ご主人を亡くした友人へなんと言う?

レス11
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

雪割草

先日、友人から喪中欠礼のハガキがきました。
年齢的に、親世代がそろそろ・・・という歳なので
親御さんかな・・・と思ったら、ご主人が亡くなったと・・・。
大学時代の友人で、卒業後は年賀状のやりとりくらいで、でもとても大事な友達で、お互い結婚式には出席しました。
実は、わたしのほうが結婚が遅くて、昨年11月に挙式したのです。その前に、出席のお願いに彼女に電話した時は、ご主人が取り次いでくれて、お元気そうで、ぜんぜん病気なども聞いていませんでした。(亡くなった理由はまだ知りません)
亡くなったのは3月です。知らせてくれたらお葬式に行ったのに、と思いますが、きっと本人もそこまで知らせるのも・・・と思ったのでしょうし、気も回らなかったのでしょう。
年賀状は控えるとして、お見舞いなどは今からでもいいでしょうか?その場合、なんと言ったらいいのか迷ってます。亡くなってから時間が経っているので、うまい言葉が見つかりません。
男の子のお子さんが一人いて、10歳くらいです。
これからの彼女をどう励ましていいのか、お知恵をお貸しください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数11

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 急がなくていいと思います。

    なんと言っていいかわからないのは、
    ご友人も同じなのではないでしょうか。

    一年も経ってる、
    一年しか経ってない、

    どちらでしょうね・・・

    お子さんのことも含めて、
    「できることは手伝う」と言えるなら
    そう仰ればいいかと思いますが、
    御友人の方も
    言われて急に思いつくものでもないでしょうから、
    何かあった時に、連絡頂戴ね、手伝えることがあったらするから、
    と言って、あとは通常のような遣り取りでいいのではないかと思います。

    あと、
    励ましすぎても、却って困るかもしれません。
    きっともう十分にがんばってますから。

    ユーザーID:

  • 普通に接すればよいと思います。

    私は父を亡くしました。
    回りの方は親切にいろいろ声をかけてくれますが、正直何人にも言われると余計に悲しくなって嫌でした。一番よいのは「大変だったね頑張ったね」ぐらいでよいんじゃないですか?あまり言葉はいらないです。

    友達であればいつもより少し連絡を多めに取ってショッピングやらランチやらするのがいいかなーと。

    話を聞いてあげるのがいいんじゃないでしょうか

    私の意見なのでご参考までに。

    ユーザーID:

  • 弔意があるなら

    ご友人の旦那さまに、弔意があるなら、お見舞いでなくお香典(ご仏前)を今からでもお送りしましょう。

    ところで、あなたが同じ立場でもない限り、下手な慰めの言葉などは控えた方がいいのではないでしょうか?
    若くして母を亡くしたとき、友人が一生懸命慰めてくれたのはわかりますが、聞いていて虚しかった。
    気持ちは嬉しかったけど、友人の母は生きているのに、私の気持ちが本当にわかるの?と思いましたから。
    ひねくれ物ですね。

    でも、時がたつにつれて、友人の存在は本当にありがたいと思いました。
    ご友人が私と一緒とは思いませんが、こういう風に思う人もいますって事で。
    なくなった事にたいする慰めの言葉でなく、季節の折に、友人として電話や手紙で連絡をとって見てはどうですか?

    ユーザーID:

  • そっと・・

    親友と呼べるほどものすごく仲が良かったのでしょうか?
    病気あるいは事故なのか理由がわからない関係、お子さんの年齢を正確に把握していない関係、特に告別式を知らなかったという距離感から察すると、ただただそっとするのがいいように思います。

    昨年元仕事関係だった友人がやはりご主人を亡くされました。ご主人とも知り合いだったので告別式に出席もしましたが、その場限りもう連絡は取っていません。
    本当の心の中にある気持ちは近しいかたに話していると思います。
    先方から連絡がなければそれを蒸し返す必要はないように思います。

    それから、賢明な行動をとる共通の友人がこんなことも言っていました。ご主人も共通の知り合いだったからこその発言でもありますが、
    「そっとして、どうしているか今後はもう確認することはしないほうがいいんじゃない? まだ若いのだから将来再婚することもあるかもしれない。これから別の人生を歩かせてあげるためにも」。

    あまり会わない関係だったら先方から連絡がない限り縁を切ったほうが優しさの場合もあります。
    心の中に常に彼女のことは思っているので、もし出会ったら自然に会話はできる準備はあります。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    皆様、ご意見ありがとうございます。

    瀞音さま、そうですね、きっと十分がんばっているんだと思います。昔から、一生懸命な人でしたから。
    だからこそ、「がんばって」などという言葉を言いたくなくて、わからなくなってました。

    うさこさま、住んでいるところが離れているので、
    なかなか会えないのですが、いつも年賀状には
    「たまには会いたいね」と書いていました。
    今年はなにか機会を見つけて会いに行こうと思います。

    けろけろさま、そうなのです、私自身、近しい人を亡くしたことがないのです。
    しかも昨年結婚、最近は新居を購入したばかり、その引越しの知らせを出そうかと言う矢先の知らせだったので、、、連絡を取ろうとすると、大きな不幸に見舞われたばかりの彼女に対して、申し訳ないような気がしてしまうのです。

    私も少し動転していたようです。もう少し様子を見て、連絡を取ってみます。
    ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • そのままで

    トビ主さん、お優しい方ですね。そのままのお気持ちをお伝えしたら如何ですか。

    私が嬉しかったのは:
     
    自分の夫を喪う事なんて、怖くて想像もできない。
    こんな時、神様の事なんか信じられなくなっちゃうね。(信仰の深い友人の言葉で重みがありました)
    数ヶ月経った後で、今も慰めの言葉が見つからないと言う内容の手紙をもらった。

    食事に何度も一緒に行ってくれた友人の前で、一年後にふっとした事から涙が止まらなくなってしまいました。彼女は、“私の前では泣かなくても、一人でいる時はいっぱい泣いているのね。”と冷静に言ってくれました。

    2年後にXXにとって、この2年は長かったの?それとも短かったの?と訊いてくれました。

    反対に嫌だったのは、知ったかぶりの慰め。神様には神様のプランがある、などです。

    ユーザーID:

  • レスの方々も

    お優しい方々ですね。

    瀞音さんの“きっともう十分にがんばってますから。”心にズキンです。

    うさこさんの“連絡を多めに取ってショッピングやらランチやらするのがいいかなーと。”今思い返しても、外に出るって本当に重要な事でした。5年経ってから、ずーっと思っていたよと誘ってくれた知り合いもいます。

    けろけろさんの"季節の折に、友人として電話や手紙で連絡をとって見てはどうですか。”同時期に未亡人となった友人と、春のなるのが辛いと語った事があります。他の人達は、春を楽しみ待っているのに、自分達の心は暗いままで取り残されているよう。でも、友人から様子伺いのメールが来ると、まだ悲しみから抜け出せない事、分かってくれているんだと嬉しかったです。

    ユーザーID:

  • 母子家庭で育ちました

    母を見てきての思いですが・・・

    そっとしてあげて下さい。
    ここは、さりげない文章を添えた、寒中見舞いのお葉書を出すぐらいにしてみては。
    そして、彼女から、「会いたい」と言ってくるまでは、静かな年賀状の交換程度がいいと思います。

    旧知の友人とは対等の立場でありたいもの。
    同情や憐れみは、相手の方を傷つける可能性があります。
    励まされるのも嫌だと思います。
    頑張っているのに、「頑張って」と言われるのは辛いのと同じように。

    それに、お見舞いも妙ですよね。。。
    母子家庭見舞い?ととられてしまうかも。
    今更、お香典を頂いても、お返しを考えるのも負担です。

    母も父が亡くなった直後は、ほとんど友人達との付き合いを止めていました。
    母のプライドがそうさせていたんだと思います。

    母が何のわだかまりも無く、昔の友人達と交流を復活させたのは、私が大学生の頃だったと思います。
    (それまでは、父が無くなった後からの、子供を通じての付き合いやご近所のみでした)

    時分が若くて、キラキラしていた頃を知っている友人に、自分の「大変さ」を見られるのは辛いと思います。。。

    ユーザーID:

  • 私も今、考案中なんです!

     私も、つい先日、友人から、喪中の葉書が届きましてね。彼女の夫ではなく、彼女のお父様だった。日本人の平均寿命をはるかに超えていたので、恐らく、老衰だったのかもしれません。ただ、ちょっとびっくりしたのは、亡くなった日が、なんと、私の誕生日だったんです。こんな偶然ってあるんだ〜って思いました。

     今、私が考えているのは、その私のお友達に、何を言っても動揺するだろうから、あえて、必要最小限に言葉を添えて、必要最大限に気持ちを伝えようかと、思っています。「あなたの気持ちが、少しでも癒えたらいいなと、そんな思いを込めて、○○を焼きました」とか、そんな風に書いて、手作りの洋菓子でも焼いて送ってあげようかと思っています。後は、しばらく(半年ぐらい)連絡はとらない。そんな風に考えています。

     気持ちを伝える方法は、色々あると思いますが、先方に誤解されるかもしれないと思うなら、かえって何も言わない、しない方が、いいかもしれませんね。それもひとつの優しさだから。

    ユーザーID:

  • 私がいい言葉だと思ったのは

    身内が亡くなり落ち込んでいたときに、ちょっとした友達が(すごく親しいわけではないけど教養の高さを感じさせる人だった)

    元気になるのに期限はないから、ゆっくり元気になってね、時間ができたらよかったら連絡ください、お茶でも飲みましょう

    といってくれたのが印象的でした。以後、時々使わせてもらっています。

    今年のはじめ友達の身内が亡くなり、先日久々に彼女と会いました。特にそのことにはふれず、そのことがある前のように他愛もない話をして別れました。後日、また年明けに会おうと彼女からメールをもらえ、うれしかったです。普通にしているのがいいのかも?

    ユーザーID:

  • 特別視しないで。

    喪中の知らせをする間もなく新年を迎えてしまい、旧友から年賀状が届きました。
    改めて夫が亡くなったことを知らせると、20年も会っていない、お稽古ごとでご一緒しただけの友人は、「知らなかったこととはいえ、失礼しました。」と、型どおりのお悔やみのハガキを送ってくれました。
    また、10年以上会っていない高校時代の友人は、ことばを尽くして便箋に何枚もの手紙を送ってくれました。

    どちらが心に沁みたかというと、実は簡単なハガキのほうでした。
    ことばは虚しく響きます。 

    もしわたしがトピ主さんの友人で、この場で取り上げられているのを知ったら、愉快ではないと思います。トピ主さんは優しいお方でしょうが、なんだかネタにされているようで・・・。
    そんな過剰な反応をしてしまう心理状態でもあります。 

    「母子家庭」さんのレス、そのとおりです。よくお母さまのお気持ちを理解されていますね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧