この童話の題名をご存知ありませんか?

レス0
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

みゆき

こんな童話の題名を調べています。
 「千匹皮(驢馬の皮)」と同じような内容だと言うところまではわかったのですが、どちらの話なのか、それとも別の話なのかわかりません。
 大筋は「千匹皮」と同じなのですが、その話にはうわばみ(大蛇)が出てきて、王のプロポーズを断るための智恵を与えます(太陽・月・星の3枚のドレスのこと)。
 それでも断りきれずにとうとう逃げ出すことになり、別れ際にうわばみは言います。
「お姫様が一番幸せなとき(結婚式で愛を誓う瞬間)に私の名前を3回唱えてください。そうすれば、私は人間の姿にもどれるのです」
 やがてお姫様は異国にたどり着き、3枚のドレス、指輪入りスープの件を経て、王子と結婚しますが、結婚式で幸せのさなか、約束を忘れてしまいます。うわばみは2度と人間の姿に戻れなくなり、もう何度呼んでもお姫様の前には姿を現しませんでした。
この、うわばみが出てくる童話がなんという話かご存知の方、教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数0

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧