進路について

レス24
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

中3の受験生です。
先月の三者面談で志望校が決まりました。
私としては、留学制度のある高校へ進学したかったのですが、両親に大学での留学の方が実りあるものになると言われたため、両親の勧める高校への進学を決めました。
しかし、どうしても留学がしたいと先生に伝えた所、1月の懇談までなら変更可能と言われました。
両親にも伝えたところ、進学したい学校へ進学しなさいと言われました。

そこでお聞きしたいのですが、
将来、英語関係の仕事に就きたく留学はしたいと思っているのですが、高校で留学するのと大学で留学するのでは、どちらがいいのでしょうか?
私は、高校での留学の方が吸収する力が大きいと思うのですが、これは私の一方的な考えでしょうか?

みなさん、ご意見宜しくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数24

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 日本文化・日本語の学習は十分?

     父が英語通訳・教師をしていました。私もその影響で小さい頃から日常に英語がありましたが、英語が使える上で大切なのは、自国の文化・言語理解だと思います。

     英語を学ぶ上では、どうしてもキリスト教文化や西洋文化・歴史について学ばなければならないのですが、英語や英語圏に関してだけ学ぶより、自国の言語や文化について学んで、それと比較しながらの方が、はるかに理解も覚えも早いです。

     また、日本独特の考え、英語独特の考え、といったものは、互いに訳すことが難しいです。(端的には禅とか侘び寂びとか宗教の事とか)これも、日本の事もわかっていないと相手に説明できません。

     で、そういうのを学ぶのはたぶん高校生の時だと思います。高校で留学してしまうには、まだ日本で勉強し残したことがあるのではないでしょうか?
     高校の途中からでも留学は出来ますから、とりあえず素地を身につけることを考えてください。

    ユーザーID:

  • 私なら大学を勧めるかな

    トピ主さんは今、できるだけ早く留学したい!という意思をお持ちなのかな、と思いました。

    高校留学したことがないので経験談ではないですが、友人がしたのを見ていると、高校での留学は、確かに吸収は早いけど(現地の高校に行くので)、日常会話、生活用語ができるようになる程度かな、という印象です。

    逆に、高校で基礎を作って大学に入っても英語の勉強を続け(必ずしも英語科などでなくてもよい)、それから留学すれば、得るものは日常会話以上にもなると思います。

    英語を使う仕事で重要なのは、「日常会話がネイティヴに近い発音で話せる」ということではありません。
    ビジネスで使える英語、というのは高校生活で学べるものでもありません。


    例えば英語はまず日本で英会話学校、ラジオなどで勉強し、大学で経済・ビジネスを専攻する。そして留学は経済、商学部へ行けば、将来仕事にも使えそうな英語を多少は学んで帰れると思います。

    ユーザーID:

  • あなた次第では・・・

    こんにちは。私は理科系だったので、留学などの経験は全くありません、ごめんなさい。
    でも、どちらで行くのもあなたのやる気次第かなと思います。

    無責任かもしれませんが、あなたが高校で行きたいと思うなら、行ってみたらいいと思います。そして、帰ってきたときもう一度行きたいなと思ったら、今度はお金を貯めて自分の力で留学してみたらいいと思います。苦労をするほどいい勉強になりますよ。
    ただし、親のお金で留学するときには感謝の気持ちを忘れずに♪

    また、留学にこだわらずとも日本にもアメリカンスクール以外で英語だけ使って授業をする(イマージョン教育)高校もいくつかあるのでそちらも考えてみてはどうかなと思います。(調査済みならごめんなさい)
    あともう少しですね、受験勉強頑張ってください。

    ユーザーID:

  • 時期は早ければ早い方が良いと思います

    タイトル通りです。

    海外に興味を持ち始めたら、なるべく早く実体験をした方が良いと個人的には思っています。

    しかも高校で留学体験をして、もしかしたら大学進学後にもチャンスがあるかも知れませんよね。そうしたら経験が2倍になる可能性もある訳ですし。

    ご両親も理解があるなら、高校からの留学をお勧めします。夢に向かって頑張って下さいね!!

    ユーザーID:

  • 目的がはっきりしません

    目的は日本を離れることですか?

    一体全体留学して何を学びたいのかはっきりしてませんね?

    ただ外国に憧れている乙女のように受け取れます。

    まず、日本の大学に進学して専門知識を学び、それから留学する手もあります。

    まず、何を学ぶかはっきりすべきです。


    目的不明で漠然として留学しても無駄です。

    ユーザーID:

  • 多勢の経歴書を見ていると

    英語を使用した仕事、というのが具体的に「どれ」のことをお考えなのかわかりませんが、2年や3年の留学では英語をビジネスで使用できるほど堪能にはほとんどの方がなっていない、ということです。
    そういう意味で、高校だろうが大学だろうがたいして変わらないと思います。
    なので、いっそ海外の高校に進学→大学→海外の企業で就職→語学堪能になって帰国、英語を生かして日本で就職…というルートをたどれないなら、高校は普通にしておいてこの先どのような大学、専門学校という選択も可能にしておいたほうが「堅実」です。

    もちろん、統計的に言ってますので主さんの能力とかはわかりませんが。

    それと、英語を使った仕事を希望される留学経験&帰国子女はたいへん多いですが、ほとんど希望どおりにはなっていない、ということも付け加えておきます。

    ユーザーID:

  • 目的がまったく異なります

    英語圏の留学だとおもって回答します。
    高校と大学では留学の目的がまったく異なります。

    高校で留学する場合は「英語と英語圏文化の習得」が目的になると思います。
    大学で留学する場合は「英語を使って専門教育を受ける」ことが目的になります。要するに大学で授業を受ける言葉が英語になるだけです。理工系・文系のどの大学かわかりませんが、専門教育を英語で勉強するのは英語が好き程度では(日本語で授業を受けるのでさえ苦労するかもしれないのに)難しいかもしれません。

    ただただ英語が好き、あるいは英語を習ってみたいというなら高校時代に留学したほうが良いでしょう。

    ユーザーID:

  • どちらで

    留学するにしても留学の仕方によって得る物があると思います。
    ただ高校で行けばそこで得た経験、知識を元に大学での勉強の仕方などを考えることも出来るでしょうし、再度大学で留学するチャンスもあるかもしれません。
    そういう点では早い方がいろんな意味で幅が広がると思います。

    ユーザーID:

  • いろんな側面から考えてください

    私は高校2年生の時留学しました。
    留学制度がなかったので、留学中は休学し、1つ下の学年として復帰しなければならず、
    女の子を一人で外国へ行かせる心配と、
    浪人・留年と誤解されやすいなどで両親から猛反対を受けました。
    でも私は生きた英語の勉強は現地が一番という信念の下、
    両親を説得し、治安の良いカナダへ行きました。

    初めはやはりホームシックにかかり辛かったですが、
    とても充実した1年で、不自由なく英語が話せるほどになりました。
    でも帰国後英語にふれる時間が極端に減り、
    どんどん忘れていくので、ESSクラブに入っていました。
    その後、留学制度のある大学へ進学し、バイトして費用を貯めてもう一度留学しました。
    今思うと高校で留学しなくても良かったかも・・・と思いますが、
    その時は自分の信念を通したくて、只々前に進みたかったんですね。

    勉強はしたい時にするものです。年齢は関係ないですよ。
    1度しかない人生ですから、後悔しないようにして下さい。
    ただ、お金がかかることですからご両親としっかり相談なさって下さいね。
    頑張って!!応援しています!!!

    ご参考になれば幸いです。

    ユーザーID:

  • 留学できるだけでも幸運

    社会人を経験してから留学した者です。

    両親が理解を示して送り出してくれるだけでも良かったじゃないですか。おめでとうございます。

    高校で行っても、大学で行っても、どちらが得でどちらかが損ということはないと思いますよ。

    ただ、行くのが1年間でしたら、将来的に自信を持って仕事をするためには「留学していないときの努力」が重要だと思います。

    今から高校生活の時間を使って必死で勉強して、大学で行って、でも最初はショックを受けて(←これは普通)、でも必死でくらいついていけば最後に笑えると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 大学をおすすめします

    アメリカの本当の(?)教育は、大学からです。
    日本の多くの大学生と違い、アメリカの大学生はよく勉強をします。(というか、しないとドロップアウト)
    どうせなら、大学生になってから留学しましょう。

    ユーザーID:

  • もっと自分で真剣に考えるべき

    トピ主さん、進路について悩むならばもっと真剣に自分なりに調べるべきと思います。

    他の方のレスにもある通り、「英語関係の仕事」とは何でしょう?
    英語関係の仕事にも色んな仕事があります。
    確かに現時点で「この仕事がしたい」と決めるのは無理でしょう。
    でも、どの仕事にはどのくらいの英語力が必要なのかくらいは調べられるでしょ?
    今活躍している人達の経験談とか。それは済みましたか?

    あと、費用はご両親が出して下さるのでしょうが、
    費用的なことも自分なりに調べ終わりましたか?

    漠然とした「夢」だけでは、それは仕事に結びつきません。
    「高校で行くのがいいですか?大学で行くのがいいですか?」
    なんて漠然とした質問をするのでなく、
    もっと自分なりに調べた上で意見を求めた方がトピ主さんの為になると思いますよ。

    日本は「察して」という文化がありますが、海外ではそれがなかなか通用しません。
    それも知っておいて下さい。

    というワケで、トピ主さんの精神的・物理的準備にまだまだ時間がかかりそうならば、後で留学した方が良いでしょうね。

    ユーザーID:

  • どっちつかずが大変

    中学から大学までアメリカにいて、その後、日本で大手外資系金融機関に就職した妹がいます。
    日本国内でも、会社はすべて英語が公用語だそうです。
    妹がよく言うのは、英語が話せるようになるのが目的なのではなく、英語で何をどう話すかが大切だ、と。

    留学はむずかしいですよ。
    妹はもちろん日本語は話せて読めますが、それでも日本独自の習慣や文化に違和感があるらしく、緊張して神経をすり減らすように働いています。
    アメリカ人でもない、そして、日本人なのに日本にもなじめない妹がそこにいます。

    ユーザーID:

  • 高校留学しました

    高校の時学校のシステムで1年間英語圏に留学していました。

    日本語に置き換えれば判るけど、
    高校生の留学は『日本語が話せるようになる』ということと同じである程度英語が話せて読めて友人が出来ますが・・。
    大学での留学は日本の大学に入って経済学や法律を学ぶのと同じです。

    従って日本語が話せるからといって『日本語を使う仕事全ての企業に就職できるわけではない』のと同じで、高校で留学して英語が話せても『英語関係の仕事に就職できる』わけではありません。

    仕事を視野に入れるなら大学になってからの留学をお奨めします。

    また英語の文法基礎が出来ていないと留学しても読み書きが出来るようにはなりません。
    私は高校1年で英検2級を取得してから留学し、帰国後に高校3年で英検1級を取得しました。
    その後都内の英語に定評のある大学で英文学を専攻して卒論も英語で書いています。

    『英語の仕事』とは何でしょうか?
    『日本語を使う仕事』と置き換えても日本語ができる学生がみんな一流企業に就職できるわけではありません。

    ユーザーID:

  • バイリンガル

    昨今はほんとのバイリンガル(アメリカ育ち、週末は日本語学校に通う)も多いです。「英語」がそこそこ話せる程度では、他にしっかりとした専門知識がないと大した職はこなせないです。旅行会社の受付くらいならまあ、2−3年の留学(それもいらないかもしれない)でできるでしょうが、あなたの望む職業に必要な英語力を良く考えて判断してください。

    ユーザーID:

  • もっと視野を広げて下さい

    あなたが目指す物はなんですか?またそれを選べるほど、実際に「仕事」を知っていますか?
    「英語」は言語でしかありません。ビジネス英語を身に付けて、MBAを取っても、その先が大変なんです。アメリカで働くにも日本人は移民ですから、その枠はとても限られています。
    1年間英語圏に留学してくれば、よっぽど日本人とばかりつるんでいる輩でなければ、英語は身につきます。高校3年間は、しっかり日本で充実した生活を送る事が大事だと思います。英語以外の得意分野を見つけてください。それを踏まえて大学を選べば、専門性を自分自身が身につけることができると思います。必死で何かをやってください。先ほど申しました通り、大学を一年休学して語学留学をすれば、とりあえず話せるようになります。
    高校夏休みを利用して短期留学するといいと思います。日本人との価値観の差や自分を見つめなおす意味でも、とてもいい経験ができると思います。外国に飛び込むといかに自分が日本をしらないかがわかります。日本を知り、自分を知ることができてから、国外へ羽ばたいて欲しいと思います。今の志をどうかずっと持ち続けてください!

    ユーザーID:

  • 日本で就職したいなら

    私は留学経験はないのですが、大学での留学をお勧めします。理由は2つ。

    1つは、日本で就職したいなら、日本の社会基礎は必須。
    知人でおりました。
    英語ペラペラの人ですが、日本での社会常識が欠けており、社外の人に会わせて貰えず。
    結局は、人と人。日本でのマナー、心使い、気配りは必要になります。

    2つめは、基礎学力を考えると、総合の高校が良いかと。古典など、かえって知っていると外国人ウケする事も多いでしょうし。習字、着付け、生け花が出来て、海外でウケタ、別の友人の話も聞きました。
    まだ広く浅い知識を得てもよいのではないでしょうか。

    もっと的を絞った目標が見えないのが、やや不安。
    しかし、百聞は一見にしかず。
    若いから出来る事もあります。
    ここにトピ立たせるくらい、人の意見を聞こうとしている姿勢は、とてもしっかりした中3だと思います。
    がんばって!!

    ユーザーID:

  • ありがとうございます

    皆さん、ご意見ありがとうございます。
    皆さんの意見を参考に自分の将来について考えてみました。まだ、英語関係の仕事に就きたいといっても具体的な職業は決まっていないので、留学は大学生になってからしようと思います。
    両親とも何回も話し合いを重ねた結果、第2志望としていた高校を受験することになりました。
    私としては、高校で留学する方が大きいと思っていたのですが、日本での勉強もきちんとできてないまま留学するのは私自身嫌ですし、今回の投稿で皆さんの意見を聞けたことで、視野が広がりました。
    高校は日本できちんと勉強し、大学で大好きな英語を学びたいと思います。
    皆さん、本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 英語関係なんて仕事はない!

    英語関係の仕事とかかれていますが、英語関係という仕事はありません。英語の先生とかは別ね。

    語学はスキルですので仕事をする上で必要であるから英語を使うのであって、英語を使うために仕事をするのではないのです。

    例えば、TOEICで900点台を取るような人は日本でもたくさんいます。でも、英語だけでは仕事にならないのです。それを生かせる専門的な分野がないと、お給料も安いですよ。

    ユーザーID:

  • しゃべるだけの英語は要らない

    最近の中学、高校生の日本語の読解力は著しく低下していて、大学生、大学院生でも文章が読めない、書けない、論理的に物事考えられないのが多くなっています。

    そういう人たちでも日本語は話せます。同様に、英語圏に限らず、その国の人はその国の言葉を話すことはできます。

    ただし、内容の質については別問題です。電車の中で日本の中・高・大学生と思われる人たちの会話を聞いていれば、会話できることと、中身は別だってことはわかるでしょう。

    簡単にいって、母国語以上に他の国の言語で物事を理解できることはありません。つまり、母国語の能力が低いと、外国語の能力も低くなります。

    英語を使って仕事をしたいのだとしても、まずは、日本語をきちんと勉強してください。

    ユーザーID:

  • 高校はどこでもいい。要は自分の気持ち!

    大学3年の女子です。
    結論的にいえば、高校で留学した方が、効果は大きいと思いますよ。海外の大学への進学など、将来の可能性も広がりますしね。
    大学で留学しようと思っても、実際にはできないことがあります。両親がリストラにあい、費用の捻出ができなくなった、サーズや紛争問題で渡航が禁止されたなど(実際にあります!)。できるうちが花です。早め早めに行動してください。

    高校はどこへ進学しても、留学はできます。民間の旅行会社などがパッケージして売ってたりします。
    毎年夏休みに1か月。3年で計3か月留学して、アメリカの大学に進んだ友達もいます。だから、「この高校で!」と、決めつけない方がよいでしょう。要は自分の問題です。
    海外への留学制度が調っている高校への進学への利点は、英語が重点的に学べること(英語科など)と、共通の興味を持つ友達ができることだと思います。今だけ見ず、費用のこと、自分の留学後の進路など、よく考えて、決めてください。

    がんばってね。

    ユーザーID:

  • 留学の前に

    ホ−ムステイしてみる案に1票。

    私は伯母が通訳の仕事をしている関係で中学1年のときに夏休みを使って1ヶ月半ほど伯母の知り合いのアメリカ人の家にホームステイしました。(ちなみに私は幼稚園のころからずっとネイティブに教わることのできる英会話学校に通っていました。)
    お世話になったお宅はお金持ちの家で、治安の良い綺麗な街にある大きな家の庭にはプールやバレーコートやトランポリン、犬が3頭放し飼いでリスやシカやスカンクがでたりするところでした。ホームパーティーにはコックがやってきて、そこの子供の誕生日には山積みのプレゼント。そんなまさに理想のアメリカ生活の中でネイティブの英語に触れること1ヶ月半。

    結果はというと、「楽しかったけど英語はもういい。日本が好き」です。不自由は一切無く非常に楽しかったのですがどういうわけかもう特別海外に行きたいと思うこともありません。(自分自身「なんじゃそりゃ」って気分ですが。笑)

    私は当時中学1年だったので幼すぎて参考にならないかもしれませんが;本気か憧れか見極める参考にホ−ムステイしてみてはいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 目的と手段

    上の方も書かれていますが、英語を研究する方以外は
    英語の仕事等と言う職業は有りません。

    言語は目的を達成する為の手段であり、それ自体が
    目的にはなりえないのです。
    そこを履き違えないようにしてください。
    まず、自分が何をしたいのか?
    それを明確にし、達成する為に必要であれば
    留学すればよいのです。

    それと、もし通訳等を考えてらっしゃるのであれば
    まず自国語、つまり日本語を正確に使えることが
    大前提です。

    ユーザーID:

  • どちらかといえば、大学がオススメ

    高校で留学(1年?)したくらいで、英語をいかそうってってのは、厳しい。語彙力・文法力を鍛えてから、大学で留学してみては?
    私のまわりで、本気で英語を習得した人の多いパターンは、高校で1年交換留学。大学でも留学が一番多い。

    ちなみに、英語は日本でも十分勉強できますよ。
    今、アメリカに住んでいますが、英語+何をしたいか?が、重要だし。
    夫は、日本で大学院を卒業後、アメリカの大学で移植のスタッフとして働いています。英語の勉強は日本でしていただけ。語彙力・文法力(ものすごく重要・受験英語はあなどれません)があれば半年で、聞き取れますから。
    発音という点では、早いにこしたことないのは事実です。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧