和歌の解説本

レス8
(トピ主0
お気に入り0

趣味・教育・教養

naomaru

こんにちは。
最近、和歌にふれる機会があり、
その短い言葉からあふれ出る心情にとても魅力を
感じました。
そして、時代を超えて人の気持ちというものは
変わらないんだなーと感動してしまいました。

これを機に、是非たくさんの和歌に出会いたいなーと思い、
まずは解説のついたものから読んでみたくなったのですが、
初心者でも解りやすいオススメの本を教えていただけませんか?

通勤時間を利用して読みたいと思っています。
よろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数8

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • おすすめは

    万葉集をポップスの歌詞のようになおして詩をつくってる

    三枝克行さんの「恋ノウタ」です。(角川文庫)
    他に数冊あったと思います。

    これは写真集としても良いですし、オススメです。

    ユーザーID:

  • えっと

    大岡 信さんの「折々の歌」。これは新聞に掲載されていたもので、一首づつに解説などが記されています。たくさんの歌を短い解説で楽しむことができますよ。

    それと、書店に行くと「万葉集」関連の本がたくさんあると思います。
    「万葉集」は、ぜひふれて頂きたいです。

    ユーザーID:

  • 定番?

    国語教師で奈良の大学にいた母が、源氏物語と並んで愛するのが万葉集で、小規模ながら読書会講師もしています。
    その母が「コレしかない!」と言い、今でもほしいと言うのは、万葉集の第一人者・犬養孝さんの著作物です。今後もレスが出ると思いますが、有名な方です。
    膨大な研究にもとづいた解説はもちろん朗読もあり、「犬養万葉集」という一大ジャンルがあるほどです。
    奥が深い世界で、私はまだまだですが、犬養万葉集をお勧めさせていただきます。
    今はCD・DVDにもなっています。
    セット購入では高価ですが、図書館には1巻単位で借りられるものがあるはずです。
    本で読むのとは違う、すばらしい魅力があります。
    源氏物語の公演・解説をしていた村山リウさんとともに、母の宝物ですので、間違いないかと思います。

    ユーザーID:

  • 子どもむけの

    和歌はいいですよね。

    他の方もすすめていらっしゃるように、万葉集はとっつきやすくておすすめです。解説本はたくさんあるので、書店でごらんになって、自分にあいそうなものをみつけて下さい。

    さらにすすんで、古今集、新古今集も、日本人の美意識の原点としてはずせないと思います。

    子ども向けの古典全集や解説本は、わかりやすくて案外いいですよ。「これだけは知っておきたい」という歌が厳選されているので、その点からもおすすめです。ただ、子どもむけは、ハードカバーの本が多いので、携帯にはちょっと不便かな。
    中間をとって、岩波ジュニア新書にも和歌・短歌関係の本があるので、このあたりがいいかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • フランスの聴衆が瞠目した最も明快な日本古典詩歌論

    とうたってあるのが、大岡 信の「日本の詩歌 その骨組みと素肌」岩波現代文庫 です。フランスでの講義(講演)ですのでフランス人にもわかる明快さですよ。

    私達日本人には当たり前のこととなっている風習にもどうしてそうなったか説明されていて、目から鱗でおもしろいです。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • お勧めの本

    私も短歌が好きです。

    この2冊がオススメです!

     「あなたと読む恋の歌百首」 朝日文庫
      俵 万智 (著)

     「短歌パラダイス―歌合二十四番勝負」 岩波新書
     小林 恭二 (著)

    ユーザーID:

  • 「田辺聖子の小倉百人一首」がおすすめです!

    トピを読んですぐにピンときました。
    角川文庫から700円で出ています。
    大人の女性が余暇に和歌の世界に親しむのに、
    最適の本だと思います。
    理由は4つあります。

    1、百人一首は600年間に読まれた和歌から
    選ばれています。
    年代によるさまざまな雰囲気が楽しめますよ。

    2、ひとつの和歌の解説が3ページほど。トピ主さんが通勤中に少しずつ読むのに、ちょうどいいのでは?

    3、わかりやすく面白い解説です。
    田辺先生のていねいな歌の解説を、
    和歌初心者の与太郎さん熊八さんが聞いている、
    という形式です。会話が多くて読みやすいです。

    4、歌の背景のドラマが興味深い!
    田辺先生が、作者像や関係人物の心情を、
    きめ細かくゆったりと話してくださいます。読むと
    「うっとり」「胸キュン」「しみじみ」「クスクス」
    が全部入っていますよ。

    田辺先生のロングセラーです。ぜひどうぞ。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    ありがとうございます。

    おすすめしていただいた「万葉集」は、
    何となく勝手に難しいと思い込んでいたので、
    初心者にもとっつきやすいと教えていただいてびっくりしました。
    ここで相談してよかったです。

    それから、フランスで講義されたという本も、とても
    興味深いです。
    いろんな発見がありそうですね。

    皆さんに教えていただいた本をメモって、早速本屋さんに
    行ってみようと思います。
    まだ本も手にしていないのに、
    どんな和歌に出会えるのだろうと、今からとてもワクワクしています。

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧