子供の安全と、自分の仕事

レス87
(トピ主0
お気に入り2

心や体の悩み

nana2

子供を相手にした嫌な事件が多いですね、心が痛む事件が多いです。
さて、我が子はまだ就学前で、両親が仕事を持ち続けるにあたり保育園というありがたい存在があります。保育園に送り届け、迎えに行くまで預かっていただければ「ある程度の」安全は確保されるのです。ところが小学校へ通うとなるとどうなのでしょう。この御時世、両親が家の外で仕事を持つ、つまり家を空けてしまうことに不安を感じる自分がいます。もちろん学童等の存在はあるでしょうが「もう小学生なんだから自分で学童へ行って、自分で家へ帰ってね」と言い切ってしまうことに不安はないのでしょうか?
両親の片方が在宅で仕事をする、もしくは、両親の勤務時間がうまい具合にずれてどちらかが子供の安全にある程度の責任を持てる環境でもない限り、子供(の安全)のために兼業をあきらめそうになる自分がいます。 現在小学生をお持ちの「外で仕事を持つ」お母様の気持ちの折り合いのつけ方を教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数87

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そのとおりです

    私も0歳7ヶ月から保育園に預けて、夫と協力しながらフルタイムで働いています。いずれの親にも頼っていません。
    私たちの子供は小学生になり、学童に通わせています。学童の指導員さんたちも昨今の事件でとても心配しています。でも全てのお子さんを自宅前まで送り届けることは出来ません。
    少しでも早く仕事から帰れる父母は学童まで迎えに行き、同じ方向へ帰るお子さん達を出来るだけ一緒に帰るようにしたりと努力しています。
    あとは、近所の駄菓子屋さんや商店街の方たちが声を掛けてくれたりして街にも守られている気がします。
    でも昼間でもあのような痛ましい事件が起きるわけで絶対安全ではありません。
    ですので、小学校入学で退職する人も少なくありません。毎日会社を出ると家に電話をして、ちゃんと帰宅出来ているかを確認してはほっとしています。
    育児短縮勤務とかそういう制度も未就学児ばかりに対するもので、実情を分かっていないなぁ、と思ってしまいます。

    ユーザーID:

  • 子供を守る・・・お父さんたちも動くときでは?

    日本のお父さんたちは、日本社会がこういう状況になっても、仕事してればそれでいいんですか?

    自分の子供たちの環境の質がこんなに低下しているのに、お父さんたちは何も行動を起こさないんですか?

    お父さんたちも動いて、日本社会の死角を減らすべきではないですか?

    会社・経営者も、そういうお父さんたち、子供たち、日本社会を守るのも責任ではありませんか?

    ユーザーID:

  • そうですね

    今は働いていませんが、以前は働いていたのでわかります。
    小学生の親です。

    しかも校外委員。もううちの小学校では来週から集団下校がはじまります。
    各班からある地点まで毎日お迎え当番が始まります。緊急対策なので、当番表も何もありません。

    もし、お迎えの保護者が皆無だったら・・・。もし、その日、何かが起こったら・・・
    そのときは仕方が無い。これが現実です。

    でもきっと働いていない保護者や地域の方がみつかるだろうと思っています。

    始まりから明らかに人員のたりない班には地域のボランテイアから補填する予定ですでに稼動しつつあります。

    来年度4月からは働いていない保護者の方には2週間に一度、働いている保護者の方には2ヶ月に一度というローテの予定。

    お聞きしたいですが、お迎え当番は、2ヶ月に一度なら予定に組まれていれば参加できますか?(急病というのは別として)

    ユーザーID:

  • なかなか難しい

    >自分の子供たちの環境の質がこんなに低下しているのに、お父さんたちは何も行動を起こさないんですか?
    >お父さんたちも動いて、日本社会の死角を減らすべきではないですか?

    お母さん達が動いても死角は減らせるのでは?

    我が社では、総合職は残業が当たり前(業界全体がそういう雰囲気)ですが、
    一般職(事務等)は月末月初のみちょっと残業がある程度であとはほぼ定時上がり
    その代わり、総合職は一般職の1.5〜3倍の給与があります。
    (元の基本給も違うし、残業代も青天井なので)

    世の奥様方の大半が、ご主人に
    「貴方の給与が半分になってもいいから一般職に移って子供達の安全のために活動して」
    と言われればそういうこともありうると思います。

    ただ、男性ではなかなか一般職に就けないのも現実です。

    奥さんが家計を支えていらっしゃるのであれば、
    専業主夫で、子供の世話を引き受けるというのも選択肢の1つです。

    ユーザーID:

  • 兼業ママ

    最近まで働きながら小学校1年生の育児をしていた兼業ママです。今は育児休暇で専業主婦です。

    兼業のときは学童でしたので保育所と同じようにお迎えだったので安心でしたね。私のところの学童は学校内にありお迎えも親が行き夜も7時まで見ていてくれるので保育園の延長感覚です。今は専業主婦なので学童は退所して子どもだけで帰って来るので返って心配です。新生児の赤ちゃんもいるのでお迎えにでるのも難しく セコムを持たせて下校時は位置確認をしている感じです 

    ただ、これから育児休暇明けで3年以上の学童対象年齢から外れる頃が仕事との両立に悩みそうです。子どもの安全を考えると退職するかもしれません・・・ただ、私の収入はかなり恵まれているので生活との駆け引きに本当に悩みます

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 不安ですよね

    今度の4月で年長になる保育園児を持つ働くママです。

    後一年ちょっとで小学生ですが 本当に心配でたまりません。フルタイムの正社員で働いている為 帰宅時間は18時と遅くなります。学童保育にはいかせるつもりなのですが それでも心配です。私は一ヶ月に一度当番が回ってきてもいいので 小学生たちの帰る時間にパトロールするような体制をとって欲しいと思っています。

    しかし 仕事をもつものにとってそれはきつい事ですよね・・・。

    ユーザーID:

  • 同感です

    タイムリーなことに同様のトピを立てようかと思っていたところです。私の娘も来年小学生になります。
    今更ながら保育園制度って本当に有難いです。
    共働きですので当然学童に入りますが、私の住んでいる地区は学童の終了時間が5時なのでお迎えなんてとても無理。夏冬休暇中は4時です。集団下校したところで全ての道すがら友達がいるわけでは無いので不安です。
    本人希望のお稽古事もあるのですが、時間的に下校→お稽古→学童という順路になり、そこでもやはり1人で学童へ戻るかと思うと習わせるのをためらいます。
    携帯も小学生に持たせるのは反対でしたが、最近の度重なる悲しい事件のこともあり、考慮中です。確か某携帯会社が居場所検索機能と防犯ベル付きの3件のみ登録できる携帯を発売したとかするとか・・・。ただ、学校が携帯禁止なのでこれも意味がないかな。私の場合は契約社員なのですが経済的に仕事を辞めるのはかなり難しいです。子供に防犯対策を教え込むこと、後は、周りの方々の力もかりつつ無事を祈ること、ですかね・・・。

    ユーザーID:

  • 難しい

    今派遣ですが、早くに帰れる職場に変えてもらおうか悩んでいます。
    もしくはパートか・・。
    私も当番で見回りには賛成です。
    ただ「働いている人は仕事があるんだからお当番は少なめにしてください」とは言いにくいです。
    この地域は共働き家庭や母子父子家庭がとても多いんです。
    だから、働いてないんだから私たちの分も申し訳ないけど出てくださいな、なんて。とてもじゃないけど言えません。


    結局は自分の子どものことなのに、働いてない人ばかりにしわ寄せが行くのって、それも変な話。
    それだったら回数多くしてもらってもいいから平等にしてもらうか、いっそ有料のボランティアさんにお願いしたいです。

    学校の役員の仕事も、実際問題仕事してる人の出席率が異様に少ないので、働いてないお母さんや育休中のお母さんにその分しわ寄せが行ってしまい、いつも出席している役員からは苦情が出ています。
    難しい問題ですよね。
    元はといえば犯人が悪いのですが・・。

    ユーザーID:

  • 非難の意見があるとは思いますが・・・。

    自分の子供を守るのは親の責任なのではないでしょうか? 残念な事に悲惨な事件があとを絶たず、卑劣な犯罪を犯す許せないような大人がいる様な時代です。

    国や自治体、学校、それぞれがやってくれることにも限界があります。期待してもこたえてくれるかも分からないですし、満足の行くようには決してしてくれないのですから・・・・。

    色々とご事情があって共働きでいらしゃるかたも多いと思います。我が家もそうでした。
    ですが私は『仕事か子供かと選択を考え思い切って仕事を辞めました。色々とありましたが、この選択は正しかったと子供達が無事に成長した時に思いたいと思っています。

    ユーザーID:

  • 送迎バスとか

    パトロールの話は父兄の間でも出ています。この地域でも明日話し合いの席が持たれます。でもパトロールをしても全ての子供を見守れるわけではないので、今回のようなひと気の無いエリアに住んでいたお子さんにはどうしても目が行き届かないかと思います。帰る時間も低学年高学年によって色々なので、パトロールも全部は無理でしょうね。時間を分けてするとなると、それもまた大変ですよね。仕事を毎回休むわけにも行かなくなるし。だけど子供の安全には変えられないし。僻地とかにはある「学校の送迎バス」が出来るといいのですが。保育園の送迎なんか家の近くまで来てくれますよね。勿論有料で構わないので、そういうのがあればいいなぁと思います。あとは遅い時間まで預かってくれる学童さんみたいなところがもっと出来たらいいのにね。保育サービスの会社(民間)とかは送迎もしてくれるし万が一の事故にも高額の保険が降りますが、その分値段がびっくりするほど高いのが難点です。送迎バス、あるといいなぁ。

    ユーザーID:

  • 本当ですよね

    一連のニュースを見ながら、同じことを思っていました。
    ある程度子供が成長するまでは、どちらかの親が子供につきっきりで…というのが理想的なのかもしれませんが、そうできない事情の家庭もたくさんあると思います。
    両親が揃っている家ばかりではありませんし。
    そうでなくとも働きながらの子育てがしにくい日本。
    かといって出産・育児のために一度仕事を離れたら同じ条件での復職はほぼ不可能……。
    これでは、責任感のある人ほど、子供を産むことに躊躇してしまうのが現実だと思います。
    私も子供を持つことを諦めてしまいそうです。

    ユーザーID:

  • かずさんへ

    >各班からある地点まで毎日お迎え当番が始まります。緊急対策なので、当番表も何もありません。

    事件が起こるのは、みんなと別れてから一人になったときですよね?
    ある地点まででは、無意味な気がしますが・・・。

    それと私は働いていないのですが、来年上の子が小学校に入ったとしても、下の子が小さいのでちょっと無理な気がします。こういう場合、かずさんのところではどうなさっていますか?下の子は2歳なのですが、連れて行くと2歳の子供をみるのに精一杯で、しかも水溜りとかを見つけると遊びだすし、泣いたりもしますし・・・無理だと思うのです。

    ユーザーID:

  • 働きながらは無理

    現在年長の子どもを持つ兼業主婦です。

    私の場合,生き甲斐とかそういう次元ではなく,あくまでも「よい生活」をしたいという経済的理由のみで働いているので,金銭的な「よい生活」よりも子供たちの情緒や身体の安全を考えた「よい生活」を選ぼうかなと考え,現在3月末で退職を考えています。

    何が一番自分にとって大切かを考えるいい機会になった気がします。

    行政に頼るのは限界もあり,親以外に守る手段はないと思っています。

    ユーザーID:

  • パートを選びました。

    従姉妹がアメリカに住んでいて、
    「子どもの送迎は、親かスクールバスが当然じゃない」
    と言い切る姿を見ていたせいか、
    子どもが小学校に通う年になった時、正社員からパートに変えてもらいました。

    朝は、集団登校をするため、玄関まで送って、同じ班の6年生の女の子に、
    「お願いしますね」と声を掛けてから、出勤します。

    そして、下校時は、学校近くまで迎えに行って、一緒に帰るようにしています。
    私自身は、子どもと仕事を秤に掛けたつもりはありません。
    「今、自分に出来ること」をしているだけです。

    ただ、私が子どものお迎えをしていると知ったらしい、特に親しくもしていない親御さんが、
    「私の子どももお願いできる?」
    と言ってきたのには、ビックリしました。

    私は、自分の責任の範囲内で、自分の子どもを守るのが精一杯で、
    他人のお子さんまで、(遠回りしてまで)守りきれる自信などありません。

    丁重にお断りした時に、
    「自分の子さえ守れたら、それで良いの? 酷い親ね」と怒鳴られて、またまたビックリしました。

    誰だって、「先ずは自分の子ども」だと思うのですが…。

    ユーザーID:

  • 送迎

    2人の子持ちの大黒柱母です。

    上の子の入学当初から送迎をしています。学校が2キロ近く離れていたのと、下の子の保育園近くにあったため苦にななりませんでした。

    学童も、池田小の事件以来「送迎必須」となっており、その際に夜7時までに延長されたので、お迎えも問題なしでした。

    その後、上の子が学童退所年齢の3年になり下の子が入学したのを期に、在宅の仕事に転職しました。

    年収は100万円ほど減りましたが、子供の命には代えられないので後悔はまったくありません。

    ユーザーID:

  • 深刻な悩みですが

    ただ、忘れてはいけないのが専業主婦の子供は事故に遭わないか?
    といったら答えはNoですよね。
    事故の遭遇率がどのくらい違うかにも依りますが、
    感覚的にはそれほど違わないと思います。
    それよりも下校時の事故がダントツに多いことの方が重要でしょう。
    そして事故に遭うのは小学生だけでしょうか?
    中学生、高校生の事故もよく耳にしますよね。

    もちろん、国をあげて全国民の宝である子供を守れるように
    体制を整えるのは重要ですが、
    自分自身がどうするか、という問題については
    「仕事を辞めること」が必要十分条件ではないですよね。

    以上から、積極的に地域に働き掛けてパトロール体制を整える
    というのが建設的だと思います。
    それは専業でも兼業でもできることではないでしょうか?
    まずは、自分の考えを誰かに伝えて広めることから始めたいと思っています。

    ユーザーID:

  • 送迎ビジネス

    送り迎えだけしてくれる「小学生送迎サービス」みたいなビジネスがあればいいのにね。個人がシッターさんを雇うと高くつくので、学校単位で業者(そんな業者があればですが)と契約して希望者のみ有料で送迎って無理でしょうか。子供が家に帰って鍵を閉めるところまで見届けたら次の家に…というような感じでできればいいのになと思います。

    ボランティアだと限界があるし、共働きの家庭と専業主婦がいる家庭だとどうしても後者の方が多く駆り出されて不公平感が生まれるんじゃないかという心配もありますが、有料なら子供が大きくなって時間のある主婦や年金生活の方など短時間のアルバイトとしてやりたいという希望者もいるんじゃないかと思うのですが、これからそういうビジネス出てこないかな。

    ユーザーID:

  • 横ですみません・・かずさんにお聞きしたいのですが。

    私も小学生の子を持つ母です。
    毎日の登下校に不安を感じています。
    登校は集団で、旗振り当番がありますが下校は各自になっています。

    我が子の学校でも下校時の対策など考慮していく時期なのです。
    かずさんが書かれていた「働いてない方は2週間に一度・働いている方は2ヶ月に一度」との件ですが、どのくらいの方が了承されているのでしょうか?特に働いていない方から不満の声などはありませんでしたか?

    我が子の学校では役員を選出する時にも仕事をしているという理由では通用しません。
    乳児を抱えていたり、自宅介護をしているなど事情は様々ですので一人が言い出すとキリがないというのが理由です。
    皆さんが納得して(全員は無理でも)活動するのが好ましいのですが、なかなか折衷案が出ません。

    もしよろしければお聞かせいただけないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 金で買う安全

    こういうところもアメリカにならってもいいのに、と思います。家に保護者が居ない場合は帰らせない、学童だってお金を払っているのでしょう?。

    共働きの場合は「金で買う安全」ということになります。

    仕事の場合は派遣などで人員を確保できるのですから、「専業主婦」を「会社帰りの人間」を金で雇ってもいいんじゃないか、と。
    以前テレビで見ましたが東京には「家庭教師が親が帰ってくるまで勉強を見、食事の世話なども、、」とありました。ピアノなどとてもよい、とありました。

    私は子供が12歳くらいまでは、子供が帰ってくる時間には大人が家にいるべきだと思うのですが。子供一人ってやはり危ない。そうできない家庭があるのも十分わかっているつもりですが、、。

    ユーザーID:

  • 会社と家庭でうまくシェアできればいいのに…

    クロッカスさんも、ZXCさんがおっしゃることも、視点が違うだけで間違ってはないと思うんですよ。
    共働きの場合はやっぱり母親にその負担が行くことが多いのです。低学年の子どもの下校時刻は15時くらい。でも、女性社員が子どもが帰る時間だと毎日15時に退勤されたのでは困ります。そんな人は雇えない?そうなると、子どもを持つ女性は今の日本の就業形態では働けなくなります。収入がその分減るので、二人目はあきらめます。それらを見ているから、働きたい女性は出産をためらいます。どんどん少子化は進んでいきます。(他にも原因はありますが)
    また、10〜20年先に働き手が不足することが予想されています。経済の発展には人材が必要です。経営者のみなさん。今、優秀な女性人材まで育児という名のもとに奪われていると思いませんか?「人材」は「人財」です。
    「働くこと」と「育児」を夫婦がそろって両立できる世の中にはやっぱりならないのでしょうか…。
    トピずれ失礼しました。

    ユーザーID:

  • 「親以外は無理」って言い切ってしまっていいのかな

    親がわが子を守る以外ににない、と断言してしまうと
    両親のうちどちらか一方は職業を持てなくなってしまうし
    ひとり親家庭はどうしたらいいんでしょう?

    働けなかったら自分もわが子も食べていけないのに。
    「最終的に親の責任」と言ってしまうと、結局
    両親そろっていてそのうち一方の収入だけで
    十分生活していける人の子しか安全は確保できない、
    そうでない親の子は危険な目にあっても仕方ない、
    と言うのと同義になってしまうと思いませんか?
    それでいいのでしょうか?

    社会を構成する大人ひとりひとりが(実子の有無にかかわらず)
    「子供は大人の責任で守る!」という意識を持たなければ
    親がいくら頑張っても限界があると思うのですが。
    親は万能ではありません。

    ちなみに、私の居住地域では役員はほとんど兼業主婦ばかりですよ。
    「働いていてわが子に完全に目配りできないからこそ
     地域の人々に協力していただかないと子育てできない。
     だから、自分もできるだけのことをする」
    という意識が兼業主婦には強いように思います。
    このへんは地域差も大きいのでしょうね。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    皆様、貴重なご意見ありがとうございます。
    私達夫婦は都内オフィスエリアに仕事を持ち、職場と住居を至近距離に構えることが難しい状況です。

    公立でも地域を選べるようにして会社近くの学校に通わせ、下校後は社内もしくは契約する至近距離のスペースにて宿題でもやっていてもらい、一緒に帰宅できればいいのになあ、とか

    知人の会社で実施されている(職種によりますが)子供が小学校を卒業するまで、○日/週or月を在宅勤務可能にしてもらえたらいいのになあ、とか

    色々理想を頭で考えています。 現在の居住区域がどうも学童内容の充実度が高くなく、引っ越しを考えなければいけないか、とか、やはり仕事をやめるか、とか在宅可能な職を探すか、とか色々模索したいと思います。 引き続きご意見お待ちしております。

    ユーザーID:

  • 親がこどもを守ること

    ここ数年は、日本も安全な国ではなくなったなと思う者です。

    海外在住中は、こどもたちを守る、スクールバスのポイントから自宅までは親の責任という生活をしてきました。

    こどもたちがみなティーンエイジャーとなったいま、ここ日本にいても、帰宅時間や携帯電話については、過保護と思われても仕方ない警戒をしています。これでちょうどいいくらいかと私たち夫婦は思っています。

    おこさんが大切なら、おのずとご両親のとるべき行動は見えてくることと思います。

    ユーザーID:

  • 自分の子は自分で守るが原則だと思う。

    仕事を持つお母様の気持ちの折り合いのつけ方・・・
    難しいですよね。
    現実に、今、子どもが危ないのですから。
    気持ちに折り合いをつけようがつけまいが、
    目の前の現実を変えることはできなく、
    守る対策を考えるしかない、ということだと
    思います。

    私は小学生のときから、通学電車の中で、痴漢に会い、
    中学生の時には、住宅地で駅からつけて来た男性に
    抱き疲れそうなった経験から、娘には具体的に
    危険から身を守る方法を伝えています。たまに
    娘からはうるさがられますが。
    怪しい人には近づかない、などの抽象的表現では、
    子どもはわからないんです。

    上のことと合わせて、やはり、専業主婦の道を選びました。娘を毎日迎えに行ってます。
    余談ですが、夫が「そんなことしなくても大丈夫だよ」
    と言います。何を根拠に言ってるのか?こういう大人の
    意識も変えていきたいものです。

    私は自分の子供は自分で守るが基本だと思います。
    もちろん、父兄が病気の場合など、特別な時は協力
    するべきだと考えます。
    でも、お迎えを当番制にして、専業主婦に負担をかける
    のは、やめていただきたいという気持ちです。

    ユーザーID:

  • ハローさんへ

    児童はひとりにはしません。

    学校からある地点まで先生が必ず引率、ある地点から保護者への引渡し、保護者はある地点から児童の班別集合場所(自宅付近あるいは自宅前)まで送り届ける、というシステムです。

    あと、地区委員で安全マップを11月から作成中で、もう少しで集計がはじまります。

    安全マップは保護者から寄せられた危険な場所を防犯、交通の両面から気がついた場所を理由とともに掲載して、保護者に共通のものとして、防犯に役立てます。

    通学路の大幅見直しも検討中で、今年度は大忙しです。来年2月には新1年の入学説明会もあり、これまでに保護者のお迎え当番システムを構築しないとなりません。

    恐らく半数の家庭が働いており、このご家庭を全く同じに当番に割り振るわけにも行かず・・。悩みます。

    で、お仕事ある方は2ヶ月に1日(半休)だけ参加するのは負担でしょうか?と思うのです。

    ユーザーID:

  • こうなると思ってた

    国が税金収入をを増やすため、少子化を防ぐため共働きと女性も一生の仕事を持ち続けることを扇動した結果、被害を被ったのは子供達だった、ということですね。
    小学校入学を機に働き始めるお母さんも多いようですが、一年生はまだまだほんの子供です。あと二、三年待ってみませんか?生活に余裕があるなら、自分の生きがいだけのために仕事、家事育児と目一杯頑張るのではなく、余裕を持って子供と接しませんか?

    政府は子供が十歳位に成長し、ある程度年がいってしまった(?)女性に、地元での就業機会を増やすべきです。親となった以上、子供を安全に育て上げなければいけません。いろいろな選択肢を用意して欲しいものです。

    ユーザーID:

  • 敵は犯罪者だけではありませんよ。

     子供が熱を出していて仕事を休みたいと
     言ってもパートの身分ですら
     なかなか休めないような状況で送り迎えレベルで
     休みが貰えたり、早退などが許される仕事が
     多数あるとは思えません。
     ましてサラリーマンの男性が子供の事で
     休みを取るなんて本当に大変です。
     
     現実には親が子供を守れと言っても
     守れるような状況は無いと思います。
     よほど片方の配偶者が高給ならまだしも
     今の世の中二人で働かなければ生活出来ないような
     薄給の人が大多数を占め、またすぐに
     サラリーマンから税金をせしめようとする
     政府があって、二人で働かなければ子供を
     育てる事など無理なのにその上子供を
     親が守れと言っても、所詮それは無理な
     話ではないでしょうか?
     
     世の中を変えていかなければ今以上に
     少子化が進む事は間違いないでしょう。

    ユーザーID:

  • 小学生だけじゃないですよ。

    小学生、中学生、二人の女の子がいます。

    小学生は今は集団下校ですので、怖いですが、ちょっとは安心感もあります。もちろん防犯ブザーも持たせて、帰りは手首に巻いて帰るように言っています。

    問題は中学生です。部活を終わって6時、7時に帰ってきます。今の時期は当然真っ暗です。なので私は仕事をさっさと切り上げてダッシュで帰って、お友達と別れる地点まで迎えに行っています。携帯を持たせています。

    上は3年生なのでもう少し・・という気持ちがあるので何とか頑張っていますが、下が中学生になったらどうなるのか不安です。何年もそんなことを続けられそうもないけど、それでも心配だし・・・。

    それに高校生になっても、大学生になっても、いえ大きくなればなるほど女の子は心配ですよね。我が家は駅からもバス停からも離れてますし・・。

    毎日送迎してくれる彼を早く作って欲しいというのも、笑い話ではありません。

    ユーザーID:

  • 仕事っていっても

    仕事してます。小学生の子供がいます。

    それでも送り迎えは親の当然の義務ですからしてます。
    朝は夫のほうが遅いので夫に送ってもらい、
    私は始業時間を1時間早めて帰りに迎えに行きます。
    もちろん家に一人で置いておくなんてことはしません。残業はできません。給料も少々下がります。
    でもやめてまた1から始めるよりいいです。

    人に頼ってばかりじゃ駄目ですよ。地域がなんとかしてくれるなんて幻想は捨てたほうがいいです。
    そのパトロールする人たちが過去を隠した人だったら?性犯罪者は本当に嘘をつくのが旨いので結構社会に溶け込んでたりするんですよ。

    悲しいけどもう2005年なのです。いつまでも日本の安全志向、平和ボケにしがみついてないで自分の家族は自分で守らないと。それが親の最低限の義務です。

    ユーザーID:

  • ハローさんへ

    この度の広島の事件の学校、隣学区の者です。犯人逮捕までのあの異様な緊張感は忘れられません。。

    1年と3年に子供がいますが、どこに行くのも送迎しています。正直、今までの事件のときは、他の地域の問題・・と思っていました。近くで事件があり気が付くなんて、親として情けないことです。2歳の下の子がいても、みんな送迎しています。おんぶやベビーカーで・・。我が子を守るため必死です。

    どうか、ハローさんも事の重大さに気が付いてください。
    下のお子さんは寒くてグズグズ泣いてたりしますが、安全に登下校させるためには、仕方ないのです。

    万が一事件に巻き込まれたら・・と思うと、怖くて仕方ありません。学校や地域に頼るのでは、間に合いません。親としての責任だと思います。仕事は理由にもならないと、私は思います・・

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧