• ホーム
  • 健康
  • 猫がガリガリ。カーペットから釘が・・・

猫がガリガリ。カーペットから釘が・・・

レス8
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

こまったさん

飼っている猫が床をガリガリしてしまい、下から釘が
出てしまいました。

いつも釘を踏まないように気をつけています。しかしふと忘れてさったときに踏んずけてしまい、痛い経験をしたことが何度かあります。

治し方をっている方いらっしゃいましたら、教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 管理会社に頼んだら・・・

     以前、カーペットのクギを発見し、管理会社に連絡したら、業者さんが来てくれました。
     どうするのか見ていたら、なんと金槌で上から叩くだけでした。
     なんだ、それならわざわざ来てもらわなくても・・・と恐縮してしまいました。

    ユーザーID:

  • 爪とぎ?

    床から釘が出ているなら、トンカチで叩いて下さい。
    でもたぶん本当に知りたいのは猫の爪とぎを止めさせたいって事でしょうか?笑

    仔猫なら爪とぎ場所を簡単に教えられます。寝起きや興奮した時にガリガリしますから、その時に爪とぎ材に乗せてあげればその素材=爪とぎとして覚えるので、寝場所の近くや柱などに取り付けると良いです。家の猫は2,3回で覚えました。
    素材は市販の爪とぎダンボールや小さいカーペットです。爪研ぎ材はグラグラしないように、しっかり取り付けてください。重要なポイントです。

    大人猫は根気がいるかもしれませんが、まず研がれたくない床や壁の部分にクリアファイルのようなプラスチック素材を貼り付けて防御します。そしてその上や横に爪とぎ材を置いてあげます。
    場所を覚えたらクリアファイルを外して完了です。大人猫なので時間は掛かるかもしれません。

    ユーザーID:

  • 猫ちゃんはカーペットで爪とぎね♪

    「カーペットの下から釘」というのは、壁沿いの部分に定間隔に打ち込まれている、頭のない尖った釘のことですよね。
    でしたらウチも経験あります。痛いですよね〜あれ。
    ホームセンターなどで、エンビのテープ状のコードみたいのを買い、壁沿いの釘の出ている上に置いて金槌で叩いて固定しました。
    別の部屋もなってしまった時は、↑が売り切れだったので、棒状のコードカバーの縦半分で同じようにしました(アレは中にコードを入れるようになっているので縦半分に別けられるの)
    念のためカーペット用の両面テープを貼ったほうがいいかも知れません。

    ユーザーID:

  • けがの「治し方」ではなく、

    、、床の「直し方」ですよね。

    釘とはカーペットを留めるために、床の四隅につけられた金属製の爪つきのレールのことでしょうか。

    だとしたら、もう一度同種のカーペットでパッチをあてるのが正しい直し方だと思います。

    切れ端を店に持ってゆけば、同じものを探してくれるはずです。

    きれいに直したいなら、業者に頼む必要があるかもしれません。

    もし広範囲でないなら、とりあえず安全のため、ハンマーで叩いて爪(釘)をつぶしておくという手もありでは、、。

    ユーザーID:

  • 治し方ですか。

    まぁ、小さい傷なら薬塗って自然治癒に任します。大きな傷なら病院へ行った方がいいでしょう。破傷風の予防注射はされてますか?

    釘がでてきたのは、床?カーペット?
    普通に考えると床ですかね。
    猫にガリガリしないようしつけをした方がいいかも。
    とび出した釘は打って引っ込めるかどうかして、直しておいた方がいいと思いますが、いちど引き抜いて、瞬間接着剤を塗ってから打つと、次は出にくくなると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 何がなんだか

    カーペットから釘なのか、床から釘なのか。

    「治し方をっている方」といわれても、タイトルからすれば出ている釘の直し方なのか、治すという漢字からすれば足のけがか猫の癖なのか、一体何をナオスのですか。

    こまったさん、もう少し分かりやすい文章にしましょうよ。そうでないと、私のようなよっぽどの暇人しかレスしないと思います。

    ユーザーID:

  • ハンマーで叩くだけです

    カーペットの施工方法がグッパー工法で部屋の四隅にグリッパーという釘のある物を打ち付けてカーペットを引っ張っていますから短い釘が無数にあります。
    入り口等の踏む可能性がある所はハンマーで叩いたら、曲がって足を怪我する恐れはなくなります。
    カーペットが古くなって張替える時に曲がっていても差し支えありません。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます!

    へたな文章で、本当にすいません。

    まず金槌で上を向いてた釘を叩いてへこませカーペットの部分を買ってきて、形に切って両面テープで貼り付けました。たくさんの意見をありがとうございました。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧