家族・友人・人間関係

両親同士の付き合い

レス9
お気に入り0

のんの

ひと

こんにちは。結婚3年目を迎えた子なし主婦です。両親同士の付き合いで相談します。
私の実家と夫の実家はお互い電車で5時間以上かかる距離にあります。うちはちょうど中間です。

毎月のように義両親とは会ってますが、義母が会うたびに私の両親を夫の実家に招待したいといってきます。前にはフランスに住む義姉夫妻が子供が生まれてから初めて帰国したのですが、そのときも私の両親に是非来て欲しいと言い続けてました。

義母曰く、実両親に結婚式以来会ってないのと、生まれた孫に会ってもらいたい、写真だけだと情がわかないから(?)とのことです。それから、義母が実家の方面に用事があって来るとき、泊めて欲しいといってきます。これは婚約中にも同じことがあって、1回泊まってもらいましたが・・・。あとは震度3以上の地震があるたびに電話がきたり。

私の両親はもっとさっぱりした付き合いを望んでいます。間に挟まれ悩んでいる私にどうかアドバイスなど下さい。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数9

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • うちもでした

    義理両親がやたらに旅行に誘ってきました。

    義理両親、私達夫婦、義理兄一家二組、私の実家両親のメンバーで旅行に行きたい、と。
    はっきり言ってうちは血のつながっている親子でさえ旅行には行かないマイペースな実家家族なので、「すいません、うちの両親は出不精なんですよ。家でのんびりするのが大好きなんです。」と、いつも言い続けていました。

    最近は、やっと誘われなくなって嬉しいです。
    やたらに仲良くしたい人もいるんですねー。当たり障りなく、最小限のお付き合いがポリシーのうちは困りました。
    「出不精なんです。」が結構当たり障りなくてよいですよ。

    ユーザーID:

  • まさしくうちのパターンとそっくり

    両家の住まいが遠いこと(関東と関西)、親の性格の違い、そして義両親は私の実家には泊まりで訪問済み、地震の度に電話をしてくるところまで、トピ主さんと同じ感じです。
    うちの場合は、最終的には夫に注意してもらって静かになりました。

    トピ主さんの旦那さんは、この件についてどう思ってるのでしょうか?
    やはり義両親の対応は、息子である旦那さんにお願いするのが一番だと思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です(1)

    レスありがとうございます!
    年末からしばらく自宅を離れていた関係で、かなり遅くなってしまい申し訳ありません。
    やはり同じような悩みを抱えている方もいらっしゃるのですね。
    義母に「私の両親、出不精なんで・・」といったことがありましたが、すかさず「出不精ならなおさら、のんのさんがひっぱり出さなきゃ〜!」といわれる始末で・・・(苦笑)。夫も基本的に義母と同じ考え方で、みんなで旅行に行きたいとか、両親同士の濃い付き合いを望んでいます。
    私と両親は婚約中に義母から「お宅は変わってるから〜」と何度も言われて、「まだ1・2回しか会ったことのない人がなんて失礼な!」と両親は影で怒ってました(表向きは平常)。このように義母は何の気なく言ってるのはわかるのですが、無神経な発言が多いです。また、一人機関銃トークで、自分の話9割人の話1割な感じで、早口でしゃべりたてる性格で、私たちはかなりひいてしまってます。

    ユーザーID:

  • トピ主です(2)

    ・・・続きです。
    理想論では、両親同士仲良く楽しくいろいろとお付き合いしていくのがベストですが、現実は性格も考え方も違う人達が深い付き合いをしていくなかで、揉め事は必ず出てくるかと思います。現に私の両親は義母に苦手意識をもっているし、知り合いに両親同士が仲悪くてそれが原因で子供夫婦も仲悪くなり離婚、というケースも知っています。
    私の両親はどちらかというと、人付き合いが苦手な方なので、余計に義母の誘いが重く感じてしまうのかもしれません。

    ユーザーID:

  • 実子がピシャリと言うしかない

    ああ、うちと似てるけど逆です。
    わたしの両親が舞い上がって、せっかくなんだから親しくしたいと言い出し、夫のご両親と6人で旅行に行く計画を勝手に立てたり、(観光地の近くに住んでいるので)来てもらって観光してもらって泊まってもらいたいとか口走ったり。

    幸いなことに夫の両親が大人な対応ですべて社交辞令として流してくださったので実現には至っておりませんが、こういうことは実子がぴしゃりと言うしかありません。

    うちの場合はわたしが言いました。
    その際、悪者になるのはあくまで実子であるわたしです。
    そうでなければ今後の関係が悪くなるので、何があっても実子が悪者にならなければいけません。

    「わたしが気疲れするから行きたく無い。今後も行くつもりは全く無いから代理店巻き込んで計画立てるのはすぐに止めて。」
    「来てもらってと言っても、両親たちの4人だけですむはずが無いのだから、勝手に誘うな。」

    おかげさまで、意味も無いお歳暮の贈り合いになるのも阻止することができました。(もちろん贈ると言い出したのはうちの親。)

    ユーザーID:

  • 口だけならまだマシかもね。その1

    不幸自慢するつもりは無いのですが、お誘いやお伺い止まりなら、まだマシかなと。大した暴走ではないのですが、実際に行動されました。我が家では舅です。子どもが結婚したら、相手の親との親戚付き合いをいろいろと夢見ていたそうです。

    そんな野望をお持ちとは露知らず、私たちが結婚した翌年の元日に私の実家へ突撃訪問、ちなみに私の両親は不仲&貧乏などのトラブルで離婚済み、実家には母親だけが暮らしており、母親の仕事は平日休みで年末年始も無いのです。

    とは言いましても大晦日&元日は昼上がりで14時過ぎには帰宅しているのですが、その直後のアポなし突撃訪問に戸惑いと、多少の立腹状態で挨拶だけして帰ってもらったそうですが、その態度に舅が激怒。しかし、これは序章でした。

    時は流れて翌年の正月、去年はこちらから年始の挨拶訪問をしたのだから、今年の年始の挨拶は私の母から有って当然、が舅の思惑。単なる思い込みです。何せ、一度も口に出しては言っていないのですから。誰もそんな胸のうち、知る由も有りませんでした。姑すら知らなかったそうです。

    ユーザーID:

  • 口だけならまだマシかもね。その2

    続きです。
    舅姑問題で散々苦労してきた私の母は、そもそも私達、子供世帯とも距離を置いています。そんな母が子どもの義理の両親への年始挨拶?自ら?有り得ません。もちろんお互いに話し合えば大人の対応は十分に望めますが、舅の一方的な夢などに応えられる筈など有るわけが無いのです。

    当然の如く、私の母からの年始挨拶など有りませんでした。またまた舅が激怒、不機嫌さに気づいた姑が水を向けると、「去年はこちらから挨拶に行ってやった、今年は向こうが来て当然、それを来ないとは、親戚付き合いを断ってきた、向こうがその気ならそれで結構と。」と、まぁ、このような事を言われたそうです。

    この一件を相方が知ったのは5年後、きっかけは私の実兄の結婚の際、「親戚付き合いを断ってきたのは向こうだ、何もする必要は無い。」と本当に式も欠席、お祝い関係も無しでした。私は都合が悪いと聞かされていたので、この時点でも知らなかったのです。

    私が知るきっかけとなったのは、それから更に数年後となります。

    ユーザーID:

  • 口だけならまだマシかもね。その3

    続きです。
    義理の祖母(舅の実母です。)を義理の祖父母宅で手伝える者が交代で通い、看取りました。私も不十分だったと思いますが出来る範囲で通い、手伝いました。亡くなった際、「そっちの親兄弟に知らせる必要は無いから。」と舅に言われ、?に思いながらも、まぁ普段、付き合いも無いし、私の母や兄に気遣わせても、との事かと流しました。

    翌年、義理の祖母の他界で気落ちした義理の祖父の体調が崩れ、要介護状態に。同じように手伝い看取りました。そして亡くなった際、またしても知らせる必要無しと。これはいくら何でもおかしいのでは、と相方にブツブツ言うと、実は、と上記の昔話。なんだか、もう呆れるしか有りませんでした。

    舅からの口止めは聞く前に連絡してしまった事にして実母、実兄に連絡、通夜、葬儀には出席してもらいました。すいません、、何だか自分の話で長くなっていますね。くだらない話でもココまで壮大ですと、ちょっとした物語になりますね。

    ユーザーID:

  • 口だけならまだマシかもね。その4

    続きです。
    その後、事の発端を聞きたくて実母に、「そう言えば正月に義理のご両親が挨拶に行ったことが有ったんだって?」と振ってみると、「あ〜、有った、有った、こっちは仕事で戻ったところへね、約束も無く突然で、片付けも準備も出来ていないから、挨拶だけでね、あれって何時だったかな?」と笑っていました。

    私の母にとっては、もう何時の事だったのかすら覚えていない程度の出来事、一方通行のお仕着せ、思い込みから来たコジレ、恐ろしいものです。最初の訪問時に、せめて私の母が私達の耳にでも入れておいてくれたら、また事態は変わっていたのでしょうね。

    相方に、ご両親の、そのまたご両親同士は、どのように付き合っていたのか尋ねたら、さぁ?年賀状のやり取りすら無かったと。どういうホームドラマに感化されたのか知りませんが、本当に勘弁して欲しいものです。

    親世帯から打診があるのでしたら、他方の親の心情を踏まえて、実子が上手く立ち回るべきでしょうね。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧