結婚式の日程が決まりません

レス25
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

さつま揚げ

当方欧州在住です。
今年の夏に彼(現地人)と結婚することになったのですが、結婚式の日取りが決められず困っています。

結婚式は欧州で行います。冬がとても厳しい国なので、夏にやる予定です。

日本の両親は是非こちらに来たいと言ってくれています。自営業なため、お盆と年末年始以外は基本的に長期休暇は取れません。

8月中旬を提案したのですが、その時期は彼の両親が3週間旅行に行くから無理と言われました。彼の母親は「キャンセル不可能、多大な違約金が発生する、その時期しかいけない」と言っています。しかし、旅行契約内容を細かく確認している様子はありません。

私の両親は祭日を利用して、たった2日滞在するためだけでもこちらに来ると言ってくれています。年老いた両親にとって長距離フライトは大変ですし、2日の短期滞在は体力的にきつすぎると思います。当初両親はお盆に1週間滞在したいと言っていました。

一方は仕事、片方は遊びの都合です。
何故遠くから来る私の両親が譲歩しなければならないの?と思ってしまいます。

年末年始の厳寒の時期に結婚するか、1年延期するしかないのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • こちらが譲ってみたらどうでしょう。

    トピ主さんのご両親は、どうしても今年は「祝日利用の2日間だけ」でしか来ることができないのですか?
    せっかくの娘の結婚式だし、海外旅行のチャンスなのだから、1週間くらいお休みをとってゆっくり来ていただくことは不可能?(ご実家はお店などをされていらっしゃるのでしょうか?)

    可能であれば、そうしてもらうのがいいと思います。
    形としてはトピ主さん側が譲歩したというマイナスの展開かもしれないけど、ご両親がゆっくり異国での日々と娘の晴れ姿を楽しむことができれば、かえってプラスではないかしら。

    その上で、ご主人側にはチクリと言っておくとか、イヤミにならない程度に恩着せがましく言っておくとか(「仕事を休むのは、すごく大変なのに、私のために決心してくれたんですよー! 遊びをあきらめるのとはわけがちがうのにね!」 とか)。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    レスありがとうございます。

    両親は自営業で、30年来長期休業はお盆と年末年始だけなんです。帰省する従業員も多く、お盆は休業にしないといけないそうです。

    実は両親が2日間(フライトで3日失うため、実際には5日間の旅程)のために来てくれると言っているのは7月の海の日前後で、お盆まで3週間しかないので長期休業は難しいのだそうです。両親はそれでもいいと言っています。

    私は納得できず、結局彼の両親に「仕事と遊びは重みが違う」と伝えました。
    結果、父親は「旅行契約内容を確認して、キャンセルできるかどうか調べる」と言ってくれました。母親は渋っています。息子の結婚式よりも自分の都合ばかりを主張する母親には本当に腹が立ちます。自己中心というかなんというか…。

    しかもこの旅行、予約が取れているのは母親だけで、父親はキャンセル待ちなんだそうですよ!父親は心臓疾患があって、本当は飛行機に長時間乗るのは無理だそうです。信じられない話です・・・。

    キャンセルが無理なら私の両親に強行日程で来てもらうしかないですが、私の母は最近体調を崩したりもしていたので本当に心配です。

    ユーザーID:

  • 結婚式を2回やれば?

    お盆の時期に、トピ主さんカップルが日本に帰って、トピ主さんのご両親・親戚に新郎を披露パーティー、
    夏の時期に、欧州で彼氏のご両親・親戚メインで披露パーティーをしてはいかがでしょうか。
    無理に一同に会さなくても良いと思います。彼氏もトピ主さんの生まれ育った日本を見て楽しんでくれることでしょう。

    ユーザーID:

  • トピ主さんがキャンセル料を払うのは?

    キャンセル料(違約金)を払いたくないからキャンセルしたくない(できない)というだけのことでしたら、いっそのことトピ主さんが払ってあげてはいかがでしょうか?

    それとも目の飛び出るような金額なのでしょうか・・・。

    でもあちらのお母さんは口から出任せ言ってる感じもしますから、実は大した金額ではことないのかも知れませんよ〜。

    あちらのお父さんがキャンセル待ちしてるくらいだから、他にもキャンセル待ちしてる人もいるだろうし、ということは「キャンセルが出るかも」前提ってことですよね?
    だとしたら自分達がキャンセルできないこともないのでは?
    ほら、矛盾が出てきた・・・(笑)。

    遠くから足を運んでいただく実家のご両親にはぜひゆっくりしていただきたいですよね。
    そうなるように私も祈っています。がんばってください!

    ユーザーID:

  • うーーーん、、

    まずはご結婚おめでとうございます!

    トピ主さんの言いたいこともよくわかるのですが、2度目の投稿を読ませていただくと、トピ主さんも我侭で自己中心的なように感じます。

    >父親は心臓疾患があって、本当は飛行機に長時間乗るのは無理だそうです。信じられない話です・・・。
    >私の母は最近体調を崩したりもしていたので本当に心配です。

    と、おっしゃっていますが、両方のご家族に体調を崩されている方がいるのでしたら、無理に海外挙式をする必要はないのでは?海外挙式はトピ主さんと婚約者の二人だけでして、戻ってきてから日本で披露宴をするのはいかがでしょう?

    または、トピ主さんのご両親は結局は5日間の休みをとってきてくれるのですよね?2日間だけの滞在でもいいから行きたいとおっしゃってくれているのでしたら、それでもよいのでは?

    とにかく、一生に一度の結婚式なんだから花嫁のやりたいようにさせてよ!という姿勢はよくないと思います。これから一生の家族付き合いをしていくわけですから、今から遠慮や気遣い、というものを見せていくのも大切なことではないでしょうか。。。

    ユーザーID:

  • うさぎさん

    >両方のご家族に体調を崩されている方がいるのでしたら、無理に海外挙式をする必要はないのでは?

    トピ主さんのお相手は欧州の方で欧州で式をされるとのことなので、彼側にとっては海外挙式ではないのでは。日本で披露宴をすると彼の父親が来られなくなってしまうように思えますが。

    ユーザーID:

  • 私も同じ状況で悩みました

    私もアメリカに住んでるイギリス人と結婚することになり、アメリカでの結婚式&パーティーを予定しましたが日取りがなかなか決まらず困りました。

    うちの両親はやはり仕事の都合で年末だけは休めないがそれ以外はいつでも都合つけてきてくれると言いました。二人の兄弟も喜んでそれぞれの家族全員で出席してくれると言ってくれました。
    しかし相手の両親はそこは旅行だから、そこは仕事だから、そこはお金ないから、、うんぬんといつも言い訳をしました。しかし年末年始だけはOKと言います。元旦がいいんじゃないかとまで・・・。更に妹については全く出席する気がありません。お金がないの一言でした。
    (妹の結婚式には無理やり出席させられたのに)

    私もそれぞれの国でやろる方が楽かとも思ったのですが、両親同士が会えるチャンスはなかなかないので、こちらがゆずって1月にすることにしました。
    でもさすがに元旦は無理なので数日ずらす予定です。2-3日くらいずらすなら文句ないだろと勝手に思ってるのですが・・・。

    先が思いやられます。お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:

  • 横ですが

    うさぎさん、間違ってますよ。
    彼及び彼の家族は、現地の方(外国人)と書かれてます。
    ですので、いわゆる海外挙式ではないので、日本に帰って来ての披露宴はないでしょう。
    それに、彼の父親の件は、心臓疾患があるのに母親が旅行に行きたがっている事についてです。
    良く読まれてからレスされた方が良いと思います。

    本題の方ですが、他の方も書かれているようにキャンセル料をあなたがお支払いする事で妥協できないでしょうか?
    冬は、あなたのご両親が大変だと思います。
    荷物も多くなりますし。
    それに、それだけの距離を移動して、たった2日の滞在では、若くてもかなり疲れると思います。

    それでも、せっかくのあなたの結婚式なので無理してもご両親は出席したいと思いますので、どうしてもの時は1年延期も考えた方が良いのでは?

    ユーザーID:

  • キャンセル料の問題ではないかもね

    彼母はただただ旅行に行きたいだけかも。

    息子の結婚より旅行優先の母を重視することはないと思いました。
    トピ主さんの日本のお友達は呼ばないんですか?
    私なら、日本で家族親戚友人を呼んで式します。

    チャペルやガーデンであえて立席にして短時間でやるなら彼側の身内がいなくてもそう気にならないと思うし、海外でも式をすることを皆に伝えておけば違和感ないのでは?
    そのまま新婚旅行にも行けるし。

    彼の地元では身内や友人だけの質素なお披露目でいいんじゃない?
    トピ主さんの両親は一年後に呼んであげればいいと思うけどな。

    ユーザーID:

  • 大変ですね・・・

    私も国際結婚で彼の現地で式と披露宴をしました。友達や親戚、家族も駆けつけてくれてうれしさひとしおでした。
    私も日本からの招待客についてはなかなか休みが取れないだろう10日もと思っていましたが幸いにも会社員であったことと彼らの周りの協力でお休みを撮っていただいたことには感謝しています。

    さて、彼のご両親が旅を優先されるなら、一旦お二人で日本でパーティをしてはいかがですか?そのご(後回しってことですよ)現地で彼のご両親や親族と式や披露宴をすればいいのでは?ご両親に関しては今回はお互いに体調のこともありますし、なにより先方のお母様が合わせる気がないのですから無理にお願いして来てもらうのなら、旅行という名目で来年にでも休暇として来てもらったらいいのでは?そのときに顔合わせすればいいかも。

    なにより先方のお母様が旅行優先という態度・・・人をバカにしてますよね。だったらこちらもそれにおおじればいいのです。はっきり言いますが、嫁という感覚は欧州の方にはあまりないですよ。だから、こちらも嫁に行くという感覚はすて、姑に仕える必要はないです。

    ユーザーID:

  • どこの国でもあるのですね・・・

    このまま旅行をキャンセルしないのなら「彼母抜き」で挙式しますよ、と言ってみたらいかがでしょうか。

    状況的に考えても、遠方からいらっしゃるトピ主ご両親さんの都合を優先させるべきでは?
    逆に現地でお住まいの彼のご両親はどんな形であれこれからもお会いする機会があるのでしょうから・・・

    それにしてもわがままな姑さんですね!
    どこの国も同じようなものなのかなぁ〜
    姑の感覚って!!

    ユーザーID:

  • どっちもどっちかな?

    私はバカンス命の国の現地男性と結婚したものです。
    こちらの国ではバカンスってとても大事です、長期休暇は8月にしかとれず、前々から準備します。

    彼のご両親だけでなく、親戚や友人なども8月中旬だとちょっと迷惑なのかもしれないですね。私も、もちろん大切な義理の家族のためには時間を割くけど、避けて欲しい時期です。

    向こうは、8月中旬だけなんてなんて勝手な、大切な娘の結婚式なんだから、何とか都合つけるのが当然だと、思っているかもしれませんよ。
    こちらに長期住んでいると分かりますが、日本の常識では考えられないことがあるんです。

    せっかくお互いの両親が直接会ってゆっくり話しが出来るチャンスなのですから、1年待っても良いのではないでしょうか。日本のご両親だって、彼のご両親とゆっくり会って人柄を分かった方が安心するかと思いますし、どういう国で娘さんが生活するかを見る時間もあるほうが良いかと思います。

    また、ここで義理のご両親とこじれるよりは(しかもこれから現地の国での生活があるなら、絶対に日本のご両親より助けてもらう機会が多くなると思いますので)、日程をたとえ1年待っても変更するべきだと思います。

    ユーザーID:

  • さつま揚げさんのお気持ちよーく解る!

    私も北方欧州在住で夫は現地人です。
    親は、娘の結婚式は例え火星であっても是非参列したいと思うものです。

    たとえ正味2日でも来たいと言って下さるあなたのご両親のお言葉、目がうるみます。
    それにしても彼のお母さんはかなり自己中な人ですね。

    私はこの国に16年住んで、仕事もしていますが、7ヶ月先の旅行の予約のキャンセルに多額の解約金がかかる話など聞いたこともありません。消費者法に引っかかるはずです。この「界隈」の国々はみな似たようなものです。大体が「夫」はキャンセル待ちなんておかしな話です。

    とにかく、こちらの方はやはり夏が断然に素晴らしく美しいので、是非ご両親にその美しい夏を体験していただけるよう頑張ってください。またいつ来て頂けるかわかりませんからね。将来あなたが後悔しない為にも、「頑固だ、我侭だ」と言われも、論を通すよう頑張ってください。応援してますよ!

    PS.揚げたてのさつま揚げが食べたくなりました。困りました!

    ユーザーID:

  • 正味2日で、戻って直ぐ仕事は大変!

    もう一言いわせて下さい!

    長いフライトや時差からくる疲れは年がゆくほどとれ難くなるものです。ご両親が正味2日だけでこちらへお出でになるのは、とても賛成できません。日本に戻られたら直ぐにお仕事でしょうから、健康面からみてもよくありません。

    北方の欧州の国々は、最低でも年間5週間の法定の有給休暇があります。
    休暇の取り易い方が融通をきかせようと普通は思うものです。

    ご両親に無理をさせないよう、頑張って下さい!

    ユーザーID:

  • スムーズにいかないなら

    物事うまくいくときは、スムーズに事が運ぶと思います。なので、無理してスケジュールしないほうがいいと思いますよ。
    今は状況をみつつ来年とかにでも延期されたほうがいいのかもしれませんね。そのほうがお互いの家族もスケジュールしやすいのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 8月の結婚式は注意

    8月といえば夏期休暇で、国によっては公共の施設(例えば市役所だったり)が夏休みだったり、お呼ばれする知人や親戚がみんな休暇で旅行に出たりして欠席者続出って事態も十分あり得ますよ。

    お国柄にもよりますが、国によっては他人の結婚式より先に約束した方が優先というのが当たり前。たった1日の結婚式の為に、3週間の休暇を台無しにしたくないとの考えの方の方が多いのでは?

    私の提案としては、もう既に出ていますが、現地のみなさんが出席出来る時期にずらし、日本の両親、知人向けに、日本でもう一度結婚式をした方が、トピ主さんの両親への負担が少ないと思いますがいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • 感覚の違う人種(1)

    夏に3週間旅行ですか、、、
    私が住んでいる国かもしれません。
    日本とはちょっと感覚が違いますよね。

    この国では、バカンスを妨げるほど大事な用事は存在しません。
    冬から予約すると割安で、今キャンセルして予約しなおすと、
    遅くなった分、高くなってしまうんですよ、きっと。
    あと、
    身内が結婚すると、休暇が出るはずなんですが、
    もちろんバカンス中は出ないので、1日損した気分です。

    そういう面で、「ちっ、8月に挙式かよ!」という
    彼ママの気持ちはわからないでもないです。

    でも心ある人なら、
    やっぱりそこは譲ってくれると思います。
    日本では、仕事>遊びということも、
    話して理解してもらえないことはないと思います。

    嫌な義母に当たりましたね、この先が心配です。
    (続きます)

    ユーザーID:

  • 感覚の違う人種(2)

    (続き)
    私の義母(欧州人)は、ラッキーなことにとても優しい人ですが、
    こちらでも一般に、嫁姑問題は熾烈を極めるし、
    日本人のお嫁さんは優しいので、お姑さんで苦労している人は多いです。
    そういう日本人妻が旦那さんに言うのは、

    「こんな母親がいたら、今まで誰も結婚してくれなかったわけだ。
    いい?私だから、我慢できるのよ。
    私が居なかったら、あなたなんて、きっと誰も結婚してくれなかったでしょうね。」

    だそうです。
    トピ主さんが、お義母さんと喧嘩する必要はないんです。
    こう言われた、旦那さん(婚約者)が、
    せっかく捕まえたお嫁さんに逃げられまいと、
    必死で母親を説得するように、仕向けるのです。

    トピ主さん、
    したたかになりましょう。
    正面からぶつかって駄目なら、相手の弱点=最愛の息子を味方にして、
    水面下で操作すればいいのです。

    ユーザーID:

  • 夏のバカンスのために一年がある

    ご結婚おめでとうございます。

    間に入って大変ですね。私は欧州については良くわかりませんが、短い夏を、太陽の降り注ぐ地方に出かける、そのバカンスのために、一年間一生懸命働くのだと聞いたことがありますけれど、どうなんでしょう?欧州と言っても、広うござんす(笑)

    なんとか、折り合いは、つかないものでしょうか。姑さんの一方的なわがままとばかり言えないような。私も困りました(?)日本のご両親は、往復に三日とるような空路の旅は辛いと思うし。ほんとに困った!

    答えになってなくてごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 考え方の根本的相違

    どうしても日本のご両親に合わせて欲しいのであれば、「日本とは」、「日本人とは」から義理のご両親になる方々に説明をしなければならないと思います。バカンスに対しての考え方が根本的に違うからです。

    私も欧州在住ですが、こちらの方と話していて思うのは、こちらの方にとっての優先順位は
    1.バカンス、2.バカンス、3.バカンスです。
    どのくらい下位まで行ったら仕事が出てくるのか不明です。

    昔、大学で「なんのために働くのか?」というお題で議論をした時、「社会に貢献」なんていう模範解答をしてしまった私はクラスメートから総攻撃を喰らいました。私以外のクラスメートは見事に全員「休暇」、もしくは「お金」と答えました。
    「日本人ってかわいそう。」と言われ、「むかっ」としましたが、当時の私は語学力が足りず、「そうじゃなくて!」と突っ込んでの説明ができませんでした。

    トピ主さん、相手の方を「自己中」の一言で片付けてしまわずに、まずはお互いの国民性を理解し合う努力から始めてみませんか?

    ユーザーID:

  • どうしても欧州で結婚式したいですか?

     ごめんなさい、レス全て読んでいません。なので、他の方と重なるかもしれませんが・・・
     この際、思い切って日本で挙式してはいかがでしょう? で、夏の3週間のバカンスを日本で過ごしていただくんです。 で、ご主人側のご親戚の方は、予算があれば日本に来ていただいても良いかもしれませんが、無理な場合、後日、改めてお披露目パーティをすると良いと思います。

    ユーザーID:

  • わかるなあ

    うちも両親が自営業です。休みが一日あるかないかは、大問題ですよね。ご両親のご苦労、手に取るようにわかります。

    で、まだ決定してないけど、私も欧州人と結婚予定。果たして結婚式をどうするか。。。

    と考えたら、我が家の場合、双方の家族が出席しての結婚式は、まず無理だということが判明しました。店が忙しい以外に、うちは父が「死んでも飛行機には乗らない」派。彼の両親は、2人とも病気で長期旅行は無理。

    だから、やるとしたら別々に、まず今住んでる彼の国で、儀式(区役所に誓いに行く奴です)だけやって軽い食事会でもして、日本では、また別に、レストランに親戚集めて食事会。これが一番妥当な線かという結論に、今の所達しています。

    このように、企画そのものを変えちゃうっていうのは、難しいでしょうか。。。やっぱり結婚式、したいですよねえ。私は年齢的に、もうどうでもいいから、こんな風に言えちゃうのかな。

    ユーザーID:

  • 北欧人の同僚も、義母も 「えーっ?」

    度々しゃしゃり出てすみません。

    このことがとても気になっているので、今日会社で同じ部の女性の同僚3人(現地人(北欧人)で32歳、30歳、35歳)に聞いてみました。

    3人とも口をそろえて「えーっ?それは変だ。北欧の結婚式のハイシーズンは5月末から9月初め。今から予定しているのに、当人の親が8月は休暇でだめ、などというのはおかしい。」と言いました。

    帰宅後、義母にも電話して聞いてみました。(私達は結婚生活が長いので、私と義母は実の親子に近い付き合い)彼女も「なに、それ?そんな話は聞いたことない。」と驚いていました。

    北欧の夏休みシーズンは6月から7月末で、3−4週間続けてとる例が多いです。8月初めには小学校はもう始ます。残りの2−3週間は秋や冬にとることが多いです。

    さつま揚げさん、現地人の彼にもっときちんと彼のご両親に話してもらうようにしてもらったらいかがですか?

    頑張れ!

    ユーザーID:

  • 大変だね

    きっとさ、お姑さん、彼をあなたに取られたくないわけですよ。表面上は結婚を許しても気持ちがしっくりしない。
    しかも異国の人だから尚更。
    だからキャンセルしてもいい旅行のキャンセルにごねるし、あなたのご両親の都合も考えられないんです。
    自己中じゃなくて「嫉妬」です。

    彼と結婚して異国で暮らすなら、義両親はついてくるし、彼が親離れしてないなら苦労は尚更じゃないかしら。
    まず彼にトピ主さんと自立して生活する意思がしっかりあるのか具体的に話し合うべきではないでしょうか?

    義両親を説得するのは彼の義務ですよ。
    またあなたのご両親は都合が限られており、この場合都合つける必要はないでしょう。あなた達が日本に在住するならあなたのご両親が都合つけるべきですが、欧州在住であれば義両親に都合を合わせて頂きましょう。

    結婚式は予定通り、夏のお盆の時期に合わせてしましょう。曲げない貫き通す意思が最初は肝心です。

    ユーザーID:

  • 価値観?文化?

    彼氏の家庭ではもう「親離れ」「子離れ」が終わっているようですね。

    親として子供の結婚を祝う気持ちは当然持っているが、
    成人して、それぞれ独立した生活が有る以上、どちらかが犠牲になるものではない。
    「子供の都合」で結婚式の日程を決めたとしても、親には親の生活がある…
    そんなところでしょうか。
    価値観や文化の違いですから、どちらかが間違いであるとは言えませんね。

    考え方にもよりますが、親に「予定がある」とわかっている時期に結婚式を企画して
    「そちらの都合を合わせろ」というのも、多少無理があるかと思います。

    結婚する二人が、双方の両親を「招待」するのであれば、優先すべきは
    「招待される側の都合」でしょう。
    多少の「お願い」はかまいませんが、少なくとも「No!」と回答されたものに対して
    「招待する側」が「ゴリ押し」をすべきではないと思います。

    「双方の両親に出席して欲しい」のであれば、他の方のレスの通り
    欧州・日本の両方で結婚式をするのがベストでしょう。

    それに「一堂に会して」という条件が加わるのなら、
    「欧州で夏季に…」を断念して「日本で冬季に…」ではいかがでしょうか?

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧