正座が苦手・・・

レス8
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

茶々

タイトルのとおり、正座が苦手です。
これまでは、それほど長時間正座をする機会もなかったのですが、
茶道を習い始め、いよいよ困ってきました。

しびれるより前に、全体重が足首にかかり、
足首の関節が痛くて耐えられなくなります。
かかとがお尻に刺さり(変な表現ですが)、お尻も痛いです。
お稽古の翌日ぐらいには、何故か太ももの前面が、
筋肉痛のように痛みます。

先生からは、「膝の間をこぶし一つ開け、親指を重ねるように座ればまし」と教えて頂いたのですが、
そもそも「親指を重ねるように座る」ができません…。
足は平行のまま、お尻を乗せています。

足首の関節が固いのでしょうか・・・。
ちなみに身体全部固いです。
また、母以外の家族全員正座が苦手です。
正座が苦手って遺伝するのかなぁ・・・

どうすれば長時間、正座できるようになるでしょうか?
そのうち慣れると思いつつもう2年、
まだ濃茶席一席持たず、危機感を感じております。。。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 慣れるしかないです

    体に問題が無い限り、
    少しずつ慣れていくしか方法はありませんです。
    誰でも最初は苦手のはずです。
    苦手に慣れると得意になってしまいます。

    ユーザーID:

  • 毎日座る・重心をずらす

    はじめまして。

    お寺に嫁いだ私ですが、最初は本当に正座が駄目(5分限界)だったので心配でした。

    普段の行事では裏方として走り回る立場なため正座する間もないのですが、なにしろ一旦座るとなったら一番前、立つのも一番最初(ごまかせない)ですから・・。

    でも、毎朝勤行するとき正座をするようになって、このごろでは40分くらいまで大丈夫になりました。
    既に毎日お座りになっていらっしゃるとしたら申し訳ないのですが・・。

    あと、うまく説明できないのですが重心を色々変えて研究してみてください。しびれにくいところがあると思います。

    仏事だと、「礼」をするとき、大きく前に上体を倒しながらお尻をうかし、その隙につま先を床につけて足の裏を伸ばす!という裏技が使える時があるのですが
    お茶の席でそういうのはちょっと無理ですよね。

    おたがい正座にまけず、がんぱりましょう!!

    ユーザーID:

  • 違った意味で

    私も苦手です。
    小さい頃から正座が得意で、何時間でもできるんです。
    だからか、O脚になってしまいました。
    最近では正座でも、正しく座れば歪まないと言われることがありますが、
    先生のおっしゃる、親指を重ねて・・は、しびれなどには
    聞くのかは知りませんが、脚にはよくないと言いますよ。
    親指を重ねないで、トピ主さんのように、脚を平行にしたほうがよいです。
    それに長時間同じ姿勢、それも正座で・・は、脚にはよくない
    かもしれませんね。全然答えになってなくてすみません!

    ユーザーID:

  • 私もです!

    茶道暦20年ですが、そのうちなれると人には言われ続けながら未だに苦手です。それどころか、若い頃より体重が増えた分辛くなっています。まして着物で足袋のときなどほとんど拷問!

    そんな私が先生や先輩から伺ったりして多少なりとも心がけているのは、背筋を伸ばして、膝のバネをきかせ、全体重が足首のほうにかからないようにすることです。

    ひざとフトモモの筋肉で、少しお尻を浮かせるような気持ちとでもいいましょうか。
    あとは、微動だにしないでおこうと思ったらしびれますから、目立たないように体重をかける位置をずらすことくらいしかできません。

    それでもお点前が終わって立つ時には、「ぐぐぐっ」と顔にも声にも出てしまいます。。。

    ユーザーID:

  • 私も正座が苦痛です

    同じです。

    子供の頃から苦手で、しびれる前に痛くなります。
    わが子たちは、椅子生活で育ちながらとても形の良い正座が出来ますが、私のはそもそも関節の作りから違うのかな‥と諦めました。

    おしりが開いたかかとの中に収まらず、乗ってしまうんですよね。
    かかとが開かないのです。

    足のひらの骨を骨折して以来、それをいい訳に「ゴメンね、後遺症で‥」でごまかしてます。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 若輩者ですが

    正座をするのは足に良くないと聞いてから、しないようにしてきました。身長が伸びないなどと言われたので。
    それに正座が体にいい座り方だとは聞いた事はないので、無理に正座をする必要はないと思います。

    自分の場合、激しいスポーツをしていたので足腰の骨が丈夫でなく、基本あぐらで座ります。

    大切な場面での礼儀として正座が必要だとは思いますが、その人にとって苦痛以外のなにでもないなら無理にしようとしなくてもいいのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうござます

    みなさん、ありがとうございます。
    やはり慣れるしかないのですね・・・
    週に1度のお稽古以外は椅子生活で、
    普段はあまり正座をする機会はありません。
    でも、毎日やるしかないですねー。

    茶道暦20年のベテランさんでも
    まだ慣れていないとおっしゃるので、
    先行きはまだまだ長そうです・・・(涙)

    和室育ちさん、そうなんです!
    足首がまっすぐ伸びない上に、かかとが開かないんですよね。
    だから、足首が曲がったまま全体重が乗って、
    痺れるより前に痛くなるんですよねー。
    同じ症状の人があまりいなかったので、わかってもらえてうれしいです〜。

    ちなみにうちの親は、足の形が悪くなるからと
    私に無理して正座を勧めなかったのですが、
    (でも私はしっかりO脚です(涙))
    今は茶道にはまっているので、なんとかしたい!のです。
    このままだと、お手前のときにお客様の前でひっくりかえりそうです〜

    ほかに、よい座り方やコツがあれば、
    ぜひ教えてください!

    ユーザーID:

  • 重心を上げる

    バレエ式ストレッチの先生が、
    正座する時は、頭のてっぺんからヒモで引っ張られているつもりで背筋をのばすと、足がしびれにくい
    と言っていました。

    背筋を伸ばして胸を張ると重心が上がるので、比較的足に負担がかからないようです。
    背中を意識するのでリラックスはできませんが、そもそも正座自体リラックスできる体勢じゃないですものね。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧