英語で読むおすすめの本

レス21
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

そら

アメリカ在住です。
英語の勉強もかねて、こちらの本を読もうと思うのですが、どんな本を選んで良いか本屋へ行ってもよく分かりません。皆さんお勧めの本がありましたら教えてください。
ジャンルは問わないです。
よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ダビンチコード

    一気に読めました。私が読むのはあとはホラーですが、最近DEEN KOONZ スペルは確かじゃないけど)という作家が好きです。。。

    ユーザーID:

  • 店員さんに訊いてみては?

    書店に出向かれるなら、店員さんにお勧めの本を
    訊いてみてはいかがでしょう?
    会話の内容で英語のレベルを判断して、ベストセラー、
    ロングセラーの中から適切な本を勧めてくれるのでは?
    インターネットで購入されるなら、この限りではありませんが。

    私は最近、Daphne Du Maurier の小説をいくつか読んでいますが、
    文章は意外なほど平易であるにも関わらず、
    いわゆる「行間を読む」面白さがあり、非常に読み応えがあります。
    邦訳も出ていますが、やはり "Rebecca" と
    短編集の "The Birds" は突出して素晴らしいと思います。

    ユーザーID:

  • Big Fish

    私も勉強ついでに英語の本を読んでいます。

    数少ない中ですが、映画にもなったBig Fishが私の勧める本です。短い面白いストーリーの集まりで、それが一つの大きなストーリーとなり、最後には深く考えさせられる本だと思います。

    お互い英語の勉強頑張りましょうね!

    ユーザーID:

  • ダヴィンチ・コードは・・・

    原書で読むのは難しいですよ。英語自体は平易でも、暗号についての話が殆どだし、カトリックの歴史やフランス語についての知識が多少なりともないと、ちんぷんかんぷんで楽しめないと思います。あの本の訳者によると、実際の翻訳作業よりも調べものに膨大な時間を費やしたとか。ゲラそのものよりもメモの方が量が多かったという話を聞きました。

    また、別の知り合いのベテラン翻訳家によれば、英語の初心者でも読みやすい作家は、Mary Higgins-Clerk(メアリー・ヒギンズ・クラーク:スペルは定かではありません)だそうです。一度本屋さんで訊いてみてはいかがですか?

    個人的にはフレデリック・フォーサイスが好きですが、彼の作品も話の内容が複雑だし(文章は極めて洗練されて美しく、さすが元ジャーナリストという感じです)、長編はお奨めしません。が、短編集ならいいかもしれません。「The Veteran」は面白かったですよ。

    ユーザーID:

  • 自分の興味のあるものが一番

    そらさんが普段日本語で読んでいる本や、英語力がわからないので、難しいですがー

    *まず、自分の興味のある物ー料理、ゴルフ、車、釣り、美容、政治、歴史、経済、芸術・・・が、多少難しくとも”英語でも読みたい!”という気にさせると思います。

    *そらさんの地元新聞に最近のベストセラー選が載っていませんか?その短い批評等を読んで、ちょっと違ったジャンルの本を選ぶのも、面白い物にあたります。

    *私が英語の為に読むのは、ミステリーです。犯人は誰か?!ついつい夢中になって、辞書などひく暇もないぐらい一気に読んでしまうので、新しい単語はちっとも覚えませんが、読む気にはさせてくれます。

    ユーザーID:

  • 魔法の国ザンスシリーズ

    Piers AnthonyのXanthシリーズをお勧めします。今のところ29巻まで出ています。

     駄洒落で構成された魔法の世界のお話です。
     いわゆる同音異義語の別な方の意味を知って、成る程ねぇ、とうなずいたり笑ったりしました。
     早川のファンタジーから訳が出ていますが、これは原語で読んだ方が絶対面白いです。

    ユーザーID:

  • 答えは簡単

    このようなご質問の答えは
    そんなに難しいものではありません。

    質問者さんの大好きな・関心のあるジャンルの本
    であればいいのでは。

    例えば、漫画ばかり読む子供に読書をさせようと
    親が【少年少女文学全集】なんて買ってプレゼントしたりしますが、
    子供が読むはずがありません。

    それもそのはず、活字が嫌い以前に関心が無いから読まないのであって、
    野球の好きな少年なら、野球選手の物語なんて与えれば、喜んで読むことでしょう。

    慣れていない英語で、関心のあまり無い本を読めば
    必ず途中で投げてしまいますよ。

    ユーザーID:

  • Memoir of Geisha

    こんにちは。私もアメリカに住んでいます。英語でも読みやすかったなあと思ったのはMemoir of Geisha です。映画Sayuriの原作本です。数は多くありませんが、いろいろなジャンルの小説を読んでみましたが、日本人の私にはどうも心にしっくりくるものが少なくて。

    その中でもMemoir Of Geishaは描写が大変日本的ですんなり読めました。是非お勧めです。映画も公開されたことですし、映画を見た後に読んでみてもいいかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 内容を知っているものから

    海外生活はありませんが、個人レッスンと短期旅行で鍛えた結果上級レベルといわれます。
    私の洋書デビューのときは、いったん日本語で好きだった作品を英語で読みました。ストーリーがわかっているので知らない単語でも文章の意味がわかるので気軽に読み飛ばせました。

    一冊読み終わると達成感と自信で次も読めるようになります。
    次には、見た映画のストーリー本にチャレンジしてみました。

    勉強と思って始めるときついので興味があるものから始めると楽かもしれません。

    ユーザーID:

  • SNOOPY

    マンガだと侮るなかれ。
    あれは哲学書です。
    ユーモアとウィットに富んだ会話をお楽しみください。

    ユーザーID:

  • 私が読んだ本

    ストーリーのわかっているものを原書で読むのは楽ですし、楽しめます。

    私は学生のころ「Anne of Green Gables(赤毛のアン)」から原書を読み始めました。赤毛のアンシリーズはBordersなどのYouthのコーナーにあります。

    それから一時ダニエル・スティールに凝ったのですが、ストーリーが現実離れしているのと、最後の最後でドキドキはらはらしてハッピーエンドというワンパターンなのに飽きて、やめました。

    今はハリーポッターです。特に映画を見てから読み始めると、読みながら場面が目に浮かんでいて、楽しさ倍増、読むスピードも倍増です。

    ユーザーID:

  • Memoirs of a Geishaに一票!

    別の方もお薦めしていますが、私もこの本が読みやすいかと思います。

    草履や帯などはあえてカタカナ読みのローマ字で書かれていて、日本人にはとってもわかり易いですよ。
    英語の本はたくさん読んでいますが、この本は唯一辞書なしで読破できましたし、日本人であってもよくは知らなかった芸者について勉強できて、興味深くて面白かったです。

    外国人の友人も絶賛していました。
    映画も上映されていますし、是非どうぞ!
    私ももう一度読みたいなと思っています。

    ユーザーID:

  • 雑誌はどうでしょう?

    日本で日本語の本を買うときと,同じようにすればいいのです。
    日本ではどんな本を読んでいましたか?
    専門書? 実用書? 雑誌? 漫画?
    文学作品である必要は無いですよね?

    音楽が好きなら,音楽雑誌でも良いでしょう。
    社会を知りたければ英字新聞や週刊誌。
    歴史に興味があれば,歴史の専門書。

    何でもいいと思います。

    大切なことは,「英語の勉強」と堅苦しく考えないことです。
    面白い文章もつまらなく感じてしまいます。

    まずは,興味のある分野の本を読んでみたらどうでしょうか?

    私も学生時代,英語の勉強のために洋書を読んでいましたが,
    音楽やスポーツなどの雑誌や専攻分野の専門書ばかりを読んでいました。
    日本語でもそのような本しか読んでいなかったし・・・

    ユーザーID:

  • Mark Haddon

    Mark Haddon の“The Curious Incident of the Dog in the Night-Time ”
    は今まで読んだ英語本のなかで一番簡単でしたので、練習には良いと思います。
    アスペルガー症候群の15歳の少年が、殺犬事件を解決するお話です。

    ユーザーID:

  • そうですね。

    栗太郎さんもおっしゃってるように、ますは日本語に翻訳された本の中で、ご自身が読んで面白かったものを選ばれると良いと思います。

    あとは、料理の本とか。趣味(例えば、ペーパークラフトがお好きであれば、ペーパークラフトのデザイン集等)の本。

    それから、児童書も結構お薦めです。字が大きく、ページ数も少ないものから読まれると、良いと思います。

    最後は、ハーレクインロマンス。これって、結構サクサク読み進められるんですよ。面白いですよ。

    ユーザーID:

  • 図書館へ行ってみれば?

    トピ主さんの英語のレベルがわからないのでなんとも言い様がありませんが、自分でも何が読めて何が読めないのか最初はわからないのなら、図書館に行ってみれば?ヤングアダルトコーナーからいくつか、実用書からいくつか、大人の小説のコーナーからいくつか借りてきて、気に入ったジャンルや作家をさがすと良いと思いますよ。
    図書館の司書の人も暇な時間(子供の学校が終わる2時半より前)だったら相談に乗ってくれるでしょうし。たいていとても親切ですよ。

    ユーザーID:

  • 84 Charing Cross Road

    私が、英文で読んで、初めてウルウルしてしまった本です。小説ではなく、NY在住の作家で愛書家のHelene Hanffと、ロンドンはチャリングクロスの古書店の店員との往復書簡。泣けます!手紙を書く勉強になるかも?100ページにも満たない小品なのに加え、複雑なストーリーや人物関係もない往復書簡ですから、気軽に読めるので、お試し下さい。映画化もされています。

    トピ主様がアメリカのどちらにご在住なのか存じませんが、New Yorkでしたら、同じくHelene Hanffの「Letter from New York」も面白く読めるのではないかと思います。

    トピ主様の英語読解力を存じないので、失礼に当たるかも知れませんが、「ダビンチコードなんて絶対無理」程度の私は、ハリポタの新作が出ると、翻訳を待ちきれずに読んでしまいます。辞書を引きながら長編を読むのって、退屈ですが、これは児童文学なので、グイグイ読めます。英文でも、読書って楽しいんだ〜♪と思えます。

    ユーザーID:

  • tuesdays with Morrie

    Mitch Albomの映画にもなった本です。Oliver Sacksなど他の本も色々読みましたが、これはびっくりする程スラスラと読めました。簡単な文章であるにも関わらず、話の内容もなかなか良く、うるっときたりする場面もありました。
    やっぱり読みやすさが一番ではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 読みやすいので

    おすすめは、Alexander McCall Smithという作者の『The No. 1 Ladies Detective Agency』のシリーズです。アフリカのボツワナの女性探偵が主人公で、英語の表現はやさしくて読みやすいと思います。イギリス人男性が書いているとは思えない女性のキャラクターとボツワナの暮らしが浮かび上がって、読んでいて自分の日常を忘れてしまいます。

    その他には王道?で、ハリポタでしょうか。『「ハリー・ポッター」Vol.1が英語で楽しく読める本』のシリーズだと思うんですが、本屋でちらりと見たら、語彙や背景の説明もしてあってよさそうでしたよ。こういう本を併せて読んだらいかがでしょう?筋書きが先に分かってしまう危険もありますけどね。

    ユーザーID:

  • 新聞とってますか?

    ローカル紙でもいいから目を通してると、政治経済文化生活の基本用語が自然と頭に入り、日常英語力がつきますよ。最後に漫画(カートゥーン)でリラックスです。(ここ数年私は"Dilbert"です。)

    本となると分野内容専門性など多岐に渡るので、百人百様としかいえないですが、ちなみに一般向けの本では"Zen and the Art of Motorcycle Maintenance"が昔よんで面白かったです。よく売れたらしく”xxx and the Art of yyy”という言い回しが流行りました。

    ユーザーID:

  • The Notebook

    映画にもなっていると思います。
    分かりやすい単語ばかりを使っていますが
    内容はしっかりしているのでおすすめですよ!

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧