欲しい物がなんにもない

レス49
(トピ主0
お気に入り8

心や体の悩み

くわん

こんにちは

私は貧乏でお金を貯めることが人間として上等、って考えの母親に育てられ、欲しい物をずっとガマンした(ほとんど買った経験がない)生活を送ってきました

職場で知り合った主人はお給料も良く、資産家で私は金銭的にとても恵まれた生活を送れるようになりました
感謝しています

でも最近欲しい物がないのです

誕生日、記念日、クリスマス優しい主人は今年は何欲しい?と必ず聞いてきてくれます

もう50は軽く越えただろうブランドバック、指の数より多くつけきれないジュエリーの数々、車、年間10回近く行く旅行、そして今、私の希望のほとんどを満たした豪邸を建築中です

とても幸せです

でも、でも、欲しくて欲しくてたまらなくて、いつかこの手に入る日が来るのを心待ちにしていた頃がとても幸せだったように感じる自分がいます(贅沢な話しだと重々承知しています)

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数49

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 当然

    人間欲しいものなんてなんにもなくていいんですよ。
    ブランド品とか旅行とか自分であみだしたものではないし。
    所詮人のつくりあげたもの・・・・
    私も最近映画も海外もブランドも楽しくなかったです。
    自分がないから。
    そして映画や歌までもおもしろくないです。
    悩みましたがある映画に感銘しました。久しぶりですからうれしかった。
    そして及川光博様を拝見して久々ときめきました。
    美しい、高貴なお方。好きなものがなくなり無理に好きな芸能人を作ろうとさえしました。
    好きでもないブランドにもこりました。
    今やっと人間好きなものがないタイプの人間が一人くらいいてもいいと思いはじめました。
    そうしたら気が楽になり久々海外の海でのバナナボートを楽しいと感じました。ブランド品を可愛いと思いました。あせらないでください。欲しいものなんてなくてもいいんですよ・・・・

    ユーザーID:

  • 続きがあるのかな?

    最初の内容ではなにがいいたいのかよくわかりませんが・・・
    ま、「欲しいものが欲しい」のならば
    一度、全部失ってみてはいかがでしょうか?
    意地悪な言い方ですがそれしかないですよ。

    ユーザーID:

  • いやもう、羨ましい

    いいじゃないですか〜
    とくに欲しくないものをもらわなくても。
    ご主人に消耗品をねだってはいかがですか?
    お菓子とかお茶とか。
    または本もいいですね。

    私はとっても貧乏なほうに入ると思いますが、やはりこれといって欲しいものはないですよ。
    激しく睡眠不足なので、ゆっくり寝ることが何よりの望みかな〜。

    ユーザーID:

  • 名誉、とかは?

    物欲の塊の私にとってトピ主さんは、
    なんともうらやましい限りですが、
    よく、ドラマなどであるのは、
    お金とかモノとかを手に入れた人が
    つぎに欲しくなるのは「名誉」じゃありませんか?
    あとは、ボランティアとかどうですか?

    ユーザーID:

  • 物質的にだけ?

    なりたい自分がいればそれに向かって投資するとか。

    私もお金も収入も、稼ぎの良い夫もおりますが、物質的に欲しいものはもうないです。
    ブランドや宝石にも興味はありませんが、親から譲ってもらったもの、夫から貰ったものなどそこそこ持っているし、家も車も別荘もあります。
    旅行も仕事柄海外ばかり行っていたので、行きたいところはほとんど行き尽くしたんで、温泉でたまにゆっくりできれば満足。

    けれど、どうしても勉強したいことがあって大学院で勉強中です。学位を取って留学するのが夢です。
    子供がまだ小さいので、思うように進みませんが、このこたちが大学へ行く頃には叶えたい。

    私の中では「勉強する時間」が最もほしいものです。そういうのはないのでしょうか?お金で買えませんよ。

    ユーザーID:

  • う〜ん、趣旨がよくわかりません・・・(1)

    ようは前よりも幸せではないという事ですか?
    それともそこまでは悩んでいないけどつまらない、どうしたらいい?というレベルなのかな。
    買う物が無くなったとしてもその余ったお金を物ではなく他の事に使う楽しさに有意義に使ってみてはどうでしょう。

    確かに若い頃は何でも欲しいという欲求が強かったと自分でも感じていて、全て欲しい物が簡単に手に入るようになった最近では主人と
    「何だか欲しい物がなくなったね。中々手に入らなかったから逆に欲しいと思っていたのかも。」と今日話したところなのです。(続きます)

    ユーザーID:

  • う〜ん、趣旨がよく分かりません・・・(2)

    でも今はその自由になったお金を色々な企業などに主人と相談しながら投資していて「お金を使う楽しさ」から「お金を増やす楽しさ」を見つけました。
    借り入れをおこさなければ失敗してもマイナスにはならないし、物を買うだけでは買った時点で達成されてしまいますからね。
    事業は育てる、増える、失敗すれはその事業自体がゼロというリスクはあるもののそれもまたスリルになります。
    結果が分かる試合なんてつまらないですからね。
    そして自分に力がついてくるとお金だけではなく人脈も広がりますからTVで見ていた芸能人や有名人から企業家まで幅広く知り合い生活にもハリが出てきて楽しいですよ。

    ユーザーID:

  • なんとなくわかります

    せっかくお金持ちになったのに、いざ、なんでも出来るようになったら何も欲しくない・・・。散財してもおかしくないというのに、あなたはとても素晴らしいと思います。

    匿名などでチャリティをするというのはいかがですか?
    物はいつか壊れたりするし、あの世には持っていけません。今困っている人に何か手助けが出来るなら、それはずっと長く残ります。

    寄付対象をダレでも知っているような(ユニセフ)とかにしておけば、いらざる無心から逃れられると思います。

    ユーザーID:

  • うらやましい話ですが・・

    知り合いの人の話ですが、バブル景気の頃に経営していた工場を売ったおかげで、ものすごい資産を持たれた方がトピ主さんと同じ思いをしてましたよ。
    その方は男性なんですが、世界中から名車を集め(節税対策も兼ねてたらしいですが)、世界に3つしかないピ○ジェの総ダイヤの時計も手に入れ・・欲しい物がまったくなくなってしまったら、生活が空しくなってしまったらしいです。
    欲しい物だらけの私からみると、とてもうらやましいんですけどね、
    でも私も結婚をしてドイツに住んでるんですが、休暇だけは山ほどあり、旅行しまくってたら行きたい所がなくなってしまいました。昔は海外旅行に行くと好奇心でワクワクしてたのに・・
    だから、ちょっとだけトピ主さんの気持ちがわかるかなあ・・ ほんと贅沢な悩みですけどね。

    ユーザーID:

  • それもありだと思います。

    私の勝手な想像ですが、今の豊かさは今まで我慢して倹約してこられたご褒美かもしれません。
    思いっきり楽しんで、優しいご主人に感謝をされておられると思います。
    そして、ご自分のことをご自分で心から受け入れてあげてみてください。
    人の目を気にして他の人と同じようにしようなんて考えないで。
    思いっきりご自分の心身を大切にしてあげて、「モノ」が欲しかったころの気持ちを開放できたら、きっとモノよりココロが大切なことに気がつきます。
    例えば、旅行に行って思い出を作ったり、趣味や学校で自分を磨くこと・困っている人を助けてありがとうと言っていただけること、など。

    ユーザーID:

  • 結構なことじゃないですか。

    所詮物欲でしょ。お金があればどうとでもなるものです。何でも手に入るようになればむなしくなって当然だと思います。
    そんな事を悩むより、何かを学ぶとかボランティアでもなさった方が良いのではないでしょうか。
    達成感とか充実感の方がよっぽど人生において重要です。物を買って得られる幸せなんて、たいしたものではありませんよ。

    ユーザーID:

  • 贅沢だけど・・・

    欲しいものが何でも手に入るだけが幸せじゃないですよね?トピ主さんの心は満たされていますか?
    優しい=何でも買い与えてくれる、ではないと思います。
    うちの旦那は普通のサラリーマンです。援助などなく家も買いましたのでローンがあります。子供も産まれたし、トピにあるような贅沢はありませんが、私は旦那と子供の3人で毎日元気に生活できることがとっても幸せです。
    そりゃ、欲しいものもあるし贅沢したいなって思いますが。
    幸せって自分の感じ方だと思うんです。なので、トピ主さん、欲しいものは何でも手に入るけど、「幸せ」ではないのかな?って思いました。(違ってたらごめんなさい)

    ユーザーID:

  • 満たされている

    手に入って幸せに思うのは

    「物」じゃなくて「心」だと言うことが
    わかったのでは?

    心が満たされていれば、物欲はあまり沸かないはずです。
    満たされている証拠ですよ。
    ずっと続くように 旦那さんを大切にしましょう!

    ユーザーID:

  • 人として一歩前進する時

    トピ主さんの物欲の無さは、現状が恵まれてるからだけではないのでしょうね。人間の欲なんて無いなら無いで、有るなら有るで尽きることなく湧いて出てくるもんだと思ってますので「今のままで満足」していること自体がすごい事じゃありませんか?現状がどうあれ物欲(=物に対する執着)を克服してる人はやっぱり一歩秀でてる気がしてなりません。

    本気で現状に満足なら今度は周りの人に何かを差し上げてはいかがでしょうか?もちろん物やお金のことではなく、真心だったり情報だったり愛情だったりという意味です。家族でも友人でも知り合いでも関わりのある方に幸せになっていただく事に主眼を置くと「今欲しい物が無い虚しさ」なんてふっとんじゃいますよ!

    ユーザーID:

  • 無意味な事

    どういう意見を期待してこのトピを立てられたのか分かりませんが。。。別に欲しい物がないなら無理して探して、大して欲しくない物(そんな無意味な贈り物)を買ってもらわなくてもいいのでは?

    物が溢れている世の中で何でも手に入る私達は幸せです。同じ地球上で食べる物もなく死んでいく人たちがたくさんいます。

    人が働いて稼いだお金をどう使おうと勝手ですが、そんなに浮かんだお金があるのなら寄付するなり良い使い道はたくさんあります。大して欲しくもない必要もない物品を購入して、結局は処分してそれもゴミになり埋め立てられて地球のゴミになるよりもマシかと思います。

    それと。。。私は欲しい物がたくさんあっても何もかも手に入るわけではないので単なる羨みかもしれませんが、贈り物って金額やブランド物ばかりが嬉しいプレゼントではないですよ。気持ちの問題ではないでしょうか。

    物やステイタスでしか人の値打ちや幸せの度合いを測れない人もいます。

    ユーザーID:

  • わかる気がする

    社宅暮らしの転勤族の妻です。同じ社宅の人たちは、子供たちが思春期頃に差し掛かると、いずれ安住の地に家を構え単身赴任になります。
    新婚当時から仲良くしていた同じ社宅の友人が数年前に豪邸を建てました。
    うちは、まだまだ子供も小さいのでこの先もしばらく転勤生活が続くのですが、家を建てた友人の家に遊びに行き「いいな〜〜ついに建てたね〜」と言うと、しみじみと「家を建てて、もっと嬉しいかと思ったけど、そうでもないわねぇ。子供も小さくて、狭い社宅に暮らしながら、将来どんな家を建てようかって夢を持ってた時が、1番楽しかった気がするわ」と言っていました(もちろん現在不幸って訳じゃないんですが)。
    旅行もそうですよね。計画を立ててる時が1番楽しいし。
    もし、お金がたくさんあって、時間も自由にあって毎日遊んで暮らせたとしても、それで毎日充実して過ごせるとも思えないんですが・・・きっと、それと同じなのかなぁ。
    仕事に追われて毎日忙しくしてるときは「休みが欲しい」って思いますが、毎日日曜日なんてつまんないし。手に入ってしまうと、つまんないものなのかも。

    ユーザーID:

  • 今を感謝したら?

    今は欲しいものがないかっもしれませんが、
    年取れば、あの頃に戻りたい。健康が一番だったと気づくはず。
    また、縁起でもないですが、世の中、倒産等何不自由ない生活から一転、借金ということだってないとは思いますがありうるわけですよ。

    物欲が満たされてるのなら、健康面での管理(運動当)、または趣味教養を深めるために勉強などされてみてはいかがでしょうか。
    人間的な向上に力を注ぐことにオススメいたします

    ユーザーID:

  • モノじゃない

    欲しいのは『モノ』ではなく、お母さんからの『肯定』ではないでしょうか。
    だって今の生活は、アナタの育ちとは全く違う価値観の生活ですよね。その生活がお母さんから肯定されれば、アナタは満足するのではないかと思います。

    ユーザーID:

  • それが自然です

    まさにそうだと思いますよ。
    幸せや満足感は、持っている物の数に比例するのではないと思います。
    むしろ、手に入れられない状況でやっと買えるというプロセスがあるほうが、気持ちは高揚するんですよね。
    トピ主さんは、慣れすぎてしまい、感覚が麻痺してしまっているんですね。

    でもまず、トピ主さんが大人になって優しいご主人と同時に物質的にも恵まれる結婚が出来て本当にそれはそれで幸せなことだと思うので、慣れるに従って薄れていく感謝の気持ちを意識して忘れないようにしましょうよ。

    そして、何も買いたい物がなければ何か世のため人のためになって喜んでもらえるような活動をなさったり新しい勉強を始めたりしてはどうでしょう?
    綺麗ごとではなく、物質に飽きたら人は最後は自分が何かの役にたっているという実感こそが最高の幸せを感じる究極の術になると思います。

    ユーザーID:

  • ケースは違いますが

    両親が早死にして、図らずも若くして遺産相続人になってしまいました。
    お互いに旧家の出身で、想像をしていた以上の遺産でした。(トピ主様の配偶者の資産とは比較にならないかもしれませんが…)

    当時私は会社勤務をして居りましたが、不労所得と収入と両方では税金も大変で、公認会計士の助言で退職致しました。
    両親の命と引替えの「尊い尊い遺産」ですから、簡単には使えません。両親ともども経済的に恵まれた家庭環境で育ち、いつでも大抵の物品は買うことができる立場にいて派手な暮らしではありませんでしたから、それを見て成長した私がお金があるからといって、楽しく使えるかと言えば無理なのです。

    したいことも欲しいものも特にありません。
    望めばいつでも叶う生活で、食料と消耗品だけは買いますが…
    お金よりも両親に会いたい…叶わない望みを持っています。

    ユーザーID:

  • あぁ・・・

    欲しい物が全て手に入ると、人生ってつまらなくなってしまうのですね。そういう人は、

    「買えるけど買わない」

    そう意識して生活することが大切なのに…(難しいかな)

    ちなみに私は自由に欲しい物を買えるほど裕福ではありませんが、物に執着しないので、車も家もブランドの洋服やバッグも持っていないけど、幸せです。
    ただ、求めているものが、「世界平和」なので、なかなか心は満たされません。

    トピ主さんも、そろそろ「物」に執着なさるのをお止めになってはいかがでしょうか。
    持っているブランド物を一個ずつ売って、そのお金を寄付するとか…幸せになれますよ〜。ただ、それを実行した後でも幸せ感が得られないとしたら、まだまだご自分の欲求は満たされていないことになりますね。

    そうそう、このレスが取り上げられる頃にはもう終わっているかもしれませんが、「ALWAYS 三丁目の夕日」という映画を是非ご覧ください。今のトピ主さんの心に響く何かがあるはずです。

    ユーザーID:

  • 手に入れるまでが楽しい

    「欲しいな」と思ってる時が1番楽しいのではないでしょうか?手に入れてしまったら欲求は満たされた訳で、気持ちも落ち付くものです。男女関係が特にそうだったり。「成就しない恋が一番美しい」或いは「お腹が減った時のお茶漬けに勝る料理はない」、そんなセリフがあるのかどうか、知りませんが。

    ユーザーID:

  • 与えることの喜びを知る

    貧乏だった方が玉の輿にのってしまい裕福な生活をおくることになり、今まで望んでも手に入らなかったものがいとも簡単に手に入るようになり、戸惑っていらっしゃるのかしら。
    自分はあんなに苦労したのに手に入れることができなかった。しかし同じもの・それ以上のものを手に入れるのに全く苦労しない人もいる。ということを見せ付けられて、これまでの自分の人生・過去を否定されたような感覚になっているのでしょう。

    これ以上与えられても喜びを感じないのならば、いっそのこと恵まれない人々へ与えるということに喜びを感じるのでは?福祉事業などへの寄付が今のあなたの人生を意味のあるものにするでしょう。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます トピ主です

    たくさんのレスをありがとうございます

    励ましてくださる方、共感してくださる方、新しい考えを伝授してくださる方、1人1人お礼申し上げたいのですがまとめてでごめんなさい
    とても感謝しています

    厳しい叱責のレスを想像しておりましたので、涙がこぼれそうでした

    そうですよね、物にこだわる必要はないですよね
    寝る時間、本を読む時間、欲しい物は品物に限らずあります、あります

    視点を変えて見ることが出来ました

     
    お正月、きらびやかな?格好で実家に年始に行き古びた格好の両親や、目一杯働いても食べていくことがやっとの弟を見てかなりブルーになっておりました
    お恥ずかしい話しですが結婚前は私だって洋服などそうそう買えた事はなかったのです

    仕送りは夫に遠慮して(両親も弟もプライドがあるだろうし)出来なかったのですが、変な遠慮をせずさりげなくプレゼントをしたりしたいと思います

    説明不足でしたが主人は私が働くのを極端に嫌っていますのでちょっとかごの鳥状態で鬱になっておりました
    ボランティアは快く行かせてくれるので、マメにしています

    まだまだご意見ありましたらお願い致します

    ユーザーID:

  • 満足・不足バランス

    私の個人的な考えですが。
    人は、一生100%満たされることはなくて、必ず何かが不足するように出来ていると思います。
    不足がなければ、生きてる実感がなくなってしまうからです。

    例えば、物質的に不足している人は、それを満たそうと努力するでしょう。
    少しでも手に入れば非常な満足が得られるでしょう。
    じゃあ、物質的に満たし尽くしたら、どうなるのか。
    多分、物質的に満足した分、それ以外のどこかが不足してるのでは。
    それが「何」かは、人によって違うと思いますが。

    トピ主さんも、こうしてトピを立てたことから察するに、何かの不足を覚えているように見受けられます。
    「何か」が何であるのかは、トピ主さん以外には分かりませんが。
    ここから先は、それを満たすために努力する人生でしょう。
    その「何か」が満たされた時には、物質が不足してるかもしれないし、また別の部分が不足してきてるかもしれません。
    そうしたらまた、その不足を満たすために生きるのでしょう。
    その繰り返しが、人生だと思います。

    ユーザーID:

  • ひとのために

    ご自分のためにお金を使うことに喜びを感じられないのなら、
    「困っているだれか」のために使うのはどうでしょうか。

    生まれる国や地域が違うだけで、
    水や食べ物がなかったり、満足な医療や教育を受けられない人が世界中にいます。

    その中の誰か一人でも助けて上げられたら
    トピ主さんの喜びにつながりませんか?

    ユーザーID:

  • 私も欲しいものがありません

    同じだなーと思って読みました。
    私にも欲しいものが何もありません。
    いえ、うちは借金だらけだし、ブランドバッグはひとつも持っていないし、
    旅行も全く行くことがありません。
    そんなお金がないからです。
    でも、お金も欲しいと思わない。
    今の生活に満足しています。
    ちなみに夫は優しくないし、
    こどもは全員デキが悪いときています。
    でもね、多分、「何にもいらない」と思えるのは、
    健康だからだと思うんですよ。
    息をするのも苦しくて、
    一歩歩くこともままならない状態を経験して、
    そう思うようになりました。
    こんな贅沢な気持ちはなかなか味わえないと思いますよ。
    「何もいらない」と思えるなんて、最高の幸せです。
    これ以上はもう望めないところにたどり着いたのですから、
    残りの人生は、穏やかに過ごせるはずです。
    あとは、自分を取り巻く全てに感謝、感謝です。

    ユーザーID:

  • お金で買えないもの

    誰かが言ってたんですが、今の世の中お金で何でも買えてしまうから逆に買えないものに価値がある。これ本当だと思います。心が満たされない人ほど買い物をしますね。でもいくらお金を使っても満たされるのはおき場所ばかりで心じゃない。
    私も夫の稼ぎのお陰で金銭的に不自由しない生活を送ってます。でも心から満たされると感じる瞬間は、物をもらうときじゃなく、夫から愛されてると感じるときです。だから本当は何もいらないんですけどね。

    ユーザーID:

  • 既に持っているものと似たようなものは、そんなに欲しくならない

    ものだと思います。まして今後いつでも手に入れられるものなら、なおさら。ある程度の便利・快適が満たされた後、欲しいのは、もの自体ではなく、感動のような気がします。

    飽きちゃったら感動は減りますよね。いくらしても飽き足らないのは人を喜ばせることかもしれない、私も奉仕などそんなにしてきてないですけど。自分自身の能力などを磨くとしても、できれば人の役に立てるものを(多くは役立つ気はしますが)選んでみては?困っている人に奉仕することを、できればご主人とやってみるのもいかがでしょうか?

    お金でも労力でも”自分自身がしてさしあげられる”ことを。ハートが何か感じるかも‥暖かくなるようだったり〜それを重ねていくと一時の感動だけでなく、積み重ね風にだんだんハートが変化していく、眠っていたものが目覚めていくような感じになるみたい、これも私はちょっとしか経験できていませんけど。貧しかったイエスも王子だった釈迦も、深い平安みたいなものを結局は求めたようですよね、”悟り”までは簡単にいかなくても‥。手に入れたものはいつか失うものだと思います、最後に残るのはハートでは?

    ユーザーID:

  • 私はそこまで豊かではないけど

    気持ちはわかる。
    しょせん品物には限度がありますよ。
    ていうか、かならず物をもらわないといけないの?
    私はブランドや宝石に興味がなく、何が欲しい?と言われても欲しい物がないです。
    ていうか物が増えるのは嫌。
    誕生日や記念日に一番嬉しいのは、彼がその日仕事が休みでいっしょに過ごせること。
    あえて何が欲しいかと聞かれれば、彼と過ごす時間に彩りを加えるアイテムですね。
    お互いが好きなワインとか。シャンパンとか。
    地元の高価なホテルとか。
    温泉で二人でのんびりとか。
    あなたがおもっていることそのままを彼に伝えてみたらどうですか?

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧