ショック!!突然犬アレルギー(泣)!

レス11
(トピ主0
お気に入り1

心や体の悩み

ブラウン

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • トピ主です。

    皆様からのご意見、本当にありがとうございます。

    まずは出来ることを一通り試したいと思います。そして、最後に手放す手段を提案しようと思います。

    父には別の病院を勧め、他の意見を聞いてみて、と伝えてみます。
    並行して、些細な抵抗かもしれませんが、彼らの活動範囲をもっと厳密に区別出来ないか、やれるだけの工夫をしてみようと思います。年末には私も実家に帰るので、大掃除がてらやってみます。
    ・・・あとは、「里子に出すかもしれない」と周囲の犬好きの方たちに相談するよう、話してみることですよね。もしかして、安心して任せられる方にめぐり合えるかもしれませんし。

    現在、私たち子供は他県に住んでおり、父と母の2人暮らし、犬が大きな癒しになっているようなのです。
    それもあって、いつのまにか冷静さを欠いた文章を送ってしまいました。
    本当に見苦しいもので、申し訳ありませんでした。

    まだまだ、皆様のご意見をいただけたら、と思います。

    ユーザーID:

  • 悪役をあえて担ってくれた医師が一番誠実

    >犬アレルギーなのに犬を飼うなんてと怒る医師もいるかと思いますが,中には犬を飼ったままアレルギー症状を出きるだけ軽くしていこうという医師もいると思います。

    たまたまけろさんがお書きになっていたので代表としてコピーさせていただきましたが、けろさんにケチをつけたいわけではありません。ご容赦ください。

    なぜ医師の意見がそのようにバラつくか、みなさんおわかりになりませんか。

    「動物を処分しなさい」なんていうことを、誰も、なるべくなら言いたくないからですよ。しかも面と向かって。
    また、手放す方法は困難で、かつ最悪の事態も招きます。「じゃあ先生が飼い主を見つけてくれるとでも」と言われて犬の命にまで責任を負わされる可能性もあります。

    それがわかっていて「手放せ」と怒る医師が一番自分の役割に誠実だと私は思います。

    アレルギーをいくら憎んでも相手は人格ではありませんからね、代わりにアレルギーを宣告する人や、困難な対策を命ずる人を憎むのは、この病気の周辺にはたいへんよく見られることです。

    実際はアレルギーというのはアレルゲンを避けるのが最大の対策になります。トピ主さん、冷静にご判断ください。

    ユーザーID:

  • 引き取り先を探して下さい。

    ご近所の方やご親戚の方でその犬を引き取ってくれる方はいませんか?
    なるべく親しい方に理由を話して引き取ってもらえないか聞いてみると良いです。犬なので犬好きの方へお願いすると良いです。

    私は過去猫アレルギーの方(近所の仲良かった一家)から猫を預かりました。
    一度その動物アレルギーが出たら治らないそうで、一緒にいると症状がどんどん悪くなるそうです。
    その方も家族の一員として猫と接していただけにすごくショックだったようです。
    幸い私の家庭は動物好きで猫等色んな動物を飼っていたのですが、丁度全ての動物が寿命を全うした後だったので、その知り合いの猫を預かる事が出来ました。
    その方もうちの家族がどれだけ猫を可愛がってくれるかわかっていたので安心して預けてる事が出来ると猫と離れる事は寂しいながらも喜んでいましたよ。

    トピ主さんのお父様のお体が心配ですので、すぐにでも犬を預かってくれる方を探した方が良いと思います。

    ユーザーID:

  • 私もです

    私もひどい犬アレルギーを持っていますが、トイ・プードルと暮らしています。
    1週間に1度シャンプー、耳掃除をして、家の中でもなるべく洋服を着せています。部屋はフローリングと畳、犬のゲージの真横に空気清浄機を置いています。空気清浄機は値段の高めの性能の良い物を部屋ごとに置くのが良いと思います。
    2年くらい飲み続けるとアレルギーが低くなるという薬もあるようなので、アレルギー科を受診してはいかがでしょうか?
    お父様とワンちゃんがずっと一緒に暮らせることを祈っています。

    ユーザーID:

  • 医療にサポートしてもらう

    健康に関する考え方は人それぞれですね。
    長生きが一番という人もいますが,一方で自分らしい生き方を望む人もいます。

    お父様の生活の中に犬がいることが幸せであるなら,まず犬がいる前提でアレルギー症状をなんとか軽くするような治療を求めるべきでしょう。

    医師にもいろいろな考え方の人がいると思います。
    犬アレルギーなのに犬を飼うなんてと怒る医師もいるかと思いますが,中には犬を飼ったままアレルギー症状を出きるだけ軽くしていこうという医師もいると思います。

    トピ主さんのお父様の願いがかなえられるような医師にめぐり合えるといいですね。

    ユーザーID:

  • 犬も家族ですものね。。

    ご自分でもアレルギーの勉強をして
    ご家族で話し合い、もしも共存が無理ならば。。
    飼い主を探してあげましょう。

    もし、飼い主が見つからない場合は
    お父様を家から出しましょう。

    お父様は人間なので、なんとか死なずに
    暮らせるはずです。 ですが犬は飼い主が見つからない
    場合。。捨てられるか殺されます。

    ユーザーID:

  • 私もアレルギー。

    私も15年猫を飼ってきて最近猫上皮アレルギーになりました。レベル2です。

    鼻炎はレーザー治療、喘息は毎日朝と夜、吸入の薬で治療しています。耳鼻科の先生に「犬も飼ってるからそのうち犬のアレルギーも出るよ」と言われてます。

    トピ主さんのお父様が行かれたのはどんな病院ですか?普通の内科ではなく、アレルギーや喘息専門の病院へ行くのが良いと思います。アレルギーになったからって犬、猫と離れて暮らすなんて考えられません。

    私は耳鼻科と喘息・アレルギー専門の病院へ通ってますが、犬や猫を手放せとは言われませんでした。治療法は色々あるので、アレルギーでも一緒に暮らせます。

    ユーザーID:

  • まずは正しい知識を

    アレルギーを甘く見てはいけません。
    確かに動物に対してアレルギーが出ても、どうにか暮らせる範囲ですむ人もいます。
    でもトピ主さんのお父様がその範囲内に入るかどうかは、ここでは判断できません。
    そして喘息で死ぬこともある。これは事実です。

    何ごともなくすめばそれに越したことはないですが。まずは喘息がどういうものであるかということの勉強をすること(混乱している場合ではないですよ)。
    犬に対する愛情と、自身の病気は別で考えることを身につけてください。

    ユーザーID:

  • まずは専門医と相談を

    アレルギー専門の医師と一度よく相談なさってください。
    減感作療法でうまくいった人の例を知っていますし、良い薬物療法もあるかも知れません。

    私も犬を室内で飼っていますが、飼い始めてから皮膚にアレルギー症状が出るようになりました。
    ちょっとひっかかれただけで、そこが腫れ上がってかゆくなります。
    今のところは皮膚症状だけなので力価の弱いステロイドクリームで十分やりすごせるのですが、今後ぜんそく発作を起こすようになったら減感作療法を試してみようと思っています。

    また昔から私はネコのアレルギーで、こちらの場合はぜんそく発作を起こしました。
    目は真っ赤になって腫れ上がるし、夜は咳がとまらない、クシャミ発作のときもありました。
    ところが最近は治まっています。
    ネコのいるお宅へおじゃましてもクシャミも咳も出なくなりました。
    なんの治療もしていません。自然に抗体がなくなったのかも知れません。
    こういう場合もあるということで。

    たとえ犬と言えども、飼い主にとってはもう家族です。
    手放すことは考えたくないですよね。
    うまくいくようお祈りしています。

    ユーザーID:

  • ・・・

    急にアレルギーを発症されたのは大変ですね。

    家の場合です。
    家の父親も喘息持ちですが、猫3匹飼っています。
    やはり子供の頃から動物はいましたね。
    家族で父以外は喘息もアレルギーも無いので、とてもそう言う事に疎い家族でした。
    父も何も言わないので・・・。
    父は常に咳をしている状態でした。(今も)
    でも父親は子供の頃からの喘息で、病院にも行きませんし、60歳超えてます。何だか父自身が喘息を(あくまで父自身のですよ。)重要視していない感じなのです。
    ちなみに私は新婚時、夫の猫アレルギーを知らないで、猫を拾って来てしまいました。
    やはり最初と、調子の悪い時にクシャミや涙や蕁麻疹が出たのですが、猫が来て4ヶ月後位には症状が全く出なくなっていました。
    夫は猫への愛がアレルギーに勝っちゃたよ〜なんて言っています。
    主さんのお父様もワンコを愛する気持ちは一緒だと思います。
    多分、家はラッキーだっただけでアレルギーを軽んじてはいません。
    家族で良く話し合って下さい。

    ユーザーID:

  • 嘆くより、前に進む!

    今すぐ犬とお父様を引きはなさなきゃだめです。
    アレルギー性の喘息患者の家族としてもっと勉強してほしいです。
    犬と50年暮らしたのに、ではなく暮らしたから抗体ができてアレルギーになったことをまずは認識してください。
    嘆くより、前に進む!

    犬を手放してもその家にお父様はもう住めませんから、たとえば子供さん世代が犬と今の家に残り、親御様だけひっこすのが現実的だと思います。

    最後に。他人に相談する場で犬を「ワンコ」とよんでいるうちはあなたの混乱は止まりません。
    私もかなりの犬好きですからお気持ちはわかりますが。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧