CA(キャビンアテンダント)になりたい。

レス8
(トピ主0
お気に入り1

キャリア・職場

ドコモ理恵★

こんにちは。タイトルのように将来、CAとして働きたいと思っている高校生です。小学生の時、初めて飛行機に乗り、そこに乗っていたCAに親切にしていただき、自分も彼女のようになりたいと強い憧れを持つようになりました。 この発言小町にCAの方、元CAの方が、いましたら私に教えてください! 高校生の自分に、今何をすればよいのですか? どのような資格を取っておいたほうがイイのですか?  お願いします! 

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なんと言っても英会話

    なんと言っても英会話です。国内線を志望するにしても、年々日本を旅行する外国人のお客様は増えています。今のうちに英会話を勉強しておきましょう。英会話は聞いて話してをイヤというほど繰り返すのがいいと思います。ニュースや映画を英語で聞いたりして耳を慣らすことから始めるといいですよ。
    それから、この仕事は体力勝負です。華やかに見えるかもしれませんが、実は地味でハードな仕事です。体力をつけましょう。まだまだ時間はあります、がんばってください。

    ユーザーID:

  • 英検とか

    とりあえず英検とかTOEICのような英語資格や日赤の救急法の資格があると有利だと思います。中には看護士の有資格者なんて人もいます。外資系なども視野にいれるなら英語以外のアジア言語が出来るとなおいいかも。(中国語とか韓国語とか)

    ユーザーID:

  • 身体も鍛えておく

    華やかに見える仕事ですが、立ちっぱなしで飛行機の中を重いカートを引いて往復するなどけっこう体力的にもきつい仕事のようです。職業病として腰痛になるひとも多いらしい。
    国際線だと時差もあるからよけいハードでしょう。

    高校ぐらいの時って、身体が形成される時でもあります。この時にしっかり身体を作っておくと、どんな仕事をするにしても一生の財産になると思いますよ!
    ダイエットなどと言って偏った食生活をしないように、食事はバランスよくしっかり食べて規則正しい生活をし、出来れば運動もしましょう。この時期にしっかり運動して骨を鍛えておけば、将来の骨粗鬆症対策にもなります。
    どんなに優秀でも体力がなければ仕事で苦労します。

    がんばってね♪

    ユーザーID:

  • 元現役

    国内航空会社であれば筆記試験が課せられる場合が多いので、高校時代の参考書はとっておいて、数学や国語の書き取りなど日々少しずつやっておくと良いでしょう。絶対大学卒業時には忘れています。新聞をよく読んでいることも大切。新聞を読む癖をつけましょう。時事問題にはいつも気を配っておくことは大学でも決して損ではないです。外資系であれば英語は出来て当然ですから、外国人のお友達を多く作って、日常的に英会話に馴染むようにしておくとよいかと思います。
    また、日本語も英語と同じくらい必要ですから、敬語などしっかりと使えるよう、日ごろから気をつけておくとよいと思います。接客業ですし、日本のお客様のために採用されるのですから出来て当たり前というのが採用のスタンスです。またトイック等の英語の資格は書類選考で必要になるので、定期的に受けて勉強をしておくとよいでしょう。

    ユーザーID:

  • 頑張ってください!!

    私は12月にCAを退職しました☆

    実際、CAの仕事は華やかな部分だけではありません。本当に、大変な仕事です。

    もし、『資格を取るなら採用試験の条件』として英検やTOEICを取っておいたほうがいいと思います。私の経験からなので、他の方はなんとおっしゃるかわかりませんが、実際 資格を持っていても英語が話せなければ意味がないと思います。

    現役のときも英会話を習っていましたが、「CAになりたい」と言って英会話を始めていた高校生を何人か見ました。

    英語力より何より、私は『ストレス解消の仕方』というのでしょうか、『気分転換の仕方』を上手にできる方がいいと思います。

    当たり前ですが、時間も不規則です。休みも不規則です。ステイ先も変わります。友達と買い物、食事会も難しくなっていきます。

    翌日にストレスやイライラを残さない方法を何か見つけたほうがいいと思います。

    何かのお役に立てれば幸いです☆頑張ってください♪

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 私の経験から・・・・

    英語、日本語、体力は入社前に必須。
    ストレス発散、時差ぼけ対策は入社後の必須項目です。

    忘れられがちですが、日本語の基礎は大切です。年配のお客様も多いので『食べれます』『着れます』などの『ら抜き言葉』はNG。
    『〜でよろしかったでしょうか?』の所謂バイト敬語という間違った言い方もNGです。
    『食べられます』『着られます』『〜でよろしいいでしょうか?』が普通に咄嗟の場合でも使えるようになっていないと採用は無理だと思いますし、もしCAになった後でもクレームの対象になります。

    国際線は重いカートを押すので体力も大切です。
    勿論トイレの清掃も新人CAの仕事です。
    きれいごとだけなら続かない仕事ですが、サービスがそのままお客様からの評価となって帰ってくる素晴らしい意仕事です。

    ユーザーID:

  • 意思の力と自制心

    大分前の話ですが仕事上、フライトアテンダントが周りに多かったので、気の付いたことをいくつか。

    よく、その職業の表向きの華やかさから、色々羨望・批評の対象になりますが、実際の方々は、しっかりと地に足の付いた大人の方が多かったと言うのが実感です。

    あくまで私感で、誤解を恐れずに言えば、タイプとして、体育系 + インテリジェンスという感じの方が多かったように思います。

    不測の事態の発生においても、マニュアル通りに行動できる意志力、統率力なども必要とされるようです。

    他の皆さんが書かれているように、体力と、品性(身振り・言葉使い)など、基本です。

    ひとつとても印象に残っているのは、彼等・彼女等は、仕事中決して私語を客の前で話さないことです。 また、口頭での業務伝達も、きちんとしており、まるで聞かれることを意識しているかのようでした。

    ユーザーID:

  • 気の強さ!

    語学力はTOEICが規定をクリアしているぐらいでは武器にはなりません。

    TOEICが規定より低くても受かる人はいるし、ネイティブでも落ちる人も多数。

    入社後にフライトに必要な英会話は訓練されるし、高校までの英文法をしっかり理解できるレベルで大丈夫。

    面接官はどれもこれも同じようなメイク、口調、異口同音の応対の中に、個性を見出そうとしています。

    これ!といったアピールは非常に強いです。

    例えば学生時代ずっとラーメン屋でアルバイトをしていて、客のオーダーと会計は即座に完璧に憶えることが出来るなどの方が接客の上で強いアピールになります。(同僚のこと)

    それと気の強さ。「気」が強ければ、病気にも強い、弱気にならない、自信をもって接客にあたれる。
    仕事のハードさよりも人間関係のハードさのほうが大変。
    入社後もまれて誰でも気は強くなりますが、この「気」ではなく、「精神力」という意味です。

    スクールに行くよりも、多くのCAに接し、仕事振りをみることのほうがよほどためになります。
    高い月謝を払うかわりにまめに飛行機を利用するようにしてください。

    応援してますね。頑張って!!

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧