• ホーム
  • 子供
  • いずれ子供は欲しい・・・だけど育児に失望中。

いずれ子供は欲しい・・・だけど育児に失望中。

レス21
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

お子サンバ

私は20代、結婚1年目の兼業主婦です。
いずれは子供が欲しいな〜と、なんとなく思っていたのですが・・・

仕事でモデルを使った写真撮影をするのですが、
その時プロの子供モデルが手配できず、
スタッフの知人のお子さん(3歳&5歳)にお願いしました。

未経験なので多少ぐずるだろうな〜 と思い、
お菓子やおもちゃを用意していたのですが、
『お兄ちゃんの持っているお菓子がいい!』
『この服は嫌だから着たくない!』
などなど大ゲンカ&大泣きで、周りの大人がなだめ
すかし、予定の3分の1が終わった時点で
ふくれっつらでおもちゃを握りしめて帰っていきました。

私は仕事よりも
「自分の子供がこんなだったらうまく叱ったり
なだめたりできるだろうか」と、
子育てに一気にネガティブになってしまいました。
(現場ではひたすら“モノで釣る”状態で、それもどうかと)

同じ気持ちの方、子供を持っている方など、
育児に失望中の私にご意見をいただきたいです。
ふてくされ、大の字になってスタッフに靴下をはかせてもらっている子供を思い出すとブルーになるのです・・・

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • わかりまっす!

    子どものいない時代、(妊娠中でさえ)他人の子があーだこーだと駄々をこねるのを見て、”げぇー、鬱陶しいよー。やだなー”と思っていました。

    でも大丈夫。
    すぐに、あんな風に駄々をこねるわけではありません。
    徐々に徐々に、手を焼くようになっていくのです(笑)
    なので慣れますし、対処もなんとかなりますよ。

    ユーザーID:

  • 自分の子じゃないからだよ

    そういうお子さんは私も嫌い。でも撮影なんて親は見栄もはれるし楽しいだろうけれど、子供にとっては退屈なだけで、ブーブー言うのも仕方ないです。仕事だと分かっている子供タレントだと違うはずですよ。

    育児に失望とありますが、それは単なる表面上でしょう。わが子に自分が嫌だなと思った躾をしなければ良いだけだし、子供に子供としての必要以上のことを要求しなければいいだけです。

    私が育児に失望する瞬間は、子供に対する犯罪が起きた時。必死に子育てして大きくなっているのに、どうして他人に殺されたり傷つけられたりしなければならないのか・・・それだけです。
    こんな私も独身時代は子供が大嫌いでした。今でも他人様の子はあまり好きじゃありません。

    ユーザーID:

  • だいじょうぶじゃないかな。

     どんな人間も、この世に生まれてから、たくさんの苦しいこと、辛いことなど、経験せずに生きていくわけにはいきません。

     今は我がまま放題に見える子供も、きっと数年もすれば、生きる上での試練というものに立ち向かわなければならない時が来ます。そういう時に、強く耐えられる子、乗り越えられる子に育てることが親としての役目ではないでしょうか。

     ただ我がままな態度の子を叱るという、その場、その瞬間限りの視点で見れば、育児ってウンザリの繰り返しになるかもしれませんが、先々この子が苦労しないように、我慢しなければならない場面も、他の子より楽にクリアできるようにしてあげたいと思えば、空しくならない子育てができるんじゃないかなと思います。

     でも、誰だって、得に深い関わりのないお子さんにまで、強い思い入れを持って大きく見守ってあげることなんて難しいでしょうから、トピ主さんが今回実感したことも仕方ないと思います。でも、ご自分のお子さんができられたら大丈夫じゃないかな。・・・という私自身、まだ母親ではなく、想像で言ってるんですけどね。

    ユーザーID:

  • 確かに

    育児は大変です。親でもうんざりすることはしばしば。
    うちは3人いるんですが、下二人はまだまだ小さいので誰かが常に泣いているという状態が続くこともあります。

    が、ずっとそういう時だけでもないんですよ。
    子供が満面の笑顔で「ママ大好き」といってくれただけで、すべてを忘れてしまいます。
    日々の成長、毎日一緒に過ごすことで、たくさんのよろこびと幸せを感じます。
    これは親になった特権ですよ。親でなければ感じられない幸せです。

    子供の負の部分だけを見てしまったら、子供も育児も大変そうだし、つまらないものかもしれません。
    そしてそういう部分だけが取り上げられがちで、他人にはそこしか見えないものです。

    育児は楽しんでやろうと思えば、限りない喜びを得られるものだと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 無理して産む必要はないけど

    子供二人います。
    人生の中で結婚、子供を産み育てるなんて一度も考えた事無かったんですけどね。
    でも可愛いですよ。というか存在が面白い。
    他人の子は好きではありません。たとえ兄弟の子でもです。我が子だから多少の我侭も許せるのか・・・
    あと 元々責任感が強いので 育児放棄せずやってます。意外と日々の成長は面白いもんです。
    気楽に考えると 子育てって仕事と同じで慣れと経験ですよ。毎日自分の子供見てるといつ癇癪おこすか、泣くか大体分かってくるんですけどね。
    まぁ言葉の通じる相手と仕事していたらスムーズでしょうけど、子供も成長するわけで、幼稚園年中位になると聞き分けも付いてきて楽になる可能性もあるわけで・・・。嫌でも成長しますから。

    それより老人介護などのほうがもっと大変でしょうね。身体大きくて寝たきりで 頭だけはしっかりしてて オムツ変えるのにも文句言われながらなんて そっちの方が恐ろしいです。介護職や介護されている方々には頭が上がりません。身内に居ると ほっといて旅行にも行けないですし、子供だったら一緒に連れて遊びに行くことも出来ますけど。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 話を摩り替えてるだけ

    私の仕事でも頻繁に子供モデルを使います
    クライアントの希望で来た素人の子の撮影なんて最悪なことが多いです
    ・カメラを向けられても指示に従える
    ・知らない大勢の大人に囲まれても演じられる、指示に従える
    ようになるにはレッスンが必要です
    こういうことに関してもよくご存知なのではないですか?
    素人ならば、彼らは自ら望んでもないのに、そんな場に連れて来られているのです
    全てに納得がいかなくても当然だと思いますが、それには気づきませんでしたか?
    そんな現場での子供に接する態度と育児を一緒に考えること自体間違っていますよ

    ご自分の中での育児(子供をもつこと)に対する思いを、撮影時の子供の行動に文句を持つことで話を摩り替えていませんか?

    ユーザーID:

  • 育児を楽しんでいる友達

    私もいずれ子供を持ちたいと思っています。
    昔は子供なんて我侭で嫌い!なんて思っていたのですが、楽しく子育てしている友達親子に会ったり、友達の育児ブログを見ることで、考えが変わるようになりました。

    (現場ではひたすら“モノで釣る”状態で、それもどうかと)
    とトピ主さんの発言にありましたが、まるで子供ってワンちゃんのようですね!でも犬が思い通りにならなくても、飼い主はそこまで怒ったりしないもの。
    犬と同じで(こんなことを言ったら怒られそう!)、根気よくしつけていくしかないのかなぁと、将来に向け考えております。

    ユーザーID:

  • 私も子供を持つのが嫌になってきてます・・・

    やはり新婚1年目の20代です。
    いつか子供を、と意識するようになったせいか、子供の嫌なところばかり目に付きます。

    スーパーで泣き喚いたり、走り回ったり、商品で遊ぶ子供。
    新幹線でギャーギャーうるさい子供。

    育児の問題なんだとしたら、良い育児が出来るかどうか不安ですし、子供とはそもそもそんなものなんだとしたら、そんな子供可愛いのか?と疑問に思います。

    それに、たまに小町のトピでもありますが、「子供を産んでいない人にはわからない」「子育ては大変なんだからしょうがないじゃない!」という、人に迷惑をかけていることを正当化する親御さん達・・・。

    靴で晴れ着が汚されそうになったという別トピを読んでいて、「うわぁ、子供を産んだらわかるって、産んだらこういう感覚になってしまうってこと?絶対嫌!」という恐怖感さえ、沸き起こりました・・・。

    すでに積極的に欲しい!という気持ちは消えてます・・・。

    ユーザーID:

  • 私も子供嫌い…だった

    独身時代は小さいお子が嫌いで可愛いと思えず(天使のような赤ちゃんは別だったが)、態度も勿論、その上顔まで不細工な日には見るのも嫌でした(ひ〜ごめんなさい〜(汗))

    そんな私も結婚して妊娠し、それまで小動物は大好きでも赤ん坊なんて…と恐ろしく思っていたのが自分で産んだらなんて可愛いの!
    こんな感情は初めて!というくらい嬉しく、可愛く、周りの他人の子供たちにまで愛情が湧くくらい変わってしまったのです。

    確かに甘やかされた生意気な子供には(年齢が低くても)いい感情は持てません。

    でもそれとは別問題、別次元という感じですけどね。

    ユーザーID:

  • 自分の子は違う、らしい

    私もよその子供たちの振る舞いを見ていて、「あれはいやだなあ」と思うことがあります。でも子育てを終えた人が話してくれました。「自分の子が生まれてから数年は、自分(母親)は魔法にかけられてたわよ。とにかく自分の子が一番すばらしく思えたもの。」

    ホルモンやらなんやらで、そうなるのかもしれませんが、私もこれを聞いて少し安心しました。自分の子供をうまくしつけられるかどうかは別として、子供を持つことの不安が減りました。

    ユーザーID:

  • 子育ては良い事もあれば悪い事もある

    子供が二人います。

    上の子が生まれた時にお姑さんに言われたのが↑の言葉でした。良い時期、悪い時期、これらを繰り返して子供は育つんだそうです。で、実感中です。(笑)

    私の場合は常にほんのちょっと「良い事」の割合が多いので「産んで良かったな〜」と思っています。子供って面白いですよ。「こいつ〜・怒」と思う欠点が自分と怖いくらい似ていて「子は親の鏡とはよく言ったもんだ〜」と苦笑いしたり。

    ちなみにトピ中のお子さんのような事は実によくある事だと思います。(あ、余計に不安になりました?)子供は「何度言っても分からない」というか、「何度も言って分かる」ものなので、数をこなすうちに親の方もなだめ方が上手くなります。

    育児は「なんとかなるさ〜」くらいのお気楽さがあった方が楽しいと思いますよ。

    そういう私は上の子(小学生)の担任の先生に『御指導』を受ける度に胃が痛くなっています。な・なんとかなるさ〜・苦笑。

    ユーザーID:

  • それは仕方ないよ

    他の方も仰ってますが、何のレッスンも受けてない、ただ、親が知り合いってだけの素人のお子さんを頼まれたのなら、仕方ないですよ。
    また、その場のその子たちの姿が普段の姿だと思わないであげてください。
    普段とは全然違う場所に、いきなりつれていかれて、あれこれ大人たちに注文付けられるお子さんの気持ちも考えてあげてください。

    子供の写真撮影って、大変です。親や周りの大人は、きれいな服を着せて、可愛くポーズをとって満足ですが、当の子供たちにとって見れば、やりたいといったわけデモのないし、拷問でしかないのではないでしょうか?

    七五三の写真撮影ですら、親やスタッフの方がなだめすかしても出来なかった子もいます。でも、決してその子達の普段の姿がわがままなんじゃないですよ。
    その場の緊張感や普段とは違う雰囲気がそうさせているんです。
    ましてや下のお子さん、3歳ならまだオムツが取れたか取れてないか。

    そのくらいの子なら、まだお昼寝もするし、眠たいだけで機嫌が悪かったりもします。一般の写真館だって、機嫌の良い時間を選んで予約を取ってくれます。
    そうしたお子さんへの配慮はされたのでしょうか?

    ユーザーID:

  • 習うより慣れろ!

    私もトピ主さんと同年代になると思いますが、私達くらいの年代ですと、今まであまり周りに小さい子っていなかった気がしません?私は典型的な核家族でしたし、小さい子ってどう対応したらいいのかわかりませんでした。ぎゃーぎゃー泣いたり、それをしかりつける母親を見ては、「最悪!」と思ったりしていました。

    今、自分が二人の子の親になってわかったこと、それは一緒にいるから子供を理解できるんだって事。親が「経験不足」なんですよね。生活の中に子供がいる、実際そういう状態になれば、自然と子供への対応はできてくるものです。子供を産めば「親」なんですけど、子供の成長と一緒に「親も親として成長」していくんだなと、日々思います。

    子供の行動にも理由があります。大抵の親ならば、今回の撮影事件「そうでしょうね」と思うはずです。だって子供にとってつまらないでしょ!子供の考えや気持ちの表現はストレートです、それだけに、解決策も必ずあります。子供を否定せずにうまくリードするのにはやっぱり経験が必要ですよね、体操のお兄さんで有名なひろみちお兄さんの子供との接し方、とても上手ですよ!やっぱり経験の差だな〜と関心します☆

    ユーザーID:

  • 案ずるより産むが易し

    私は未婚のころから、子供が大嫌い!
    でしたが、同様に子供嫌いのはずのダンナがどうしても欲しいと言い出したので、流産を繰り返した末、娘を授かりました。
    私達夫婦は、相変わらず、子供嫌いですが、わが娘はそれなりに可愛がっています。
    血のつながりのお陰なのでしょうか?
    子供に失望する気持ちも理解できますが、自分の子供は別物です。恐れずに、チャンスがあれば経験して下さい。我が子は、親になる力も一緒に運んで来てくれますヨ

    ユーザーID:

  • 育児とは関係ないでしょう

    今回のミスは単なるトピ主さんの会社の手配ミスでしょう?
    子供のモデルはそれなりのプロですよ。
    いきなり知らない場所に連れて行かれて、あれこれ指示される幼児の身になってみては?

    自分たちのミスを子供やその親のせいにするなんて。。。
    勘違いもはなはだしいですね。

    ユーザーID:

  • あはははは〜!

    ちょっと受けちゃいました!
    真面目な方なんですねぇ、トピ主さん!
    そんなに真に受けなくてもいいのに…(笑)。
    小さい子供を日常と違う状況に入れたらいろいろトラブルは起こるんですよ。
    それも素人さんだったんでしょう?
    大人だって素人のモデルがいきなり撮影ってうまくいくわけないじゃないですか。
    子供が問題なんじゃなくて、その現場が問題だったんですヨ。

    私も雑誌編集やってるので現場の想像はつきますが、
    子供を物で必死に釣る結果になったのも、
    とにかく撮影続行のための急場しのぎでしょう?
    普通の時なら親は叱ってちゃんと躾してますよ。
    撮影優先にしてくれただけなのに。

    ひとえに周りの大人のただの準備&対応不足ですネ。
    そんな環境に子供を差し出してくれた親御さんに感謝してあげて下さい。
    私の親は私たち兄妹が子供の頃何度もスカウトにあったそうですが、
    あーんなに埃だらけでワサワサしてて知らない人いっぱいでライトはきつくて……
    すごーく子供にストレスフルなスタジオの環境を知っていたので断固拒否したそうです。
    私だって毎日の育児が子供モデル撮影状態なんだったら、断固育児拒否ですよ(笑)。

    ユーザーID:

  • トピ主です1

    様々なご意見ありがとうございました!

    やはりお子さんをお持ちの方の
    「親も一緒に成長していく」という意見に
    なるほどな〜と納得しました。そして少し安心。

    私の書き方が悪かったのですが、私は子供が嫌いなわけではないし、撮影の時にぐずっていた子供も「あ〜嫌だ!」と思ったわけではないんです。
    ただ、扱い方が全然わからないと言うか・・
    泣いたりごねたりしている時にどうすればいいのかさっぱりわからないのです。
    友達の子供を抱いても泣かれるのが怖くてすぐ返してしまうし。

    なので子供に失望しているわけではなく、
    自分自身に失望している感じです。
    「私こんなんで大丈夫なのか?」と・・

    大人の理解できない主張で駄々をこねているのを見ると、まるで宇宙人と接しているようで呆然としてしまうんですよね。

    こんな私でも自分の子供を生んだら変わるものでしょうか? 「ホルモンの関係」というご意見もありましたが、いっぱい出てくれる事を今から願います(笑)

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    「撮影」と「仕事」についてですが、
    もちろん撮影の時間、室温や控え室などの準備は
    いつも整えています。
    それにプロと素人が同じレベルで撮影できるわけはないのもわかってるので、子供で撮影できなかった場合の代わりの方法も押さえていました。

    なので「仕事がうまく進まなかったから」とか
    そういう理由でトピを立てたわけではないのでご理解ください。

    それから美緒ママ様。
    プロのモデルが手配できなかったのは予算の関係です。
    それと「子供や親のせいにしている」と捉えられる部分がどこだったのか私にはわからなかったので、ご指摘していただけると嬉しいです。誤解を招いたようであれば申し訳ありません。

    ユーザーID:

  • トビ主さんはすてき

    私は「子供好き」という言葉を胡散臭いと
    思っていた子無し時代でした。

    子供も人間なのに、「私、子供好きなのー」
    っていうのが意味が解りませんでした。
    可愛い子も可愛くない子もいるのにって。


    でも、子供って、「子供」っていう
    生き物なんですよね。
    面識が無いと、全く手に負えません。
    本当に、子供を産んで知りました。

    私は、子供を産んで、
    「子供が嫌な事をする時は、
    必ず大人の側に責任がある。
    それは単純明快に解決する
    ことが出来る。子供は悪くない。」
    って事を知りました。

    子供を知ることは、作られた人間の根底を知ることで
    なんて豊かで面白いことだろうと思います。

    子供について、それだけ関心をお持ちで
    ご自分に置き換えて考えることが出来る
    トビ主様なら、きっと素敵なお母さんに
    なると思います。


    私が不思議なのが、
    子供を産んで、「タラちゃん」を
    可愛く思うようになったことです。

    ユーザーID:

  • 仕事と子育ては違うものだよ

    >「子供や親のせいにしている」と捉えられる部分がどこだったのか
    撮影時(オーディション時)だけを限定していうならば場をこなせば慣れてきますし、撮影時にかける声のトーンや子供が好む雰囲気も分かってくると思います

    こちらは納期もあり、お金も発生している、仕事なのです
    必要とされるものを撮る為には、いい歳したおっさんがディズニーのキャラクターで遊んだり、お菓子などで気を逸らすことも必要な時もあります
    大暴れしている子供と一緒に遊んであげたりすることもあります
    そこで悩まれている時点で、ご自分の(仕事の上での)力不足を棚に上げているように感じました

    子育てとは全然違うものですよ、本当に
    逆に、今から失望されなくてもよいと思いますよ
    私自身、学生の頃から子供相手のボランティアをしていましたが、子育てでは違う学びと発見があります

    ユーザーID:

  • にゃこさんに同意

    >私は「子供好き」という言葉を胡散臭いと思っていた

    この部分です。

    人間、人によって合う合わないってどうしてもありますよね。
    子供も人間です。
    自分と合う子供、合わない子供、って居ると思うんですよね。
    だから「子供」好き、って言われるとどうしても、「どんな子供でも好きなのか?そんなわけないだろ・・」と胡散臭く思ってしまいます。

    「自分の子供は可愛い」「子供をもって子供への見方が変わった」というのは理解できます。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧