お金の悩み、けちすぎて物が買えません

レス40
(トピ主0
お気に入り1

心や体の悩み

ちまちま

レス

レス数40

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • えっっ??

    えっ、別に変える必要は無いんじゃないですか?
    浪費癖があって、借金が多いというよりよっぽど良いと思います。
    必要なものは悩んだとしても買ってるんですよね?
    けち過ぎて人に迷惑をかけているというのであれば、
    考えた方が良いかもしれませんが・・・。
    私は逆に欲しくも無いものを買ってしまったり、服も後先考えず分割で買ってしまって、あとで後悔しています。貯金も年齢の割りにありません。
    私こそ、このお金にだらしないところを何とかしないと!!

    ユーザーID:

  • それでいいと思いますけど・・・

    何かそれじゃ困る理由ありますか?
    何でもポンポン買ってしまうよりもよっぽどいいと思いますけど・・・

    ユーザーID:

  • 悪くないと思うけど

    「買いたいものがあってもちょっと考える」「値段と品質を照らし合わせて適正なものを買う」素晴らしい金銭感覚だと思いますけど?

    後先考えず、なんでも買って、あとで後悔するよりずっといいでしょう。
    ちなみにわたしも、洋服なんか、迷いに迷って、結局買わないなんてこともしばしば。夏に買い物に行った時は、何度も同じ店を行ったり来たりして、スカート一着に半日費やしましたよ・・・(苦笑)

    去年(いや、一昨年かな)から、新しい冬物スーツを買おうと思ってるのに、結局、「まだこれが着れるから」なんて言って、買えてません。
    まあ、どうしても必要になったら買うと思いますけど。

    買えない→買わなくても間に合う→買う必要がない、ってことなのでは?
    それでお金がたまれば、いいんじゃないでしょうかね〜。

    ユーザーID:

  • 自然体が一番です

    洋服屋の店員さんの中には自分の売り上げ数値が上がれば、お客さんに不似合いな物でも「お似合いです」と笑顔で言えるのが、プロだと言い切ってはばからない人がたくさんいます。
    財布の紐がゆるまないと言うことは、心の底から気に入っていないと言うこと。無理して買っても箪笥の肥やしになるだけです。

    普段から慎ましい生活を送っていたら、本当に欲しい物に出会った時、大きなお金を投入しても「貴方が吟味した物なら間違いない」そういってもらえるのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 私も同じ〜

    私もかなりのけちです。主婦になってからなんです、給料内でとなるとどうしてもそうなってしまって、そんなに余裕がある生活ができるわけじゃないのでしょうがないのですが。自分が働けばいいのですが、体調の問題もあり不可です。でも病気のためにも自分がすこし満足するように、ストレスにならない程度にささやかなものをかって満足してます。たとえば花がほしいにしても種からかって育てるとか(笑)
    専業主婦の人って言わないけれど少なからずそういうところあると私は思いますよ〜。あまり大ぴらに言うと貧乏くさいので私は言いませんが、その代わり背伸びもしません。はやく働きたいわ〜、、

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 新聞広告、チラシで即行動

    トピ主さん、専業主婦でしょう。私も同じ性格だからよくわかります。生活費を湯水のように使える立場じゃないから、ちまちまと要るものだけ買ってしまう。
    基本的にはそれでいいんじゃないかと思います。買い物って、どうしても無駄なものを買ってしまうことが多いですから。
    贅沢したいなら、一ヶ月の予算配分をきっちりやって、余剰資金を確かめます。このお金でGOなんですが、そこは、買いたいものを家の在庫を見繕ってから、お洋服ならどんなものか思い描きます。毎朝、新聞に折り込まれているデパートのちらしをよく見て、当たりをつけるのです。長い目で見ると、デパートのものが品物もよく、長持ちしますから、やっぱりいいところで買った方がいいです。子供の服も限定20の福袋が売り出されているとき、朝一番に並んでゲットしています。まず、朝、早くおきて、情報収集をするのが、ポイントでしょう。デパートのご招待会の案内状でもいいです。食料品も月に何日かは、デパートで良いものを買うようにして、贅沢をしています。まずは、自由になるお金がいくらあるか、算段するところから始めましょう。

    ユーザーID:

  • 私も

    お金は普通に持っているのですが、ものすごくケチです。480円(たとえば果物とか)ぐらいでも買うのをためらいます。

    夫はお金はあるだけ使うタイプなので、お互いのお金の遣い方にイライラ&軽く軽蔑していたのですが、結婚した時に「いくら貯金・いくら使い切る、を決めて守る。」というルールを決めてから、とても気が楽になりました。

    貯金額を決めれば、それ以外はムリしてでも使わなきゃいけないんです。そう思えば些細な贅沢(スタバで朝食とか)も自分で許せますよ。貯金額の設定が高めなら「ケチ」にも意味が出てきますし、どっちにしても精神的に良いです。

    私の場合「できるだけ残したい」と思うのが、ケチに走ってしまう理由でした。

    ユーザーID:

  • 胸張っていこう

    きっと「ケチ」っていう表現が良くないんでしょうね。
    でも言葉を言い換えれば、ちまちまさんは消費者として賢いお金の使い方をしていると思いますよ。

    私もなかなかお店の物にパッと飛びつけないタイプです。
    値段だけ、あるいはデザインだけでは決められないんですよね。

    品質、割安か、そして一番は本当に必要&欲しいのか。
    私もお洋服はお店を何件も廻ってあれこれ試着した挙句、結局買わなかったなんてことはざらですよ。

    いいのが見つかったら買お〜と思ってるうちにシーズンが終わったり自分の中でブームが終わったり(笑)

    結局ないものねだりだったのかも、と思うようにしています。
    「欲しい欲しい病」にとりつかれて無駄な浪費するよりはいいじゃないですか!
    ケチで結構、と胸張っていきましょう!

    ユーザーID:

  • 消費は豊かさの象徴ではありません

    こういう感覚は「ケチ」ではなく、合理的と呼ぶのではないでしょうか?価値判断の基準は人それぞれですが、私の場合も100円のものでも一応考えてから買います。その代わり自分の生活にどうしても必要かつ欲しいものはン百万円でもためらわず買います。

    目先のものに惑わされる事無く自分がどう生きていきたいか それが分かれば消費の仕方も自ずと違ってくると思うのですが…お金は使われるのでなく自分の意志で使うものです。トビさんの判断は「ケチ」どころか非常に健康な精神だと思います。又、買おうかどうしようか迷うと云う事はそれ程必要(或いは欲しく)ない物なのではないでしょうか。お金持ちは概してケチと云われます。それはケチと合理的を見極められない人の遠吠えだと思っています。

    ユーザーID:

  • それは長所です

    私もそういうタイプです。
    ダンナにも「お前は我慢して、結局、買わない。」って言われます。
    幼稚園の時、クラス毎にお店(紙で作った野菜やお菓子などを売るゴッコ)を開くイベントがあって、お店で買い物が出来るおもちゃのお金を貰うのですが、悩みすぎて、おもちゃのお金すら一円も使えませんでしたから・・・
    おもちゃのお金すら、悩んで何も買えない私ってバカじゃんって、後で落ち込みましたよ。
    でも、本物のお金を使うのは、これくらい慎重でも良いんじゃないかって、私は思ってます。
    こういうのって性格だし、充分悩んで買ってこそ、自分の買い物の仕方なんじゃないでしょうか。
    それだけ悩んで買ったものだから、物を大事にもしますしね。

    ユーザーID:

  • 気持ちわかるわ〜〜、趣味は貯金です。

    勿体なくて。
    刺身とか牛肉、手に取っても結局買えない。アジの干物とか鶏肉にチェンジ。お腹に入れば同じだし。

    ある日妊娠発覚、つわりで外出は辛い。ベビー用品揃えるなければ。でも安い店探せる体調じゃないし・・困ったなあ。
    こんな私にピッタリだったのがヤフオク。掘り出し物いっぱい、店員の視線も気にせず、何時間でも悩める。失敗しても諦めの付く金額内で楽しんでます。ケチな人こそいいんじゃないかな。

    でも長期間かつ毎日使うもの、時間や労力が節約できるものにはケチらない。今検討してるのはビルトイン食洗機。先10年洗物から開放されるなら20万近い値段も妥当かな。電気代掛かるけど水道代節約できる。何より家族団欒の時間が増える!

    あなたの言うようにケチすぎると生活を楽しめないし、長時間悩むのは時間の浪費かも。時は金なり。

    あなた自身がお金より大切なことを判断して、使い方にメリハリつければケチの悩みから開放されて心穏やかになるのでは?

    ユーザーID:

  • トピ主さんは賢い倹約家なんじゃ?

    私も似てます。物を買うときは値段に対してその価値があるものしか買いませんし、何かを買うときは何度もお店に通ったりして熟慮してから買います。
    食品に対してもそうで、底値になったものしか買いません。

    たまには贅沢品を買ってみたいなとも思いますが、買ったら後悔しそうなので今もチマチマと生活をしています。

    ユーザーID:

  • うらやましいです

    なんて堅実な方なんでしょう!すてきです。
    買わなくても生活していけてるなら、それらは必要ないものだったのでしょう?
    トピ主さんのような方が将来、本当に欲しくなるもの。それはどんなに高価でも手にいれずにはおれないもの、では?だから、ふだんはその時のための預金をしてるように思えます。
    自分にとって必要なものがわかってる人ってほんとにすてき。

    ユーザーID:

  • いいとおもいますけど

    私もそうしています。
    時々はずしてしましますが、(心掛けてそうしているので)お金は邪魔にならないし、何時か必要になるかもしれないのですよ。
    私の周囲に自分の分以上に背伸びして暮らしている人がいて、時々それとなくすりよってきて、”オネダリ”します。私は自分の分で暮らしたいと思うので、
    そんなヒトにだけはなりたくないと思っています。
    誰に迷惑かけているわけでもないのですから、胸をはって生きてください。

    ユーザーID:

  • トピ主です

     みなさん早速のお返事ありがとうございます。私と同じような方がいらっしゃることを知って安心しました。
     
     お店に入ってくる方を見ると、気に入ったものを買うか、やめるかの決断が私より早いように見えますし、友人と買い物に行っても、みんながたくさん袋を持っていてもまだ私は何も買えず、、、なんてことがよくあります。「なんでスカートを買おうと決意しているのに買えないのだろう」と、こんな気持ちなのは自分だけ?と悩んでいたのです。

     ちなみに、私は専業主婦ではありません。時間もないし、お金も多少はあるのに、、、、。

     これからはアドバイスいただいたように、使えるお金を計算して、その中で本当に欲しいと思って、お財布を開けるものを買おうと思います。

    ユーザーID:

  • そのままでイイ!!

    私も財布の紐がなかなか緩まりにくいタイプです。服は1980円の○○むらセーターでさえも手にとって30分は悩んでしまう位、おかしは100円以上だと高い!!と感じでしまう位・・。
    でも、他人に迷惑をかけてしまうような吝嗇な考えは持ってはいないつもりです。友達とランチや呑みに行く時は結構豪快に使ってしまいますし、友達のお祝いともなれば喜んでプレゼントだってします(当たり前な事でしょうが)。
    要は人に後ろ指刺されるような事をしてなければ問題ないのでは?いつぞやケチと節約の違いについてのトピが挙げられたと記憶してますが、”ケチ”は人に迷惑をかけてまでお金を出し渋る人、”節約”は人に迷惑をかけることなく、なおかつ無駄を省く努力をしている人・・らしきレスが記されてありました。
    トピ主さんの文を拝見する限り、”節約”の精神が身についていらっしゃるようなので、むしろそのほうが良いと思いますよ。

    ユーザーID:

  • とぴ主さん

    ケチすぎて物が買えない・・だなんて
    カワイイですね。
    そんなことで悩むなんて、なんかほほえましいというか。
    いいじゃないですか、浪費家よりはずっと堅実で!

    ユーザーID:

  • 自分を大切に

    ちまちまさんの悩みわかります。

    私も同じような感じでした(す?)。
    他の人が書かれているように、自分の経済能力を超えてまでお金を使う浪費家よりはましだと思います。

    ただ、私の場合は、ちょっとでもお金を溜め込もうと思って、かえって時間を無駄にしていると、彼に指摘されてからいろいろ考えるようになりました。

    私は人への贈り物などは張り込むほうなんですが、自分用には安物でもいいやという感じの買い物をしていました。きっと自分の中での自分の価値が低かったんでしょうね。

    最近は、ちょっとぐらい高くても(さすがに自分に見合わないものは買いませんが)私はこの商品に見合う価値があると思って買えるようになりました。

    ユーザーID:

  • できるだけ多く買う

    がモットーのわたし。
    たとえば、缶コーヒー。コンビニでは1缶120円くらいですが、スーパーや市場では88円前後。360円あれば後者で4缶買え、1缶オトク。

    洋服もそう。普段は偵察。いよいよセールっていうとき買います。2万のコートが1万にさがって予算2万なら、コート1枚の値段で数着あと洋服が買える。

    スーパーのタイムサービスもオトク。3900円の品物がいきなり500円均一、ってことありました。やりそうな時間を把握しておいて、そのころウロウロしていることも。

    下着類も、いつごろ底値売りするか把握しておき、少ない予算で1枚でも多く購入する。
    ケチであることはいいことだと思いますが、あまりケチすぎるのも良くないですよね。

    私の場合、ケチではありますけど、少ない予算で多く買うのが楽しいのです。でも、そういう面もありながら、週末は外食したり、いろいろ遊びに行ったり、ゴルフや釣りをしたり、主人と楽しくやってます。

    どこを押さえ、どこでお金を出すかハッキリしていれば、ケチライフもストレスにはならない?かな?。。。

    ユーザーID:

  • 衝動買いがとまらない〜♪

    私なんて、ネットで「いいなぁ〜、ポチっ(購入音)」!
    で、あとで百貨店などで同じようなものを安価で見つけ「ぎゃ〜〜〜〜」!!

    使わない化粧品は山のように。
    一回しか着なかった服はタンスを占領し・・・。

    私のようになりたいの???

    ユーザーID:

  • わかります。

    私も、子供の頃からそうでした。
    もしかして、けちというか、決断力がないってことないですか?
    必要なものでも、あらゆる方面から検討しないと踏み切れないというか…。

    私の場合、働き出してから、必要なものはスピーディーに買えるようになりましたね。
    それは「時間」の感覚が身についたから。
    昔は、悩んだ末一回帰り、結局思いなおしてまた買いに行く、
    なんてこともあったんですが、
    悩む時間も交通費も無駄だということに気づきました。

    今では「迷っていい範囲」(もの、時間、金額等)を決め、
    その範囲内で迷うことにしています。

    まぁ、十分時間があれば迷っててもいいんでしょうけど、
    根っこが慎重なら、迷っても迷わなくても結論はあまり変わりませんよ。

    ユーザーID:

  • 私はちょっと違う意見です。

    皆さんのようにお金を貯めるのもいいかもしれません
    が、、そうすることによって今できるお洒落をしない
    というのは私はもったいないなと思います。

    <貯金重視でお洒落しない人に対してですよ。

    だってその年齢でいれるのは「今」しかないわけ
    でしょう?歳とってからのお洒落と「今」できる
    お洒落って全然違うかなと考えるからです。
    あと、、迷って迷って迷った挙句にやっぱり買わない
    っていうことが多くなると、お友達にショッピングに
    誘ってもらえない、、なんてことないですか?
    私なら一緒に行っても楽しくないなぁ。。と
    思ってしまいます。<ごめんなさい。

    迷うのもほどほどがいいかなと思います。
    失敗してもそれはそれで勉強になると思いますよ♪
    そうしていくうちに何が必要で何が不要かも判断でき
    てくると思います。

    ユーザーID:

  • 同じだー!

    私もそうです。10円の違いでも色々探し回って買ったりします。洋服は好き嫌いが激しい割に値段が高いと感じると買わなかったり・・・何時間もショッピングセンターをうろうろするので店員さんの目も気になります。

    旅行や、仕事などでどうしても洋服がほしい時などは本当に疲れます。通販にしようかとも思うのですが、手にとって色々きちんと吟味しないと・・という性格も手伝って結局お店で何時間も迷うことに・・。毎日気に入った洋服を着て会社に行きたいという願望はあるのだけれど、友達のように良いと思ったら、カードですぐ買う!みたいなことができずとてもはがゆい思いをしてきました。

    その友達に相談したところ「良いと思ったら、無理してでも買えばそのうち楽になるよ」と言われましたが、今だに実行できてません。結婚して専業主婦になり、食品を買う場合はかなりの節約になっているように思います。でも、いざという時の衣服の買い物は本当困りますー。

    ユーザーID:

  • それって普通です

    >ぱっと欲しいものが480円、セール品が380円だとすると、ただケチならセール品をすぐに買えばいいのでしょうが、「どっちの製品が品質と価格に照らして得だろうか」とか、考えてしまいます。

    それが普通だと思います。380円でも稼ぐ時は「ぱっと」は稼げませんから、それでバランス取れていると思います。
    「よーく考えてから選ぶ」って事は、大切なことです。欲しい物をぱっぱか買うほうが壊れていると思いってます。

    ・・・私は100円ショップでも悩んでますよん。

    ユーザーID:

  • たのしそうですね。

    値段を考え、悩み、、いいではありませんか。

    その性格をケチとか、マイナスに考えず、合理的、あるいは、経済的ととらえて、自分のケチとケチによる貯金高の上昇を楽しむ。

    楽しそうです。私も本当はそんな風に暮らしたいのですが、色々家族の状態もあって、経済はザルに水を通す状態。別に経済的には苦しんでいませんが、もっと、けちけちと健全に暮らしたい私はストレスが溜まります。

    ユーザーID:

  • 自然体で

    自然体でよいのではないかと思います

    私もそういう時期ありましたが、10年以上働き続けて小金もでき、逆に時間がない、という生活の中で、
    今では、少しは考えることもありますが、安いものを捜し歩いたり、売り場で悩んだりする時間がもったいなくて、さっさと買い物するようになりました
    洋服を買いに行く時間もなかなか確保できないので、
    買おう!と決めた日は、勢いよく買います。

    状況に応じて、価格に対する感覚は変わってきますから、そんなに気になさる必要はないのではないでしょうか

    ユーザーID:

  • それはケチではなく・・・

    トピ主様の場合、それはケチではなく、優柔不断なのだと思います。

    たとえ生活必需品であっても、買うかどうか迷うということは、まだ差し迫って必要ではないからです。
    仮にトピ主様が外出先で生理になってしまったら、多少高くてもコンビニで生理用品を買うはずです。

    大丈夫です。
    トピ主様も本当に欲しい物に出会ったら、迷わずポーンと買ってしまうはずです♪

    ユーザーID:

  • とうとう

    私も何か買うとき、すごーく迷って大変な思いをします。
    本当にお金が無くて困っているというわけじゃないけど、無駄に使うのは耐えられないのです。

    子供たち3人の散髪はずっと私が担当して来ました。全くのど素人なんですが、周りの皆からも、うまいうまいとお褒め頂いております。それで先日は、とうとう調子に乗って、自分の髪まで切ってしまいました!
    だって、美容院って高いですよね!!

    ユーザーID:

  • 羨ましいですー

    トピ主さまが心底羨ましいです。私は欲しいものがあると衝動買いしてしまうタイプ。しかも買った時点で満足してしまうので性質が悪い(苦笑)。

    家では買った服とかバッグとかがコレクション状態・・。一歩間違えば買い物依存症です。それが分かっているので毎月一定額は必ず貯金していますが。

    こんな私よりよっぽど堅実で良いですよ!今はお金を貯めて将来マンションとか本当に必要なものを手に入れるほうが素敵だと思います。

    ユーザーID:

  • 私もそうです

    トピ主さんと同様、「今日はスカートを絶対買うぞ」と思って出かけて、一日中色んなお店を何度も見て、これいいなぁと思っても、結局悩みすぎて買わずに疲れて帰る、なんてことあります。

    それで別にいいんですよ。
    だって、いらないもの買っても結局着ないし、そのことじたいにすごく腹が立つので。

    でもね、たまに買い物するのも楽しいです。
    ケチ(私も自分のことをよくそう思います)ってばかりいないで、たまに「これ素敵!」と思うものをドンっと買って、お気に入りとして使うというのも楽しいですよ。

    だから毎月一定額決めておいて、この範囲では何に使ってもよい、と決めるんです。そうして少しずつ使い慣れすると、買い物の時のコツもつかめるし、時間がかからず洋服も買えるようになります。

    一定額は当然ながら多い金額ではないですが(苦笑)、ちょくちょく買い物することで、買い物上手になるということもあります。

    ユーザーID:

  • 性格による

    私は逆にトピさんみたいにするとストレスが貯まります。倹約の為に我慢などしてると益々イライラ!!
    なんの為に働いてるのか?と思ってきます。
    なんで結婚してからは逆に服のランクが1ランク上がってしまいました。得して満足を得るより着てる時に満足感を得たいからそうします。
    食材は安く方がいいので、安くて新鮮な店が大好きです。貯金も好きですが、、、それは使う目的があってのことです。ただ単に貯金好きと言うのにはやってみたけど成れませんでした。
    そんなに貯めていたら凄く貯まりそうですね。

    ユーザーID:

  • 私も買えないです

    雑誌なんかを見ていると、ステキなバッグや洋服や靴がいっぱい。
    「欲しいっ!」って思うんですが、実際はなかなか買えません。
    ボーナスが出たら買おう!って決めていても、いざボーナスが出てみると、やっぱり買えなくて。
    先週ボーナスもらったけど、新色の口紅とアイシャドウ買っただけ(約5,000円)。これですっかり満足してしまったので、もう何も買わないと思います。
    1度きりの人生、欲しいものをパーッと買って楽しんでみたいなぁ…って思うんですが、難しいです。

    ユーザーID:

  • そういうの、ケチとはいわない

    トピ主さん、
    そういうの、ケチとはいわないのではないですか。

    堅実、というんだと思います。

    「安かろう悪かろう」っていう言葉もあるのですから。
    ものを買うときは、それが100万円のものであれ20円のものであれ、費用対効果というか、真の価値というか、そういうものを、ちゃんと見極めることが肝要でしょう。

    トピ主さんは、普通にエライ、と思います。

    ユーザーID:

  • 極端でなければいいと思いますよ

    お金を遣わず、貯める事で満足しているのでしたら、それでいいのではないですか?
    私の周りにそういう人がいますが、貯金の額が増えるのがとても楽しいそうです。そして上手に節約しています。

    ただ中にはお金を遣うことに罪悪感を覚える人もいるようですね。幼い頃の躾が影響しているようです。極端な人だと「お金を遣うのは悪い行為」とばかりに、必要なものまで節約してしまうので、家族が窮屈な思いをしている場合もあります。私の母がこのタイプで、「お金が無い」と言いながら貯金ばかりしていました。

    私は節約がストレスになってしまう人間なので、欲しいものはほぼ迷わずに購入します。(高額なものは別ですが)そして毎日おしゃれを楽しんでいます。

    こういう私を見て母は「浪費家の愚か者」と思っているようですが、私は豊かで楽しい人生を送りたいし、子供の前で「お金が無い」と言って暮らすのはほんとにイヤなので、これで満足しています。

    ユーザーID:

  • 私は今のままでいい

    私も似たようなものです。ですが、迷うことで
    買い物を楽しんでいるところがあります。
    「今、買わなくても」「今、買わないと後悔するかもしれない」「もっといいものがあるかもしれない」等々、きりがないくらい思考がいったりきたりします。結果、買って帰ったものには満足感があります。
    トピ主さんは変わりたいのですか?

    ユーザーID:

  • ためしに

    自分の好きなジャンルの洋服屋さんに行って、
    「今日はこの店で1万円分買うのだ!」
    というのをやってみましょう。

    そのお店で1万円分きちっと買い物が出来たら、十分おおらかです。

    1万円消費するのにとても躊躇してしまい、買えなかったというのなら、そういうあなたの「とてもいい性格」なのです。

    一度やってみては??

    ユーザーID:

  • ケチもありますが。

    私の場合、年齢(40歳代)のせいか
    もう普通に売っているものでほしいものとか見つからないんですよ。

    カバンひとつにしても何か、マチが広過ぎて野暮ったいとか、
    自分が小柄なのでカバン寸法が大きすぎるとか、
    逆に小さすぎてA4が入らないのは
    全く実用で使えないし。

    で、もち手が長くて肩にかけられて、そして軽い素材の安っぽくないもの。

    ないんです。

    いっそオーダーしようかなと思うくらい
    大量生産品で(ほかには財布とか携帯とか)
    気に入るものがありません。

    ワガママなんです。よくわかっています。
    でもついつい探してしまって、またへこみます。

    ユーザーID:

  • 判断するまでの時間!

    推測するに、トピ主殿は「買う・買わないを判断するまでの時間が長い」ことを問題視されているようだ。

    実際に、買い物に迷っている時間というのは、迷うことや考えることも含めてそれなりに楽しいものだ。しかしながら、後日考えてみるとわかるが、その時間というのは無駄な時間になっていることが多い。

    私に言わせれば、数万円程度の服を買うのに半日も考える(悩む)というのはあり得ない。それだけの時間があったら別のことができるからだ。

    そのためには普段から(冷やかし客として)店に行かないことだ。買うと決めた時だけ(品揃えが充実した)店に行けばよい。そして店員に「今日は○○を買いに来ました。」と最初に宣言すればよい。店員はホット客に対して対応がよいので気持ちよく買うことができる。そして時間の無駄がない。

    実は、スーパーなどへ行くときも、事前に頭の中を整理して行ったほうがよいのです。

    ユーザーID:

  • けち=慎重?

    持っているお金を最大限に活用したい、
    後悔のない満足感溢れる買い物がしたい。
    それを「けち」というかどうかは分かりませんが
    お気持ちはすごく分かります。

    私もなかなか購入に踏み切れない方ですが、
    迷った時は買わない!と決めています。
    その法則を破りたくなるほど欲しい物は
    その場で素直に買います。

    迷いがある時はその品に縁がないということ。
    一度買うのをやめて、後日またその品に出会う事が
    あれば、私に買ってほしくて待っていたのね♪と
    これまた素直に買います。めったに無い事ですが。

    迷うなら買わないとすれば、よっぽど必要な物以外は
    買わないので浪費も防げます。だから、たまに本気で
    欲しい物を買う時は、無駄遣いなんて思わないで
    買い物ができる気がするのです。

    ユーザーID:

  • けちとは

    必要なものも買わず、人のものをあてにする、借りるはたまた略奪する人のこと。
    必要なものを買って生活に支障をきたしていなければべつにいいんじゃないですか。

    ただ、頭を使ってお金を使い、その金額以上にプラスの
    成果を出せない人なんだなあという気はします。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧