義母の怪我についてご相談します。

レス6
お気に入り0

山茶花

健康

98歳の夫の母が転んで肩を強打しました。数ヶ月まえのことですが、肩の血管が破れ血が溜まり主治医が2週間に1度位の割合で血を抜いてくれていました。そのうち落ち着いてくるだろうと楽観していましたが
落ち着く気配もないので総合病院で検査をしていただきました。結果、手術以外には方法が無いとのこと。

全身麻酔を必要とする手術になるらしいのですが、なにしろ高齢ですので、麻酔をかけて手術の途中で心臓が止まるかもしれないと担当医から言われてしまいました。本人は絶対に手術をしたくないと言っています。98とは言え頭はしっかりしていますので、本人の意思を無視出来ません。しかしこのまま血液が溜まれば抜く処置も可哀想過ぎます。どうすれば良いのか夫と悩んでいます。誰か良い方法をご存じありませんか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 手術は止めておいてあげて欲しい

    98で全身麻酔の手術だとご本人は嫌だと思われるのが当然だと思います。しかも心臓が止まる危険性などあるなら、強行すれば絶対に後悔することになると思います、どうか全身麻酔の手術は避けてあげて欲しい。

    ただそのまま放置するわけにも行かないのですね。医学的知識はないので何の助言も出来ないのですが、どうかよくお医者さんと相談してあげて少しでも身体に負担の無い方法が見つかりますように。

    私が以前入院してた時、同室に70代、80代の方がいました。お2人とも人工透析のための手術を受けることになったのですが「もうこの年になってしんどい思いをするのは嫌、人工透析せずに寿命が来た方がよい」というのが本心のようでした。

    しかしご家族が「そんなこと言わないで!」と必死なのです、当然だと思いますが。ただご当人達は高齢なので治療が辛い、こんな年まで生きてなぜまだこんなに辛い思いをして辛い治療を受けないといけないのか、しかし子ども達が治療を受けないことを許してくれないと、子ども達のためにガマンして痛い治療を受けられているようでした。

    本当に親思いの子供さんたちで素敵な一家でしたが複雑な思いもしました。

    ユーザーID:

  • 難しい選択ですね

    主人の祖父は94歳で心臓にペースメーカーを入れています。
    昨年、電池の交換時期だったのですが、医師に電池交換しても心臓が動かなくなることもあると言われ、手術のリスク、本人の意思など総合的に考え、手術はしませんでした。

    医師は手術をすすめているのでしょうか?手術のリスクと血を抜く処置を続けた場合、比べてどうなのか?という事を医師とよくご相談下さい。

    ユーザーID:

  • 手術を受けない場合のデメリットは?

    トピの文中には、手術のデメリット(術中の心停止の恐れ)は書かれていますが、手術しない場合のデメリットが書かれていませんよね。
    手術を受けなければ、ずっと2週間に1度の血を抜くことが続くだけなのか、それを続けていると肩の運動制限の危険性や炎症・感染症など全身に与える影響はないのかなど。

    98才なら、術中の心停止以外にも術後の体調管理や精神状態の不安定さを考えれば、主治医も積極的に手術したいわけではないでしょう。

    ユーザーID:

  • お勧めできません

    今年11月の頭に95歳の祖母が転んで股関節を骨折してしまいました

    そのままでは痛みもひどく日常生活も出来ないため腰椎麻酔で手術をしました

    手術そのものは無事成功しましたが、それ以来祖母の意識はもうろうとしていて、日中も起きているのか、寝ているのか分からないようになりました
    徐々に食欲も落ち、口から食べる事も難しくなり点滴をしていましたが、高齢のため血管も脆くなっていてしょっちゅう点滴液が漏れ、手がパンパンに腫れてしまい、最後は腕からの点滴は無理になり足から点滴をしていました

    入院から1ヶ月経たないうちに見るからに容態は悪くなり、先日肺炎を起こし、息を引き取りました

    高齢で手術をするということは体力の心配もありますが、手術自体が上手くいってもその後寝たきりになって、そのままという事もあります

    その辺りのことを良く考えて判断される事をお勧めします

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    相談にのってくださってありがとうございます。
    超高齢と言うこともあって手術をしない方向に
    いくと思いますが、定期的に溜まった血液を抜く
    のも、母の身体に非常に負担がかかります。
    手術をしないかぎり出血は止まらないと言われています。何時までと期限のない処置に不安を感じています。

    ユーザーID:

  • 術後のボケ

    医学には詳しくないので身近に起こったことですが。

    86歳の母が手術を受けたあと ボケ症状があらわれました。弟を見て「どなたさんでしょうか?」「ここはどこ?」、見舞い客が誰かわからない、自分の持ち物が分からないなどなど。しばらく続き元通り近くになりましたが、知人の90のおばあちゃんはそれ以後急激に呆けたそうです。それぞれ術前はしっかりしていました。

    麻酔は 高齢者のボケを加速さすように思います。そこのところもお医者さまに聞いておかれるといいと思います。

    また足腰もです。急激に弱まります。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧