アメリカ現地校の先生へのプレゼント

レス15
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

メープル

アメリカ在住、又はもとアメリカに住まわれていた方で、お子さんがアメリカの現地校に通われていた方にお尋ねします。
  クリスマス休暇前と年度末(6月)に、小学校、中学校の先生にどのようなプレゼントをされていますか?そして大体いくらぐらいのものが適当で、いつ、どのようにお渡しになっているのか(スクールバスで通う場合、子供が持っていくのでしょうか?)教えていただけませんか?
  クリスマス休暇が近づいて、アイディアがなく困っています。皆様からのアドバイスお待ちしています。
  よろしくお願いいたします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数15

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • チョコですね

    一般的なのはチョコですね。クリスマス前は、学校の先生はたくさんチョコレートやクッキーを貰ってますよ。五ドルから十ドルぐらいの物で充分でしょうね。良い物を少し、が基本です。ただし、先生が糖尿なら、シュガーフリーのチョコでしょう。カードを添えて、お子さんに直接渡させましょう。カードを書く際に、相手の宗教をハッキリ知らない限り「メリークリスマス」は止めたほうが良いです。「ハッピーホリデイズ」の方が無難です。

    ユーザーID:

  • カリフォルニア在住です。

    とくに小学校の先生方はクリスマス、年度末にほんとにたくさんのプレゼントをもらいますよね。私はもらっても困らないもの、たとえばギフトカード、(スターバックス、映画館、図書券など)や、可愛いカードのセット(先生はサンキューカードなどを書く機会が多いですよね。)とかメモ帳など、ときにはゴディバのチョコレート、シクラメンの鉢、などを差し上げていました。先生にもよりますが、だいたい15ドル前後くらいの予算でした。はっきりと好みがわかっているのならともかく、使い切ってしまえるもののほうが先生も助かるのでは・・・と思っています。

    ユーザーID:

  • 再びカリフォルニアから

    プレゼントの渡し方ですが、子供に託せばよろしいのでは・・・?
    子供は教室に着くと嬉々として先生のところに走っていって渡しています。

    こちらの先生はくったくなくいだたいていますよね。周りをみても、親からどうぞ、と渡すよりも子供が自分で持っていって渡すことのほうがずっと多いような気がします。

    ユーザーID:

  • 個人的意見及び同僚の意見です。

    贈られてこまるものは 花瓶、置物などの飾り物(日本のもの、アメリカのものを問わず)、お菓子、衣類、香水、アクセサリ。
    贈られて嬉しかったものは Gift Certificate(本屋や 教師用の教材等を売っているお店のもの。自分の教室に必要なものを購入する、という形で生徒にお返しできますから)、きれいなキャンドル、クリスマスツリーのオーナメント(贈ってくれた生徒のことを毎年思い出します。)私の名前でRed Cross等に寄付した、というCertificate (Letter )などです。
    金額は だいたい10ドルから25ドルくらいではないでしょうか。寄付の場合は100ドル、ということもありましたが、これは例外だと思います。
    学校の最終日にカードを添えて 子供に持たせるのが普通です。教師からは後でThank Youカードをおくります。

    ユーザーID:

  • 先生へのプレゼント

    三人の子供達をアメリカで育てました。
    先生へのプレゼントは クリスマス休暇前には 本人(子供)が書いたカードとお子使いで買える位の(10〜20ドル位)プレゼントが一般的だと思います。     ある先生に子供が カードだけでいいからね....と言われたこともあります。 
     どんな時にも カードに本人の気持ちを書き学校で本人が 渡す....これでいいと思います。
     クリスマスには お友だちともカードの交換で たくさんカード貰ってきますよ キャンデー付きとかでね。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 商品券。

    私は先生にはクリスマスだけで学年末(5月かな)にはプレゼントしません。
    子供が低学年の頃は学校の先生が子供のテストや宿題によく可愛いシールを貼ってくれたりしますよね。この費用はほとんど先生の自己負担らしいです。だから私は文房具屋系統か本屋の商品券を贈ります。

    あるいは日本風の物かな。お子さんが アメリカ人なのか日本人なのかわかりませんが。 うちの子は アメリカ人ですが お母さんが日本人だと皆知っているので 日本的な物をあげると喜ばれます。

    ユーザーID:

  • ギフトカード

    在米で、夫は教師です。夫が言うには、ギフトカードが一番いいそうです。

    毎年ありがたいことに生徒さんからギフトを沢山頂きますが、食べ切れないほどのチョコやクッキー、どんどん増えていくマグカップ等は、しまう所もなくなってきました。10〜15ドルするチョコやクッキーでしたら5ドルのギフトカードの方がありがたいそうです。

    個人的にですが、夫が貰ってうれしいギフトカードは、スターバックス、ジャンバジュース、図書券ですね。

    私にも小学生の子供が2人いますが、毎年10ドルのギフトカードを先生にプレゼントしてます。いつも子供にそれぞれ持たせています。

    ユーザーID:

  • 先生によって

    感謝の度合いによってプレゼントの内容を変えています。 普通のちゃんとやってくれている先生には20−30ドル分のギフトカードです。物は貰っても困るだけだと思うので。 年配の先生には彼女の好きなデパートの、若い新任の先生で結婚を控えている人には彼女のお気に入りのターゲットの、コーヒー好きの先生にはスターバックスのと、分けています。特に秀でた先生や特別にお世話になった時で個人的にもある程度かかわりを持った時は100ドルくらい贈ります。以前住んでいた高級な地域では何百ドル単位の贈り物が飛び交っていたようですが、別に無理をしないで自分のできる範囲でいいと思います。

    ユーザーID:

  • クラスでまとめて

    個人でプレゼントするのが当たり前のレスがついていてびっくりしました、

    クリスマスと、学年末、クラス役員さんがまとめてクラス全員からという形でプレゼントをオーガナイズしてくれていますが・・出費は一人5ドル
    ここに書き込まれた方は、裕福なエリアにお住みなんですね、きっと

    ユーザーID:

  • 余計なお世話?

    アメリカ国自身は別にキリスト教国では有りません。 宗教に因んだ祭日に不特定多数の教師に対し自分の宗教感なり慣習を押し付けるのは如何なものでしょうか? ユダヤ教あり、回教あり、将又仏教ありの米国に於いて、どうしてキリスト教的仕来たりを重んじなくてはいけないのでしょうか?

    又、公立の場合、贈り物の授受は贈らない、受け取らない、が基本です。 私の在住地域で其の様な行為は禁じられておりますし、若し行われていれば公にしない訳にはいきません。 卑しくも税金を以って成り立っている制度です。

    かっこよく振る舞う日本式の常識は通用致しません。

    ユーザーID:

  • アドバイスありがとうございました!!

    トビ主のメープルです。
    在米教育関係さん、ももさん、現地校教師さん、
    hiromiさん、貴重なご意見どうも有り難うございました。
    先生へのプレゼントの事はもう安心です。
    皆様からのアドバイス、大変参考になりました。
    本当にありがとうございました!!

    ユーザーID:

  • 先生へのプレゼント

    私は冬休み前のプレゼントはSnowbabiesのオーナメントに決めていました。
    この時期、オーナメントは、学校の先生宛に限らず、最もポピュラーな(当たり障りの無い)プレゼントだと思います。

    どなたかがおっしゃっていたように、毎年飾って思い出してもらえるということもありますし、正直な話、一般的なアイテムゆえに、気に入らなければ他へまわしてもらえます。
    がっかりされるかもしれませんが、これは30年ちかく小学校の先生をしていた友人に相談して聞いた話です。

    大抵、冬休み前々日にあるクラスパーティの日に渡していました(前々日なのは翌日先生がThank youカードを渡せるから?)。
    値段はひとつ$15〜20でしたが、渡す先生が何人もおり、しかも子供2人分なので結構な出費でした。

    通っていた学校は経済的に恵まれた家庭の子供が多く、こういった先生へのプレゼントなどが他校にくらべて派手だったようです。
    地域的な慣習などもあるでしょうから、クラスマザーに相談されてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • 日本的な飾り物はNG・・・

    アメリカで子供達を育て上げました。

    現地校の先生方にも毎年それなりに気持ちを表してきました。但し決して高価なものではなく、です。

    日本人は、とかく張り切りすぎというのでしょうか、やり過ぎの傾向があるようです。高価な物だから特別に喜ぶというものでもないようです。

    それと、日本的な扇や人形などの飾り物も人によっては大いに戸惑う事になるようです。何故なら、どなたも家のインテリアはそれなりの方針がありますので、それにそぐわない物は迷惑という事なのですよね。

    私は、子供達と相談をして、彼等が贈りたいという先生だけにしていました。

    今迄で喜ばれたのが、音楽担当の先生に贈った、楽器の形をデザインしたチョコレートです。ピアノ、弦楽器、等々。NYの専門店で見付けました。
    スポーツリーグで優勝した年の、体育の先生へのシャンペンです。何かしら意味のある贈り物が気が利いていると思います。

    手作りの物も、消えてなくなる物なら良いと思います。美味しいホームメードクッキーを綺麗にラップして贈るのも良いと思います。

    ユーザーID:

  • みんなでまとめて

    ここ数年うちはクラスみんなでまとめて、というのばかりですね。金額は5ドル、10ドル、とその時によって違いますが、先生にわからないようにお母さんたちの間で、もしくはクラスマムが自分の子供に言い含めて先生のいないときにクラスの子全員に封をしたお知らせをわたして、「希望者だけでいいですから(まあ結果的に全員ですが)参加する人は出してね」と現金であつめてCertificateを買ってプレゼントします。

    先生も小額のGift Certificateをバラバラにもらうよりは使いやすいでしょうし、とても喜ばれます。

    ユーザーID:

  • >駱駝さん

    ホリデーギフトは広く一般的にアメリカで行われていることですよ。何故これを日本的というのでしょうか?
    金額も地域によるのでしょうが、豊かな地域のアメリカ人のギフトは盛大ですよ。私は最初に聞いたアメリカ人のアドバイスに従い20−30ドル程度のギフトカードを送っていますが、200ドルのマッサージ券や400ドル分のショッピングモールののギフトカードなど、かなりのものが飛び交っていました。と言うのは、アメリカの先生のお給料は非常に低いのです。日本人は自分と同等や目上の人への贈り物を大切にしながら、例えばレストランでのチップなどをケチる人が多いですが、アメリカ人の多くは安いお給料で働いている人に対してきちんと感謝を示します。
    アメリカの先生はその労働に見合うだけの給料を得ていないと言う事を前提に、先生の持ち出しになるシールやプライズを寄付したり、クリスマスや学年末に少しでも足しになるように贈り物をします。相場よりも自分がいくら贈りたいかを考えて出来る事をしたらいいと思います。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧