せっかく留学したのに。

レス36
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

かをりのママ

レス

レス数36

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 海外での勉強や経験を無駄にしたくないというなら

    トピ主さんが、どんなことを得て、どの程度のレベルなのか具体的に書いてないので、ちょっと否定的なレスがついたのだと思います。今の時代、1年間留学しました、といって国内勉強組よりもしゃべることのできない単なる遊学者も多いのも事実ですから。だって斡旋業者にすべてやってもらって入学、生活していた人と、自分で留学先を決めてビザの手配をして、家探しからセットアップまで自分で対処した人とやはりたくましさが違います。

    私の周りでは、英語もたまに使う職業の人が多いため、帰国してからも英会話スクールに通ってレベルを保っています。英語ニュースもよく聞いてレベル維持をしているようです。

    トピ主さんが十分な語学力をお持ちなら、英会話学校で働いたり、翻訳や英文校閲や、公的機関での外国人のお手伝い(保健所や生活面)ホームステイ受け入れがいいと思います。保健所や英文校閲になると、語学力だけでなく専門知識もある程度必要になりますが、トピ主さんのバックグラウンドがかかれていないので。
    お金に結びつけたいなら仕事をする、そうでなくてもいいのなら、ボランティアや映画を字幕なしでみるぐらいでいいのでは?

    ユーザーID:

  • まだまだ英語を使う機会はあると

    私も大学に在学中、2ヶ月ほどイギリスにホームステイしました。やはり英語圏に憧れて。(英文科)

    今はアメリカで就職していますが、どちらかというと日本語の方が多く使うような感じです。日常会話は子供と話す時くらい。

    日本のNHKのラジオ講座等かなり充実していると思うのでこれからも英語の勉強を続けるといいと思いますよ。お子さんに英語を教えてもよいし、洋画とか字幕に頼らず見るもよし、洋楽の歌詞を聞き取るとか。(難しいけれど)

    お子さんが英語圏に留学したら、一人でも会いに行かれるし、海外旅行もツアーを組まずに行かれるので便利だと思います。また、日本でホームステイ受け入れもできるし。

    日本語を話さない人と友達になることができますね。これは英語という共通語が話せないとまず実現できません。

    まだまだ英語を使う機会はありますよ。英語を使って仕事するより楽しいと思いますけど。

    ユーザーID:

  • 英語+専門知識

    ボランティアとかどうですか?海外から来た人に生活についてアドバイスしたりするボランティアがあるようです。

    もし、英語を使って仕事をしたいのなら、留学したことはあまりプラスの材料にはならないと思います。そういう人は沢山いるので。英語を使える+何かの専門知識があれば強いと思います。たとえば、英語ができることに加えて、金融機関で働いていて金融知識があるとか、開発者やってて技術が理解できるとか。英語を使えるだけじゃなく、英語を使って何ができるのかが重要かも。がんばってね。

    ユーザーID:

  • もったいないなーと思うのです

    自慢と言うか、もったいないなあと言う気持ちでしょう。私もそうですもの。
    私は英語ではないだけに、さらに継続するには意思が必要で、映画を見たりテキストを買ったり勉強もしていましたが・・・使う機会が乏しい。
    子供に教えたりもします。でも何だかモヤモヤするのです。

    育児中はある程度仕方ないですよ。環境や体調が万全なら、色々チャレンジも出来ますが・・・
    「趣味=語学」と位置づけると結構楽しくなると思います。私の場合、近い将来すこし大きくなった子供たちと、目的の国で遊ぶことを楽しみにしています。見せたいものがいっぱいあるんです。

    ユーザーID:

  • これから必要なのはあなたのような人!

    一年ばかり留学したと言う人は、ちょっと探せば知り合いの中に4、5人はみつかるくらい、ポピュラーで「何の変哲もない」経歴になりつつあります。

    だけど、これからの世の中、留学経験のある主婦や普通のサラリーマンこそが必要なのではと思います。昔は海外の情報はマスコミや、「本物の留学」をした一部のエリートや経由でしか入ってこないか、数日のパックツアー経験者のウスッペライ情報しかありませんでした。

    しかし今は、自分自身や会社の事務の女の子、角の商店のお兄さんにも、外国に暮らした経験があり、彼らから「自分の目で見、体験した」話が聞けるのです。

    外国から人がやって来た時も、習慣の違い等を体験的に知っているので、「違う」ということ自体にとまどったりせずに対応できることでしょう。

    つまり、「ちょっとした留学」の経験者が増えることで、言わば草の根的な国際理解の土壌が作られてゆくのです。トピ主さん自身は、映画を字幕なしで見たりして楽しめばいいし、自分の存在はひいては社会全体のためになっているということを誇りに思えばよいのではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • 鮮魚さんのレスをみて(2度目です)

    思いつきました!
    もったいないなーという気持ちならば、海外のお友達と交流を続けるってどうですか?昔でいう文通です。メールを週に1回以上するだけでも、毎日のようにでもいいですが、メールを書くと結構英語考えます。英語使いますよ。
    英語圏のメール友達を見つけて、普通に日本人のお友達にするようなメールを続ける。これだと専門知識云々も言われないし、英語はコミュニケーション手段で難しく考える必要もない。英語を使う機会も多くなる。相手がいることなので、自己満足に終わらない。PCをたちあげなくても、携帯でもすぐできる!

    まず、1年の留学期間で知り合った方に連絡をとってみては?

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧