の仕事だけをこなしてた主婦が、いきなり知らない会社の管理職になってしまったような感じで、本当にしんどいことが多かったんですよね。私の部署がちょっと特殊な部署というか、見本になるような上司も、相談できる上司もいない。(上司は直接社長になるので)だからどうしていいかもわからなかったんです。

    ユーザーID:

  • わたしも。

    29歳管理職暦3年目です。
    26歳のときに30代も含む年上の部下がたくさんいる部門の管理職になってしまいました。。

    今まで色々ありました。一番難しいのが人間関係や求心力の問題で、1ヶ月に1回は人知れず泣いてました。(いまだにね)
    でもトピ主さんの仰るとおり、わたしも仕事が面白い部分が大きく、結局今でも続けています。

    こういうトピ見て、仲間がいるって思うだけで救われます・・・。

    ユーザーID:

  • 覚悟は決めないと…

    ちょっと厳しい言い方になりますが、女性管理職とか以前の問題のような…。

    自分の上司が"辞めよう、もう少し続けようの繰り返し"という状態では
    とても部下は"この上司についていこう"なんて思えるわけがありません。

    別に休みを返上して毎日帰宅は夜中とか、そんな頑張り方をする必要も
    ないでしょう。けど、やはり部下というものは、上司の仕事ぶりには
    注目しているものです。

    まず、続けるのであれば、例えば1年間は絶対に辞めるなんてことは考えない。
    そういう心構えを持つことが先決なのではないでしょうか?

    仕事に関しては徐々に慣れていくものです。それほど心配することはないです。
    直属かそうでないかに関わらず、トピ主さんもこれまでのキャリアの中で、
    いろんな管理職を見てきたことでしょう。部下のやる気を殺ぐような
    管理職にだけは、ならないようにして下さいね。

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    管理職の先輩である夫(会社は違いますが)に、仕事の相談に乗ってもらったり、愚痴を聞いてもらったりで今までやってこれたと言っても過言ではないです。(笑)

    ちいさんの仰る、「部下もビジネスパートナー」というのはその通りですね。私の場合、正社員から離れてる期間があるため、恥ずかしながらわかっていないことも多いのです。自分のできないところ、わからないところを補ってもらっているので、本当にそれは感謝しています。

    MIZUさんの仰る「がんばりすぎずにがんばって」はとても嬉しい励ましです。最終的に一番大切なのは家族、そして私の本業は母親・・というのは、常に忘れずにいたいと思っています。

    ユーザーID:

  • トピ主です3

    竹子さん、会社に長くいて、ある程度の年齢になると責任が重くなっていくのは仕方のないことなのでしょうね。ある意味、年ばかりとって年相応の責任もこなせないような人は、会社はいらないってことなんですものね。疲れるけど、仕方ない。仕事はそんなに甘くないって、わかります。

    Mmさん、お子さんがまだ保育園なのですね。学童という事は、低学年のお子さんもいらっしゃるのでしょうか。お忙しい毎日の様子が頭に浮かびます。本当に頭が下がる思いで読ませていただきました。Mmさんに比べたら、私なんてまだまだ甘いなって。部下に対しての具体的な例、本当に参考になります。部下に感謝、家族に感謝、まさにその通りですね。

    みちさん、私も1ヶ月に1回は辞めたくなってます。私にはやっぱり無理だ〜〜って。(笑)でも仕事って、明日から行かなくて良いって、ならないじゃないですか。で、泣きごと言いながらもがんばって働いてると、あれ?ちょっと面白くなってきたかも。もう少しがんばれそう・・になってるんですよね。その繰り返し。私もみなさんのご意見を読み、仲間がいて皆頑ってるんだと思うと、救われますよ。

    ユーザーID:

  • 2度目のレスです

    パートからまた、正社員そして管理職に抜擢されるなんてすごいですよ。
    きっとトピ主さんは優秀な方なのでしょう。
    トピ主さんのような考えの方ならきっとうまくいくと思います。意気込みすぎると周りが見えなくなるので。

    他のレスを拝見してもやはり、女性で管理職を経験されている方はみんな考えが似てる気がしますね。
    私は管理職になりたてのころは27歳、周りには年上の人も多くかなり鍛えられました。揉め事もいっぱいありましたよ。
    みんながみんな好意的には受け止めてくれない場合もあるので。だからこそ、みんなの知恵を借り、良いことも悪いことも別ち合ってやっていく心がけでやればそれでいいと思います。

    トピ主さんは直接の上司がいらっしゃらないようですが、
    今まで一緒に仕事をしてきた人たちがいるのでは?
    その人たちの意見を聞きつつ少しずつ成長していけばいいのでは?
    これからもずっと仕事を続けられる気持ちがあるのなら長いスパンで考えてみてください。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    りーどるさん、ありがとうございます。おっしゃる通りだと思います。私に足りないのはまさに「覚悟を決める」ということ。だからついつい弱気になってしまうんですよね。でも弱気になっても泣き言を言っても管理職なのは現実なのですから、それを部下に見せないようにかなり(私にしてはですが)頑張る→精神的にキツくなってやっぱり無理なんじゃないかと凹むの繰り返しなんですよね。なので何かここから抜け出せるきっかけがつかめればと皆さんにアドバイスを求めました。仕事をするのは厳しいこと、ましてや管理職ともなれば男性も女性もないのだと私も思います。あえて女性管理職としたのは、ここは男性の方も意見をされますよね。そして女性とすると家庭をお持ちの方、お子さんをお持ちの方の意見も聞けると思ったからなのです。(実は度々凹む理由は、子供がらみのこともあるもので)りーどるさんのご意見も肝に銘じ、仕事を続ける以上は新たな気持ちで頑張っていこうと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    MIZUさん、2度目のご意見嬉しいです。私は優秀でもなんでもないですよ。会社に長く勤め、他に人がいなかっただけ。私が管理職になった時、上からものを言う管理職にはなりたくないと思いました。特に家庭を持ち子供がいる私にとっては、できないことも当然出てきてしまうのです。父親ならば仕事に専念も可能でしょうが、母親はそうはいきません。そういうことで周りの方の理解・協力は不可欠なので、常に部下への感謝の気持ちは忘れずにいます。本当にみんなの協力があってこその今の自分なのだと思っています。だからこそ、皆さんのご意見に多く出てくる周りの人たちとの「和」「良い関係」というのは私もとても大切にしていることです。お友達になるということではなく、やっぱり何を言っても基本は人間同士ですものね。その関係が上手くいっていなければ、仕事も進まないと思うし・・。

    周りの管理職の人(ほとんど男性ですが)、TVや雑誌に出てくる女性管理職の方を見てると、皆さん自信に満ち溢れ、何事もスムーズに事を進めてるように見えるため「私には無理、誰か助けて〜〜」状態だったのですが・・・

    ユーザーID:

  • トピ主です

    MIZUさんをはじめ皆さんの意見を読ませていただくと、みんな私と同じように壁にぶち当たったり、色んな迷いや悩みを乗り越えて頑張っているんだということをとても感じました。私だけじゃないんですね。これはものすごい勇気をもらいました。本当に皆さんに感謝です。1つ1つのことを乗り越えて成長していくものなんですよね。

    私は自分自身、生涯仕事を持ってバリバリやっていくタイプとは思っていなかったので、管理職までやるなんてなんという運命のいたずらかという感じなんです。優秀でもなく、器用でもない私が母親業・主婦業・仕事まで欲張るからいけないのかな・・なんてことも考えました。例えば会社を辞めてパートをする極々普通の主婦になろうかとも考えましたが、気づくと仕事をこのまま続けることを前提にどうしようかと考える自分がいつもいるんですよね。

    もっとここをこうしたら、あそこをこうしたら・・・って。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    これからも仕事を続けていけば、当然凹むこともあると思います。時間的にも、精神的にもきついと感じる時があると思います。でも、私は自分にできることを精一杯やっていけばいいのかなって。自分の中での優先順位があるのだから、できないこともあるのは仕方がない。もっともっと周りに頼ってみてもいいんですよね。
    今まで、私は管理職なのだからと弱いところを誰にも見せず、常に完璧を装おうとしたことが無理だったんですよね。自信に満ち溢れた完璧な方達にはなれない私が、同じように見せかけようとするから疲れちゃうんですよね。手を抜くとか言うことではなく、もっともっと肩の力を抜けば良かったんですよね。
    こうやって私なりにゆっくりではあるけど、1つ1つ進んでいったら良いのかな。

    今私があるのは、本当に色んな人達の理解と協力があってこそ。これを忘れることなく、焦らず、そして頑張り過ぎずに頑張っていきたいと思います。
    意見を下さった皆さん、本当にどうもありがとう!!

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧