介護が終わって、残った負の感情。

レス31
(トピ主0
お気に入り4

家族・友人・人間関係

ムーミン

わけあって、30歳で祖父母(当時ともに90歳代)の介護をスタートさせました。
私の父が長男というだけで、父の妹の叔母夫婦におしつけられた格好です。まだ学生時代に亡くなった私の実母は祖母と不仲(いわゆる嫁と姑の関係)で、生前はずっと疎遠、子どもの頃こづかいももらったことがありません。

・・・そして7年。偶然の幸運に恵まれ、最期まで自宅介護で祖父母をみとることができました(うちにきて2年後に祖母が亡くなり、祖父はその4年後に天に召されました)。最後は要介護5で、寝たきり状態でしたが・・・。貴重な育児期間と高齢者介護がばっちり重なってしまいました。

もちろん、私ひとりで老人の面倒みきれるわけはなく、ありとあらゆる介護サービスをフルに使ってのりきりました。祖父母を引き取った当初、幼稚園だった子どもたちは小学校高学年になりました。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数31

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • つづきです。

    一人暮らしだった父の体調が悪くなりましたので、上の子の幼稚園入園を機会に私たち夫婦が父の敷地内に引っ越して、新しい生活が軌道にのりかかったところで高齢の祖父母をひきとることになりました。
    ・・・介護はきれいごとではすまないし、苦労も人それぞれだと思いますが、いちばんつらかったのは父の妹の叔母(私たちの隣の県に住んでいます。夫婦水入らずでゆうゆう年金生活)が知らんぷりしてなにひとつ助けてくれなかったこと。
    祖父母をひきとった当初、電話をかけてきて、
    「あなた大変ねえ。偉いわあ」
    と他人事のようにおっしゃるので絶句、さらに
    「ムーミンちゃん、おじいちゃん、おばあちゃんのこと、どうかよろしくお願いします」
    としたためたハガキがきたのでため息がでました。

    ・・・祖母は亡くなるまで、実の娘である叔母が会いにきてくれないことを悲しんでいました。生きてるうちに会いにきてあげてほしい、と何回も頼んだのですが、なんだかんだいって応じません。やっとおみえになったのは祖母の葬儀の日でした。
    孝行娘よろしく棺にとりついて号泣しているのでかなり鼻白みました。つづきます。

    ユーザーID:

  • お疲れさまでした

    本来なら「孫」であるあなたが祖父母の介護を担う義理は
    ないと思いますが、最後までよくやりましたね。
    本当にお疲れさまでした。
    祖父母の実の子であるあなたのお父さんと叔母さんが面倒を見るべきものなのに、孫のあなたに押し付けたのですね。
    私は心が狭い人間なので、この二人には何かにつけて、
    恩着せがましいことを言ってしまうと思います。

    でもこの経験がきっとこれからの人生にプラスになると
    思います。
    お子さんたちは大きくなったと言っても、まだお母さんと
    十分に楽しめる年齢です。
    またお母さんの苦労を目の当たりにしているのだから、お母さんに対してやさしい気持ちを持てるお子さんに育つと思います。
    今からでも遅くはないので、お子さんといっぱい関わってください。

    それにしても、あなたに介護を押し付けた叔母さんは
    許せないですね。
    こういう人は自分が介護が必要になった時に痛い目にあうのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • お疲れ様でした

    介護、本当に大変だったと思います。
    きっと祖父母さんも感謝していることでしょうね。
    介護と育児が重なって、自分の納得する育児が出来なかったと事も多かったと思いますが、
    お子さんはちゃんと母親の背中を見て成長していますよ。

    ユーザーID:

  • お人よしすぎ!

    理由と言うのがどんなものか存じませんが、介護の義務があるのは実子です。法的には長男が看なければならないのではなく実子に平等に義務があるのです。
    ご存じなかったのですか。

    あなたのお父さんが仕事で介護出来ないなら叔母さんに義務があったのです。

    私だったら「何で実子である叔母さんが看ないで孫の私が看なければならないの?私にそんな義務はないのに、冗談じゃない!!」
    と言って他人の意見など聞かずに問答無用で家を飛び出すと思います。(そのくらい出来ますよね)意見など聞いたら丸め込まれるのは目に見えてますからね。しばらく居所もあかしません。

    自分の人生は自分のもの。
    それを勝ち得るために私は断固戦います。
    いい子だなんて思われなくて結構。

    終わってから愚痴っても遅いんです。
    過ぎた時間は戻ってきません。

    ユーザーID:

  • つづきです。再び。

    祖父を看取るまでの正味4年間に、10回ばかりは来てくれたでしょうか。
    思い出しても腹立たしいのは、祖父の入院時の態度。老衰のため肺炎などで何回か入院したのですが、私たちに何も告げずに病院にお見舞いにきて、さっと帰るのですね。

    こちらはふだんの生活に加えて、退院したときの準備(要介護度があがるので、介護用ベッドのレンタルやケアマネさんとのうちあわせ)や病院での食事介助でてんてこまいしてるのに・・・、「娘でございます」とニコニコされると、看護師さんやドクターは彼女が主介護者と早合点するらしく、病状や予後の注意など全部彼女に告げてしまって私は蚊帳の外なので、いらいらしました。

    いよいよ覚悟してほしい、と告知されて思いがけず祖父が回復したときは、送りつけてきた彼女の喪服一式を、私が病院で退院手続きに忙殺されている間に我が家に風のようにやってきて、かっさらうようにして持ち帰ってしまいました。

    ・・・祖父は老衰と認知症でほとんどなにもわからなくなっても、娘の叔母だけは認識できて(孫娘の私のことは誰かわからない)、たまに叔母がくるととてもうれしそうにしていました。なんだか悲しいです。

    ユーザーID:

  • みたび、つづきです。

    別に不仲でもない、高齢の実親に対する(父と私にも)叔母の冷酷な態度、私が言うべきではありませんが、祖父母はどんな娘の育て方をしたんだろう?と思わずにいられません。
    要介護の親を身内に丸投げして死ぬまで知らんぷり、というのは、手間もお金もかからずとても賢い処世術なのかもしれませんが・・・、納得いきません(苦笑)。プラス思考するなら、私が自分なりに一生懸命
    祖父母の世話をしたのは、彼女に対する意地というかあてつけでしたが。最愛の娘がなかなか会いに来てくれない(祖母は我が家にきてから死ぬまで会えなかった)おじいちゃんおばあちゃんがかわいそうでした。

    ・・・なのに、祖父母の遺された預貯金(それぞれ数百万円程度でしたが)はきっちり半額ずつ、あっさり持ってゆきました。これもびっくり。相続法上の権利とはいえ、私が彼女なら、絶対に辞退しますが。
    『叔母さんの気持ちもわかる』
    というかたおられましたら、後学のためぜひご意見ください。

    ユーザーID:

  • おつかれさま。

    看病でも介護でも、実際それに当たった人は、後で必ず「こうすれば良かった」「ああしなければ良かった」と悔いが残るものです。 でも、それは心を尽くしたからこそ!
    ホントに心を尽くしたら、全てが済んでしまったとき、涙もでません。 本当に心が痛むと泣くこともできません。 泣く心の余裕もないものです。

    ありふれてますが、燃え尽き症候群ということばもあります。 どうぞ、静かにご自分の心を労わってあげてください。

    ユーザーID:

  • 年齢を重ねても大人になれない人

    ムーミンさん、本当にお疲れ様でした。よく頑張られましたね。なかなかできないことです。しかも二人も・・・。

    叔母さんに対する嫌悪感は当然のことだと思います。最近つくづく思うのですが、年を取っただけで人間大人にはなれないものですね。叔母さんも自分のことしか考えられない幼稚な人なんでしょう。話を聞いているだけで私も怒りで体が震えます。でも、ムーミンさんの怒りの一番の理由は、叔母さんがお祖父様やお祖母様の気持ちを踏みにじったことにあるんですよね。その優しさに感動します。私なら、叔母さんに怒りを爆発させ、途中で投げ出していたかもしれません。

    言葉で尽くせないほど大変な年月だったと思いますが、それによって得られたものも少なくはないはず。特にお子さんはちゃんと見ていたと思いますよ。それは大きな宝になると思います。お祖父様もお祖母様も、きっと涙を流して感謝して下さっているはずです。叔母さんのことは、もう気持ちの上で絶縁してしまって下さい。これからはご自分の楽しみも忘れず、人生を思いきり楽しんで下さいね。

    ユーザーID:

  • いるんですね、そういう人たち。

    >『叔母さんの気持ちもわかる』
    >というかたおられましたら、

    叔母さんの気持ちはわかりませんがムーミンさんの気持ちはお察しします。状況は違いますが、私の父母(というより、母ですね)が同居していた祖父母二人の介護を引き受けました。同居していたので自然の成り行きではありましたが、叔父・叔母はたまに見舞いにくるだけで、「施設に入れるのはかわいそう、、」という態度。
    そして祖父母二人が相次いで亡くなった後、その叔父・叔母は、父母が祖父母と同居していた土地に対して自分の取り分(1/3ずつ)を要求してきたのです! 強く出ない父も父だと思いますが。住んでいた土地を切り売りすることになってしまいました。
    私の愚痴になってしまいごめんなさいね。むーみんさん、介護本当にお疲れ様でした。大変な思いをされたのに、お祖父様お祖母様に思いやりを持って書かれているのが印象的でした。

    ユーザーID:

  • お疲れさまでした - 1

    トピ主さん、大変でしたね。心からお疲れ様と言いたいです。

    私の母がトピ主さんの叔母さんに似ています。祖父母の介護に「口は出すけど、手は出さず。」と言った調子。子供の頃はそういう母に何の疑問も思わず、介護している人の悪口を言葉通りに受け取っていましたが、振り返ってみるとそれがどんなに理不尽なことかが分かります。

    そんな母も年老いてきました。愛する息子(私の兄)は遠くに離れていき、今はひとり暮らしです。母には言っていませんが、兄は「動けなくなったら老人ホームに入れればいいんじゃん。」と考えています。結局私がなんとかするしかないなと思っていますが、介護が必要になったとき、トピ主さんのような「まごころ介護」が自分にできるか疑問です。「子供って親の背を見て育つんだな。」とつくづく感じます。

    ユーザーID:

  • お疲れさまでした - 2

    片や私の夫の両親は、傍から見ていても頭が下がるような介護をしていました。動けなくなった夫の祖父を見舞ったときのことです。当然のように祖父の足元に行き、意識がない祖父に話しかけながら祖父の足をさする夫をみて、感動するとともに愕然としました。意識のない人に話しかけるとか、足をさするという発想が私にはまったくなかったのです。夫も親の背をちゃんとみて育ったのでしょう。

    トピ主さんの背を見ている人、叔母さんの背を見ている人がちゃんといるはずです。

    ユーザーID:

  • お疲れ様でした

    トピ主さん素晴らしい方ですね。感動しました。尊敬します。
    祖父母の介護、本当に大変なことだったと思います。
    お子さん達はその姿をしっかりと見ていますよ。
    きっと思いやりのある優しい人に育つでしょう。

    叔母さんには本当に腹が立ちますね。
    でも、そういう叔母さん自身幸せな老後をおくれるはずがありません。もうほっときましょう。
    私だったら、介護にかかった費用を今からでも請求したくなってしまいます。遺産のなかから払え!って。

    トピ主さんのご主人も本当に優しい方ですね。
    ご主人への感謝の気持ちを忘れず、これからご家族の時間を大切にして楽しんでくださいね。

    ユーザーID:

  • みんなトピ主さんの味方だよ!

    少し前にトピ主さんの「叔母」さんのような人のトピがありましたね。
    ご自分の母親(つまり祖母)の介護を姪っ子(つまり孫)に押しつけて、自分は茶会だ句会だ開催してるって人。
    腰痛だの、夫が引き取ることを反対してるだの、
    ホント呆れるほどグダグダ理由を書いてましたっけ。

    すっごく「叩かれて」ましたよ。皆さん呆れてました。
    「姪御さんが可愛そう」って。
    つまり、皆さん頑張った姪御さんの味方。

    だから、今回も皆さんトピ主さんの味方だと思います。
    よく今まで頑張ってこられましたね。
    頑張る人には、絶対何かいいことが起きます!
    トピ主さんに、何か素敵なことが起きますように!

    ユーザーID:

  • あなたのようになりたいです

    トピ主様

    あなたは本当に素晴らしいことを一生懸命されましたね。感動しました。
    わたしはまだ若輩者で結婚もしてませんが、トピ主様と同じような状況になったら、あなたのようになりたいです。
    逆にあなたの叔母様のような人には絶対になりたくないと強く思います。

    亡くなられたおじいさま・おばあさまもきっと今は肉体を離れられ、認知症からも解放されたことと思います。トピ主様に感謝されていますよ。

    どうぞどうぞ今はご自愛くださいませ。わたしもトピ主様目指して日々頑張ります。

    ユーザーID:

  • 上手くいえませんが1

    トピ主様、本当にお疲れ様でした。介護した者と傍観した者の間に横たわる亀裂は経験者にしか絶対に判り得ないと思います。それも、介護した側にしかその亀裂は残りません。傍観者は介護した者の犠牲や苦労に思い至りもしないのです。

     私も学生時代、孫の立場で祖父母の介護を経験したものです。介護そのものに関しては総てを終えた今、一切の負の感情はありません。
    しかし葬式当日これまで顔を見せなかった母の兄弟姉妹が号泣しているのを見た時、私もトピ主さんと同じ軽蔑と怒りを感じました。

    私は孫で、彼らは祖父母の子供。私には理解できない複雑な感情があるのだから号泣も当然と思い直しはしたものの、どの面下げて、というのが本音でした。
     苦しいのは祖父母との最後の別れの当日に、そのような思いをしなければならなかったことです。せめて私のいないところでそのような振る舞いをしてくれたなら、それは彼らの悲しみと割り切れたでしょうに。あなた達に泣く権利があるのかと、こっちが泣き喚きたい位でした。

    ユーザーID:

  • 上手くいえませんが2

    こうして書いていても、なかなか理解されづらい感情だと思います。
    介護がつらかった、ねぎらって(謝って)欲しい等とは思いません。一切の負担はなしで悲しみに純粋に浸られると、こちらが踏みにじられたように感じるのです。言葉は悪いですが、「いいとこどり」に思えるのです。
    この負の感情は安らかな気持ちで故人を送りたいのに、適わなかった後悔としてずっと残っています。
    故人との思い出と、この親戚への怒りが、どうしてもセットとなって思い出されることもつらいです。

     トピ主様は、介護自体を後悔はなさっていないと思います。また叔母さんのやりようが(どれだけ厚顔であろうが)処世術のやりようのひとつということも、理性の上では理解なさっていると思います。
    ただ、親戚なのですよね。これからも付き合っていかなければならない。せめてこれからのつきあいのため、気持ちの落とし所を模索して「叔母さんの気持ち」=「叔母さんの人となり」を理解し対処しようとなさっているのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 上手くいえませんが3

    『叔母さんの気持ち』は、単純に、面倒事を引き受けてくれる人がいてラッキー。に終始すると思います。トピ主さんのおっしゃる「貴重な育児期間」に該当するものを失うのが嫌だったのでしょう。
     人は面倒に積極的に関わろうとはしません。そして面倒を回避した後は思い出しもしないものです。その面倒を引き受けた者の存在に思い至るのはむしろ稀なのではないでしょうか。
    そのように考えたとき、恥を恥と気づかない人に、恥じよと期待しても無駄だと、ようやく思い至りました。
    負の感情は負っている人間こそが苦しむものだと思います。私は上記のように、突き放して考えることでようやくそれから少し逃れられました。
    相手がそのような人間であるということを念頭にお付き合いをされれば、今後同様の理不尽にさらされることを回避できるのではないでしょうか。
    なにしろ相手は気づいてもいませんから、同じような言動を悪びれずおこないますので、くれぐれもお気をつけて。

    ユーザーID:

  • 『叔母さんの気持ちもわかる』者です。

    あっ、でも、決して「叔母さん」の肩を持つ訳ではありません。

    ただ、「叔母さん」のような考え方の人間が、増えてきているのは確実です。

    「負担は最小限に。利益は最大限に」が、これら「自己虫」族のモットーです。

    だから、
    「介護なんて、面倒臭いことは一切せずに済んだ。ちょーラッキー!」
    「遺産は、しっかり手に入れた。私って賢ーい!」
    と、考えているだけでしょう。

    あるいは、
    「介護に必要って、あんな物買わなければ、遺産の取り分も、もっと多かったのに。あの姪が、無駄遣いしたりするから…」
    などと、ケチを吐けているかもしれません。

    こういう「自己虫」族にとっては、自分の利益になる場合のみ、親兄弟との付き合いをします。
    そして、「金はカネ」と言い切れるので、死体の手からでも取っていけるのです。

    「自己虫」族の善悪は別として、
    「人情」を「ゼニ」と同列にしない一般人にとっては、百害あって一利なしの典型です。

    離れられるのなら、今のうちに離れておきましょう。

    ユーザーID:

  • 大丈夫

    罰(ばち)は必ずあたります。

    その薄情で強欲な親戚連中は、面倒事をすべてトピ主さん達に押しつけて、遺産ももらえるだけもらってホクホクのことでしょう。
    ただし、「現在は」です。
    自分がしたことは必ず自分にかえってきます。数年後、十数年後を見ていてごらんなさい。そりゃあ酷いことになりますから。

    ユーザーID:

  • ムーミンさんが得たもの

    私の母親も、私が幼い時に祖父の介護に追われていました。
    祖父が亡くなったのは小学校の低学年の時でしたが、今でもその光景は目に焼き付いております。

    祖父が亡くなってから初めて私は「人間の死」というものを真剣に考えれるようになったと思います。
    その後の人生に起こった色々な困難に自殺する事無く現在に至っているのもその経験があったからだと思います。

    そして現在、私は義母の介護をしております。
    幼稚園児の子の育児をして、二人目不妊治療を続けながら・・・

    ムーミンさんのお子さん達も今回の事できっと何かを得てくれていると思います。
    叔母さんには決して手に入れる事の出来ないであろう
    お金では買う事の出来ない大切なものをです。

    余談かもしれませんが、現在の母親・・・
    私の手伝いは一切しないと断言している割には
    本当に困った時のみ絶妙なタイミングで手助けをしてくれるとてもお茶目な人です(笑)

    ユーザーID:

  • 叔母さんの気持ち、わかるけど・・・

    面倒なことはやりたくない。
    楽をしてお金が欲しい。
    面倒なことを、自分の代わりにやってくれている人には会いたくない。
    自分が悪い、ってわかってるからこそ、その人には会いたくない。

    これって人間の自然な欲求ではないですか?
    この自然な欲求があるからこそ、いろいろなドラマがあるんですよね。
    それを「良し」とは言いませんがそういう欲求は自然なことだ、ということくらいは
    容易にわかります。

    ただ、人には理性があって、それをそのまま実行する人としない人とがいるわけです。

    ユーザーID:

  • 涙が出ました

    トピを読ませて頂いて、涙が出ました。
    トピ主さん、偉いです。偉すぎます。
    人間として、尊敬します。
    きっと、おじいさまもおばあさまも、感謝しておられると思います。

    ユーザーID:

  • 伯母の失ったもの(1)

    それは今までムーミンさんが費やして来た時間に得たものです。
    子供さんは見てますよ、感じてますよ。体に刻み込まれたでしょう、命の事や優しさが。

    伯母は、一見 丸投げして遺産を手に入れて得したように見えますが人生を楽しんでるように見えますが、もうすぐやってきます「老後の不安」が。そんなもの感じる事すらできない人かもしれませんが。

    最近思うのです。私も末子が2歳の頃から祖父母の介護で振り回され、容態が悪くなった事で転校もしたため申し訳ない気持ちでいっぱいになりました。
    叔父も伯母も健在で有福なのに一切の援助どころか「縁を切ってるから」と。葬儀にも呼ぶべきか悩んだほどの仲でした。

    死後も恨み節を聞かされ、私には迷惑をかけたと今頃になって果物を送ってくれたりしますが(有り難く頂きますが)2年くらいはそんな叔父伯母が許せなかった。葬儀や法事は引き受けてくれましたが、生きてる間がどれほど大変だったか。ムーミンさんのお気持ちお察しします。

    ユーザーID:

  • 伯母の失ったもの(2)

    最近思うのは、子供たちに知らない間にいい体験をさせてたんだなと。転校も、死を迎えると言う事も、小学生なのに保育園のお迎えまで経験し家族の絆は一層深まりました。

    今も時々、恨み節を聞かせるために?電話のある親戚の話を聞く度に、ああこの人たちは祖父母が生きていた頃のまま時間が止まってるんだなと思えるようになりました。

    生きて行くってしんどいです。でも、それから逃げずに立ち向かえた事で私の中にもささやかながら誇りを感じます。伯母には味わえなかった経験ができたんです。
    今はまだ伯母に恨みを抱くかもしれませんが、頑張った甲斐はムーミンさん一家にだけ分かる形でこれからもずっと残りますよ。
    私は祖父母の生き仏のような優しい顔知ってますもん、それだけで幸せです。長文失礼しました

    ユーザーID:

  • わかります

    ムーミンさん、お疲れ様でした。
    私もかつて孫の立場で祖母の介護を経験しました。十余年前です。あなたと違っていたのは、もともと同居の祖母だったこと。両親、私、祖母で暮らしていました。この祖母がぼけて10年めに骨折し、寝たきりとなりました。介護は母としたのですが、大柄な祖母は母では動かせず私がほとんどでした。父には妹が3人、これが、手もカネも出さず、口は出す。祖母は子供達はすべて忘れていましたが、母と私の顔と名前はわかっていたようです。それがくやしかったのか。尚、祖母にはかわいがってもらった記憶はないです。嫁の子ですから。
    その後一切付き合いはしていません。すっきり、です。あとは関わらず、ご自分の生活を楽しんで下さい。あなたは十二分に務めを果たされたのです。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    皆さんレスありがとうございます。
    「介護」でつらい思いをされたかたも多々おられるんだなと、身につまされました。
    経験者と未経験者には、やはり越えられない溝があるなあ、とも・・・。

    私は決して立派な人間ではありませんし、わだかまりも多々ありました。しかし、現に世話が必要な高齢の祖父母が目の前にいるのに法律上はどうのなんていってる余裕はありませんし、当時はまだ理解できない年齢でも、わが子に親の浅ましい態度をみせずにすんだことは、本当に良かったと胸をはれる唯一のことです。

    叔母に関しては、生茶さんのご意見のとおりだと思います。まあ彼女は彼女の人生なので、もうこだわらずに生きてゆこうと思います。
    皆さんありがとうございました。

    ユーザーID:

  • お子さんは記憶していますよ。

    私の両親は、私が小さい頃父方の祖母を引き取って10年介護し見送ってから、母方の祖母を引き取りまた10年近く介護して見送りました。ともに90歳を超えていました。

    父方の祖母がいた時、母は仕事を持っていましたので、当時は元気だった母方の祖母がよく手伝いに来てくれていました。父も母も長男長女ではなく、それどころか大勢の兄弟姉妹がいました。
    その中でなぜおばあちゃんたちはうちの家に来たのだろう?と不思議に思いますが、当時母が愚痴をこぼすのを聞いた記憶がないのです。父も然りです。

    そんな両親が将来寂しい老後を過ごすことはあってはいけないことだと私は思っています。親の生き様は子供の生きる道筋になるのだと思います。

    ユーザーID:

  • 大変参考になりました

    もうじき本格的な介護生活になるかもしれない、孫の嫁です。いままでは通いで掃除と食事を作ってきましたが、そろそろ同居か、すぐ近くに住まないといけない感じになってきました。

    実子(舅)も高齢だし(現在は祖母と舅が二人で住んでいる)、考え込んでいました。自分の生活や子育てにどんな変化が出てしまうのかも不安があって…。

    でも、ムーミンさんの投稿をみて、私もやるしかない道なんだなと現実が見えた気がします。きれい事じゃないでしょうが、人道に関する部分で逃げ出して「得した。助かった」と言える人間にはなれません。苦しいですが、介護サービスや公的支援など、ちゃんと調べて潰れないように支えていかなくてはと気が引き締まりました。守りたい自分の人生もありますが、それは沢山の人や先人にわけて頂いているものでもありますので、今できることに一生懸命とりくんでいきたいと思います。身内の介護に携わる皆さんに、思いきりやり抜いた後の日がそれぞれやって来ます。それも含め、真剣に生きた人生の一部にしなければと思うのです。ムーミンさん有り難うございました。

    ユーザーID:

  • 大変なつらい体験をなさいましたね。

    私も両親を看取りました。父は肺ガン、母は脳梗塞でした。私の場合は、主人、娘、昔私が子供だった頃家にいたお手伝いさん、私達の知り合いの女性が何かと、手助けしてくれました。その人達の手助けがなかったら、私が倒れてしまったと思います。心から感謝しています。私は3人姉妹ですが、妹たちは病人に水1杯飲まてあげませませんでした。両親を無くした時、私はもっとしてあげられる事があったのではないか、と自分を責めてしまい、6ヶ月位辛かったです。
    遺産相続の時、妹たちはキッチリと権利を主張しました。見かねた会計士さんが私達の立場をわかってくださって、助けてくださいました。昨年23回忌をしましたが、妹たちは忘れていたようです。自分を生んで育てた親の恩を忘れるヒドイ人間はどこにもいます。あなたや私のような人間は少数派なのですよ。

    ユーザーID:

  • 叔母さんの気持ちわかるなあ・・。

    トピ主を責める気持ちもないし、叔母さんを責める気にもなれないなあ。

    うちの母親も、祖父祖母の介護などに悪戦苦闘してましたし、それを「やるな」とは思いませんでしたけど、手を出さない叔父や叔母もまた賢い人なのだ、と
    思いました。

    やらない人が悪いとはいえません。
    やる人にだって「やらない」選択肢が必ずあったからです。
    私と姉は母をみて「介護は大変だ。逃げられるなら逃げ切ろう」と真剣に思っています。
    綺麗ごとと自己満足の塊に見えたことがありますから。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧