三丁目の夕日(感想募集)

レス16
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

nikita_nikita

あまり期待していなかったんですけど、すごく感動しました。
昔はお金なんかなくても、じゅうぶん幸せでしたよね。
ってことで、この映画を見た方の感想募集しま〜す。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 見ました

    前半は笑いがメインで,後半は泣かせるエピソードがてんこ盛りでしたね.所謂泣かせる,感動させる映画は苦手なんですが,この映画には笑いが多い分,かえってグッとくるシーンがたくさんありました.

    特に茶川さんとヒロミのエピソードはよかったです.個人的には,恋愛映画の名シーンの1つかも.

    ユーザーID:

  • 映画は見てないけど

    昭和30年代初めの生まれなので、まさにこの時代に幼少期を過ごしました。
    今みたいに、携帯もなければファミコンもない時代だったけど、あの頃は楽しかった〜。

    出来るものなら、あの頃の時代に戻りたいと、今でもよく思います。

    ユーザーID:

  • 良い作品だと思います♪

    母と86歳になる祖母を連れて見に行きました。

    座席は全部は埋まらない感じであまり人気はないようですが、見ごたえはあったと思いますよ。
    時代は私の母が子供の時だからちょうど鈴木オートの一家の年齢設定と同じくらいらしいです。

    当時は祖母もバリバリの現役だから、映画を見て懐かしさ満載だそうですよ。私には当時の事は知る由もないのですが母と祖母で「あ、昔こういうのあったよねぇ。懐かしいねぇ。」と上映中呟いてました。
    祖母も当時近所に先駆けてTVを購入したので、この映画のように大騒ぎだったようです。
    当時現役だった祖母からしても細部まで当時に忠実に再現されていたようですよ。(母は当時子供だから記憶はアテにならないし)

    私といえば、ただ母と祖母に古き良き思い出に浸ってもらおうかと選んだのですが不覚にも私も映画に見入ってしまい、結構笑えました。
    終盤、これも泣けてしまいましたね。映画観て泣く自分が凄く恥ずかしくて嫌なタチなのですが、でも涙が出てしまいました。

    心が温まる、凄く良い作品だったと思います。
    心の豊かさってこういうのをいうのでしょうね。

    ユーザーID:

  • 昭和33年生まれです。

    映画は、東京タワーが完成するまでの昭和33年をメインに構成されてましたね。テレビがこの年から翌年の皇太子御結婚ぐらいをピークに普及したのですよね。私よりも10歳ぐらい年上の方にとってとても味わい深い作品だと思います。だけど、私だって感動しました。もう、泣くツボにはまったようで最初のほうの集団就職の東京駅ぐらいからうるうるしていて、最後のクリスマスプレゼントとかの場面からラストまでずっと泣きどうしでした。きっと今、忘れてしまった大切な心のなにかを思い出したせいです。あんな嬉しそうな子供の顔や大人の満足そうな顔、そしてあの時代、私の子供の頃に探していた幸せのカタチは、これだったのに。便利さに甘えすぎて大切なものをおいてきてしまいました。私は、続編を切実に期待しています。

    ユーザーID:

  • 2度観に行きました

    友達と観に行った後で、夫も観たいというので一緒に行きました。
    良い映画でも一週間もたってないうちに2回も見るのは飽きるかなって思ったけど、全然そんなことなく2回とも感動しました。

    作りかけの東京タワーを見て初めて、映画の舞台が東京だってことが分かりました。それくらい、全然違いますよね。50年前の東京。
    冷蔵庫・洗濯機・テレビが三種の神器の時代、今のような便利ツールはないけれどその分人情や活気があったんでしょうね。私も体感してみたかったな。

    小雪の薬指の指輪や集団就職で来た女の子のお母さんからの手紙、泣かされました。吉岡秀隆さんの名演技も光っていましたね。
    久々にいい映画を観れてとても感動しました。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • 泣きました〜

    今は比較的裕福になり、欲しい物もよほど高価でない限り、手に入れやすくなりましたよね

    小さい頃はうちだけ特別貧乏ってわけではなかったけど、おもちゃなんかクリスマスやお誕生日、後はお客さんがお土産に持ってきてくれた時くらいだけだったなあ

    淳之介が足をバタバタさせながら欲しかった、さほど高級でもなかろう万年筆を嬉しそうに掲げる時、涙が止まりませんでした

    あの頃今の年齢で生きてみたかった、現代っ子?の私です

    ユーザーID:

  • 映画は素晴らしかったけど・・・

    映画は感動して素晴らしかったんですけど・・・
    映画館の年齢層が高かった(?)ためか
    私語が多い(笑)

    ご夫婦や家族でしゃべるものですから
    うるさくてたまんなかったです。

    まるで居間で見ている感じでした。

    ユーザーID:

  • アニメも…

    面白いし、心が和みますよ。以前CSでやってました。当然、漫画も面白いですよ!!

    ユーザーID:

  • 吉岡くんがいい!!

    彼は本当に良いドラマや映画に出ますよね。

    「四日間の奇跡」も素敵でした。
    「半落ち」の検事も見事でした。

    喜劇もはまっているし。
    もちろん、コトー先生も適役。
    もう、私の中では「純くん」のイメージはありません。

    これからも大人の男として、色々な役に挑戦してほしいですね。
    応援しています。

    ユーザーID:

  • あの時代だから良かったのか?

    とてもタイムリーなトピです。
    昨日、鑑賞してきました、50年前の下町の何気ない描写がこれほど感動的なものなのかと不思議にも思いました。

    当時に生まれた一人として、今は今で幸せに暮らしていますが、50年後に2005年の描写を見たとしてもはたしてあの頃は良かったと感動できるのでしょうか?
    「あの頃は企業買収だの、ヒ○ズ族だのお金お金で嫌な時代だったね」と言えるような世の中に成っていてくれる事を期待して止みません。 

    時代はどう在れいつの世も人の心は荒んで欲しくないものだと懇願する今日この頃です・・・。

    ユーザーID:

  • もうタイトル見ただけでも泣いちゃう

    見ました。笑って泣いて心が洗われた気分です。
    まだ生まれても両親が出会ってもいない時代の事なのに、鼻の奥がツーンとなるのは、日本人のDNAがそうされるのかな。
    私の壺は鈴木オート。堤さん扮する鈴木オート社長が出てきただけでも笑ってしまいました。
    先日ケーブルTVでアニメ版を放送していたのですが、合間合間に映画のメイキングも見れました。いやぁ映画作りって奥が深い。メイキング見ていたら、また映画を観たくなってしまいました。
    もちろん、気が早いのですがDVD出たら即買いです。

    ユーザーID:

  • 隔靴掻痒

    とでもいうか、確かに懐かしいはずの風景なのに
    いまいち私の記憶の中にある心象風景とのズレが
    最後まで拭えませんでした。
    漂う空気が違うとでもいえばよいか。

    最大の理由はキャストの顔と立ち居振る舞いにあるとすぐに気づきました。
    メイク、髪型、着こなしにおける時代考証をなぜもっときっちりと為されなかったのかが残念に思います。
    50年近くが過ぎて、改めて日本人の見目形の変わり様を思い知らされました。

    とはいえ鈴木自動車工場の社長のオーバーアクションはいささかマンガチックですが、あのころの雰囲気は醸せていたかと。
    ちょうど同じ頃私の家にもテレビがきて、ご近所中の人たちがなんか食事時だろうと四六時中き来ていて毎日結構遅くまでわいわいがやがやしていたことが懐かしく思い出されました。

    ビッグコミックオリジナルの長年の愛読者としてはまあそこそこの点数がつけられるかなといったところでしょうか。
    たまには邦画もいいかも、なんて洋画一辺倒の人間がちょっと思いました。

    ユーザーID:

  • 癒されました。

    映画観ました。想像していたよりも凄く面白かったです。笑いあり涙ありの内容で、時代設定が昭和30年代なので、今時のキツイ言葉のセリフも無くて安心して、のんびりとほのぼのとした気分で観れました。凄く癒されました。客層も年配の方から若い方まで年齢層が幅広かった気がします。出演されている役者さんもみんないい味を出していました。特に茶川さん役の吉岡秀隆さんの演技は素晴らしかったですね。とても個性的なキャラクターを熱演されていました。ただ、吉岡さんはメガネに無精ひげの老けメイクをされていましたが、年齢のわりには童顔で声も幼いので昭和30年代のおじさん役というイメージではなかったような気がしますが、素晴らしい演技でしたね。ラストの夕日も凄く綺麗でしたね。また続編を期待してます。それから、昭和40年代を舞台にした映画も良いと思います。

    ユーザーID:

  • 昭和26年生まれです

    33年には7才ということになりますが、
    あんなに東京は汚らしくなかったように思います。
    セットがまるで骨董品みたい、と言うより古道具屋の品をそのまま使っているようでイヤでした。
    当時はみな新品のはずでしょう? 壁や家もみな薄汚れているし・・・。東京タワーも幼稚園の頃から行ってましたが周囲は都会で、今ほどの高層ではありませんでしたがビルが立ち並ぶ都会でしたよ。
    この映画はニュースなどで見る、「戦争直後の東京の映像」みたいな気がしました。原作の漫画と同じように泣かせることには大成功しているようですね。2才年下の妹も同感だと言ってます。

    ユーザーID:

  • 30代主婦です(1)

    71歳の実家の母が港区出身&育ち。
    タワーが出来るのを日々間近に見て生活していたので
    意気込んで見に言ったようです。
    (偶然私も同じ頃、別の映画館で見ました)

    生粋の母の証言

    (1)都電の行き先が違うんでは?

    私は同じく東京出身ですが、出身区も違うし
    時代もわからないのですが、母に言わせると
    どうやら実在しない?(母の記憶と違う)
    路線(行き先)の電車があったようなのです。
    昭和33年というと母は成人してだいぶ
    経っており、勘違いという事はないかも?!

    (2)確かに汚い家もあったが、劇中の家は
    あまりにも汚な過ぎ。実際はもっと綺麗。

    (3)幾ら何でも、家の前で近所の人とあんな喧嘩
    はしない。

    (2)(3)に関して、何もしらない地方出身の人達や
    当時を知らない人達が、あれをそのまま
    信じられたら困ると言っていました。

    ユーザーID:

  • 30代主婦です(2)

    私も泣いた一人ですが、表現したい方向性
    は良くても、もしかして時代描写はイマイチだったかも
    しれませんね。
    色々調べはしたのでしょうが、やはり、母のような
    人達を監督にしない限り(笑)、時代描写は
    難しいのかも。

    私の個人的な感想では、吉岡君は、芸暦もあり、
    一定の演技が期待できる点での抜擢でしょうが
    私は物足りなかった(ミスキャストな気が)です。
    あの時代の男の味(同じく昭和一桁の父の昔を想像するに)が出せていなかった気がします。

    ラストは良かったですね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧