離婚後の養育費 生活費 どれくらいあればやっていけるの?

レス10
お気に入り2
トピ主のみ0

bule

男女

夫とは学生時代からの付合いで、25歳で結婚をして、今結婚9年目になる34歳です。子供は3歳と5歳の子がいます。

長い間の夫のモラハラで、耐えることが普通に思っていたけど、子育てが少し楽になってきて、私自信のこれからの幸せを考えるようになりました。夫とこのまま老後を迎えて幸せの比率はどれくらいなんだろう?って。

そういろいろと思うと夫に触れるのも、触れられるのもイヤになり、楽しい話題もしなくなりました。夫は熟年離婚するくらいなら今別れようと言ってきます。

子供の生活の事を考えると私は決断ができません。生活面と心の面と。まずは生活面ですが、今パートをしていますが 幼稚園の行事事などのあり お給料は8万弱位です。

どのくらい働けばやっていけますか?養育費は最低でも5万くらいは貰えるかと思います。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数10

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そうですねぇ

    離婚後にどの程度の生活を望むか、によって生活費は結構違うと思いますが。
    それから養育費って、案外あてになりませんよ。
    勿論誠実にずっと支払い続けてくれる人もいますが、支払いが滞る人もいますから。
    毎月の必要額って、家賃にもよりますよね。
    市営住宅などにスムーズに入れたら良いですが。

    ちなみに私は家賃が少し高いのと車を所有しているので毎月の生活費は16万円くらいです。(年金は月払いで、子供は塾に通っています)

    どちらが親権をとってどちらが監護権を取るのでしょうか?
    一人で子供を育てていくのって、本当に大変ですよ。
    精神的にも体力的にも。
    どちらになっても、どうぞ後悔の無い様に・・・・・・。

    ユーザーID:

  • 弁護士に相談する

    これが一番いいと思います。私は他のトピでも同じことを言っていますが、弁護士は離婚のメリットデメリットも含めて、いろいろなパターンを知っているからです。
    お金については、ご実家のバックアップや、行政の援助について、どこまで助けてもらえるか(勿論一番はトピ主さんが自力で頑張ることですが、バックアップなしでは精神的にもきついと思います。「専業主婦で離婚」などもトピも参考にしてください)調べてみてください。また、養育費もモラ夫なら払わない可能性もあるので、判決や和解調書や公正証書できちんととりきめするべきですし、モラハラなら慰謝料などももらえる権利が(あまり期待できませんが)あると思います。
    モラハラの証拠(録音テープ・日記など)はありますか?また、経済問題は、もしかすると「こんなことになるならモラ夫でも我慢すればよかった」とトピ主さんに言わせるかもしれません。モラ父は子供にとって悪影響を及ぼすのは明白ですが、モラハラ専門サイトなどでも相談することをお薦めします。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    母子家庭をしてました。経験した事を書きます。
    実家に戻らず別に住まいを構えた私の場合、
    家賃、光熱費:2万、車(燃料、保険):1万、食費:2.5万、雑費1万、その他(保険等含)2万 が月の支出でしょうか。その他に車の税金、車検・整備、自治会費、子供会費、冠婚葬祭・・・事務の正社員(給料は安い)でしたが毎月余裕はなかったです。
    ご実家に戻られるのでしたら、幼稚園のままで良いかもしれませんが、別居で今のパートを維持し養育費を当てにするのは危険です。養育費を払わない人は相当多いです。母子扶養手当も今後期待できません。公営住宅、保育園の空きを確認し、ご自身の収入アップ、で生活の見通しをつけてから離婚を考えたほうが良いですよ。お母さんが不安な顔をしてると子供はもっと不安になります。頑張って!

    ユーザーID:

  • 個人差はあると思いますが

    私は2年前、35歳の時に小3の娘と年長の息子を連れて離婚しました。その当時まだ職も見つかっていませんでしたから、当座の生活費と考えて300万円の貯金を持って離婚しました。家賃7万6千円(駐車場代込み)の賃貸マンションを借り家財道具一式を揃え、引越し代もというと結構たくさんお金がかかりましたよ。公的な住宅は母子家庭の恋愛には目が光っているということから避け、いずれ大きくなれば男女で部屋を分けて与えることを考えて3LDKの間取りを選びました。養育費は毎月10万円、看護師の私の収入が手取り23万円。収入計33万円というと一般的には多いと思われるかもしれませんが、車の維持費とか、母子家庭ということで子供たちには惨めな思いをさせたくないので、教育費や休日の楽しみなども重視すると結構かかりますね。幾らっていうのは個人差だと思いますが、バツイチ子持ちは結構大変ですよ。頑張ってくださいね。

    ユーザーID:

  • 25万が最低ラインかな

    生活費の占める割合で一番かかるのは住居費。
    私は離婚時の慰謝料、財産分与として自宅だったマンションを自分の名義にできたので、その分居住費がかからず助かっています。

    共営費などで2万5千円。
    光熱費、電話代などで2万円前後。
    食費で4万前後。(幼児二人と私)
    雑費で4万円前後。
    園の月謝等で3万円。
    社会保険、健康保険で2万円弱。
     
    これで17万5千円だけど、毎月のように別途出費が発生し赤字の月もあります。

    このほかもし子3人が住めるマンションかアパートを借りれば月に25万円が最低ラインでしょうか。

    生活費は夫からの養育費7万5千円と、自分の収入手取り約22万円ですが、将来を考えると贅沢は出来ません。
    貯金が最優先の生活です。

    もし住んでいるあたりでアパートを借りても母子3人が安心して住める条件の物件は最低でも7万円からだし、マンションは10万円以上の物件しかありません。

    離婚後一番大変で現実的な問題は「お金」ということを認識しましょう。

    ユーザーID:

  • 私の友人ですが、

    ずーっと浮気しつづけてきたご主人と離婚。でも子供は取られ、事業主だったご主人の会社がつぶれてからの離婚だったため慰謝料もゼロ。

    もう友人は熟年離婚でしたが、それから食べていくための資格とったりして大変だったみたいですよ。

    まあ、友人はご主人と別れられたこと自体はよかったみたいですが、、、、

    ユーザーID:

  • 母子家庭の現実

    家賃の額がとても大きく関与してきます。

    大阪市内で母子家庭(子供は幼児)やってましたが、家賃6万、食費2万、通信費と光熱費等2万、保険やおこづかいで3万、計13〜15万は最低かかってました。

    給料は手取り20万、児童扶養手当が4万ありましたが、少し給料が良くなると手当はカットされます。

    子供が幼児だとあまりお金がかかりませんが、小中学生になると食費は倍増、塾などに月数万はかかるでしょう。進学費用も貯金しなくてはいけませんし、自分の老後費用も。

    ですので、児童扶養手当がカットされても年収300万円は目指した方がいいと思います。手当や養育費を当てにしてると、子供が成人した後のご自分の生活費が足りません。その時にあせっても、年齢の為、良い職につくことは難しいです。

    結論としては、月給20万スタート・退職金ありの正社員をすぐにでも目指した方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • もらえるところからはもらいましょう。

    今の生活費を目安に算出します。

    割って子供にいくらかかってるか(家代も子どもの数で割る)。
    例えば1ケ月20万円で4人家族でしたら子供二人で10万。
    10万で子供の今の状態が維持できると考えられます。
    それは養育費として設定して一円たりとも値下げしてはいけません。
    子供に離婚の影響を与えないのが利口だからです。
    相場がどうの、と言われても、「私たちの子供は・・」という話の進め方でかまいません。

    いずれ足りなくなるので、それは母子家庭を選んだ者として稼ぐことになります。支出は多め、収入は少なめに計算すると余裕ができます。

    私は今、月に養育費と稼ぎと合わせて70〜90万の収入ですが、子供の将来と自分の老いを考えると足りません。子供が一人前になるのと自分の体力が持つまでの計算でぎりぎりって感じです。

    ユーザーID:

  • ケースバイケースですよね

    奥さんが専業主婦で子連れで離婚したけどすぐに仕事に就けないため、養育費と生活費に15万もらっていた人もいました。
    でも県営住宅に入れなくてそれでもきつきつで
    今は就労どうするか、と考えているそうです。
    その家庭によって、ほとんどもらえないケースや
    養育費プラス援助がある場合も少なからずあるようです。
    レスにもあるとおり、ある程度お金があっても大変だと思います。
    場合によっては市営、県営住宅にすぐ入れない場合もあり、住宅については選択肢の一つだと思います。
    離婚を急ぐ場合
    貯金などから賃貸住宅に移る方がお互いの健康上良いかもしれません。

    ユーザーID:

  • 自力で生活

    養育費を当てにした時点で駄目です。
    今後はどの企業でもあっさり潰れます。
    当然、養育費も当てにはなりません。
    全て自力で生きていく、そこまで覚悟を決めないなら諦めも必要。

    と、かいた所で載るともおもえんな。
    ここは、同様の事例でも、
    「女に甘く、男に辛い、アンフェア」
    な掲示板ですから。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧