心や体の悩み

お料理上手になるコツ

レス12
お気に入り1

みも

健康

結婚して半年になります。お料理の腕がなかなか上がらず情けないのですが 本を見ずにつくれるものといったらカレーとかシチューぐらい。

理想は どんな材料でもぱぱっと美味しいものをつくれるお料理上手になりたいのです。
お料理のコツを教えて下さい!

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数12

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大丈夫!

    誰でも初めから手際よく短時間で、美味しいものを作る事なんて出来ませんよ〜!
    何でもそうですが、とにかく「慣れ」です。
    調味料の味加減なども、いつしか全て「適当」です。
    それでたまに失敗する事もありますが・・・。
    でも、肝心なのは喜んで食べてもらうこと・・・かな。
    作った事のないものは、だれでも上手く出来るとは限らないし、失敗も後々は良い思い出にもなります。
    深刻に考えないで肩の力を抜いて、音楽でも聴きながら気楽にお料理してみるのもいいですよ。
    頑張ってくださいね!

    ユーザーID:

  • そのうちに。。。

    私も結婚したばかり(4ヶ月)です。
    料理なんて結婚するまで母親任せだったので
    毎日献立は何にしようって四苦八苦していますよ。

    ただ、急に腕を上げるってのは無理じゃないでしょうか?
    やはり、本を見ながら何度も作るうちに、本を見ないで作れるようになるとおもいます。

    私はまだ、料理上手とはいえませんが、料理は好きだと言えます。
    もちろんレシピ本は必要です。

    好きになればそのうちに自然に腕が上がりますよ!
    お互いに頑張りましょう。

    ユーザーID:

  • 料理上手=食べるのがすきな人

    みもさん、どんな食べ物が好きですか? まずは、お手持ちの料理本に載ってて食べてみたいメニューを、本に載ってる分量どおりに作ってみてください。もっと味付けを濃くとか気付いたことをメモっておいて、また次に週につくってみるといいですよ。 もちろん、作る前に全工程を頭に入れておく方が効率よく料理できます。で、作った物はほかの人に食べてもらって感想を聞いておいて、次に作るときの参考に。

    あと、ご自分の好みの味を知るという意味で、お友達と食べ歩きに行かれるのもいいですよ。で、興味がわいたメニューがあれば、レシピを探して作ってみる。などしているうちにきずいたら、料理が楽しくなっているのでは。 Enjoy!

    ユーザーID:

  • 頑張って♪

    料理を始める前に手順をよく考えておくことが大事だと思います。そうすれば煮すぎたり焦がしたりする失敗は減ります。複数の料理が同時に完成すればできたてホカホカの料理を食卓に出せます。

    慣れたら今度は鍋やまな板を汚さないように考えながら料理をしてみて下さい。調理時間が短縮するし、片付けも楽になりますよ!

    料理って本当大変だし失敗して上手になっていくものです。ご主人の健康のためにもレパートリーが増えるよう頑張ってくださいね!

    ユーザーID:

  • 意識することです

    外食した時に美味しいと思ったものがあるとすると
    これはどんな調味料が入ってるんだろう…と意識して食べること。
    どうやって作ってあるんだろう…と観察すること。
    料理番組では料理人の動きを観察すること。
    実家で食べた時にはどうやって作るのか聞くこと。

    これに尽きます。
    母からそう言われて育ちました。
    おかげで、料理は母以外に習って無いですが、人並みに何でも作れます。

    ユーザーID:

  • 主婦暦11年ですが

    やっぱり場数を踏むことが一番ではないでしょうか。私も結婚当初はロクなもの作ってませんでしたもの。あとは時には外食することかな? 私は、「あー、この素材にはこんな味付けも合うんだな」とか、「これ美味しいけどうちでアレンジできないかな?」なんて思いながら外食しています。 

    それから、ネットで色々な方がレシピを公開なさってます。 それを活用するといいですよー! 料理本通りだと時間も材料費もかかって大変な料理を簡単にアレンジしたものとか、ちょっとしたアイディア料理なんかが画像つきで沢山見られます。 私は最近もっぱらネットでレシピを入手してます! 

    ユーザーID:

  • 凝ったものではないけれど

    お料理は好きです。でも、ごく普通の「お家のご飯」・・です。毎日のことですから、あまり気張り過ぎると続きません。

    私が気をつけているのは、「丁寧に、焦らずに」です。材料の切り方、大きさ、下ごしらえ、手順に慣れる・・くらいかな。ここをきちんとしておくと、素材を生かす口当たりや、火の通り具合も均一になるし、味付けの段階で失敗するようなことも減ってくると思います。

    外食したときに、味付けや材料の組み合わせを参考にしたりもします。いつもは家庭で作る料理を外食する機会があれば、盛り付けや家では使わない材料の組み合わせ、それに合う他の料理なども覚えてきます。

    たまには、一品持ち寄って友人たちと「一緒に晩ご飯」をするといいですよ。献立のレパートリーが広がります。

    ユーザーID:

  • 料理本をまねてみる

    独身時代は料理上手な母とずっと同居でしたが、仕事が

    忙しく家事はほとんど頼りきりな状態でした。結婚後

    すぐ実家からすごく離れた所で暮らすことに。そんな私

    は、いつも本屋さんで売っている料理本をめくって、「

    これが食べたい!美味しそう」というものを作ってみて

    いました。オレンジページ、やsaita が出している本

    は確か、季刊で旬な食材を使ったレシピがたくさんあ

    りお気に入りです。栄養に関する記載もあり、勉強に

    なります。

    ユーザーID:

  • 自然とどうにかなります。

    私も結婚当初は目も当てられない状態でしたが、試行錯誤を繰り返し、それなりに上達してきたと思います。丁寧に手間をかけた料理をだんなに褒められたりすると頑張り甲斐があったりして。

    そんな中、料理下手な私でもぐんと手際よく色々作れるようになった理由の一つは、だしを丁寧にちょっと多めにとって毎日いろんなものに使うことです。
    鰹節・鯖節・昆布・煮干等でしっかりと味のあるだしをまとめて作ってだいたい4,5日で使い切ります。
    余るようでしたら製氷皿で冷凍しても便利。
    このだしがあれば、煮物はもちろん、茶碗蒸し・おひたし・サラダのドレッシング・酢の物・浅漬け作りにも入れます。和風パスタも色々できます。
    カレーが余ったらだしと合わせて、カレーうどんにしてみてもおいしいです。市販のだしよりもぐんと風味がアップします。

    それと調味料をちょっとぜいたくして良いものを使うといいかも。
    塩・醤油・酒・みりん・酢・ごま油・オリーブオイル
    は良いものを使えば、下手にあれこれ調理するより
    シンプルで素材の味が生かせます。技術不足も多少は
    ごまかせます。そんなに頻繁に買うものでもないと思うので、思い切って買ってます。

    ユーザーID:

  • 好きなものを作る!

    私は料理歴10年ほどになりますが、基本はいつでも「自分の食べたいものを!」です。だから、食べたいと思ったら、いきなり上級者向きのものもチャレンジしてしまいます。アジア料理に凝っていたときは、韓国・タイ・ベトナム・インド・インドネシア料理、何でも作ってみました。「あら?」と思うものが出来てしまっても、それはそれで面白いと感じてしまいます。

    料理本は、初級から上級、プロ級までいろいろありますが、基本の1冊を抑えたら、興味ある本は、難しくてもどんどん試してみることをお勧めします。材料の分量さえ守れば、よっぽど焦がしたりしない限り、「食べられるもの」になります。失敗したなと思ったら、何がいけなかったのか、自分で考えることも大切です。

    意外と見過ごされがちなのは手順と下ごしらえ。最初のうちは時間にゆとりを持って、下ゆでや包丁入れなども丁寧にやりましょう。

    それと、自分とご主人の好みの味をきちんと把握しましょう。レシピどおり作っても、トピ主さんやご主人が美味しいと感じなければ意味がありませんものね。

    半年なんてまだまだですよ。大丈夫。少しずつ、いろいろなことを試してみてくださいね。

    ユーザーID:

  • 料理上手な親のおかげで。

    祖父母と同居していたので、いつも祖母と母が一緒に料理していました。
    私は小さい頃からそんな光景を見ていて、祖母や母が「出汁のとり方はね」とか「千切りはこうするんだよ」とか私に話しかけていました。

    結婚する前まではほとんど料理を作らなかったのですが、結婚後毎日料理をするようになって、昔の記憶があることに驚いています。
    子供の頃に聞いていた祖母や母の話を覚えていたせいか、料理本を見れば何でも作れるし、外食して美味しいものに出会ったら、翌日には再現できるのです。

    トピ主さんのおばあ様やお母様がご健在ならば、教えてもらうといいですよ。

    今は仕事もしているので、毎日料理を作るのが億劫になることもありますが、美味しそうになんでも食べてくれる夫をみると、もっと料理上手になりたいなって思います。

    子供が将来生まれたら、この味を受け継ぎたいです。
    ちょっとオーバーかな?笑

    ユーザーID:

  • 本よりテレビ

    全工程をシミュレーションすることです。

    それにはテレビの料理番組が圧倒的に役立ちます。
    料理の工程が順を追って説明されますから。

    「きょうの料理」でも「三分クッキング」でもなんでもいいですから、ビデオにとって繰り返し見ましょう。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧