子育てビックリ体験

レス45
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

asakawa

レス

レス数45

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • さっき道場から帰ってきた…

    うちの少年剣士が、「今日ねぇー」と話す事には。

    自宅で剣道着と袴に着替え、道場に到着。素振りを始めたら、いつもとどうも違う。何だか足が前に出ない…。
    よーく見たら、袴の一方に足を二本入れていたそうです。
    大体どうやったら、それまで気がつかないですむんだ!そもそもどうやって歩いてたんだ!

    「先生がねー、あははーって笑って、袴直してくれたー!」
    この面の皮の厚さも、一種の才能だろうか。
    うぅ…しばらく道場に顔を出せない(恥)。

    ユーザーID:

  • トピ主さんご子息にはかないませんが

    うちの娘が、やっとヨチヨチ歩き出した頃のことです。

    玄関に宅配便か集金かなんかがきて、ちょっと目を離したんですね。
    その後、娘は室内のどこかに居るものだと思って数分・・・、やけに静かなので、やっと「いない?」と思い、そして一気に顔面蒼白。血の気引く思いでバスルームにすっ飛んでいくと、大きなバケツにとっぷりと、服を着たまんまオムツしたまんまの娘が肩まで冷水に浸かっていました。

    引っ張り出そうとしたら嫌がって泣くので、仕方なくお湯を差してぬるま湯にしてあげました。けっこう、ヒヤリ&びっくりでしたよ。

    ユーザーID:

  • 電話切っといてねと言ったら

    トピ主さんのお子さんって、ちょっと変だけど、可愛いです。

    家の息子も3才の頃でした。
    実家の母から電話で暫く話した後、息子に「おばあちゃんからよ。話が終わったら電話を切っておいてね」と言い、私はキッチンへ。

    電話が終わった気配を察して先程の部屋に戻ると、息子が裁ちバサミを片手に立っていました。
    そしてその足下には受話器が転がっていました。

    あっけにとられた私、その時だけは息子を叱るに叱れませんでした。

    ユーザーID:

  • うちは…

    2歳のころ、あるショッピングセンターに行ったところ、ふと横を見ると今いた、わが子がいない。
    血相を変えて探すと下着売り場の方から
    何やら振り回しながら歩いているわが子を発見。
    ホッとして、よくみると振り回しているのは
    ブラジャー、それも1000円の。
    ホッとするやら、おかしいやら。
    それからはハーネスをつけるようになりました。

    ユーザーID:

  • ありますあります!!

    我が家の息子(もう中学生ですが)
    小さい時からボタン好き!!エスカレーターを止めたのは数え切れず。とうとう小2の時電車まで止めました。(JRの知り合いがすぐにロック解除。助かった〜)
    思い起こせば、主人と遊びに行って、「一人で帰るから」と言い、だんなをまいた3歳。パトカーにしっかり乗って帰宅。大きくなってから病弱な弟に「お前は救急車のったことあるけど、僕はパトカー乗ったもんね〜」と自慢。
    中学になった今は、発明好きで、気がつくと自分で色々と分解。そしてなにやら怪しげなものを???
    (花火で爆弾作る高校生)や(色々な薬 調合の・・・)ニュースを聞くと口には出さず、明日はわが身と思う母です。
    でも 夢は父と同じエンジニアだそうです。
    事件だけはおこさないでくれ〜(笑)
    ははは。でも面白い子ですよ。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • そのスルメは?

    お子さんがなめられたスルメは購入されたのですか?

    ユーザーID:

  • まさに今日…!!

    2歳になる娘と駅ビルで買い物。ちょっと目を離した隙に、いなくなってしまいました。
    探す事5分……
    改札を越え、ホームに降りる階段を一人で降りていました。発見がもう少し遅れていたら…ゾッとします!!

    ホント子供がやることは予想がつかないし、何があるか分からない世の中です。私も反省…。皆さん気をつけましょうね!

    ユーザーID:

  • ゲテモノ食が遺伝?

    母から聞いた私自身の話なのですが...
    よちよち歩きですから、1歳半くらいだと思いますが、庭に出ていたときに、なにか一生懸命してるなーと思っていたら振り向いた私の口からはミミズが垂れ下がりくねくねしてたそうです。
    そして私の9ヶ月の娘。
    なんにもあげてないのに口をもぐもぐしてるから変だなと思って見て見たら..
    コウロギの足が口から出てきました。
    のこりの部分はもう飲み込んでしまったようです。
    お腹壊さないかと心配しましたがかれこれ2週間前の話なのでどうやら大丈夫だったようです。

    親子揃ってゲテモノ食です。

    ユーザーID:

  • トピ主さん宅ほどパンチはないですが・・

    「目を閉じ、うっとりと、するめの足をなめなめしているではありませんか。」
    面白い息子さんですねー。私も目を閉じてするめをなめなめしてみようかな。

    さておき、うちのびっくり体験。

    パパが、4歳と1歳の息子達をお風呂に入れていたときのこと。先に1歳の子の体をサササッと洗って湯船の中に立たせ、次に4歳の子を洗って二人で一緒に湯船につかりました。すると上の子が、

    「パパ、お風呂に何か浮いてるよ・・・」

    見ると、色の濃いものがふたつプカプカ浮いているのではないですか。
    そうです、下の子のうんちだったのです。

    二人がものすごい勢いで湯船から飛び出たのは、無理もないことです。

    ユーザーID:

  • 息子の笑顔が怖い!

    息子が2才の時です。
    私がベランダに出て洗濯物を干し、家の中に入ろうとしましたが、ガラス戸が開かない。

    見ると、鍵がロックされているではありませんか。

    ガラス戸をドンドンたたくと、息子がよたよたやってきました。そしてにっこり笑って、私に愛想いっぱい振りまいていました。

    私は顔面蒼白、必死で「開けて、開けて」と叫びました。
    息子は意味も理解できずニコニコ。

    そのうち、母親の私も冷静を取り戻し、鍵を指さしジェスチャーを交え「開けてね」と優しく、ロックをはずすよう指示しました。

    途中で息子がパニックにおちいりましたが、なんとか開けることが出来ました。

    30分位の出来事ですが、何時間にも感じた想定外びっくり事件でした。

    あのまま息子とコンタクトが取れず、主人が帰宅するまで、ずっとベランダにいることを想像するとぞっとしました。

    ユーザーID:

  • 服が〜

    5歳の息子。
    幼稚園から帰ってきて、「服がきつーい!!」と言うのです。
    体が大きくなったのね…と思って、ブレザーを脱がせると…。
    カッターシャツが、背中で一回転ねじれてました。
    よく器用に着たなあ。

    ユーザーID:

  • ツワモノばかりで

    恐れ多いんですが参加します。

    長女が1歳の時、朝ピチャピチャという音で目が覚めたら、使用済み布オムツを入れた洗剤入りバケツに私の真珠のネックレスを浸して出窓の上で遊ぶ彼女の姿が。
    私がギャーーッと叫んだらびっくりしてバケツと一緒に出窓から床に落ちて口を切って大泣き。どこから手をつけて良いのか私も泣きたかったです。

    次女3歳の時、寒い冬の事です。夜もうオムツは取れていたのに毎晩私のベッドに来ておねしょを繰り返すので、もう我慢できずにかなり嫌がるのに無理やりパンツタイプのオムツをはかせて寝てしまいました。翌朝、私の横で下半身すっぽんぽんで足広げて寝ている彼女。パンツオムツはなんと、私の頭に被せられていました。よっぽど悔しかったんでしょう。。。

    ユーザーID:

  • 確信犯!

    家族3人でスーパーに買物に行ったとき、
    3歳の息子は旦那と玩具売り場で遊んでいました。

    私が1人で店内を回っていると、
    『ママー』
    と後ろから聞き慣れた声が聞こえてきました。

    振り返ると息子が私のほうに駆け寄って来ていました。
    私が『○○』と息子の名前を呼び、
    その場で待っていたら、私を素通りして、
    私の隣にいた若くて綺麗な女性に抱きついていきました。
    どう見ても私(30代太め)とは
    似ていない女性(20代細くて美人)でした。

    しかも、その時の息子の顔が、
    今までに見た事の無いようなイヤラシイ顔つきでした。

    その一部始終を見ていた旦那は
    『こいつは間違いなく俺の子だ』
    と感心していました。

    私は馬鹿父子だとつくづく思いました。

    ユーザーID:

  • かれこれ15年前です

    娘3才の時、新しい町に引っ越してきました。

    スーパーの勝手も違って娘はウロウロしています。私は買い物を済ませてしまいたかったので、娘が店内でおとなしくしてくれそうな場所を見付けました。

    娘は、真っ先に「どじょうのたる」のところへ行きおとなしく眺めています。

    娘がたるを覗き込んでいると、店内のおばちゃんが「おじょうちゃん、いくつ?かわいいね」と声をかけてくれるように・・。

    内心なれぬ土地で少しづつ馴染んでこれそうな気配に安堵していました。

    おばちゃんが例によって娘に声を掛けました。その次の瞬間娘は「どじょうのたる」を両手で思いっきり、「ばあーーーん!!!」と叩き、(これだけでも、オバチャンは唖然としてました)その上大声で「きょうのどじょうはげんきがいいよ〜〜〜!!」と叫んだのです!

    いつもは良い子でおとなしいのに・・・さすがにおばちゃん「かわいいね」とは言えずに厨房へそそくさと・・。

    そう、娘は来店の度に「どじょうの生きの良さ」を観察していたのでした。

    現在18才の娘に聞くと、「行く度にどじょうが元気が無かった。でもあの日とても元気だったからたたいてみた」と。

    ユーザーID:

  • 1歳のくせに!

    現在3歳の息子はとにかく口が達者。
    笑っちゃうほど大人びたことを言って笑わせてくれます。

    でも、一番驚いたのは、息子がまだ1歳のとき(2歳になる1週間程前)ホテルのレストランで食事をしていたときのこと、
    自分のジュースをガーッっと飲み干して、ボーイさんに向かってグラスを見せて
    「すみませーん。」

    おい、勝手に追加注文するなよっ!!
    驚いて主人と二人で爆笑。

    息子は喋り初めから発音もハッキリしているので、当然ボーイさんがテーブルにやってきました。
    ジュースなんてそれ以上注文するつもりなかったのに、追加注文するハメになってしまいました。

    どうも、主人がビールを飲み干して追加注文するのを見ていたようです。

    ユーザーID:

  • トマト大好き

    ゴンタ(4歳)が1歳半くらいのころ。
    私は働く主婦で、当時おばあちゃん(義母)にゴンタを預けて仕事に行ってました。

    おばあちゃんとスーパーへ買い物に行ったゴンタ。
    お手伝いカゴ(小さいお買い物カゴ)を手に颯爽と野菜売り場へ。
    そこでゴンタは大好きなトマトを手に取りました。
    「おうちへ帰ってから食べようね」とおばあちゃん。
    しかし、ちょっと目を離したすきに迷子になったらしく、おばあちゃんはオロオロしながらゴンタを探しました。

    しばらくして見つかったゴンタは・・・
    満面の笑み・真っ赤になったTシャツ・そして、お手伝いカゴにころん、ところがっているトマトのヘタ2個・・・

    そう、大きなトマト2個を完食していたのです(汗)
    おばあちゃんは平謝りに謝りましたが、レジのオバチャンは「ヘタでトマトが2個だったってわかるからそれでいいですよ」と笑いながら精算してくれたそうです。

    いまだにおばあちゃんに言われますが、本人は全く記憶にないらしいです。。。

    ユーザーID:

  • トイレのブラシを。。。

    うちの長男が1歳を過ぎた頃。

    朝早くおきて、1人で家の中をとことこ歩き回っている気配を感じつつ親はまだふとんから出れないでいたら。。。

    枕もとで「シュカッ、シュカッ」と歯磨きをするような音が。うっすら目を開けてみてみると、トイレのブラシを噛みながら仁王立ちする息子が!!!!
    「ぎゃあああああ!」
    ものすごい私の雄たけびがこだましました。。。

    同じ頃、台所から「シャカ〜。。シャカ〜。。」と音がするので不思議に思って行ってみると、米びつから米をつかんで床一面に蒔いている息子がいたこともありました。

    ユーザーID:

  • 三毛作さんへ>トピ主です

    あのトピを書いている時に、気になることがちらりと頭をかすめたのですが「まあいいや」で済ませてしまい、お読みになった方にご心配おかけしました。

    >そのスルメは?

    ご安心下さいませ。なめなめしたするめは、買い求めましたので。

    ユーザーID:

  • 妹が子供の頃

    静谷さんと同じようなのですが。

    娘が10歳のある日、急な来客があり、応対しながら娘に、「やかんに水を入れてコンロにかけといて」と一言。

    今のように電気沸騰ポットなんてない時代だったので、急な来客にお茶を出すためにお湯を沸かすように頼んだつもりだったのです。

    しかしいつまでたってもお湯が沸く様子がなく、しびれを切らして台所に行ってみて思わずギャーと悲鳴をあげてしまいました。そうです、ガスレンジと台所の床が水浸しだったのです。

    お手伝いなんてしない娘だったので分からないと思い、分かりやすく説明したばっかりに、大変なことになってしまいました。

    そんな娘も嫁に行く時、つい相手の御両親にこの話をバラしてしまい、本当にふつつかな子ですが…と言ったら、娘はとても怒ってました。

    ユーザーID:

  • 私が子供だった頃

    母の子育て体験談ですみませんが。

    自営業で両親とも自宅と隣接した仕事場で働いていました。私が2〜3歳の頃、仕事から手を離せない母は、お向かいの雑貨屋さんに遊びに行く私を、仕事場からいつもチェックしていたようです。

    ある日、私が雑貨屋さんから帰ると、何やら口の周りにつけていて、確認したらチョコレートの味がしたそう。また別の日にも、やっぱりチョコが。

    驚いて、母が一度一緒にお店について行くと、私は自分の背より高い陳列棚に爪先立ちで手を伸ばし、チョコレートを一生懸命取ろうとしていたと言います。

    それ以来、腰にはお通い帳なる物をつけられ、お店のおばさんが私が食べた物を記帳してくれて、母が後から支払いに行っていたらしいです。

    ユーザーID:

  • 面白いです!

    皆さんのお子さん、すごいですね!面白いトピをありがとうございます。

    自分の子ではなく、親戚の子の話です。叔父が奮発して、初めて家族で行った海外旅行。「盗難が怖いから」と、使い捨てカメラを持っていったそうです。「僕が写真を取る係になる!」と小学校4年生の甥っ子は張り切って・・・ 

    帰りの空港で、いくつもあったはずの使い捨てカメラがなく、叔父が甥っ子に「カメラはどうした?」と聞いたら、「使い捨てだから捨てた!」とのこと。

    せっかくの海外旅行の思い出が、一枚もないなんて・・・ と嘆く夫婦を尻目に、私は大爆笑しました。

    ユーザーID:

  • 甥っ子ですが

    甥っ子の俊ちゃんはお出かけ中
    食べていた飴玉を落としてしまい
    転がっていく飴玉を拾おうとしたので
    デパートのお姉さんが
    「僕〜、汚い(よ)」の(よ)を言う前に
    両手を地面に付き口で拾って食べた。
    お姉さんは固まっていたらしい。

    GWに遊園地に遊びに行ったとき、
    家族からひとりはぐれてしまい探していたら
    はぐれた場所(通路)に横たわっていた。
    他の家族連れは不思議そうに見ていた。
    山で遭難しても生き残りそう・・・。

    ユーザーID:

  • トピ主様

    乾物をよく買うのでちょっと気になってしまったんです、ご丁寧にお返事いただきありがとうございました。

    では私もビックリ体験を。

    静かにお昼寝していたのでちょっと目を離したら「ギャー!」と大声が。慌てて見にいくと、扇風機のコンセント引き抜いて口にくわえた状態で大泣きしていました。それを機に、家中の差込口を総点検、容易にコンセントが抜かれないようにしたのですが、あの時は感電しちゃったんじゃないかとビックリしました。

    ユーザーID:

  • 楽しいトピですね

    hanachanさんちの次女、最高ー!
    お腹かかえて笑っちゃいました。

    我が家の息子(3歳)も夜オムツを強引にさせるのです
    が、気がつくと 下半身すっぽんぽんでねてまーす。

    ユーザーID:

  • 親子で…

    数えあげれば両手両足でも全然足りないのですが…

    私自身が3歳くらいの時にヘアピンをコンセントに、しかもご丁寧にヘアピンを開いた状態で左右2つの穴へ同時に差し、当然感電。30年以上たった今でもあの時の腹痛と奥歯のビリビリと身体の内側の肉が茹ってく感覚を忘れることが出来ません。

    我が娘は私がウトウトした10分程のあいだにハサミで自分の髪をカットし、ザンバラ状態に。少しでも手元が狂ってたら目に入ってたかも…

    ちなみに1センチ以下の長さのところが多かったので散髪屋さんでも「もう少し伸びないと修正できない」と云われ半年程はザンバラのままで、その期間あっちこっちで説明しなくてはならず親の不注意さを宣伝してるようで余計に凹みました。確かに私が悪いんですが。

    もちろん半年間は外出時には帽子が必需品(笑)

    ユーザーID:

  • チョココルネイッキ食い

    高校生の時、友人とスーパーに入ってるパン屋のちょっとしたカフェコーナーでお茶を飲んでました。
    ふと見るとまだよちよち歩きの男の子がトレイの売り物の「チョココルネ」に手を伸ばしむしゃむしゃと食べているではありませんか!!お店の人はおらず、うら若い私達は「どうしたら!!?」とオロオロするばかり。チョココルネはあっという間に完食されてしまいました。
    それで終わりかと思ったらその子、またチョココルネをむんずと掴み、むっしゃむっしゃとこれまた豪快に・・。
    ビックリしてると、やっとお母さんらしき人が「きゃー!!何してるの!」と駆けつけてらっしゃいました。
    そしてお店の人に謝りながらチョココルネ1個のお代金を払ってらっしゃいました。
    あのー、その子ソレ2個目です。って言えませんでした。言った方が良かったかなぁ?でも見てたなら止めろよ!って怒られそうで・・・。

    ユーザーID:

  • かっぱどんさん、横ですが

    このトピ読んでいると、自分自身の子育てをダブらせて色々と懐かしくなります。

    かっぱどんさんへ

    >私自身が3歳くらいの時にヘアピンをコンセントに、
    >しかもご丁寧にヘアピンを開いた状態で左右2つの穴
    >へ同時に差し、当然感電。30年以上たった今でも
    >あの時の腹痛と奥歯のビリビリと身体の内側の肉が茹
    >ってく感覚を忘れることが出来ません。

    私の娘も同じ経験があり、本人には未だ聞いていませんが、身に浸みて怖かったのがよく分かりました。

    娘が幼い時、コンセントに刺したのはモールとかいう綺麗な針金でした。

    私が帰宅すると興奮して待っていたように、兄の方が「お母さん○○が大変だったんだよ」と言い、側で妹の○○が「お母さんゴメンなさい」としきりに謝るのです。

    コンセントの方に行くと周りが黒くすすけていました。
    私は「大丈夫だった?」と、優しく言いましたが、本人はショックから青い顔をしていました。あの時のことを聞けばきっと、かっぱどんさんと同じ事を言うのでしょうね。

    ユーザーID:

  • 子育て中ではないのですが、、

    自分自身が幼児の頃の話ですが
    母親と晩酌した時に
    思い出話の中で言われた事です。

    地震があった時に
    「あっ!怪獣が着たんだッ!
    退治しに行ってくる!」と玩具の刀を持って
    外に飛び出した事があったそうです。

    慌てふためいて抱きしめてくれたそうです。
    自分自身では覚えていないので、、、

    でも、自分の子が授かったら
    同じ光景を目の当たりにするのかなぁ〜
    楽しみです。

    ユーザーID:

  • 見てただけですが。

    このトピおもしろいです。
    自分だったらもう絶対いや(笑)だけど、他人だと笑えますね〜。
    ・・・すいません。
     
    私はまだこどもがいないんですが、パン屋さんで目撃したことをひとつ。
    店の入り口に「今日のおすすめパン」が山積みされてました。
    そのすぐそばには、座って待てるようにちょうど椅子が・・・。
    そのいすに後ろ向きにすわり、
    パンの方に顔を近づけている4歳くらいの女の子。
    ?と思ってみていたら、彼女はおすすめパンに巻き込まれていた
    ウインナーを一つずつペロリペロリとなめてました。

    トピ主さんの息子さんとちがって、
    彼女はあきらかに悪いことをしているのがわかるらしく
    目はあちらこちらをきょろきょろ。でも誘惑に勝てないらしい。
    私はトレーを持ったまま固まっていたんですが、
    声をかけようかと思った瞬間、「○ちゃん〜ん」という女性の声。
    女の子は一目散に走っていってしまいました。
    さてどうしたものかと思いましたが、
    どこからどこまでなめたものやらわからないし、
    何もできずに帰ってきてしまいました。
    あの後、買った人、ごめんなさい・・・。

    ユーザーID:

  • バイトで

    抽選会(ガラガラ)の受付をしていたとき、はずれがでたので「キャンディーを2つとってね」と言って私がキャンディーの箱を持ち上げようとし、目を離したすきにガラガラから出たはずれ玉を食べていた子がいました。

    ユーザーID:

  • 未だありました/トピ主です

    レス下さった皆様、貴重なお話を沢山ありがとうございます。面白く(?)拝見しております。

    長女が7才の頃、英語教材のセールスマンがみえました。
    私が出られないでいると、長女が玄関先で応対を始めました。
    スマした感じの長女の声が聞こえてきます。

    「あのう〜〜、英語は父に教えて貰いまので結構です。それから〜〜弟は私が教えますのでいりません!」ですと。

    セールスマンの方、大きな声で「あっ、そおおお〜〜」とたじたじで退散されました。
    したたかな娘、私より応対が上手!っと今でも鮮明に覚えています。

    ユーザーID:

  • 我が子は・・・

    今は7歳の息子、つい2〜3年前のこと。

    よくスーパーで試食品がおいてありますよね。で、おばちゃんが「どうぞ〜」とウィンナーなんかを楊枝にさしてくれる・・・「僕どうぞ〜」とウィンナーを差し出された我が子はそのままぱくり!そう、楊枝を手に取るのではなく食べさせてもらったんです。

    ユーザーID:

  • みかん

    ついこの間の事です。

    スーパーでみかんの試食販売をしているお姉さんが
    「おひとつどうぞ」と5歳の息子の前にお盆を差し出してくれました。
    そしたら息子のやつ、お盆ごと頂こうとしているでは
    ありませんか!

    そ・・そっか、おひとつの意味わかんなかったのかぁ。
    お姉さん固まってたわ。

    ユーザーID:

  • かたつむり=エスカルゴ??

    妹の話なんですが…

    姉5歳、私4歳、妹2歳、のころ姉と私に
    「かたつむりはエスカルゴって言って食べれるんだよ」
    と吹き込まれそれ以来かたつむりをみるとパクッと口へ…。

    3歳ぐらいになるまで続いていました。
    母にはさぞかし、ひやり&ビックリだったと思います。

    私にとってもまさか食べるとはとすごいインパクトでした。

    ユーザーID:

  • 正直な気持ち

    本来は微笑ましくニコニコしながら読むべきなのかもしれませんが、自分が知らずに買ったスルメや塩鮭、パンに挟まれたウインナーが、見知らぬ子どもがペロペロしたものであったら?と思うと、凍り付いて笑えませんでした、すみません。正直、勘弁して欲しいです。

    ユーザーID:

  • 皆様にはかないませんが・・・

    うちのも聞いてください。

    おじいちゃんとおばあちゃんと四人で、年末の買い物にスーパーに行ったときのこと。
    離乳食が完了しようかという時期の息子。1才足らずだったかと思います。
    レタスが食べたいと思い、かごに入れていました。
    何にでも手を伸ばすので、かごの中の一番遠い所に置いて、手前には触っても大丈夫そうな袋物を入れていました。

    ふと見ると、息子の口がモゴモゴと動いています。手にはレタスの端っこが・・・ レタス売り場にはさっきから戻っていないし・・・ まさか人様のカゴの?遠くに置いてあるレタスは息子がむしりとった跡があるような無いような感じだったので、葉を一枚って事になります。大きなレタスでした。 三人の大人の目をかいくぐって届いた姿が、想像できず、人形のように再現させられている息子。こうやっても届かないよね?こうか?そんなに伸び上がっていたら、分かるはず。現場検証は、謎のままでしたが、その間もむしゃむしゃ口が動いていて。

    洗っていないレタスを食べたようですが、お腹も何ともなかったです。
    むしゃむしゃと上手に食べていた、息子。
    あの罪の無い、きょとんとした顔は忘れる事が出来ません。

    ユーザーID:

  • みなさん面白すぎ。

    中学2年になる息子は小さい頃から非常に好奇心が強く、後先考えずにとんでもないことをしていました。

    2歳前、お風呂にはいろうとすると、湯舟ににんじんやじゃがいもやダイコンなど野菜室の野菜がぜんぶはいっていたことがあります。シチューがつくりたかったそうです。

    また、目をはなすとなんでも電子レンジにいれて「チン」するので困っていました。大好きなしめじをパックごと「チン」して完食していたことや、アルミにつつんでオーブンで焼いたやきいもが冷えてたため電子レンジであたためようとしたらしいのですが、「お芋から火が出た」と泣いていたこともあります。幼稚園にあがる前だったと思います。

    最悪だったのは日本酒博覧会のような会場で係のおじさんが離れたすきに巨大な日本酒の樽の栓をひっこぬいてしまったこと。
    会場にだーだーと流れるお酒を急に止めることもできず、相当流してしまいました。
    もう、平謝りですが、一杯入ったおじさまたちは機嫌が良く、「飲みたかったんだよな」と笑っていました。

    ユーザーID:

  • 息子が10ヶ月のころ

    朝起きてみると、隣に寝ていたはずの息子がいない・・・。
    台所で旦那の叫び声がして、慌てて台所に向かうと、包丁を持ってメロンをザクザクに刺して、ニコニコ顔じゅうメロンまみれにしながら手でえぐって食べている息子がおりました。

    同じくらいの頃、スーパーに買い物に行き、息子をショッピングカートに乗せ、買うものを物色していました。
    ちょっと横を向いて振り返って見ると、お惣菜の焼き鳥を一本手に持ち顔中焼き鳥のタレをベタベタにした息子が・・・。
    慌てて息子が手にしていた焼き鳥を奪い、パックにつめてレジに駆け込みました。

    ユーザーID:

  • アイロンってどのくらい熱いのかな

    親の仕事の関係でうちの仕事場にはいつも
    アイロンが通電して出してありました。
    親からは熱いから絶対触っちゃだめ といつも言われていました。
    でも どのくらい熱いのか気になった私は、ある日ついに触ってしまい当然やけどしました。
    あんなに言っていたのにほんとに自分からさわるなんてと親はびっくりしたことでしょう。

    子供って自分で体験しないと納得しないことってあるんですね。

    親になって子供にはダメばっかりではなくて大変なことにならないようにちょっとの痛い目は見させたほうがいいと思っています。

    ユーザーID:

  • ちょっと目を放した隙に・・・泡だらけ

    友人の家に遊びに行き、帰りに一緒にスーパーに買い物に出掛けた時のことです。

    ちょっと目を放した隙に、友人の息子がいなくなってしまって、慌てて探しました。

    すると・・・、
    コスメコーナーで、手の届く範囲にあるシャンプーを何本か取って、開封。気持ちよさそうにシャンプーしてました。

    友人は息子が開けてしまったシャンプーを全部お買い上げ。
    スーパーはわたしの家の近くだったので、お風呂を貸してあげて、友人は恐縮しきりで帰ってきました。

    笑うに笑えない体験でした。

    ユーザーID:

  • 育てられた体験談。

    あれは私が小学生の頃。
    父が脱ぎ捨てたズボンのベルトを、自分のおなかに巻いてみよう!と思い立った私は、早速ベルトを外し、自分のおなかへ巻いてみました。
    手にしたベルトは、引けば引くほど絞まり、バックルで固定されるタイプの大人向けのベルト。息を吐いて細くしたウエストへ、調子こいてベルトをグイグイ食い込ませ、ものすごくほそ〜〜〜いウエストが完成。
    余りに余ったベルトの先っぽをプラプラさせて遊んでみたり、細くなったウエストを鏡に写して大満足した後が、さあ大変!外れん!!!
    苦しいわ痛いわでやっとの思いで祖父に外してもらったのを覚えています。そこで、“大人のものは、うけつに触っちゃなんねぇ”と覚えました。

    夫が幼稚園児の頃。
    鼻にピーナッツをかっ詰めて、病院へ運ばれました。
    幸いなことに大事には至りませんでしたが、塩分で鼻の穴がヒリヒリていたのをよく覚えているそうです。

    友人は、友人の姉とともに、家の前にあるドブをいっぱいにしようと企て、水道の蛇口から水を汲み、二人で仲良くバケツリレー。“いっぱいにならんねぇ〜”と不思議がっているところをおばあちゃんに見つかり、こっぴどく叱られたそうな。

    ユーザーID:

  • おもしろいです・・・(時々怖いですが。笑)

    我が家でのことです。うちの2歳の長男が今、まさにいろんなものを細かい隙間や穴などに入れたがりの真っ最中。先日、私が台所で夕食の用意をしていたとき(長男とハイローに乗った次男は大人しくテレビを見ていたはずでした・・・)突然、ガガガガガッッァァーーッ!とすごい音がして、驚いてリビングに振り向いたところ、空気清浄機の風が出てくるところに1本の耳掻きが刺さっていて、それが激しくこぎざみに揺れてしかもそこから信じられないくらいの量のほこり(?)が真っ黒い霧のように噴出していました。その脇で、驚きのあまり硬直しつつ、その爆音にギャーーーーッ!と泣き出した長男と、丁度場所的に空気清浄機から吹き出る黒い物体と音を目の当たりにした次男が(吸い込む場所ではなかったので良かったですが・・)身体をビクつかせてこれまたギャーーーーーッ!と泣いていました。私もぎゃーーーーっ!と言いたいところでしたが、耳掻きを引っこ抜き、長男と次男を避難させて、吹き出た埃の後片付け&空気清浄機の点検。と必死にやりました(泣)
    それ以来、長男は空気清浄機には触らなくなりました。

    ユーザーID:

  • すきやき

    食べた次の日、長女がまだ1才過ぎの頃、うんちをしたのでおむつ交換しようとしたら穴から糸こんにゃくがぴろろ〜んと出ていた・・・・。穴は堅く閉じられていて、ひっぱっても出てこずちぎれた。焦った。

    ユーザーID:

  • 鼻の中にボタン

    母から聞いた話です。 母が、当時1歳半だった弟の鼻の穴の中に洋服のボタンが入っていることに気付きましたが取り出せず、慌てた母は直ぐにタクシーを呼び、耳鼻科の医者へ行ってくれるよう頼むと運転手さんはものすごいスピードで急行してくれました。医者の所に到着するやいなや急ブレーキで停止すると、弟は前部座席で頭を打ちその瞬間に弟の鼻から何かが勢いよく飛び出しました。鼻に入っていたボタンでした。母も運転手さんも多いに喜んで、そのタクシーでそのまま帰宅し、運転手さんに何度もお礼を言って別れたそうです。

    ユーザーID:

  • 皆さんおもしろすぎ

    家の子も色々やってますが、一番忘れられないのは下の子年少の時。
    下の子(現5歳年中女児)は、今でも赤ちゃんぽさが抜けない子で、そこが大人から見ると可愛らしいタイプ。

    で、去年年少の園の歯科検診(家の子の幼稚園では親子で指定された時間に行きます。)の時のこと。

    ちょうど教育実習で来られた学生さん達がお手伝いに来てくださってました。
    家の下の子が、学生さんたちを見るなり、ある一人の男子学生さんめがけて駆け寄って行きました。

    学生さんも、腰を落として抱きあげようと準備態勢に。が、家の子は見事にそのすぐ横をすり抜け、園庭の遊具めがけて一目散。後には、まるでコントのように残された学生さんが。。。

    その場に数秒気まずい雰囲気が流れた事は言うまでもありません。だって、どう見ても「大好きな先生」に駆け寄っていくようにしか見えなかったんだもの。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧