• ホーム
  • ひと
  • いじめに遭われた方、どう立ち直られましたか?

いじめに遭われた方、どう立ち直られましたか?

レス77
(トピ主0
お気に入り8

家族・友人・人間関係

あざみ

過去にいじめに遭われた方にお聞きします。

どのような言葉や信念をを自分に言い聞かせたり、どんな行動を取られ、どんな時に立ち直るきっかけをつかまれて立ち直られて現在に至るのかをお聞かせ下さい。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数77

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • とりあえず

    自分の悪いところを直しました。私は「すぐに泣く・わがまま・ルーズ」な子供でした。振り返って、自分でもいじめたくなるタイプです。

    なのでまず、小学から中学へ上がる際に、ちょっとしたことで泣かないことを決めました。団体行動もイヤでも従うようにしました。でもまだいじめというか、同じ小学から上がってきた人たちからは無視のようなものはありました。

    高校に上がる際に、明るく笑顔で人と接する事を決めました。ルーズさを直しました。友人が大勢出来て、いじめられることはなくなりました。

    短大生のときは、もう本当に楽しかった。昔はヘンな子でいじめられっ子だったんだよと言っても、誰も信じてくれませんでした。

    簡単なことではなかったけど、自分が変わることで回りが変わりました。言い聞かせていたような言葉もないし、いじめていた人を見返してやる! みたいなことも思いませんでした。ただ、自分が快適な空間で生きて行けるように努力しました。いじめられたことは忘れられないけれど、今はその努力の上で幸せです。

    ユーザーID:

  • 私の場合は

    小学校の頃、いじめにあいました。私の味方は1人もいませんでした。すごく辛くて自殺も考えました。2年くらい暗黒を漂っていた感じで、思い出しても辛いです。
    けど、自分は悪いことをしていないし、人も傷つけてもいない。私の存在は、私が意味付けるものだと自分で悟りました。

    そしていじめをする人を心底軽蔑し、相手にしないことにしました。
    だっていじめる方が悪いに決まっているし、いじめられる方が萎縮すること自体ナンセンスですから。
    一生懸命勉強し、身なりもきれいになれるよう努力し、何年か経った頃には先生からも一目置かれる優等生になりました。当時私をさげすんでいた人は、私に気を使うようになりました。

    いじめられていた私になくて、強くなった私にあったもの。それは自信でした。そして自信は自分で努力しなければ得られません。

    あれから25年。多少の困難ではめげない、幸せといえる人生を送っています。

    ユーザーID:

  • ダイエットと優しい夫

    いじめの原因はまた別なところにあるんですが、自分では当時太っていたからだと認識してたので、痩せました。
    でも、痩せても顔が変わるわけでもなし。。。

    今では、毎日のように「かわいい」を連発してくれる夫の言葉にも支えられています。

    「かわいい」や「美人」の価値観は人それぞれなんだなーと思いましたね。今でもからかわれた歌には敏感に反応してしまいますが、もう今では聞くことの無い歌(アニメソング)なのでほっとしています。

    ユーザーID:

  • 見た目を変えよう

    一番手っ取り早いのは見た目を変えること。顔の形や性格は簡単には変えられないので、衣服のセンスを磨くのが一番。後は見た目に清潔感を漂わせる事。シワシワ服は厳禁!

    後はとにかく清涼感を醸し出す事。あくまでも、「感」でOKです。要は愛想よくって事。

    人に好かれる=虐められなくなるには、最初はそれなりの努力が必要ですから、頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 気持ちの切り替え

    小学校、中学校と、合わせて9年間いじめつづけてくれた男子がいました。その子が周りに私の悪口を言いふらして、いじめが広がって、中学校では特に辛かったです。

    現在30代後半ですが、5〜6年前まで恨んでいました。(執念深い?)

    私をいじめた人を恨まなくなったのは、あまりにも長い間恨み続けたので、いい加減疲れた、と思ったのが始まりだったかもしれません。

    それからは、当時の記憶がよみがえりそうになったら、すぐに違う事を考えるようにして、過去のいじめから目をそらすようになりました。

    今思うと、私がしつこく当時のことを思い出しては怒りを感じていたのって、ちょっと「かわいそうな自分」に酔っていたかも?それよりも頭を切り替えて、趣味の事でも考えた方が幸せです。

    そして、「あの時いじめられた私が今幸せになっている。もしかしてあいつは今頃人生に苦労しているかもしれない」と考えるようになりました。

    今では恨みは消えています。すごく心が軽くなりました。(人間に対する恐怖心はまだうまく消す事ができずにいますが‥‥)

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • ただひたすらに

    自分を信じました。
    それから「夢」を持つこと。
    夢の力は大きいです。私は宮城まり子さんの
    「としみつ」という本を読んでからずっと
    『福祉の仕事に携わりたい。子どもや大人を助けられる仕事がしたい』と思い、その夢のために、
    今の自分が何ができるかを考えました。

    勉強は余り好きではなかったけど(笑)、自分が好きになれるような科目がひとつでもあると、『よし次!』と思えましたし、長期のいじめのお陰で、
    中学校を終える頃には、夢が目標に明確になっていました。

    『絶対、やればできる!あんな嫌な時間を過ごしたんだもん、今度こそ本当の自分の時間を過ごさなきゃ、
    自分が損しちゃうもんね!」と。

    夢は、叶いました。
    高校の恩師が教えてくれたこと。
    「人生に王道なし。その道信じて往け』です。
    迷わずに、焦らずに、がんばっていきまっしょい!

    ユーザーID:

  • 何度も何度も言ってもらえて

    カウンセラーさん(長年に渡り複数)や看護師さんに
    何度も何度も励まされているうち
    ちょっとずつですが、「私は私でいいんだ。傷つくことがあっても自分を否定しないでいこう」と受け止められるようになりました。

    それまでは、自分で自分を責め、加害者を責める心も収まりませんでした。

    具体的には、よく言われることだけど
    「よく今までがんばって生きてきたね」「そんなことされたら誰でも傷つくよ。あなたが特別被害妄想だとか弱いのではないよ」
    「いじめをする方がまちがっているんだよ。そういう人は心が不幸だから人にぶつけることでストレス解消をしてしまう。だからいじめされるあなたの問題ではなく、いじめする人自身の問題」
    「わたしはあなたのそんなとこがすきだよ」

    一度言われたくらいじゃ、だめなんです。
    不安に襲われたときに何度も話してくれました。
    そのうちに、自分で自分に心の中で声をかけていけるようになりました。
    本当にその方々には感謝しています。

    時間をかけてトピ主さんの傷も癒えますように。。。
     人によって傷ついても、また人の優しさで生きることができます。

    ユーザーID:

  • いじめっこはお子ちゃま

    小学校4年の終りから6年の中ごろまでいじめられてました。5年の終りに「小学校高学年にもなっていじめる人ってお子ちゃまだなぁ。こんな人たち友だちにしたくない」と思ったら気がラクになって、逆に距離を置くようになりました。そうしたら、いつの間にかいじめはなくなってましたが、もう2度と彼女たちに心は開きませんでした。中学進学と同時に完全に疎遠になりました。

    一時、人間不審みたいになりましたが、中学、高校と信頼できる友人に恵まれたので、今はそんなこと全くなく、友人も多い方だと思います。
    心の痛みの分かる人間になれたので、いじめられたことも今ではマイナスではなかったかなと思ってます。

    こう思えるのは、もともとの性格でしょうけど、私はかなりポジティブな人間なので、転ばされてもタダでは起きないんです。
    ねっからのいじめっこには親友なんてできないと思います。自業自得です。

    ユーザーID:

  • 逃げになるかも知れないけれど

    逃げになるかも知れないけれど環境を変えようと中学卒業後、私立の学校に行きました。
    同じ環境に居たらイジメのサイクルは変わらなかったと思います。
    おかげで本来の明るい自分に戻れました。

    こんな場合、逃げる事は卑怯な事ではないと今でも思っています。学校の転校もアリなんですよ。

    ユーザーID:

  • 今は復活に向かってます

    トピ主さん,辛い目にあって大変でしたね。
    そういう私も、3年前に職場でいじめもどきに遭い、耐えられなくなり退社して、今に至ります。
    一時期は出前等の電話をするのでも、吐き気がし、まともに言葉が出ないような状況でした。

    私は既婚で、共働きじゃないと、食べてはいけますが、貯金が出来ない為、再就職しなければいけないのですが、私の状況を見て、いつもは厳しい旦那もさすがに無理は言ってこなかったので、甘えさせてもらっています。

    3年も時間がかかりましたが、おかげで最近やっと「働いてもいいかな」と思い始められるようになりました。
    結局、いじめの原因から離れて、心をリセットする事が一番です。
    トピ主さんの状況が分からないので、こんな事しか言えません。ごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 周りをよく観察しスキを見せない

    10年すぎても完全には立ち直っていないのですが、
    机の上の透明マットの下になごみ系子猫の写真をいれていました。視線を机に落とすと目に付く場所にいれていました。つらくて涙が出そうでも仕事をしなきゃならない時、子猫の写真をみて自分を慰めていました。

    仕事の手を抜いたりミスは、よりイジメを酷くします。たとえどんなに言われようと相手には丁寧な言葉で話すこと、余分なことは言わなくてもいいのです。仕事上どうしても言葉を交わす必要があるときだけです。ささいな言葉尻を捕らえられる時もありますからね。

    いじめがつらくて誰かに愚痴を言う時は、社内では言わない、外でも壁に耳ありで周りに注意することです。電話とか家族に話すことでストレスを発散するしかなかったですね。

    社内の人間関係・力関係をよく観察し、どこに苦情を言えば解決しやすいか誰が助けてくれそうなのか。同じような目にあった人はいないのか、時間をかけて調べてください。助かる余地が見つからなかったらあなたのキャリアより心の健康第一で転職をお勧めします。

    ユーザーID:

  • イジけず、明るく楽しく

    イジメに発展する初期段階って、相手からの「試し」があるように思います。まず、チクっと嫌味を言うとか。そこでガーンと真に受けて落ち込んでしまうと、もう負けだと思います。舐められるっていうのでしょうか。相手の意地悪ペースに巻き込まれますが、いちいち相手の嫌味には反応せず、楽しい話題などには敏感に反応する人って、もう虐められませんよね。

    イジメる人は、人を不幸にすることなんて何とも思ってないでしょうから、嫌味や意地悪言うんです。だからこそ、真に受けて泣いていてはバカです。相手は何とも感じないのですから。だからイヤミや意地悪は無視!とにかく明るい話題や興味ある事柄に反応するようにしましょう。

    イジけないこと、相手に媚びらないこと、イジメる相手より自分を大事にすることで脱せれるかと思います。常に、(イジメる)相手は自分を仲間として認められるか試してきているようにも思えます。(認められなければイジメ・仲間ハズレetc…)
    とにかく、ウジウジ・イジイジが一番いけません!

    ユーザーID:

  • いじめたりいじめられたり

    いじめは 環境がよければ
    どんなに欠点のある人でもいじめられる人に
    ならないし 
    どんなに性格がよくても そういう環境だったら
    いじめはある。

    また環境が悪かったら どんなに自分を磨いても
    なにかしらマイナス部分をつつかれるし
    そのいじめの対象は 次の人へ次の人へ別の
    ターゲットを見つけて移っていく
    というのが私が見てきた光景です。

    職場で自分がいじめられているときは
    私はじっと耐えました。
    でも いづれ次の人にいく と思っていたら
    やっぱり次の人へ回りました。
    次の人へ回ったときに「もうここでストップさせよう」とよればよかったのですが
    私をいじめた張本人が 嫌われ者になったので
    私は 放っておきました。

    ユーザーID:

  • 見返してやりました。

    勿論「私は悪いくないのになんで」と思ってイジイジしても無駄です。(そのイジイジがいじめっ子を引き寄せる原因です)

    私は自分をいじめていた人間が一番悔しがるやり方で、見返してやりました。具体的には、その人より上のレベルの高校へ進み、卒業式では答辞に選ばれました。悔しさを燃やして勉強パワーに変えました。結果、自分のためになりました。今はいじめっ子のおかげとも思ってしまいます。

    大学で出会った超美人の女の子が「私高校では瓶底メガネでブサイクと言われていた。だから死にものぐるいで大学に受かった。あの時『美人』とチヤホヤされていたら、いい大学には受からなかったと思う」と言ってました。その子は美人でも人の痛みがわかる心の美しい女性になっています。

    いじめられた経験は、明日への原動力ですよ。
    逆にいじめた方が得るものは何もないと思います。

    攻撃するとそのパワーを吸収して大きくなる怪獣とかいますよね。その怪獣になったつもりで!(笑)

    ユーザーID:

  • 自分を信じてやること

    私の場合は、小学生の時に1回と中学生の時に1回。
    私は立ち向かっていける性格ではなかったのでストレスが自分の方に来て食べれなくなったりしました。
    でも、不思議と学校は休みませんでした。しばらくするといじめや嫌がらせもなくなったので高校では明るく元気に平穏に過ごしました。

    大切なのは、まず自分を責めずに信じてあげることだと思います。
    自分が正しいと思うことを持つ。自分の考えをしっかりと持つ。

    私は中高からの親友や大学時代の友人と素敵に仲良く続いています。
    大人になってから、社会には少し嫌な事を言ってくる人もいますよね。そんな人に出会ったらこう思うようにしています。

    「この人は実はいい人なんだ」
    人のいいところを探すようにすると、素敵な人間関係が生まれると思っています。
    どうやって立ち直ったかの答えになっていないかもしれませんが、いじめを受けたことがあるからこそ優しくなれるところもあるかと思います。

    具体的に今悩んでらっしゃることは文面からでは分かりませんが、どうぞ自分を責めすぎないようにしてください。

    ユーザーID:

  • 家族の存在かな

    私は高校時代に、それまで仲良くしていたグループから村八分に合った事があるのですが、
    それまでは家族の存在が鬱陶しくて両親に反抗ばかりしていました。
    皆から無視されている辛さは相当なもので、学校での居場所が無く、唯一、家だけがホッと出来る場所でした。
    小さい頃からずっと変わらない、家族との日常が有難かったです。
    友達に無視されても、自分の居場所を失っても、私にはここ(家)があるんだ・・・と。
    勝手な話ですが、それ以来、私は両親・姉が大好きです。
    無償で私を受け入れてくれるのは家族ぐらいだなぁと実感したわけです。
    その後、そのグループは、他のメンバーを村八分のターゲットにしているのを知り、
    村八分になったのは自分にも原因があったんだろうけど、でも、そういうレベルの人達なんだ、
    縁が切れて自分にも良かったんだ・・・と思い吹っ切れました。
    かれこれ20年くらい前の話です。辛かったけど、自分への教訓にもなった出来事でした。
    加害者でなく、被害者(?)の立場であって良かったと思っています。
    でも、彼女達には絶対に会いたくないですね(苦笑)

    ユーザーID:

  • 高校生の時にいじめにあいました

    私は高校生の時にいじめにあいました。

    きっかけはわかりません。
    ただ、嫌な事は嫌だとはっきり言うタイプでしたので、
    まぁ単に気に入られなかったって事だと思います。

    で、色んな事をされました。

    泣きたかったし、死にたかった。
    でも、親や先生にも言えなかった。

    言えない、死ねない。じゃあどうすればいい?

    ここが立ち直るきっかけでした。

    いいことだとは思いませんが、やられた事をきっちりすべてやり返しました。
    すると、段々されなくなりました。

    例えば、靴を隠されたら、相手の靴をゴミ箱に捨てました。

    それからは、自信を持っていきました。
    やりたい事を見つけ、成果を挙げることが私の自信に繋がりました。

    それからは、いじめは怖くないし、世間に出てもいろんなことに耐えられる根性を身に付けました。

    でも、旦那には「お前みたいな奴は少ない。」って、言われています・・・。

    なせばなる!
    この根性は大事です。

    ユーザーID:

  • 世界は・・・

    色んな世界をみたことが良かったのかもしれません。
    色んなサークルに出入りしました。
    いい加減なサークルもあり、きちんとしたサークルもありました。
    心の問題を不完全燃焼で終わりにしないで「向き合う」こと。

    人は「思い込み」で生きてること。
    人の印象は初回が「9割」で決まるので初めが肝心
    人の人生観や産まれ育ちが違って当たり前。

    嫌なひとには無理して関係を続けない。
    自分はかけがいのない存在なのです。

    ユーザーID:

  • 少しずつ

     私の場合、小学校5年生のときに転校してからいじめに遭いました。そのとき気をつけたことは、
    ・いじめを理由に休まない
    ・自分に非があるならば、それを直す
    ・誰かに状況を知ってもらう
    ・悲劇のヒロインになりきらない
     中学に上がり、いじめっ子は他クラスに。しかしいじめの影響で友達がいません。そこで気をつけたことは、
    ・自分に自信を持つ
    ・勉強面や精神面で成長する
    ・友達の人数にこだわらない
    ・一人で教室移動、トイレに慣れる
     すると、グループに縛られずにのびのびと人付き合いができました。高校では人間関係がほぼリセット。 自分なりの答えですが、「味方作りに必死にならない」「一人である自分をおおらかに受け容れる」ことがいじめから立ち直るきっかけのように思います。あと、全体を通して一番大切なのが「相手の悪口を言わない」。相手を憎む気持ちはしょうがないにしても、自分までも応戦体制に入ってしまっては、事態は絶対よくなりません。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    小中学時代といじめられて暗黒でした。中1までは死にたいと思ったこともあったけど、中1の3学期の期末テストで「テストの点数であいつらに勝つ!」と決心して頑張ったら成績が上がって、数学が特に上がった(苦手な図形問題だったのに)から数学の先生に褒められるぐらいになり、「私ってやればできるんだ!」と少し思いました。

    それを強く思ったのは中2の体育の時でした。バレーのサーブのテストの時、練習中はボールがネットを越える確率は50%(中1の時はもっと低かった)ぐらいだったのが、「ボールをいじめてくる奴らだと思って打っちゃえ!それからは知らん!」という気でボールを打ったら3回中3回ともネットを越えたから「私ってやればできるんだ!」と思いました。それからは死にたいと一度も思わなかったです。

    そのことを予定表やその日あったことを書くノートに書いたら、次の日担任の先生がいなかったため副担任の体育の先生がそれを見て「頑張っていたよ!力強く打てていたよ」と書いてありました。

    ユーザーID:

  • 続き

    それを見た時、「いじめてくる相手だと思って気合い入れたのが先生に分かったのだろうか?そうだったら恥ずかしいなあ。」と思いました。

    あと、当時少年ガンガンを読んでいました。少年誌って魔王退治の冒険という感じの漫画が多いでしょう?私はそういう主人公やその仲間達の1人になったつもりでいじめてくる奴らは悪者達に例えて悪者退治はいじめてくる奴らよりいい点数取ることと例えていました。その漫画は「ロトの紋章」「ハーメルンのバイオリン弾き」です。ご存じの方はいるでしょうか?それとDQやFFなどのRPGゲームの戦い系の曲を常に心の中で流していました。

    卒業後、私は地元で中堅の高校受かり私をいじめていた人は誰一人その高校には行ってなかったです。中堅の高校受かった暁に何かしようと思ったのが弓道部に入ることでした。それも実現しました!

    ユーザーID:

  • 幼稚園の時苛めに遭いました

    36歳ですが未だに自分の中で風化できてません。
    ずーーーっと恨みっぱなしです。

    だけど、この長い長い年月で随分と性格が逆転しました。今ではスゴイ嫌な性格になったように思えます。

    私の場合は、幼稚園という集団生活初期段階でのトラウマとなったので、ある意味染み込んでしまいました。立ち直ったかどうか判りませんが、小中高と環境が徐々に変化していったので、その過程で付き合う友達を変えていったり、影響を受けたり、思想を学んだりして強くなっていったようにも思えます。
    環境は大事カモ。

    ユーザーID:

  • 理解すること。

    まずは、どうしていじめられたのか、理解する事でした。
    ジャッジするのではなくて、前後のつながりを通すんです。
    それには、ありのままの事実を知る必要がありますね。
    そこから、「わからない」という部分が出てきますね。

    結局、「わかること」っていうのは、自分でどうにかできる事で、
    「わからないこと」っていうのが、自分ではどうにも出来ない事です。
    いじめには、理由のあることと降って沸いた事と、
    両方があるんです。
    理由のあることは努力し、降って沸いた事は諦める。
    これだけでは「立ち直る」ことは出来ないかもしれないけれど、
    とりあえず、いじめに向かい合うことは、これで出来るようになると思います。

    ユーザーID:

  • 打込むものを持って

    私も高校3年間いじめにあいました。というか最初のうちはあからさまないじめで、その後自ら心を「閉ざして」しまったのです。でも学校には休まずに行きました。いじめていたのはクラスのリーダー的な野球部員でしたが、結局クラス全員が見て見ぬフリだったので全員からいじめの視線を浴びている感覚でした。

    内容は下ネタを一方的に浴びせられ、イスに座っている私の後ろでイヌのマウンティング行為みたいなことをしている。といった具合です。

    その当時は日記をつけていました。「あいつらは人間じゃない」とか、かなり過激で文筆も荒れていました。でもそれで客観視できました。そして絵が好きだったので制作に没頭しました。勉強もひそかにがんばりました。だってバカにしてる人よりも点数が低いのは耐えられなかったから。

    それでもゼロの地点から人をみると、勉強はできなくても賢い人や優しさを持った人がいる事がわかってきましたよ。自分のごう慢さにも嫌気がさして、人と接する術を学ぼうとなりました。

    ユーザーID:

  • ”許してあげなさい”

    毎日毎日我慢して、3年ぐらいたった時、ついに耐え切れなくなり母に泣きついたときに言われた言葉です。

    まだ中学生だったし、「許す」ということがどういうことなのか分かるのにずい分かかりました。でも許すと決めると、もっと人に優しくなれました。私をいじめた人たちにも優しくなれました。

    だからあなたも、恨まないで許してあげて。

    ユーザーID:

  • 体育館裏に呼び出して決闘(嘘)

    私は単純なので、気に入られようと思ったり、自分に悪いところがあるというようには考えませんでした。反射的に、こっちも折に触れあんたたちのこと嫌いよって、態度に出てたかも…

    そしたら、だんだんと人によって気は許さないけどライバルで対等になったり、いつまでも頑なに偏見で見てきて私の前から去ったり、真剣に応酬しあった結果逆にこっちが親分になったりと、それぞれ関係が変化していきました。

    過去を振り返って、あれは、いじめや意地悪だったのだろうとわかった上での話です。そのときは、ケンカを売られているとしか思っていません。
    それで済んでいるのですから、私はかなりラッキーなのだと思います。しかし、いじめと思うと、既に負けているところがあります。

    勝つ方法がわかって実行できるようになれば、一歩さらに進んで相手と仲直りする方法も見えてきます。
    いろいろ計算してみても、そもそも勝てそうもないなら、戦略的撤退が一番だと思います。

    いじめもケンカも無い方がいいですが、争いが起こったら戦わなければ(暴力のみに非ず)解決しません。いじめられているのなら、決して負けないでください。

    ユーザーID:

  • つらかったなぁ

    小6の時に原因不明のいじめにあってました。
    クラスの女子全員に無視され、トイレに呼び出されていやがらせをされてました。
    毎日泣いてたっけなぁ。

    私の場合は母親に話していました。
    母だけが私の味方になってくれ、励ましてくれたお陰で休まず学校にも行ってがんばってこれました。
    相談相手がいたことが良かったんだと思います。

    小学校を卒業と同時にいじめはなくなりましたが、
    いじめた人達を見返してやりたくて、
    中学では勉強に部活に努力してそれなりの成績を残すことが出来たと思います。

    時々当時のことを思い出しますが、私の人生で一番の辛い時期だったかも。。。

    ユーザーID:

  • 勉強で這い上がれ!

    中学でイジメにあっていました。

    肥満体でクソ真面目でちゃらんぽらんが嫌い。
    周りに合わせることが苦手でした。

    この辺がターゲットになったようです。
    自分は絶対悪くない、という信念があったので
    孤立の時間は本を読んでいました。

    大部分の生徒が行くレベルの低い学校には行きたくなかったので必死に勉強しました。そして合格。

    ストレスが無くなったせいか肥満も解消。
    明るい高校生活でした。

    自殺も考えていましたが母の
    「死んだら負けだよ」の言葉に励まされ、
    死ぬ気で勉強したのが良かったようです。

    ユーザーID:

  • 私の場合はある意味時間かも

    幼稚園から小学校まで転園・転校を繰り返し、そのたびにいじめにあってきました。
    中学校へ行ってからは、家庭に問題のある転校生(男子)に目を付けられ、貞操の危機にまで晒されました(結局無事でしたが)。

    現在私は30代ですが、これらの記憶からは決して立ち直ってはいません。
    子供の頃の惨めな記憶の連続は、いまだ私を苦しめます。

    しかし長い時間生きていると、他の楽しい記憶も増えてきますし、人間関係も自分である程度は開拓しコントロールできるようになります。

    そして、今の生活を楽しむ(=立ち直る)為には、昔の苦しい記憶に振り回されない強さが必要だと感じ始めています。
    人を強くするのは苦しい経験ではなく、楽しい出来事に沢山触れることだと最近悟りました。
    そして、楽しい出来事とは、ある程度自分で作り出すことが可能です。

    例えば、以前だったら同じ目にあっても

    「ムカツク」

    と思ったことも、解釈次第では

    「でもこういう部分が笑えた」

    と脳内変換できるのです。そうし続けていれば、苦しい記憶は自然淘汰されていきます。

    ユーザーID:

  • まずは、

    ダイエットして、7キロ減量しました。

    もともと大きい目がもっとパッチリになり、
    着る服はミニスカートになり、
    男性からもてるようになりました。

    それによって自分に自信がもてるようになり、
    性格も明るく、ポジティブに!!

    しばらくして、私をいじめていた子に
    たまたま遭遇した時、その子は私を見て、
    すっごく驚いていました〜。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧