外国人の子育て

レス6
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

疲れた母

小町には海外在住の方や外国の生活に詳しい方が多い感じなので、ぜひ教えてください。

3歳、5歳の男の子の母です。最近下の子の自己主張が強く、上の子のジャマをしたりキーキーとわがままを押し通そうとしたり大変な時期に来ています。二人が喧嘩を始めたりするともう嫌になり、大声で怒鳴ったり、別の部屋に逃げて放っておいたり、どうしたらいいのかわからないでいます。

よく外国などでは自己主張や反抗期は成長している証だから喜ぶべきものだなどといいますよね。といっても受け入れきれないわがままもあります。兄弟喧嘩やうまくいかない躾(片付けや食事のマナー)などに関してはどうとらえているのでしょう?感情的に叱ったりしないのでしょうか?
外国でなくても、もちろん日本人でも様々なとらえ方があると思います。真似するかどうかは別として、参考にしたいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • どこの国でも同じかも?

    私はアメリカなんですが、人によって違います。これは日本でも言えることだと思います。感情的に怒る親もいるし、かなり自由奔放にさせてる親もいるし、躾に関してはかなり個性的というか、違いが見られます。

    大体共通してるのは、どこまでが許容範囲なのか、しっかり線引きしてる、ということでしょうか。親によって躾のpriority(優先順位)が違い、家庭内のルールも様々ですが、そのルールに従わない場合、それなりの罰を与えたりします。ルールも罰も子供の年齢に見合う物であるべきです。あと、決めたことは守り通すこと。(親もです。)

    子供の反抗の対処法については、うちの上の2人はそちらのお子さんより少し上なので、違ってくると思います。具体的にどういう状況でお困りなのでしょうか?兄弟喧嘩だったら、その年齢でしたら多分引き離して(別々の部屋に行かせる)、タイムアウトさせると思います。例えば同じおもちゃの取り合いでの喧嘩だとすると、言い聞かせた上で、2度目に同じ取り合いをした場合は私がそれを取り上げ、その日は使わせません。参考になりますか?

    ユーザーID:

  • 話し方の違い

    親子の会話に限られることではありませんが、日本人って上からものを言うという習慣があると思います。
    先輩から後輩、上司から部下なども・・・。
    押し付けるようなものの言い方という感じで・・・。

    私が欧州で親子でも会社でも人々は「お話をする」という会話の雰囲気を感じます。

    「目を見てお話をする」です。
    子供が悪いことをしたときも、お母さんたちはビシャっと言葉を発するのではなく、どうしていけないのかをちゃんと目を見て話をして、子供が理解できたか確認しているように思います。

    あと、ビシャッビシャッと言い放つような叱り方、子供はドンドン受け継いでいきますよね。

    相手の目を見て、理解度を確認して、そして穏やかに会話(意識と努力が必要だと思いますけれど)、これが日本人に欠けている点だと思います。

    ユーザーID:

  • 親子ホームステイ

    で見たあるアメリカ人の家庭のことです。

    1才6ヶ月の娘と私で親子ホームステイをした経験があります。

    相手のご家庭は子供4人おりました。男の子3人に女の子1人です。女の子が長子で当時11才でした。

    テーブルマナーが悪かったりすると、その晩にリビングルームに必ず集まるときがあるので、その子の問題を取り上げて長時間話合ってました。このとき、「悪いけど今はうちの問題だから席をはずしてくれませんか」と言われました。

    また、11才の子に約束以外のお手伝いをさせるときも母は一歩も譲らず「交渉」するのにはやはり驚きました。それも、30分くらいかけて。泣きべその娘さんも条件をのんでもらったものの、お手伝いをしました。

    こうして、議論ができる大人にそだつのだな、と目の当たりにして感じましたね。

    その後帰国してから、私ももともと理屈っぽいところがあって受け入れやすかったのでマネしました。

    私は3人産みましたが、特に長女は高3ですが、学校での学園祭の金銭にからむことや先生との交渉ごとは上手いと定評がありますね。

    ユーザーID:

  • アメリカの親は

    目線で子供が納得するまで話すって、意見の方がありましたが、アメリカでは通常その後、ペナルティがあります。
    アメリカの子供を見てると目線で納得って言うより、そのペナルティで親の前で(だけ)ものすごくいい子になりますね。
    そのかわり、親がいないところではやり放題ですね。
    結論としては、上から押さえつけているのはアメリカだと思います。

    ユーザーID:

  • 国内外問わず、子育ては大変のようです。

    今NZにいます。最近各テレビ局でこぞって放送しているのが、問題児をmake overする番組です。泣き喚く、物は投げる、大の字になって暴れる等々、実の親もどうにも手の施しようがなく、専門家の助けを受けるのですが、年齢は小学校入学前の児童が多いです。

    幾つか見ていて参考になったことを挙げておきます。
    1、大声で怒鳴らない。
    2、子供のいいなりにならない。
    3、ルールを作って、きちんと守ったときには、「よくできたね。」とものすごく誉める。ご褒美をあげる。
    4、ぐずった時には、放っておく。外出先のときは、すぐ家に連れて帰る。
    5、兄弟間で分け隔てなく、対応する(手のかかる子にばかり気を配らない)。
    6、決して叩いたりしない。

    3の誉めてあげることがものすごく重要のようです。また、4では放って置かれることで、子供も疎外感を感じ、ぐずらずに輪に入ってこようとするようです。確かなことは国内外問わず、子育ては大変のようです。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • トピ主です

    レスありがとうございます。参考になりました。
    子供の発熱が続きバタバタしていたため、見るのが遅くなってしまいました。

    アメリカ在ママさんの仰るとおり、親の考えがしっかりしていて、ルールに従ってこれはいい、これは良くないと言えればいいんですよね。

    そして霜月さんの仰るとおり「お話をする」という感じで・・・。私も前から思っていたのですが、自分も含めて「何やってるの!」「ダメ!」「いい加減にして!」と上から押さえつける言い放った怒り方をしている方が結構いる気がするんです。子供と悪い意味で対等になって、無理なことまで「どうしてできないの!」みたいな・・・。

    私はドラマや本などでしか外国の様子はわからないのですが、大人と子供の線引きをしっかりしつつも子供の考えを尊重するという、厳しさと個人の尊重がしっかりとしている気がしたんです。あと、日本は小さいときは甘やかして大きくなるにつれ口うるさくなる、外国は小さいときに躾をきちんとし、大きくなったら信じて寛容になる、というようなことも聞きました。

    やはり親が自分の信念を持つ、子供の話を聞く、子供に話して聞かせる、ということが大事なんでしょうね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧