妊娠・出産・育児

妊娠したけどとにかく怖い!

レス30
お気に入り1

こわがり

子供

結婚してから8ヶ月。つい最近妊娠がわかり現在5週目です。
望んでできた子ですし、周りもとっても喜んでくれています。
でも私はとにかく怖がりなんです。

昨日産婦人科に行き、経膣超音波で確認してもらいました。
内診にももちろん不安があったけど、経験してみたら「意外と大丈夫だった〜」って思えると思っていたんです。

でも始まったとたん恐怖で泣きじゃくってしまって
先生にも「もうやめる?」と言われたんですが、
看護師さんに手を握ってもらいなんとか終えました。

が、家に帰ってからも次の診察を考えて恐怖で涙が止まりません(痛かったわけではないし、先生もとてもよい方だったのに)。どんどんマイナス思考になっていきます。
はじめの一歩からこんな調子で、これから迎えるはずのつわり、陣痛、出産に自分が耐えられるのか不安でたまりません。

こんなに怖がりではたして母親になれるのでしょうか?
不安ばかりが先に立ち、妊娠を素直に喜べず、おなかの子にも申し訳なくて・・・。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数30

投稿する
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大丈夫

    大丈夫です!ご心配なく、母は強し
    でも羨ましいです。私は子供がまだ出来ないんです。
    結婚2年目、早く待望の赤ちゃんが欲しいです。
    トピに主さん、泣き虫で怖がりママの気持ちを和ませてくれるような可愛い赤ちゃんがきっと産まれますよ。
    子供って授かり者ですから、欲しくても頂けないんですね。応援してます、深呼吸して取り越し苦労をせずに大丈夫ですから、赤ちゃんの生命のエネルギーに身を任せてみてください。トピ主さんと赤ちゃんとの二人「ママ大丈夫よ、一人じゃないからね」って小さな呟きが聞こえてきませんか?もうすぐ会えるんですね。

    ユーザーID:

  • 案ずるより・・・

    タイトルのとおりです。
    いまは妊娠初期で、特に情緒が不安定なんですね。
    怖い気持ち、不安な気持ちがまったくなくなる方法はありませんが、胎動を感じられるようになれば、
    少しはどっしりとした気持ちになれると思います。
    あとはちょっときつい発言ですが。。

    どんなに怖くても不安でもつらくても痛くても、
    出産をとめることはできません・・・
    月が満ちれば体から出てきます。
    出るものをとめることはできません。
    出産は一大事ですが、時がたてば終わります。
    なるようにしかならないのです。
    その時まで体をいたわり、健康に留意した生活を心がけましょう。かわいい健やかな赤ちゃんが生まれますように。

    ユーザーID:

  • でも、もう産むしかないよね。

    こんにちは。私も妊婦です。現在9ヶ月です。
    私の場合、来月に控えてる出産が怖いですよ。

    確かに産婦人科の内診て勇気いりますよね。
    でも3,4回目あたりからほとんどの病院では、それまでの内診+経膣プロープから経腹超音波のみの診察となるはずです。で、出産直前あたりからまた内診が追加されます。ですから、経腹超音波のみの期間に妊娠にも診察されることにも心がだんだん慣れてきますから、大丈夫です。

    妊娠した以上、おろすわけにはいかないし、もうひくにひけないんです。産むしかないですよね。私も来月の出産にむけ、びびり気味ですが、がんばるしかないと思っています。
    友人から「内診なんて出産と比べたらかわいいもんだよ!」と前にいわれました。(て、余計こわがらせてしまうでしょうか・・)

    あと、雑誌「たまごクラブ」のHPでたくさんの妊婦仲間の掲示板があるので、それをみてると同感と思うことがあったり、勉強になったりと妊婦にはいいと思うので、見たらいいと思います。ただし、最初に会員登録(無料ですが)が必要です。登録してから1週間でみれるようになります。

    ユーザーID:

  • それがね、

    大丈夫なのよ!

    内診だって4ヶ月を過ぎたら臨月まではないし、エコーを見れるようになったら、お腹の赤ちゃんの心臓が動いているのを見れるんですよ。もうね、それを見たら赤ちゃんに会えるのがとっても楽しみになるんだよ!先生もいい方なんでしょ?それなら一緒にニコニコ笑顔で赤ちゃんの様子を教えてくれるよ、私の先生がそういう方でしたから。

    陣痛やお産は確かに痛い!その病院が無痛分娩できるなら、無痛で予約するのもいいでしょう。もし無痛ができなくても大丈夫!お産して1ヶ月も経てば、どんな痛みだったかすっかり忘れてしまうしね、ホントに。私もお産してすぐは「もう2人目なんていらない」と思ってたけど、産後2ヶ月くらいから「また子供ほしいな〜」って思ってます。

    ユーザーID:

  • わかります〜

    トピ主さんのお気持ちよくわかります〜。
    私は結婚半年、まだ妊娠していませんが今年は子作りを頑張りたいと思ってます。

    なのですが・・・早く子供がほしい気持ちと、妊娠・出産が恐ろしい気持ちでとても複雑です。
    この歳(31歳)になると子供がいる友人も多く、出産体験話を聞くとますます怖くなってしまって。。。

    でも上のレスでもみかさんが仰ってますが、取り越し苦労なのでしょうね。
    まさしく「案ずるより産むが易し」かな!?
    子どもという大きな宝に恵まれたトピ主さんが羨ましいです!

    トピずれになりますが、ご自身がお子さんを熱望されているのにトピ主さんの事を素直に心から応援されているみかさんにとても好感を持ちました。
    私もトピ主さんを心から応援するとともに、幸せにあずかりたいです(笑)

    ユーザーID:

  • 流れにまかせる

    もしかして婦人科は初めてでしたか? 大丈夫、いい先生だったのなら、だんだん慣れていきますよ。

    私も妊娠、出産して思ったんですが、これって私たちがコントロールできることじゃないんですよね、大概の場合。努力はできる、でも、あとは流れに任せて、のりきっていくより仕方ないんです。臆病でも、強気でも、それだけなんですよ。自分だけの体じゃないって言いますけど、そういう意味でもあると思いました。

    やってくるチャレンジを受け止めて、なんとかやっていくほかなくて、またそうやっているうちになんとかなっちゃうものだと思います。つらいこともあるかもしれないけど、今まで経験したことのないような喜びや感動も待っています。あんまり深く考えないで、でたとこ勝負でやってみて!

    ユーザーID:

  • 生命の神秘

    はい、確かにお産って痛いことや辛いことずくめです。
    二人産んでいますが、分娩には「気合だぁ〜」×1000ぐらい気合が要ります。こわがりさんが不安になるのは普通のことですよ。

    こわがりさんの目の前にそそり立つお産の山は、確かに険しく不気味なことでしょう。でも背後にはご主人、ご両親たちの支えもあり、そして不安を乗り越えるだけの勇気を与えてくれる最高の喜びが頂上に待っているのですっ。
    ピンクのほっぺ、おでこの産毛。ぎゅっと握った小さな手。いとおしくてたまらないですよ〜。
    おなかの中で少しづつ育っていくことに神秘的な気持ちも感じました。女だけの役得!

    内診のことですが、内診検査でなければ分からない異常もあるそうなのです。異常が無いと診断されて安心を得ることで納得するしかないですね。
    最初はみんな不安なんです。お産の経験者に話を聞いたり、病院でお産のイメージトレーニングしてくれるのに参加したりして少しずつお産を理解していくと怖い気持ちもほぐれると思います。

    ユーザーID:

  • 何が怖いのか

    何が怖いのか冷静に考えて見ましょう。

    診察のときは何が恐怖だったのか。
    自分の中の別の生物(?)が実感出来ないとか、
    育児に対する漠然とした不安なのか、これから来る
    陣痛、出産に対する恐怖なのか、、、。

    産婦人科の診察室って嫌ですよね。足を開いて診せなくてはいけないですから。私も恐怖は感じなかったけど、すごく緊張した覚えがあります。
    今でも婦人科に掛かるときは嫌ですよ。身体が硬くなる感じです。

    陣痛に関しては大丈夫。痛みが少しづつ増していく感じで、痛みに慣らされていきます。

    分からないことに関しては不安に思うものです。
    妊娠、出産について少し調べてみてはいかがですか。
    本を読んだり、インターネットで調べてみたりね。

    ご自分の身体がどの様に変化するか、興味を持ってこの時期を楽しんじゃいましょう。

    ユーザーID:

  • 私も内診苦手です〜

    妊娠9ヶ月の者です。
    私も内診が今でもすごく苦手です。
    あの内診台の体勢や、金属のような物を入れられる恐怖、痛み…。
    でも、とっても願っていた赤ちゃんなので、内診台に上ががった途端に、どこからか勇気がわいてくるんです。
    「赤ちゃんのためだ」と思うと、力も自然に抜けてスムーズに内診が終わります。

    これが「母は強し」と言われるのかな〜
    「赤ちゃんのため」と思うと、強くなれるかも知れませんよ。
    がんばってくださいね!

    ユーザーID:

  • 何とかなる

    私も怖かった・・未知の体験、すごいと言われる痛み・・・

    だけど、経産婦の友人からは、二回目は先がわかるだけに、それなりに怖いと言われ、それもそうかと思いました。

    だけど、手を握ってくれた看護婦さんのように周りはプロですから、任せてみましょう。次に不安でも助けてくれる・・・そのうち慣れますし。

    ただ、出産時は泣いてはだめですよ。泣いたらそこで脱力してしまい、がんばれないそうです。泣いても吼えても陣痛は続きます。赤ちゃんも苦しいのだから、
    もうスグ会える・・とがんばってくださいね。

    ユーザーID:

  • トピ主さんへの応援。

    私は結局こわがりのままで、克服できずに子供を生むことが出来ませんでした。
    今思うに、トピ主さんのようにもっと回りの人に甘えて、わがままを言って、子供を作ればよかったと思っています。
    トピ主さんのように、じたばたしながら素直で正直に妊娠に向き合えばよかったと思っているんです。

    ヘンな話しで悪いけど、私はもう遅くて。
    どうか私の分まで頑張って、幸せなお母さんになって下さいね。

    ユーザーID:

  • 怖いに決まってます

    怖いに決まってます。
    人類始まって以来、お産を怖くないと思った女性は皆無だと思いますよ。

    いままで体験した事のない場面に遭遇するのですから。
    10ヶ月後には痛い思いをするとわかっているのですから。

    でもね、こうしてみんな子供を産んでにこにこ笑っている。
    可愛い赤ちゃんと会えるのを楽しみに、そして母親になるための心の訓練と思って頑張って下さいね。

    ユーザーID:

  • 大丈夫よ。

    もう私なんて人一倍痛がりの怖がりだったの。
    だけど 一人目の出産の時は難産でしたが ちゃっかりその二年後にはもう一人産んでしまいました。
    未知の世界だから 不安になる気持ちはよ〜くわかります。私も妊娠中は恐怖感を落ち着かせたくて必要以上に助産婦さんとかに質問をし続けてしまいました(笑) 私の場合内視鏡も痛くて泣いてましたよ。
    だけど 不思議なものですが いざ陣痛がはじまってしまうと親になるんですね。まな板の鯉とでもいいましょうか 思うと検診の時の自分が可笑しいくらい落ちついてしまいました。

    つわりや陣痛の痛さに耐えられるように女性の体はできているんです。陣痛に苦しんで産んでも赤ちゃんが出てきた瞬間 赤ちゃんの指の数や目や鼻口などを確かめるんですよ。それに可愛くて痛さなんて忘れちゃうくらいですよ。
    不安になった時は 大きく数回深呼吸をしてみたらいいのではないでしょか。 
    私で産めたんだからトピ主さんは大丈夫よ。あせらずゆっくり行きましょう。

    ユーザーID:

  • わかりますよ

    私も今では2人の子持ちの40女ですが、妊娠の時も、出産のときも、そしていまだに婦人科の検診でも、内診があると体が強張って自分がわけのわからない塊になった気がします。。3人目がダメになって、1ヶ月位入院しましたが、その手術のときも怖くて怖くて。
    思うに、なんか、自分が物のように扱われている気がして人体実験のような感じがするのでは?違うかな。

    どなたかも書いてましたが、内診は4ヶ月位からなくなりますし、最初の妊娠の時、恐怖感から母親学級にいかないで、ぶっつけ本番で分娩台にあがった(しかも、その時看護師さんから呼吸法を教わった)私でも出産できましたから大丈夫ですよ。恐怖感で出産できなかったら、今まで人類が存続できませんがな。大丈夫ですよ。

    ユーザーID:

  • 子供は生まれてくるもんです

    私も一人目の時怖かったです。よーく判りますよ。
    でもですね、どんなにいたくても、子供は生まれてきます。生まれたらきっとあなたも思うと思いますが、子供は、親が生むんじゃなくて、「子供の方から生まれてくる」ものです。おなかが痛くなって、痛くなったら、あとは、時間が流れるのを待つだけ。

     大丈夫、ほとんどの女が普通に平凡にやってることです。
     不安なら、とりあえず呼吸法の練習をやっておきましょ。これはかなり役に立ちますよ。
     ちなみに私は、二人目の時、フ〜フ〜のリズムで息を吐きながら、「ゆっくりね〜、おりといで〜、力抜いて〜、一緒にね〜、がんばろね〜」って、赤ちゃんに語りかけるつもりでイメージしたら、一人目よりずっと楽でした。みんなにも進めています。目の前でやってみてあげられたらいいんだけど。。。

     どっちにしても!もうちょっとですね。
    おめでとう!

    ユーザーID:

  • 天使到来!おめでとうございます!(1)

    貴方が特別ではなく、どんな人も恐さはあると思いますよ。
    私も貴方と同じで、恐がりで痛みに弱い体です。
    三度に一度は生理痛が最もひどく、痛みで貧血、意識がもうろうとして冷や汗がでたり、呼吸も歩くこともままならず、もどしてしまうこともあります。

    生理痛は陣痛とあんまり変わらなかった、という母の話なので、もしかしたら私も陣痛のような痛みを経験しているのかな、と思うこともありますが、あれよりひどいのは耐えられるかはもう未知です。

    先日、私と生理が同じ状態の兄嫁が出産しましたが、やはり、たいへんだったようで、三度もどし、一瞬意識を失い、貧血があったりでそれはずっと付き添っていた兄もこんなに大変なのか、と涙がでたそうです。。
    私はこれを聞いて親にも、あんたは体力もないから、最初は無痛分娩がいい、といわれました。

    無痛分娩もいろいろあると思いますが、日本は痛みを伴ってこそ、母になる、ということを美徳にしていますが、フランスは95パーセントが無痛分娩があたり前らしいですよ。

    ユーザーID:

  • 続き

    フランスでは、避けられる事をあえて大変な思いをしなくてはいけないの?と不思議に思うようです。

    ありえないけど、日本人の考え方は「麻酔をしないで手術した方が立派だし、痛みをしれば健康のありがたみがよくわかって、体のことを大事にする」というのと似ているのでは?

    無痛分娩といっても産む時は無痛でもそれなりに全く痛い思いをしないで、というのは不可能だと思うし、こう陣痛や切開の傷など、あると思います。

    ただ、私も天から神様の遣いとして自分の中に降りてきた天使を、自然な形で迎え、この地球がはじまって繰り返されてきた神秘の営みを、一度は味わってみても、生きている時しかできない、価値ある事かな、とも思います。

    陣痛が五分間隔になって12時間以上かかった母の話を聞くと、体力的に私はもたないことが心配なので、私は最初は無理せず無痛分娩にすると思います。

    あなたも無痛分娩という選択肢を入れてみては?
    リラックスしてうむことができた聞いています。

    あと「私があなたを選びました」という詩を検索してみて読んでみて。オススメです♪

    ユーザーID:

  • 私が妊娠したころ

    一歳児の母です。

    今考えると、妊娠3か月〜5ヶ月のころが
    一番精神が不安定でした。

    漠然とした不安と思ったより体が云うことを
    きかなくなってしまっていて、
    突然泣いたりしました。

    病院でも貧血で倒れて休ませてもらったりしたのですが、
    その時先生が「母になるんだから強くなりなさい」と
    手を握って云ってくれたのが、
    今考えるとターニングポイントかもしれません。

    出産はそりゃ痛いですよ。
    でも赤ちゃんも自分の頭蓋骨を重ねてまで
    出てこようとしているのだし、
    いっぱい美味しい空気を送り込んであげてください。

    私は出産直後に夫にハガキを出したのですが、
    「楽しかった。これからもがんばる。」と書いているので、
    そんなに辛くなかったのでは?と。

    正直あれから2年も経っていないのですが、
    覚えてないんです。その後が大変で楽しくて。

    妊娠時期は出産後よりゆったりできる最後の時間なので
    今の時間を楽しんで、元気に頑張ってください。

    ユーザーID:

  • よく分かります!

    お気持ち、すっごくわかります!私は「子供は欲しいけど産むのが怖いから養子もいいかな…」などと考えていました。30歳になったら婦人科検診に行かなくちゃ…でも内診がイヤだ、30歳になりたくない、とも。ところが、30歳の誕生日まであと半年という昨年の春につわりを感じ、検査薬で陽性が出たため、予定より早く産婦人科初体験。とーーーってもイヤでした。妊娠の事実よりも、内診の方が大事件でした。つわりの時は情緒不安で毎日のように産むのが怖い、と泣き、予定日が近くでは不安で電話口で(里帰りの為)泣いてよく主人を困らせました…。そんな私でも無事に出産出来ましたよ。陣痛が始まれば逃げようもないので腹もすわります(あきらめだったりして…)。皆平気な顔して出産しているように見えるものですが、例え何人出産していたとしても、内診が平気・出産の痛みなんて慣れっこ、なんて人はいないのではないでしょうか。大丈夫、トピ主さんもきっと無事にママになれます。赤ちゃんに申し訳ないって思えている時点で気持ちは立派にママですよ。

    ユーザーID:

  • 皆さん、多かれ少なかれある事です。

     初めての妊娠なのですね。おめでとう御座います。私自身も、若い方からもよく「恐い」って聞きますよ。でも、本当にその様な事だったら、二人目、三人目を欲しがる人がいるでしょうか。

     「初めて」は、どんな事でも誰でも恐い。
     女性の体とはよく出来た物で、ちゃんと子供を出産出来る様に、作られています。
     はっきり言って、痛すぎて「痛みを感じない」のですよ。ご心配なく。

    ユーザーID:

  • おめでとうございます

    おなかの中に人間がいること。こわいですよね。自分が自分でなくなっていくような。
    私にはあわなかったのですがソフロロジーはご存知ですか?お産に対する漠然とした恐怖をとりのぞくという出産方法です。トピ主さんにはいいかもしれません。
    あなたはもう立派な母親ですよ。おなかの赤ちゃんに栄養を供給し生かしているんですもの。
    これからも辛い時期があるでしょうがお体を大切にしてくださいね。

    ユーザーID:

  • ひとりじゃないよ

    妊娠おめでとうございます。体を大切に過してくださいね。
    未知の事って不安で怖いのは当たり前です。
    だれでもそうですよきっと。
    だけど、今回は一人で頑張るんじゃないでしょ。
    お腹の中の赤ちゃんもご主人も一緒。
    産婦人科の先生もよさそうだったそうですし。
    ココ(小町)でも不安な気持ちを吐き出してください。
    まだ寒い日が続くのでしょうか。温かい飲み物でも飲んでリラックスしてくださいね。

    ユーザーID:

  • 妊婦はみんな神経質なものです

    のど元過ぎれば熱さ忘れるです。
    私も初めての妊娠ときは
    死んでしまいたいほど不安でした。
    ヘビースモーカーだった私。

    お腹にこどもがいるとは露知らず
    ぱかぱかタバコを吸い酒を飲み
    力仕事をしておりました。

    妊娠発覚後 切迫流産の気があると
    診断されノイローゼに近い状態になりましたよ。

    私の場合は診察は何とか我慢できたのですが
    障害児だったらどうしよう?
    私がこどもを育てることができのかしら?
    主人とうまくやってく自信がない。

    どれだけ主人に当り散らし、離婚問題まで
    発展したものか。。。
    自由にタバコも吸えないし、
    好きなコーヒーも我慢しなければいけない
    食べるものも神経使い、外出もインフルエンザやら
    転倒などの心配。数え上げればキリがないです。

    その心配や我慢のおかげで今の五体満足な
    こどもがいるのだと信じてます。
    10ヶ月の我慢です。
    そうすれば、また自分だけの体に戻ります。
    そして、もっと素敵な自分より大切な
    命にめぐり合えるのです。

    我慢しましょう♪

    ユーザーID:

  • 素敵な経験です

    私も妊娠中怖くて心配でたまりませんでした。
    出産予定日が近づくと、いつ来るのか、耐えられるのか等々・・・
    不安で不安で夜寝る時に一人で涙を流した事もありました。
    でも、いざ陣痛が来ると割と冷静で、普通に髪の毛を縛りコンタクトを入れて気合入れて病院へ向かいましたよ(笑)

    陣痛は本当に痛かったですが、産まれてくる痛みはあまり覚えていません。とにかく、早く終われ〜早く会いたい〜って願うばかりでしたから。
    産まれてきてくれた時には、どんな表現したらよいのかうまく言えませんが、味わったことのない満足感と達成感に満ちていました。

    女性ならではの本当に素晴らしい経験だと思います。
    初めてのお産が怖くない方なんていないですよ。
    友達は二度でも三度でも怖いよ!と言っていますし。

    『案ずるより生むが易し』その言葉がぴったりです。
    母も必死ですが、赤ちゃんも頑張って出てこようとしてるんですよ。赤ちゃんに負けれないですもんね!
    色々心配しすぎずに頑張って下さいね。

    ユーザーID:

  • 私も怖かったです

    7ヶ月になる子の母です。お気持ち分かります。お腹はどんどん大きくなるので、産むしかありませんが本当に怖かったです。検査は妊娠の終わりごろまでありませんでしたが自然分娩に対する恐怖があり、帝王切開を望みたいくらいでした。結局自然分娩でなんと陣痛が30分、お医者さまもびっくりの安産でした。火事場の馬鹿力という言葉が浮かびました(ごめんなさい品がないですね)いろんなコツを伝授されると思いますがおへそのあたりを見て上体をCの字にして頑張るのです。3回目で出ました。恥ずかしいという気持ちは赤ちゃんの命を助けたいという思いより強くはありませんでした。気持ちは本当に分かります。特に分娩時には子宮口が何センチ開いたかを手で確認されるので気持ち悪くて痛くて不快でした。でも恥ずかしがる事は無用です。馬鹿げた事です。実際に出産を経験されると分かると思います。心から安産をお祈りしています。

    ユーザーID:

  • 私も恐がりだよ〜

    怖いくせに「陣痛ってどんなだった?」って、先輩方に聞きまくっては落ち込んでましたもん!笑

    怖いよね、わかるわかる!そこで、そんな恐怖を吹き飛ばす本を紹介するよ。

    ジョー・タイ著の「天使になった男」

    1日で読めるくらいの、あっさりした小説風になってて怖がりな私も少し大人になれた一冊だよ。

    不安や恐怖って、逃げれば逃げるだけ大きくなっちゃうから思いきって・・・できないと思うかもしれないけど向き合ってみるの。子供作るのも怖くなかった?でも、できたじゃん!そんな私も今じゃ肝っ玉母さんって呼ばれるくらいになったんだ。

    ユーザーID:

  • 私もです

    臨月の妊婦です。
    私も妊娠初期のマタニティブルーを経験しました。
    無事に育つのかな〜と心配しすぎて、「妊娠は病気じゃない」という他人の言葉に傷ついたり、ちょっとしたことで旦那に八つ当たりして、ケンカして泣いたり。
    くしゃみしても流産しまいかと、びくびくしていました。
    でも、安定期の6〜9ヶ月ころは幸せいっぱいでしたよ。
    お腹の中で感じられる胎動は、なんともいえない神秘的で幸せな経験です。
    でも今は、出産を間近に控えたマタニティブルー復活です。
    旦那や両親がみんな敵に思えてくるくらいです。
    「私ばっかり辛い思いをして…」という精神状態です。
    もう産みたくない〜!あんな大きい赤ちゃんが下から出てくるなんて物理的に有り得ない〜!痛いんだろうな〜!とか自分の心配ばっかりして、赤ちゃんに申し訳ないと思ってしまいます。
    妊娠初期と出産前と産後すぐには、ホルモンの関係で気持ちがブルーになる時があるみたいです。
    全然励ましになっていないのですが、一緒に頑張りましょうね〜

    ユーザーID:

  • 怖いねえ私も!(笑)

     内診、私も苦手です。超音波診断が経腹になる中期を待ちわびていましたので、今は快適(?)です。が、先日運動開始許可のための検診で久しぶりに内診台に乗りまして・・・「ああやっぱり私これ大嫌い」としみじみ実感でした。
     ただ、とても上手な先生といまいちな先生(腕じゃなくて相性?)があるんですよね。内診の時はいつも深呼吸をしながら「大丈夫。大丈夫」と心で自分を励ましています。

     妊娠したての頃は、「どうすれば周りの反対なく無痛分娩に持ち込めるだろうか」とそればっかり考えてました。今は全く考えていません。
     遅い妊娠で最初で最後かもと思ったら、怖いけれど全部味わっておきたくなってしまったのです。もちろん無理に痛い思いをしなくても良いわけですから無痛の選択もありだと思います。でも、書店に行ってみてください。今は「痛いのもそう悪い事ばかりではないよ」とか「痛いばっかりじゃなくて同時にもっといい事があるよ」というスタンスの本がいっぱいあります。

     私も分娩当日は暴れるかもですが、大博打でやってみようと思います。胎動がわかるようになると、楽しいですよ!

    ユーザーID:

  • 一緒に頑張りましょう!

    私も現在妊娠6ヶ月の妊婦です。最初妊娠がわかった時嬉しかった気持ちよりも不安な気持ちのほうが大きかったです。初めての産婦人科、内診台・・・。
    でも今は日々大きくなるお腹を見て母になることへの実感が湧いてきて、育児雑誌などを見ながら楽しんでます。
    だけど、やっぱりお産は怖いです。友達はみんな「ありえないぐらい痛かった」って言うし・・・。
    でも、「妊娠中も楽しいけど、生んでからの方が大変だけど何倍も楽しいよ」って言われたので、今は早く会える日を楽しみに過ごしています。
    世の中には欲しくてもできない人がたくさんいるんです。そのなかで授かることができたのですから、マイナスに考えず頑張りましょう!

    ユーザーID:

  • 母は強し

    私も最初はとても不安でした。お腹が大きくなってくる不快感、エイリアンが住み着いているという感じ、胎動が始まったらお腹の中で大蛇がうねっている、と思いました。

    他の経験者の方曰く、「大丈夫よ、私なんか横を向いたら産まれちゃったわよ。」と言われ、人によりけりなんだ、と思い、不安に思うのを止めました。夫には「お尻が大きいから安産型だよ」とも言われて。(苦笑)

    母が赤ちゃん用にと贈ってくれた可愛いベビー服を見て、出産を楽しみにしたり、時にはマタニティードレスのお店に行って見たりしてマタニティーを楽しもうと努めました。(結構ステキにな服があります)

    陣痛は決して耐えられない痛みじゃないですよ。麻酔無しで歯の治療をする方がずっと大変です。

    生まれでた我が子との対面、生涯で最も感動しました。

    私も今妊娠中。マタニティー楽しみましょう。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧