実家がなくなるかもしれない…(長文です)

レス35
お気に入り0
トピ主のみ0

疲れた。

ひと

埼玉の片田舎に住んでいます。今年、父が亡くなり、母と私・24歳と妹・20歳の3人になりました。母は埼玉県内ですが、車で片道1時間の通勤、私は都内まで2時間の通勤、妹も都内に2時間の通学をしています。私は貧血でよく駅員室に運びこまれるので(皆様に大変迷惑がかかります)、始発駅のように電車で座って通える所(実家から電車で50分圏内)に一人で住もうかと以前から考えていました。そんな時に、母が家を売って別の場所に住むかもと言い出したのです。どうやら母の兄や祖母が母の地元に戻るように勧めているようです。私達が住んでいる家は、サラリーマンの父がローンを組んで買った物件で、売ったら父が怒ると思います。父が居た家を失くしてしまうのは辛いですし、父の墓も実家の近辺にあります。かといって皆が家を出たがっているのに「私だけ別の場所に住むから実家は守って」というのも我侭になります。一体どうしたらいいのでしょうか…。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数35

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 私なら

    とっとと売ってしまいます。

    これから年を取っていくお母様にしても、地元の方が安心できるでしょうし、あなたがずっと一緒に住んであげられるならともかく、そうじゃないなら売った方が良いです。
    家は、単なる入れ物です。

    あなたも妹さんも、他にお嫁にいってしまうかもしれない訳ですし、そうしたら一人になったお母様は古い家を守っていかなければなりません。

    更に、お母様が無くなった時には、それこそ処分するしかないと思います。
    これから、生きていく人がどうしたら快適に生きていけるかを考えましょう。
    お父様も泣いたりはしないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • わがまま

    ご自身は家を出られるのに、他の人が家を出ることを嫌がるなんて単なるわがままです。

    私も同じ状況です。
    父は健在ですが、実家は年を取って住むのには不便。
    なので母が家を売って都心のマンション購入を提案しています。
    父はやはり自分ががんばって買った家なので名残惜しいでしょうが、生きていくためです。
    仕方ないと思ってます。
    もちろん私も生まれ育った家ですし、なくなってしまうのは本当に寂しいけど。

    何が両親のためにとって最適なのかを考えたらやむを得ないと思います。

    なくなったお父様もお母様がこれから先幸せに生きていくためならお怒りにはならないのでは??

    ユーザーID:

  • 前へ進むしかない・・

    今の生活には無理がありすぎるのではないでしょうか?

    思いは一杯あっても、現実には前に進むしかありません。現実的な解決をなさいますように。
    お父様は怒ったりされませんよ。

    私も主人をなくしたときに、もう家を出ている子供達の方が思い出に固執していた経験があります。
    思い出では生きていけません・・・・・

    しばらくしてから、合意の上現実的な選択をしました。結果、みんな喜んでいます。
    私のいるマンションが、息子や娘達の実家になりました。
    気持ちが通っていればいいのです。心配しないで!

    ユーザーID:

  • 一番大事なのは家ではない

    お気持ちはわかりますが、これから何十年も生きていく家族の利便性と幸せが一番大切かと思います。

    お父様だって、不便で大変な思いをお母様がしていてそれで良いとは思わないのでは。
    大切なのは家という物質ではなくて個人の幸せではないでしょうか。

    トピ主さんたち子供はいずれ結婚して新たな家族ができます。お母様は一人暮らしで生きていかないといけなくなる可能性も含めてお母様の身内のいる土地へ行かれるのは賢明なことです。

    ユーザーID:

  • 気持ちはわかります。うちもそう

    私の家も父が倒れ、普通の住宅での生活が困難になったこともあり、近い将来実家の売却は避けられない状況です。

    あるのが当然、と思っていた実家が、ある日突然なくなるかもといわれると、仕方ないなとは理性でわかっていても、やっぱりショックでした。
    ですから、お若いトピ主さんが、若干感傷的にも見える反応をしてしまうのも仕方ないのかなと思います

    でもね、残ったものも生きていかなくてはいけない・・
    これも事実です。

    お父さんがなくなったことで、一番ダメージが大きいのはお母さんだと思うのです
    トピ主さんたちはまだ若いし、これから結婚しておうちを出て行くかもしれない。人生これからどんどん変わっていきます。

    でも、お母さんは・・?さびしくて、不安で・・だからご実家のそばに戻りたいと考えたのではないでしょうか?

    その点は理解してあげて欲しいと思います。その上で、「今すぐこの家を売るのはつらい」というトピ主さんの意見を伝えれば、わかってもらえるかもしれません
    今のトピ主さんの考え方は、子供が駄々をこねているのに近い印象があります

    ユーザーID:

  • 怒りますか?

    実家というものに固執して無理をして維持して・・・お父さんがそれを望んでいると思いますか?
    怒りますか?違うでしょう、きっと。

    感傷的になるのはわかる気もしますが、それよりそれぞれの幸せのほうが大事です。

    それで楽になるのなら、割り切ったほうがいいと思います。

    ユーザーID:

  • 一緒に住むのなら。

    ずっとお母様と住むのなら、強く言っても問題ないと思いますが、実はこういうことですよね。

    「私は家を出るけど、この実家がなくなると『私が』困るので、『私の為』に売らないでね。
    お母さんは一人で家にいるけど、仕方ないよね。
    困ってもしょうがないでしょ。『私は家を出てる』から助けられないけどね。」

    ちょっと嫌味に書いてしまいましたが、トピ主さんの文章からだと「私が一番!母親の気持ちなんて。」という風にしか取れません。
    私の父ももう他界していまして、今母親と弟と一緒に住んでいますが、母親が家を売って田舎に帰るといったらしょうがないと思います。
    私がずっと母親の側にいれるわけでもないし、母親が一人で生きて行きやすい環境にいて欲しいと思うからです。
    これから一人で生きていかなければならない、お母様のことを第一に考えてあげてください。

    ユーザーID:

  • いつかなくなるもの

    思い出のある家がなくなるのは淋しいけれど、そういうことはよくあることです。今の生活に便利なように、変わってゆくことも大切ですよ。

    ユーザーID:

  • お墓はどうしたらいいのでしょうか…(トピ主です)

    たくさんのレスありがとうございます。
    同じ話を彼氏にしたところ、「俺だったら親父の残した物は守らなくちゃいけない気がするけど…」と言われ、それも一理あるなとは思ってしまいます。かといって私だけが家に残り、ここから通勤してもいつか倒れてしまいそうな気がします…。
    皆様の仰る通り、確かに思い出では生きていけないのが現実なのかもしれません…。

    まだこれからどうなるのかはわかりませんが、もし本当に家を手放す時が来てしまったら、今住んでいる家の近くにある父のお墓はどこかに移すべきなのでしょうか…?ちなみに母も父も実家は静岡ですが、諸事情あって父が埼玉にお墓を建てました。また、私達と同じ町内に父の弟が住んでいます。お墓の名義は父方の祖母で、母とはあまり仲が良くありません。ご意見お願いします。

    ユーザーID:

  • 寂しいけど…仕方ないかなあ。(1)

     実は私も、少し似た状況です。10年程前に父が亡くなり、兄と私は4年前に結婚をして実家を離れ、現在は母が一人で家に住んでいます。その母が先日「今後の事を色々と考えて、引っ越したいと思うんだけど」と、私に相談してきました。
     …勿論、私としては生まれ育った家であり、何と言っても父が残してくれた大切な場所でもあるので、正直寂しい気がしましたが、それはあくまでも「私の気持ち」であって、一番大事なのはそこに住む「母の生活」だと思っています。母自身が便利良く、気持ち良く、安心して暮らせるような選択であればそれが一番かと。 
     それに、私は既に結婚して家を出た身であり、結婚した兄も別宅を構え、母とは同居してない為、いずれ母が亡くなりでもすれば(実家は人手に渡るだろうし)私にとっての「実家(=帰れる場所)」は無くなるんだよなあ、と以前から覚悟してる部分も少なからずあったので、母には「母が一番いいと思うようにすればいいよ」と伝えました。…母はその言葉を聞いて安心したのか、新しいマンション探しに本腰を入れ始めたようです(笑)。
     

    ユーザーID:

  • 寂しいけど…仕方ないかなあ。(2)

     (…続きデス。)
     私の中で、今までの生まれ育った家は(人手に渡っていたとしても)「(元)実家」、新しい家は「母がいてくれる場所」というカンジ、かな(笑)。
     トピ主さんのお気持ち、よく分かる気がします。帰る場所がずっと変わらずそこにあって欲しい、という気持ち。そしてその場所を自分たちの手でずっと守っていきたいという気持ち。…でも、亡きお父様への想いと、これからのお母様の生活、両立(?)させる事は決してできない事ではないと思います。…「お母さんがいてくれる場所」って、それがどんな場所であってもあったかいものだと思うよ、きっと。

    ユーザーID:

  • 私がお父様の立場であったら

    妻・子供の幸せを一番望みます。

    もし妻子が引越したいと思っているのであれば、

    私も居なくなった今なんだから、どうぞどうぞ、通勤しやすいところ、住みやすいところに引っ越してください、って思います。

    お父様がローンを組んで頑張って返済して手にいれた家であっても、そこに魂がなければ家の意味は無いように感じます。
    『心の故郷』がお互いの心の中にあって、『辛い時は助け合い、幸せは分かち合う』家族の絆があれば、それでいいんじゃないでしょうか。

    ユーザーID:

  • お母さまにとって・・・

    お母様のことを考えて、どっちがいいかではないですか?あなたや妹さんが近くにいれないなら、地元で肉親や知人がいるとこの方がいいかもしれませんね。お母様の意志で、お母様が満足され、幸せならお父様だって、その方が喜んでくれるはずです。

    家を売って、その資金をお母様のこれからの生活の足しにするということで、それは家を守るのと別な意味で役に立ってられると思います。

    ユーザーID:

  • 優先順位を考えましょう

    一番大切なものは家ですか、家族ですか?まず家族あっての家ですよね。特にお父様が立てられたものだし、家という物がなくなってしまうのが寂しいのは良く分かりますが、夫もいない、子供も成人してしまった女性を、子供が家という物体を残して欲しいというが為に、前進できないまま引き留めさせる事は酷です。

    お母様を自由にさせて上げましょうよ。それに、貴方はこれから自分で”実家”というものを築いていく側ですよね、自分で新しい家族をつくって。それが世代交代というものだと思います。

    ユーザーID:

  • しかたがないかも・・・

    例を引き出しては、恐縮ですが、かの皇后様ですら自分の実家を失われておいでなんですよ。
    (その実家跡は公園になってるらしいんですが)
    そりゃ、いつまでも残せたらそれに越しないでしょうが、心に思い出が残っていれば、亡くなった父も怒らないと思いますよ。

    ちなみに、私も20年間住んでいた祖先伝来の家土地を、父が思い切って売って、今のマンションに移り住みました。
    さすがに、その時はつらかったけど、今は慣れました。
    時が解消してくれます。

    ユーザーID:

  • 似たような境遇です

    父が癌を患っているので、近い将来同じ状況になるのは確実です。子供は既にみな他県で所帯を持っています。もう売りに出していますがなかなか売れません。もちろん、子供としてはさびしい思いはありますが、母が高齢になれば家の掃除や管理も大変になり、いずれ処分を迫られる時がくるでしょう。そうなってから母を移動させる方が、母もなじめなくて大変だと思います。子供の誰かのうちの近くにマンションを買うかして、そこで過ごせればと考えています。

    お母様、身内のいるお里があるなんてうらやましいです。したいようにしてあげたらいかがでしょうか。私の母の里はもうさびれきってしまい、帰りたくても誰もいません。お父様は、怒らないですよ。お母様のことを第一にお考えになるのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 仕方ないこと

    実家がなくなるのは寂しいでしょう。
    ましてお父様の思い出がたくさん詰まった場所ですから。
    でも仕方ないことだと思います。

    残された人はこれから何十年もの人生を生きていかなくてはいけません。
    年も取るし、相談者さんも妹さんもいずれ結婚して出て行く可能性もあります。
    そうなった際、お母様お一人で今の家に住み続けることが出来るでしょうか?

    その時の状況に合わせて生活に変化があるのは当然です。
    大事なのは家ではなく、気持ちだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 死んだ人より生きてる人

    全くケースは違いますが、私の場合、父の経営する会社が倒産し、仕方無しに実家がなくなりました。
    両親は親戚を頼って他県に住むことになりました。祖父の残した土地も失いました。
    私は地元で結婚したのですが、親元に帰っても実家に帰った気がしません。
    ですが、実家がなくなってみて、物(家・住む場所も含め)に拘るのはつまらないことだと思うようになりました。

    大切なのは自分には大切な家族が居ると言うことです。
    死んだ人の意志(果たしてそうなのかも今では確認できない)を生きている人より優先させる理由は何でしょうか。
    ご両親とも実家が静岡なら、お墓は移せないのでしょうか。勝手に結論を出さず、色々な方に相談してください。

    あなたのレスからは、まだ実家を手放さずに済むような言い訳を探っているように感じます。
    あなたの彼は、お母様がたった一人残されても、実家を手放すべきではないと言ったのですか?

    ユーザーID:

  • そうね、わがままね。(辛口です)

    さらに付け加えるなら、甘ったれでお母様に対しての思いやりがない。
    すごく厳しいですが、それは自分の希望を通すためにお父様の思い出を都合よく使っているにすぎません。

    >売ったら父が怒ると思います
    冷たいようですが、死んだ人は怒りません。悲しみもしないし、お母さんのためにもう二度と手を貸してくれることもありません。
    これからは全てお母さん一人で何とかせねばなりません。
    現実の日々を生きていく為にお母様が、新しく決定せねばならない事や日常の細々した事で変更を余儀なくされる事がどれほどあるか少しでも考えたことはありますか?
    それがどれほどの負担になるか考えたことはありますか?
    お母様は今を生きているのです。
    あなたはそんなお母様に何をしてくれるの?何がわかるというの?
    何もしないのならあなたにも、ましてあなたの彼氏もとやかく言う筋合いはありません。
    お母様の人生はあなたのものとは違いますよ。

    (続きます)

    ユーザーID:

  • (続きです)

    >父のお墓
    相談されたのですか?でなければ、それは今あなたが考え決めることではありません。
    お母様、もしくは持ち主であるお祖母様の考えに任せましょう。
    たとえ折り合い悪くとも、お互い大人です。相談して何とかするでしょう。
    もしなにか頼まれたら、その時こそ力になってあげてはどうでしょう?
    (普通はこういうことは生活が落ち着いてからの話になるでしょうね。)

    「実家を売ることになるかも」と聞いてショックをうけたのでしょうが、お母様はお父様の事を忘れたわけではないし、トピ主さんや家族の思い出は決して誰にも消せるものではありません。
    お母様を支えてあげてください。

    ユーザーID:

  • お父様が亡くなられたのが今年では……

    トピ主さんのお気持ちはもっともだと思います。
    私も27歳で父を亡くし、
    葬儀の後、父の物は何一つ処分したくなく、
    それどころか何もかも、机の上のペン1本まで、
    在りし日のままにという気持ちでいっぱいでした。
    子供は全員結婚して家を出ていたので、
    母が1人暮らしになり、母が維持しきれない物も出てきましたが、
    私が相当力こぶを入れてキープした記憶があります。
    例えば母は免許が無く&兄2人は維持費がかかりすぎるため不要といった14年物の大型高級車。
    完全なペーパードライバーなのに、
    実に年間100万円近くの維持費をかけてキープし続けてました。
    座席の小物もすべてそのままに。
    生活に迫られて処分できたのは3年後です(子供が生まれ小型車に)。
    その間稼動出来たのは十数回。
    ものすごく愛着があったのですが、
    でもその時は不思議なくらい自然に、
    もうそろそろお役ご免かなって思えました。

    こういうことはとにかく時間が経たないとダメです。
    トピ主さんが倒れては困りますが、
    どうか気の済むまでそこに住んでみて下さい。
    悩まなくても、自然にそろそろ生きている自分の人生のために引っ越そうと思える日が来ます。

    ユーザーID:

  • 仲が悪くても必要なことは話さないと

    人それぞれですが、私は土地家屋を「継ぐ」「守る」にこだわりがありません。思い出は大事ですが。「価値」「利便性」で判断すると思います。

    お母様が今の家(現在の名義は誰?)を売って地元に帰り、あなたは独立して便利なところに住むのが良いと思います。

    お墓は、父方の祖母所有ということは「○○家(父方の名字)の墓」ですよね。
    とりいそぎ、お墓は今のままで、遠方だから回数は減るかも知れないが交替で通う。&お父様の位牌をもう一個作ってもらって(可能です)、お母様の住む地元の仏壇におまつりする。

    トピ主さんは配慮のある方だと思いますが、今の段階ではお母様と父方のご親戚の間の話のような気もします。まず、お母様が希望を明確にして、父方のご親戚や、お寺と相談するのが良いと思います。
    お母様が1 地元に帰っても、自分が死んだら父のいる(今の場所の)お墓に入るから、そのままでよい、2 父のお墓はそのままでよいが、自分は地元にお墓を買い、死後そちらに入る、3 地元にお墓を買い、父のお骨を持ってきたいor分けてもらいたい、のどれであるか のどのお考えかにもよると思います。

    ユーザーID:

  • お墓のこともお母さまが

    お考えになるでしょう。
    お母さまからご相談を受けた上でここでご相談、というのならわかりますが。
    相談もされていないのに、先々のことに余計な口をはさまないほうがよろしいのでは。
    うちの妹もトピ主さんタイプですが、周囲から諌められることが多いです。現時点で彼に介入をさせることも望ましくない、と思います。彼がこう言ったああ言ったといってお母さまやご親族を悩ませないで下さい。

    ユーザーID:

  • わかるよ。。。

    なんだか辛口発言が目立ちますが、これは実際に体験してみないとつらさは分からないよ。
     私も数年前に同様の体験をしました。20年間慣れ親しんだ実家がなくなるのはつらく、今でも懐かしさと悲しさがこみ上げてきます。箱の家よりも、家族の今のほうが大切、なんて重々分かっているけど。

     でも、この体験をしてから、本当の意味で父と母を尊敬できるようになりました。高卒で、親からの援助なんて一銭もなかったのに、なんであんな素敵な家を建てられたんだろう、と。今となっては感謝の気持ちでいっぱいです。私はもう十分、今度は自分が家庭を作って愛情を注ぐ番だと思えるようになりました。

     トビさんも少しずつ現実を受け止めていってくださいね。

    ユーザーID:

  • 2度目のレスです。

    お墓のことですが、その場を離れたら誰も二度と行かなくなるのでしょうか?
    私たちは父の墓参りは、年に3〜4回ほどしか行っていません。
    お墓が家の側にない人はかなりいます。
    その辺は気になさらないで、お盆や命日などの行事のときに行ってあげればいいと思います。

    それにお母さんは、トピ主さんにお父さんのお墓をどうこうして欲しいと頼んでいないんですよね。
    はっきり行ってそれは「杞憂」に過ぎないと思います。
    お墓というのはかなりデリケートな部分でもありますので、それはお母さんや親戚の人と話し合うべきで、トピ主さんがそれに対して意見するのは実際自分が関わることになったときにすべきだと思います。

    なんだか彼氏の言葉とお墓のことを理由に、トピ主さんのお母さんを実家に縛り付けておこうと思う気持ちが見えすぎて、ますますわがままだなぁ〜って思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    皆様引き続きレスをありがとうございます。
    今まで伏せていましたが、母の幸せを考えて…というのは読んでいて少し心苦しいものがありました。幸せを考えてあげられる広い心が私にあればよかったのですが、母の事は心底嫌いです。父の生前から家事も看病もしないで遊びに出かけ、様々な書類手続きも父の会社の人への挨拶等も一切しない。私が家を出たい理由には母と合わないのもありました。
    本当は「家を売るかもしれない」だけではなくその言葉の後に「だから早く相続放棄の書類を書け」がついています。拒んでいますが(苦笑)
    …父と居た家が私の実家なんだ、という思いが実家を売る事に変な固執をしていたのかもしれません。残された家は形見であり簡単に手放してはならない物だと思っていた部分があったので、レスをくださった全ての方が「売るのは仕方のない事」とおっしゃってくださったのには救われたような気がします。父が亡くなってからまだ1年経っていないのにそんな事を言い出す母は一般的にどうなのだろうか、と頭を抱えていましたので…。愚痴っぽくなってすみません。

    ユーザーID:

  • 横ですが…

    横になりますが、
    >ピノン様
    …おっしゃる通り、私は母への思いやりなどひとかけらもありません。お墓の事も、どうしても必要な会話は父の弟や私を介して話すぐらいなので、おそらく祖母・母共に何もしないでしょう。放っておいて墓が荒れるのも可哀想です。私も、私の友人も皆最近大学を卒業したような人ばかりでこういった類の事は無知で周りに相談できませんし、結局私がやらなくてはならないのでネット上で皆様に伺っている次第なのです。ご理解ください。

    ユーザーID:

  • どうしても守りたいのであれば

    トピ主さんが家を出るのではなく、もっと実家に近い会社に転職されたらどうですか?
    埼玉の片田舎と言っても、通勤時間50分圏内なら勤め先はたくさんあると思いますが。

    これならトピ主さんが実家を守りながら会社にも元気に通えますよ。

    ユーザーID:

  • 悲しいけれど・・

    私も35年間(!)暮らした実家が、来年妹夫婦の新築を機に無くなります。
    父と母は4年前離婚。
    父は行方知れず、母は現在妹夫婦と実家で同居。
    実家は借地で年間40万円ほど払っているので、負担が大きい。

    自分が育った場所がなくなるのは、本当に悲しいですね。
    でも、しょうがないと割り切るしかないし。

    トピ主さん、写真とか画像で残して、私と一緒に自分の心の中にしまって置きませんか?

    ユーザーID:

  • あらら。

    >今まで伏せていましたが〜(失礼。略します)
    そこを伏せられたらかなり変わった印象で伝わりますね。
    通常、一年も経たないで家を売り長く住んだ地を離れるということは余程考えたか切羽詰った状況(特に日本人は土地に愛着を持つ傾向にあるから)と考え、トピ主さんに少し大人になってそういう気持ちを汲み取ってあげたら?との思いで厳しいレスをつけました。
    が、やや特異な状況だったのですね。
    ですが、その状況を知ると余計に維持するのは難しいかも、と感じました。

    お墓は、トピ主さんが心配しているから、てっきりお父様はひとりっこなのかと思っていました。
    ええと・・・ここまでで分かっている範囲内での話ですが。
    ◎現在はトピ主さんの祖母が所有者。
    ◎叔父(父の弟)が一人?いる。
    とすると、
    祖母の「墓は長男家族へ」とか、叔父の「自分の墓は別に建てたい」等の特別な意思がないかぎり、そのお墓は叔父が相続するのが一般的ではないでしょうか。
    一族のお墓を相続する前に長男が亡くなったら、次男に託すというのが順当かと。
    けれど、あくまでも所有者である祖母に決定権があるので、気になるのであれば直接伺うのが確実だと思います。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧