プレゼントに紺ブレってどうですか?

レス191
お気に入り11
トピ主のみ0

次郎神君

このトピのレス

レス数191

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 面白い!

    う〜ん,男性と女性の間の「暗くて深い河」を見たような気がします。
    まぁ,トピ主さんのいっていることは比較的「男性の側」からの理屈で,うちの父なんかは母が化粧していると「何をどんなに丁寧に塗ったって同じだ!」とよく言ってましたし,母は母で「お父さんの服はポロシャツばかり」と嘆いていましたし。

    ところで,私は男性のネクタイに全く興味がないんですが,アレってはやりとかってあるの?
    いろんな種類があるんだけど,いまだに「これはおっさん臭い」と「これは若すぎる」という違いが分かりません(夫がそういってとっかえ引返しておしゃれしているのを見ると,トピ主さんと全く同じ気持ちになります。何締めたってどうだっていいじゃないか!中身で勝負だ!って)。
    おしゃれな方,特にトピ主さん含む男性に聞きたいです…。

    本人に聞くと,「お前は男のおしゃれ心がわからない」といわれるんですが。
    そんなもんなの?
    何締めたって,同じだと思うんだけど。

    ユーザーID:

  • 好感度

     相手にどんな印象を与えるか、を大事にしていらっしゃるトピ主さんは、ビジネスマンなんでしょうね。

     もちろん、私もプレゼンのある時、クライアントに謝罪に行く時、オフィスで終日仕事をする時、服装、靴などには気を配ります。紺、はとにかく真面目な印象ですね。
     そういう意味では、それなりに時流に乗った服を着ていることも、相手に好印象を与える大事なポイントだと思います。片山さつきさんと佐藤ゆかりさんがいい例ですよね。片や80年代全開の自己主張の強いイカリ肩スーツ、片やソフトな黒のジャケット。

     でも・・・奥様って、今お仕事してらっしゃるんですか?プライベートで着る服なら、相手への印象よりも、自分が着て心地よいかを、女性は重視するものです。
    御参考までに。

    ユーザーID:

  • イメージだけで発言してませんか?

    >そして多くのビジネスシーンで、女性の紺のジャケットは相手に理知的な安心感を与える定番であり、人間の自然感覚に基づいています。

    あれ?

    最初の投稿では「紺ブレの女性なんてシティホテルのフロントぐらいでしか見かけない」と書いておられたと思うのですが・・・
    本当に私服で紺のジャケットの女性をそんなに見かけていますか?

    冷静に考えてみてください。
    シティホテルのフロントなどで見る紺のジャケットにいい印象を持たれるのはべつにかまいません(というか当然でもあるでしょう)が、それは“紺のジャケットだから安心感がある”というより“きちんとした制服だから安心感がある”のではないですか?

    実際のところ、スーツ以外の私服で紺のジャケットを着ている女性なんて、ほとんど見かけてないのではないかと思いますが。

    ユーザーID:

  • そうそう、もう一つご意見!

    後で思いついたのですが。女性の「着るものがない!」っていう台詞も、男の方とは違う感覚のこともあるかもしれません。

    私の場合、たとえばイベントにしろ、友人と会うにしろ、同じ着こなしでは絶対行きません。できれば同じアイテムすら使いたくないくらいです。
    パンツは同じものでもいいですが、トップスやジャケット、コートなどは絶対違うものにするなど。

    だから、「あれもこれももう着ていったからもう着られないわ、ああ、着るものがない・・・」って思うことあります。まぁこれは極端で、ローテーションで着る方もみえるでしょうが、女性の場合「あの人また・・・」っていうのも恥ずかしい、っていう方も中にはおられると思います。

    なので、女性には「これ1着あれば困らない!!」ってものはないと思うのですが・・・。

    ユーザーID:

  • 女性の「着ていくものがない」の意味

    > やれ「どうしよう、着て行くものがない」としょっちゅう
    > 困っているのを見ると、「そんなの紺ブレがあればどうに
    > でもなるだろうに」と思うのです。

    女性の「着ていくものがない」というのは、「これさえあれば」という一着があればそれで解決!〜であるとトピ主さんが考えておられるのがそもそもの誤解であるように感じます。

    女性がいうところの「着ていくものがない」というのは、「その時の時代の空気や自分の気分にしっくりする物が見当たらない」という意味であって、ワードローブの中に物理的に「お出かけ」に着ていくべき服が無いということを意味するのではないのです。

    しかも出掛け先で会う人々がだいたい同じだとすると、毎回同じ格好というわけにはいかないのが女性なのです。だから「これさえあれば」の一品を買ってやれば、妻が「着ていくものがない」とは言わなくなるだろう〜というアテは見事に外れると思います。

    ベロアのジャケットは、ジーンズのカジュアルからシルクのスカートまで使えて着まわし易いのは確かですが一昨年の秋冬から出ていて昨年がピークだったように思います。ですから来年はどうでしょうかね?

    ユーザーID:

  • 紺色なら・・

    紺色のベロアのジャケットなら今年買いました。
    紺のジャケット(ブレザーという呼び方も古いかと思いますが・・)も、生地やデザインにもよりますね。
    紺・黒・グレーなら頻繁に使えそうですね。
    紺も色によりますね。
    背広っぽい紺はちょっと・・って思いますけど、上品な紺ならいいかも。
    でもね、ジャケットって、着ない人は本当に使いませんからねぇ・・。
    トピ主さんの奥様が既にお持ちのお洋服が何なのか、にもよりますね。

    紺ブレって言うと、女優の浅野さんが着ていたものをイメージしてしまうのは私だけではないと思いますが・・。
    昔大流行したイメージのある服を、今、わざわざ大枚はたいて買う(買ってもらう)気がしないというのはあるのでは?(単にトピ主さんの呼び方がまずかっただけだと思いますが・・)
    あの、着ていく服が無い、といっても枚数が三枚くらいしか持ってないわけではないですよね?
    単純に、毎回同じイメージにしたくないとかなのではありませんか?
    あれこれ服を選ぶのがメンドクサイ、という人には、毎回あれこれ組み合わせを細かく考えるという「お洒落を楽しむ(悩む)」という発想は理解できないかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • >りささん、それは違うと思います。

    これは、男性と女性の違いというような大袈裟な事ではなくて、トピ主さんのファションに対するスタンスなんだと思うんです。
    もう少し踏み込んで具体的に言えば、トピ主さんのファッション志向がトラッド派で、それもかなり頑ななトラッド派だという事だと思います。

    仮に、トピ主さんのファッション志向が、モード派だったとしたら、迷わず、トレンドの、細み、ベロア素材、丈短ジャケットをプレゼントするでしょうね。だって、そもそもモード派の男性自体、紺ブレって着ないでしょうし、売ってもいないでしょう(紺ブレ風ジャケットはあると思います)。

    買い物だって、オーソドックスに最初は、『コムサ』なんかだと思います。モード派が、『ラルフ・ローレン』って、有り得ない(笑)。

    そう言う意味では、トピ主さんのファッション志向と今現在の女性達の好きなファッションとの温度差が大きいという事なんでしょうね。
    でも、ひとつだけ、りささんに同意するのは、トピ主さんの留袖の件。女同士ってよく見てますよ〜。男性のトピ主さんには、分からないと思いますけど。。。(笑)。

    ユーザーID:

  • ですから―――

    >本当は百貨店で「オーダーメイドで作れないか」と相談したんですが、できないそうです。
    「どうしてもと言うなら紳士服売り場で」だそうで。(笑)
    ボディラインが千差万別の女性服こそ量産でなくオーダーメイドすべきなのに、
    全くもって不便ではないでしょうか。


    つまり、「紺ブレ」はそのぐらい「ニーズが無い」ってことですヨ。

    ユーザーID:

  • 横気味ですが・・・

    ジャケット系はコートより使い易いので色々持ってますが、紺ブレに合わせられる洋服は全く無いです。
    学生時代はチェックのプリーツスカート等に合わせて良く着たもんですが・・・まさに紺ブレ時代でした。

    ユーザーID:

  • 定番と考えるなら・・・。

    上質な黒のジャケットにしたほうがいいですね。
    紺ブレにこだわりがあるようですが
    多くの方が言っているようにはっきり言って今着るにはダサイと思います。
    何も昔大流行した定番を選ばなくても・・・。

    紺ブレって何にでも合うとは思いません・・・。
    それに奥様本人がいらないと言っているのだからこだわる必要なしだと思います。

    流行に左右されることに疑問をお持ちのようですが
    ファッション雑誌の情報を取り入れろということでは
    なくある程度時代に合わせたほうがいいのでは?
    周りから「あの奥さん昔流行った服着てる」って思われたらかわいそうですよ。

    トピ主さんが良くても本人が嫌なのだから仕方ない。
    奥様の欲しいものをプレゼントするのが一番喜ぶと思います。

    ユーザーID:

  • ご心配のようですが・・・

    >ボディラインが千差万別の女性服こそ量産でなくオーダーメイドすべきなのに、
    >全くもって不便ではないでしょうか

    それは大丈夫。
    女性向けのファッションメーカーは男性のそれより数倍いや数十倍多いかもしれません。
    年代によってブランドもちゃんと確立しており、年代の標準的な体系にあわせた採寸・カッティングになっていますよ。
    たとえば30代以上の女性向けブランドのジャケットは、バストラインが20代向けよりも下という具合です。

    自分の体系に合ったブランドを探せばいいだけであって、不便でもなんでもありません。

    ユーザーID:

  • 最後に一言だけ

    トピ主さんの主観が(女性の)流行になれば、誰も苦労しません、って・・・
    頑固ですね、トピ主さんは。
    理知的を演出したくても、ユニフォームでもない限り、今時紺ブレでは「時代の流れに取り残された人」という感がやっぱり否めませんもの。
    (っていうか、誰も流行遅れのものをあえて着ていて、理知的とは思わないんじゃないかと。)
    ま、そういう私も紺のダッフルコートは大好きですけどね。

    ユーザーID:

  • 優しいご主人で奥様が羨ましい

    申し訳ないですが、紺ブレは今時見ませんねぇ、特に女性は。あれって以外に下にはく物が限られちゃうと思うんですが。。奥様の「誰も着ていない」という言葉に「私は着ないわよ」的なニュアンスが感じられます。

    愛する奥様へ外へ出ても恥ずかしくないような服装を、とプレゼントしたい気持ちはわかります。ですが自分が良いと思っても、相手が気に入らなくては贈り甲斐がないってもんですよ。

    トピ主さんの好みより、奥様と一緒にデパートへ行って、奥様と相談しながらプレゼントってのはダメですか?

    ユーザーID:

  • 意地をはらずに奥様の気に合う物を・・【3】

    つきです。

    >中身が認められれば、その人が何を着ていてもいいなぁと思えるものだし、

    そうですね。
    変な例えですが、人格的にも認められてる人が着る
    千円のTシャツは きっと素敵だと思います。

    でも、一般人がどんなものを着ても中身が認められる立場になるのは 
    なかなか難しいですよ。
    私は心模様は外見にも表れると思っています。
    幼稚園の会合で会うだけの人に
    どこまで外見を超えた中身がわかるでしょうか?

    >要するに服装とは、その場と、自分の立場と、
    >相手を尊重する気持ちが材料
    親しくなれば そういうことも有りだと思いますが。

    トピ主さんは せっかくのプレゼントなのだから
    「ここぞ!!」って時に重宝な物にしたかったのですよね。
    しつこいようですが そういう気持ちは置いといて
    奥様に一番喜ばれる物に変更しては如何でしょうか?

    5万〜6万なら 他に素敵な服が買えますよ。
    ちなみに私は 先々週 銀座のデパートで
    ベロアジャケット2.3万
    パンツ 1万
    同素材スカート1.2万 
    インナー2枚 1.6万

    満足した買い物が出来ました。
    定番っていうより 買い足していく楽しみもあります。

    ユーザーID:

  • トピ主さん、意地になってますね。

    幼稚園の役員会はビジネスじゃありませんでしょう。英語にするならタスクかジョブでは?

    幼稚園の役員会はお金を得ることが目的では無く、信頼を得ることも重要ではなく、共感や仲間意識を育てることが大切なんじゃないかと考えます。経験無いけど。でもオンナの集団ってどこもそんな感じでしょ?

    共感や仲間意識を育てるのには服装はとても重要です。オンナは服装からいろいろ読み取りますから。上にさんざん書かれていますが、紺ブレはただの上着では無く「過去のある」上着なんです。その印象が良くないのでしょう。

    「これさえあれば困らないアイテム」は、服ではないかも。私にとってはそういうアイテムは存在しませんが、人によっては高価な時計だったり高価なバッグだったり大粒の3連ダイヤネックレスだったり、何かあるかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • そんなに意地をはらなくても・・・【2】

    >「今日の相手にどんな好印象を与え、どんな好結果を得られるか」であり、
    それが好結果につながるのなら何だって着られますよね。

    そうだと思いますが、紺ブレを着ることは好印象というより
    ファッションに無頓着な奥さん。
    時世を気にせず すべての面で
    思慮深く無い人なのだろうな・・という印象です。

    >「流行っていない服=悪印象」
    悪印象というより、「紺ブレを着ても恥ずかしいと思わない感性の人の印象」
    ということだと思います。
    いい印象なのか悪い印象なのは人それぞれですが。

    >”たんすの肥し”
    数年着ないものは処分しますので肥やしにはなりません。
    どんなに素敵に似合ってる洋服でも
    何度も着ていくうちに本人が飽きちゃうんですよ。
    別のテイストの洋服を着たくなります。
    そうやって楽しむのも女性のファッションの一部です。
    トピ主さんの奥様はどうでしょうか。。
    もしかしたら そんなに洋服には興味なく、
    ただ、、幼稚園の集まり時に 無難で安心できる服を
    着たいだけなのかもしれませんね。

    トピ主さんも そういう奥様に安心できる洋服を・・
    というお優しい気持ちで考えられたのだと思います。

    ユーザーID:

  • そんなに意地をはらなくても・・・

    >「困ったときに使えるアイテム」を装備してもらうこと

    紺ブレはこれに値しないと思います。
    紺ブレを着ようとしたら それに合わせるインナーや
    ボトムを選ぶのに 通常の洋服以上に困るのではないでしょうか?
    インナーはセーター・・シャツ・・あるかもしれませんが
    ボトムはスカートにしろ パンツにしろ
    今 市場で出回ってるものは ラインが合わないと思います。
    それでも無理に合わせたら痛いだけ・・・
    ラルフローレンで揃えてしまうのも手かもしれませんが、、
    でも 錦の旗のように 高い紺ブレ1枚持ってても
    そればかり着てるわけにもいきませんでしょう?

    5万で困らないものを買うとなると・・

    2〜3万で流行を取り入れたスーツかジャケット
    残りの2〜3万で シンプルで安めのインナーを1〜2枚
    或いは、、インナー1枚にボトムを1枚。

    来年はインナーを流行のものにして
    ボトムを買い替れば着れると思います。

    私は去年流行ったツイードバジャケット&スーツも
    仕事で着ています。
    そればかり着てたら 痛い人かもしれませんが
    今年流行のベロアジャケットも着ますので・・。

    ユーザーID:

  • そういうトピ主さんも同じなんです。

    「流行でみんな着ているから着る」
    「流行でみんな着ているから着ない」

    どちらも流行に踊らされているってことです。

    服装は確かに自己表現の一つです。
    ですから本人が好きなものを着るのが一番です。

    流行か定番かに関わらず、自分の好みを押し付けるのは
    コスプレの強要と変わらないと思います。

    ユーザーID:

  • 黒留め袖

    私は見てしまいますね。
    もちろん洋服よりは流行り廃りの激しい物ではないと思いますけど、何十年前の物は古く見えたりします。古くて素敵な物もあるかも知れませんけど。
    私の結婚式に私の伯母が着てきた黒留め袖の柄は、ちょっと古くささを感じてしまいましたね。非難するつもりはありませんよ。ちょっとそう思っただけです。
    義母がどこかの結婚式に行った際、別の披露宴に出席される、知らない年輩の女性が着ていた黒留め袖が、派手すぎて変だったと話していました。赤の他人の黒留め袖ですよ。
    自分が言ったり思ったりする分、格好に必要以上に気を付けたくなるのかもしれません。
    女性ってそんな人が多いかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • 今更なんですが

    着まわし出来て、人前に出ても恥ずかしくなく、かつあまり目立たない服をプレゼントしようと言うことでしょう。優しいですね。
    百貨店のヤングミセスや30代OLを対象にしたブランドコーナーに奥様と一緒にお買い物に出掛けるのが一番手っ取り早いと思います。
    ラッピングもしてもらえるし。4万前後で揃えられるジャケットとスカートまたはパンツのセットアップがいいと思います。私はほぼ40ですが、黒のベロアで打ち合わせにリボンは可愛いと思いますが、来年は着ないと思います。3年前に銀座の百貨店で購入したオールシーズン着られる素材のセットアップは今も活躍しております。アクセサリーやヘアスタイルで雰囲気はかなり変える事が出来ます。

    ユーザーID:

  • 理解できない

     トピ主さんの紺ブレに関する思い入れは良くわかりましたけど、
     プレゼントって相手に喜んでもらってナンボだと思います。
     紺ブレの有用性ばかり熱く語って、奥様が「いらない」と言ってるのにデパートで紺ブレを探して歩いてるトピ主さんていったい・・・目的は何ですか?
     
     たとえ小町の女性がトピ主さんの意見に賛同して「紺ブレ礼賛」のレスをしたとしても、「いらない」物を大事な奥様に送るのはやめましょうよ。

    ユーザーID:

  • あのー

    私、男性で、女性のファッションにはとんと疎いもので、紺ブレなるものがどんなものかすら分からないのですが、奥様に服をプレゼントなさるのなら、奥様が喜んでお召しになれるものをプレゼントなさるべきではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 紺ブレについて歩く刷り込みひよこ

    流行ってない服でも好きなら着ますよ。でも、女性は男性より多様なデザインが選べるので、流行っても無い、物も少なくて選択肢が少ない、その上たいして好きでもない物なだったらわざわざ選ぶ必要ないんです。

    そもそも、どうして紺ブレにそんなに拘るのかの方が不思議です。トピ主さんの理論なら便利で定番ならなんでもいいんはずじゃないですか?紺で無くても、ブレザーでなくても。
    トピ主さんの方こそ、なんだか変な思い込みで「○○はXXな物だ」って決め付けてる気がします。「紺ブレは定番だから良い物だ」と「流行物はみんな着てるから良い物だ」はそんなに違わないような?
    多分、どっかで素敵な人を見て刷り込まれたんでしょうけど、紺が似合わない人もいますし、ブレザーも似合わない人はいます。紺は春系のパーソナルカラーの人にはイマイチ難しいですし、ブレザーは顔の小さい人やフェミニンな人は難しいです。

    あとちょっと思ったのが、トピ主さんの紺ブレのイメージと奥様の紺ブレのイメージに誤差もあるかもしれません。金ボタンにエンブレムが奥様の頭に浮かんだなら、そりゃあ走って逃げられても仕方ないです。

    ユーザーID:

  • これが男と女の違いなのかな?

    トピ主さんの最後のレスを見て、よく分かった気がします。
    男性と女性の違いというのでしょうか?
    トピ主さんのおっしゃる事は、実に常識的だししっかりとした意見だと思います。
    でも「男性の意見だな」と言う感じ。
    もちろんTPOも大切ですし、服装によって相手に与える印象を考えるのも大人としては当たり前です。
    そこに、流行というのが加わるのが女性なのでは?
    男性でも流行を気にする方はそうでしょうが。
    ただ流行といっても、ただ雑誌に載ってる服をそのまま、雑誌に載ってるからカワイイ!というのではないですよ。
    ワンシーズンでもさまざまな物が流行ります。
    その中で、自分の好みのスタイルを見つけたり、定番といわれる物に少し流行を取り入れたり。というのが女性のオシャレだと思います。
    どちらにしても、プレゼントは奥様のリクエストを聞いたほうがいいでしょう。
    色々な厳しい意見もあったと思いますが、このトピを見ているとトピ主さんって奥さま思いのカワイイ御主人だな(失礼ですよね、、すいません)って感じでした。
    素敵なプレゼントが見つかるといいですね!

    ユーザーID:

  • 流行を追えとは言ってませんよ

    <そして多くのビジネスシーンで、女性の紺のジャケットは相手に理知的な安心感を与える定番であり、人間の自然感覚に基づいています。

    それは意外です。男性の多くはそう思うのでしょうか?紺にこだわった理由はここにあったのですね?
    私は紺ジャケットの女性には威圧感を感じるような気がします。そうですね、学校の先生や弁護士のような立場の女性ならふさわしいかもしれません。もちろん、色や素材、シルエットによりますが。

    <確かに女性の世界では「流行っていない服=悪印象」となるのでしょうか。

    違う違う。「昔大流行して今は廃れた服=悪印象」です。いま流行っていなくても好印象を与える服はたくさんあります。

    >要するに服装とは、その場と、自分の立場と、相手を尊重する気持ちが材料なんだと思いますがどうでしょうか。

    この意見には賛成です。あとは体型や顔色に合わせて、紺ブレにこだわらず「自分の定番」を探せば良いのでは?
    蛇足ながら「ベロア」は、数年後には「紺ブレ」のように廃れるかも。

    ちなみに、女性の服をオーダーしてくれるところはあります。オーダー、スーツ、レディース、などで検索するとヒットしますよ。

    ユーザーID:

  • 最後のレス読みました

    主婦向けの紺のジャケットスーツとしては、お受験面接用のものがありますが、その中でも人気の高い鳥居ユキさん紺色ジャケットをチェックされるといいですよ。
    ラルフローレンの紺ブレとは似ても似つかないソフトでフェミニンなデザインですよ。

    いわゆる紺ブレは、やはり多様な女性向けファッションのひとつに過ぎず、それが好きな人・似合う人もいれば、目にも入らないという人もいるというだけではないでしょうか。同じ紺のジャケットでも、ソフトでフェミニンなデザインを選べば、奥様も納得されるかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • トピ主です。(続き)

    逆に中身が認められれば、その人が何を着ていてもいいなぁと思えるものだし、
    要するに服装とは、その場と、自分の立場と、
    相手を尊重する気持ちが材料なんだと思いますがどうでしょうか。

    某百貨店婦人バイヤーさんのご意見はさすがに的を得られていますね。

    なおレディースの紺ブレはラルフローレンで5万ぐらいでありました。
    本当は百貨店で「オーダーメイドで作れないか」と相談したんですが、できないそうです。
    「どうしてもと言うなら紳士服売り場で」だそうで。(笑)
    ボディラインが千差万別の女性服こそ量産でなくオーダーメイドすべきなのに、
    全くもって不便ではないでしょうか。

    あと紺ブレよりは黒とかベロアが使いやすいというご意見は参考になりました。

    皆様どうもありがとうございました。



    P.S.そういえば以前母が「黒留袖、柄が流行遅れだから式場で借りようかしら」と言って驚いた憶えがあります。そんなの誰も見てないでしょうに。まさに汝の名は女、ですな。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    うーん、そもそも発想は「困ったときに使えるアイテム」を装備してもらうことであり、
    定番と言うのは10年着るのではなく、2−5年で買い換え続けて常備するものです。
    その時々でラインやディティールが変わるのは当然でしょう。
    まぁとにかく紺のブレザーがそれには該当しないということはわかりました。

    やっぱり僕は「流行」という概念を認めていないんでしょうね。
    「今日何を着るか」は、すなわち
    「今日の相手にどんな好印象を与え、どんな好結果を得られるか」であり、
    それが好結果につながるのなら何だって着られますよね。
    そして多くのビジネスシーンで、女性の紺のジャケットは
    相手に理知的な安心感を与える定番であり、人間の自然感覚に基づいています。

    確かに女性の世界では「流行っていない服=悪印象」となるのでしょうか。
    でもそれではいつまで経っても業界に提示された流行を買わされ続けるだけで、
    失礼ながら結局”たんすの肥し””市場の肥し”ということですよね。
    (続きます)

    ユーザーID:

  • 滅多に見ないものが定番?

    ものすごく沢山のレスがついているので今更な感じですが、トピ主さんはご自分で?シティホテルのフロントくらいでしか見かけない?と言いながら紺ブレを?

    流行廃りのない定番アイテム?と書いてますよね。
    すでにここでトピ主さんの思い込み、勘違いがあるのです。流行廃りがなければ、もっと頻繁に見かけるでしょう。

    何も滅多に見ない服をあえてプレゼントしなくてもいいと思います。探すのも困難ですよ、実際・・・

    定番のジャケットと言っても微妙にスタイルは変化するものです。奥様が欲しいと思うものを一緒に買物されるのが一番いいのでは?

    ユーザーID:

  • 友達のはなし

    元モデル仲間の友人Yは裕福な家庭の主婦で、地域のファッションリーダー的な存在。
    常に流行の服を着ています。

    流行の服を着てる人は沢山いるのに彼女がリーダーと目される理由は、上から下まで全て今シーズンのブランド物だって事と、着こなす技量を持ってるとこ。
    しかも、ブランドイメージを前面に出さずに溢れさせる高級感と別ブランドを喧嘩させないテクニック。

    そんな彼女が「今度の(子供の)発表会はお着物にしようと思うの」と言った日には、和服のママがドット増える。
    ママ友社会って、そんな世界みたいですよ。

    一方の私は個性的な服で勝負してますが、それが出来るのは父が日本人じゃないからで、そもそも顔が和風じゃないから出来ること。笑
    普通の日本人だったら、やっぱり流行のデザインを選ぶと思いますよ。
    ママ友社会の暗黙のルールに従って。 笑

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧