破産申立中の人からの返済を希望

レス8
(トピ主0
お気に入り1

心や体の悩み

きんぎょ

友人に50万円貸しました 結局彼はその手の会社からも借りており破産申立をしているそうです が、私への返済はするといっており申立てをしている債権の中に私の借金は入ってないそうです 
 弁護士の紹介等は彼と私の元上司である人がしその上司も私へはちゃんと返すように言ってあるので安心してよいといっています が、春に私は引越しをする予定で彼にも元上司にも会えなくなるので今出来ることはしておきたいのですが、返済すると公的な文書で残すなど破産手続き中の人から返済する方法は無いでしょうか?
 元上司とは最近仲たがえしているのであまりあてにはしたくありません 

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • そういうことは

    もっと専門的なサイトでご相談されたり、
    ご自分も弁護士を立てるなりされたほうがいいと思いますよ。
    法律的なことは「私はこう思うよ」というような発言はできませんので。

    ただどのような事情でお金を貸したのか知りませんが、
    人にお金を貸すというのがどういうことなのか、
    今後よく考えられたほうがいいと思います。

    ユーザーID:

  • 難しいですね。

    先方は破産申し立て中なんですよね?

    債権者リストに貴方の名前は入ってないとの事ですが、
    本来債権者リストにはすべての借金を記入しなければならず、さらに申し立てをしたら例え1円でも返済はしてはならないのです。なぜならば公平を欠くからです。ここで貴方に対してだけ返済すると違反になり免責がおりなくなるかも知れません。一度お話されて終わるまで待ってさしあげたほうがいいかと思いますよ。

    ユーザーID:

  • ムリでしょう

    > 私への返済はするといっており申立てをしている債権の中に私の借金は入ってないそうです 

    逆です. 「これだけ借金がある」「こいつに私は債権を持っている」というのを届けて, それに従って債務者が払えるお金を分配するのです. 届けなければ全く支払いを受けられません.
    破産手続中の人から手続外で支払いを受けることは許されません. (他の債権者と債権額に従って分けなければなりません)

    さらに, おそらくその人は免責(今までの債務は払わなくていい)になるのでしょう. そうだとすれば届けても結局は支払いを受けられません. (返済するとの文書を残しても免責されれば関係ありません)

    免責を受けても, 債権がなくなるわけではないので, 相手が任意に払ってくれれば, 支払いとして受けとっていいのですが, 強制はできないのです.

    ただし, 友人に上司や友人の親族などに頼ませて, (連帯)保証人になってもらえれば話は別です. 友人が免責を受けても, 保証人には支払い義務があります.

    ユーザーID:

  • みんな返してほしいから

    彼にお金を貸した人はみんな返済してほしいと
    思っています。
    トピ主さまだけに返済することはできません。
    彼の破産成立と免責決定後に彼に誠意があって
    お金もあるなら返してもらえるかもしれませんが。

    返済するというような公的文書を書いたのが他の債権者に知られたら免責に異議の嵐となって破産しても免責できなくなるかも知れませんので文書は取れないと思います。
     詳しくは上の方のおっしゃるように法律の専門家に相談したほうがいいです。

    ユーザーID:

  • 法学部院卒だけど、分かりませんね(専攻が税法なので)

    法学部の院卒ですが、専門外の事なので分かりません。文章を読む限り、トピ主さんは法律の知識は多少あるように思いますが、「小町」で債権関係の質問をしても回答を得るのはほとんど無理だと思います。↑の内容では、弁護士か借金の取り立て専門の方でもないと、即答は無理だと思いますが…。
    どのみち借金は回収するのが面倒なものだと思って貸さないと、後で困ることが多いですね。シロウトだと,回収できない事が結構多いです。
    ベーシックな方法として、最寄の弁護士会に電話で弁護士を予約して、実地に会って、上記の質問をしてみれば、よいのではないでしょうか。
    プロを依頼する以上、代金はかかりますが(弁護士法の報酬規定により,30分5,000円)、貸した50万円を回収できないよりはましだと思います。

    ユーザーID:

  • おそらくお金はもどってきません

    公的な文書をのこしたいなら内容証明をおくればよいのではないでしょうか?
    破産申立予定者が特定の人に返済することはできないはずです。

    ユーザーID:

  • ヘンな話ですねぇ…

    トピ主さんの債権が申立に入ってないということは、下手するとそのままばっくれられちゃう危険性もありますよ。申立に入れさせて、破産申立通知が裁判所から届くようにしないと。

    さて、この場合、ド素人の私が考えつくオーソドックスであろう方法は「破産申立1年以内の詐欺的借入(返せるアテがないのに返済能力があるかのように装って金を借りた)」で免責不許可に持ち込むことですが、そのためには裁判所に免責異議を出す等、それなりのアクションが要ります。もたもたしている暇はありません。破産申立から破産宣告までは1か月くらい、下手するともっと早いので、さっさと弁護士のところに行きましょう。

    続きます。

    ユーザーID:

  • 破産には破産法で

    続きます、と書いて間があいてしまいましたが、もうひとつの手がありうるとすれば、「破産には破産法で対抗する」ことです。
    破産法の…去年変わったんですね…253条あたりの条文を熟読してみてください。
    二に言う「悪意で加えた不法行為」に、ご友人があなたからお金を借りた行為が該当する、と裁判所が判断すれば(そのためには、「友人にお金を騙し取られた」「金返せ」の訴訟を別途起こすことになります)それは免責の効力が及びません。
    あとひっかかるのは六ですね。それを知って口頭で知らせてきたのだとすれば質が悪いということになりますが…
    結論は前回と同じ。さっさと弁護士に相談しましょう。法の定めに従って淡々と処理されてしまうと、トピ主さんは債権者一覧に載っていないまま、法252条の7を主張することもできないまま時間が経過してそのまま決定が下されてしまうこともありえます。ともかく、早く。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧