• ホーム
  • 健康
  • 今春から1人暮らしの娘。生活費として必要な金額は?

今春から1人暮らしの娘。生活費として必要な金額は?

レス74
(トピ主0
お気に入り3

心や体の悩み

親心

この春から娘が大学進学の為、大阪市内の女子学生マンションを借りて1人暮らしを始める事になりました。

初年度は到底無理ですが、余裕が出来るようになると本人もバイトで稼ぐ、という話しはしていますが小遣い・生活費など一体幾ら位援助すれば良いのか皆目見当が付きません。
自炊をする気はさらさらないようで、幸いに借りた部屋の近隣にコンビニやスーパー等は充実しているので食事は出来合いのお弁当などを買って済ますというパターンになりそうです。
規約ではコタツはOKなものの電気ストーブなどは使用付加なので冬はエアコン(夏クーラー)に頼らざるを得ず毎月の光熱費が怖いです。

質素倹約を言い聞かせるつもりではいますが、親として
小遣いと生活費、一体幾ら位援助すれば良いのか。
現在、1人暮らし中の学生さん、仕送りされている親御さん双方のご意見やアドバイスをお願いしたいのですが。

贅沢を容認する気は毛頭ありません。
最低これだけあれば。というアドバイス大歓迎です。

色々なご意見どうぞ、宜しくお願い致します。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数74

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 家賃以外に5万あれば十分

    タイトル通りですが、基礎的な生活を賄うための仕送りは、家賃以外に5万もあれば十分です。

    それで足らないと言うのであれば、バイトして稼ぎましょう。
    余裕のありすぎる仕送りで甘やかすと社会人になってから苦労することもありますよ。

    しかし甘い親子だなあという感想です。

    >初年度は到底無理ですが、

    >自炊をする気はさらさらないようで、

    ユーザーID:

  • 自炊しないは問題

    では、ないかと思います。
    なぜなら、栄養が偏る上に、エンゲル係数が増大は、必死だからです。
    朝食→食パン1枚・牛乳≒150円
    昼食→学食≒600円
    夕食→おにぎり2個≒220円
       おかず ≒500円
       デザート≒210円  合計1680円

    大体の1日食費≒1700円×30=51000円

    大体で見積もっても5万円はかかります。
    家賃がいくらのところに住むのか判りませんが、
    これに、光熱費(エアコン使用ならかなり高い!)
    おこずかいもプラスですよね。
    おこづかいは3万ぐらい?もっとですかね?
    家賃を6万と考えると

    約15万近く1月にかかりますよ。

    私は、社会人で1人暮らし+ペット+車所有で
    月8万ぐらいで済みますよ。家賃込みでも11万
    好きなものを買ったりしますし、遊びにも行きますし、
    月一で100キロ離れた実家に顔出しに往復します。

    三食98%(たまに外食)自炊なので月の食費は1万〜2万円ぐらいです。

    春から、一人暮らし決定なら、1月現在から家事の
    特訓をしましょう。頑張ってください。
    いつまでも出来合いのものばかり食べると体を壊しますよ。

    ユーザーID:

  • 自炊しましょう!

    生活費については、類似トピがあるので、検索をしてください。

    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2005/1113/066947.htm
    http://komachi.yomiuri.co.jp/t/2006/0116/073924.htm

    娘さんですよね?
    贅沢は容認しないのに、
    なぜ自炊しないことを認めてしまうのでしょう?
    外食すれば自然に食費は高くなります。
    初めはサークルの飲み会なども多く、お金はどんどんなくなっていきますよ。
    お金がなければ、自炊等してやりくりをすることも、一人暮らしをして学ぶことだと思います。
    携帯代だって、友達が初めは増えるので増えます。
    そういうところも贅沢に入りませんか?

    以下が最低限必要費用です。
    家賃、交通費
    食費 3万円(1日1000円を目標)
    光熱費 1万円〜1.5万円(夏、冬は1.5)
    4月は教材を買うので、本代
    それ以外はお小遣いだと思います。

    しかし、初めての月は、洗剤やら、生活雑貨を買わなければならないので、少し多めになりますね。

    ユーザーID:

  • 親戚の娘の場合

    梅田の専門学校に入学して、徒歩で通える都心に住み、仕送りは月15万円でした。
    帰省費用はもちろん親持ち(飛行機の正規運賃チケット)、「トイレットペーパーを買いに行くのが面倒くさいから送って」などというふざけた要求にも応えてあげていたようです。(一緒に食材も送る)

    甘やかしすぎた結果、学校を卒業して2年になるのに、いまだに親の仕送りで都心に住んでブラブラしています。
    もし親御さんに余裕があれば、留学や旅行などの費用を負担してあげるのは良いことだと思いますが、日頃から浪費をさせるのは本人のためにもならないと思います。

    ユーザーID:

  • 自炊させて、死なない程度の最低限の金額を送ればよい

    都内の大学と大学院に通ってました。実家からは通いきれないので、家賃6万ほどの物件を借りて、そこから通ってました。完全自炊にして光熱費も支払うと、どう切り詰めても、月額10万円以内では生活は無理でした(必ず赤字が出る)。

    学部生時代は仕送り無しで、バイトや奨学金(現在返済中)でなんとかしのぎましたが、院生のときはさすがに苦しかったですね(論文作成と研究時間が学部の時よりかかったので)。仕送りは送りだしたら、いくら送ってもきりがないので、最初からなるべく「死なない程度の金額」を送るのがコツです。

    貰うほうの立場からいえば、送ってもらえる分だけ使う癖がつくと、仕送りに依存してしまう癖がついて、はっきり行って「貰いぐせ」がつきます。とにかく、甘い事は言っていないで、1年生のうちからバイトをガンガンさせましょう。この不景気に自炊をしないのもまずいでしょう。バイトと奨学金があれば別に1円も送らなくても、何とかなると思います。気になるのなら↑の表題の通りで、少しだけ送りましょう。たったの4年間ですし、若くてやる気と体力があれば意外と大丈夫です。

    ユーザーID:

  • 家賃+食費+光熱費

    3年前まで都内の私大生でした。

    まずトピ主さん、ご心配なお気持ちはわかりますが、あれもこれもご負担するのは大変ですよ。
    お嬢さまが文系か理系かでも違いますが、私の友人たちの中に(文系です)、
    一人暮らしをしているのにアルバイトをしていないという人はいませんでした。
    大学に慣れればすぐにでも働けると思います。
    また、自炊はして当然という認識でしたので、
    本を見たり、賄いのついているアルバイトを探したりして、頑張っていましたよ。

    友人たちは、家賃・光熱費は負担してもらい、残りを食費の補助という感じで10〜12万円ほどだったと記憶しています。
    光熱費は、日中は学校ですからほとんどかかりませんし、食費も、1日1000円でやっていけると思います。
    大学には格安で、なおかつ栄養管理のされた学生食堂がありますし、
    そこでお昼と夜とを済ます学生も多かったですよ。
    お小遣いは、決められた仕送りをやりくりして余らせたものと、アルバイト代を合わせて、というのが普通でした。

    ご参考までに、私は今現在一人暮らしですが(都内)、
    家賃と光熱費と食費(自炊)を合わせても13万円程度で済んでいます。

    ユーザーID:

  • 参考になれば幸いです。

    私の学生時代のおおまかな支出です。
    参考になれば幸いです。

    家賃:55000円
    食雑費:30000円
    電気:5000円
    ガス:3500円
    (冬は灯油代で+3500円ほど)
    上下水道:2000円
    電話:7000円
    お小遣いは原則アルバイトで賄いました。
    月に3〜4万です。

    なお、現在も支出はほぼ変わりありません。
    変わったのは携帯電話料金10000円とプロバイダ料金5000円が増えた程度です。

    ユーザーID:

  • 家賃のほかに、ですよね。

    食費3万、水道光熱費2万の合計5万が最低ラインかもしれません。
    しかし、一人暮らしが始まり、生活してみるとアレもこれもと必要なものがあり、教科書その他もろもろ、4月はプラス5万は渡さないとムリかな。親に余裕があるのなら、バイトを始めるまでは小遣いとして+1万くらい?

    生活費を削ってでも小遣いを捻出するために、自炊が全くできなかった友人たちも、2ヶ月もすれば自分で食べるものくらいは何とかやってましたよ。節約すればするだけ小遣いになるわけだから実家では考えられなかったけど、電気もこまめに消すように。お昼は安い学食があるし、ひと月の食費を1万以内におさめていた子もいましたねぇ

    習うよりなれろ、徐々に小狡くなって仕送りを溜め込んでほしい家電を買った友人もいた。5万も仕送りしてもらえれば実はそこまで食いつめることはないです。

    落ち着いたら、と言うか、夏休みになればバイトもできるので、それまでに自分のスタイルを確立していくはずです。若い子はなれるのも早い! 娘が何もできないと思っているのは親だけかも。料理で判らないことを聞かれたら、くだらないことでも教えてあげてね。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    月6万でやっていました。
    携帯代は自分で稼いだお金だったし、自炊もしていたし、ですけど。
    夏・冬はクーラーを使ってましたね。
    こんな感じで、お小遣いにまわせる額は2万程。

    携帯代も出してあげて、自炊無しで…。
    となると、携帯代は、トピ主さんの方が良くご存知でしょう。
    食費は、私は月2万程で押さえていましたが、
    全食お弁当、となると、軽く4〜5万はいくのではないでしょうか?

    バイトで補えないのであれば、月10万前後はお嬢さんの場合、必要なのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 自炊&バイトは当然では?

    なぜ初年度は到底ムリなんですか?
    バイトくらいできる時間はありますよ。
    短大に通っていて思いましたが地方から出てきて
    一人暮らしをしてる子は本当に裕福でバイトもせず、
    お金なかったり足りなければ送金してもらうというような子がほとんどでした。
    一人なら食費¥20000、生活費(日用品)¥10000、公共料金¥10000で全然足りると思います。
    それ以上出せないと突っぱねましょう。
    自炊する気さらさらないような娘でしたらあげたらあげただけ自堕落な生活になりますよ。

    ユーザーID:

  • 全て込みで8万円もらっていました

    わたしが学生のときは、全て込みで8万円ももらっていました。
    家賃2万円、光熱通信費は5千円くらいでしょうか。

    電気は10アンペアで。クーラー、冷蔵庫は贅沢です。

    教科書、教材を買う月は苦しく、高校までの自分の貯金を崩しましたが、そのほかは全く問題ありませんでした。

    アルバイトはしていませんが、
    季節ごとに衣服を買い足すこともできましたよ。

    炊飯器だけ買い、お米は実家から分けてもらいました。
    あとは学食やできあいのお惣菜でした。

    あまり栄養には気を使っていなかったかも。
    一人だと完全自炊のほうがお金がかかります。

    その後学校から奨学金を得ることができたので仕送りしてもらうのをやめました。

    ユーザーID:

  • んー5万位?

    家賃以外で5万位でしょうか?
    自炊する気がない、とのことですが、自炊しなければたぶん10万でも足りないかも・・・。

    電気、水道、ガス、電話代、などなど含めて、5万位、足りないものは、バイトで補う、位のお気持ちで、いかがでしょうか?
    はじめから、きっちりしておいた方が、娘さんの為かと思います。(あくまでも、私の考えです。)

    ちなみに私は、大学1年から小遣い分くらいはバイトで捻出していました。

    ユーザーID:

  • わたしの場合

    かれこれ、10年近く前ですが、私の学生時代。

    親からの仕送り 家賃+3万
    育英会     4万
    バイト     4万程度。

    理系の学部に通っていたため
    毎日午後は全て実習。
    終了時間の検討がつかないため
    土日だけバイトしていました。
    初年度は無理なんてことはないですよ。

    生活費にいくら掛かるからこれだけ出すじゃなくて
    これだけ出すから、後は自分で何とかしなさい。
    の方がいいんじゃないですか。

    就職したって、生活費これだけ掛かるから
    給料これだけ下さいっていえるわけではないですし。

    ユーザーID:

  • 家賃以外に8万円

    九州から関西の私立です(学生マンション)。但し、8万円のうちの3万円は、郵便貯金(定額)に入れることを約束しています(病気や不測の事態に備えて)。

    その他、約束をしていることは(1)お友達をマンションに招いたり、泊めたりしないことですね。

    我が家は一人娘なので、経済的には余裕があるかも知れませんが。食事は自炊したり、コンビニで済ませたり、アルバイト(家庭教師)代が入るとリッチな食事もしているようです。私は大学時代が籠の鳥のような寮生活でしたから(苦笑)、娘には楽しんで欲しいと思います。

    ユーザーID:

  • 5万くらいかな

    姉が学費の高い音大に行っていたこともあって(笑)、両親の援助は家賃のみ。生活費は旧育英会の奨学金でまかないました。額は5万円強だったと思います。実は奨学金の受給終了後も学校にいたのですが(留年ではないですよ)、その時はアルバイトで生活費を稼ぎました。しかし大変のどかな地域で遊びの誘惑も少なかったためか、潤沢ではないにせよ普通に生活できました。
    ただし、自炊は前提。お節介ながら、「自炊する気はさらさらない」という点は、容認すべきではないのでは…と私は思いました。
    だって、毎食買ったり外食したりしていたら当然お金はかかりますし、栄養的にも良くない。ましてや、せっかくきちんとした経済感覚を身につけるチャンスなのに、もったいないです。
    ぜひ今からでも、最低限のお料理を教えてあげてほしいと他人ながら思います。

    ユーザーID:

  • 外食は贅沢です

    親が無理なく出せる金額で良いんじゃないですか?
    分相応な生活をし、自炊したくないとか小遣いが欲しかったら自分でバイトして稼ぎなさい、という方針が最も良いのではないですか?

    場所によって家賃も物価もずいぶん違います。
    地方から来た学生で、知らずに家賃の高いところに住んでしまった場合は、1,2年で安いところに引っ越したりしています。時々、仕送りの金額を見直して、無駄遣いをしないように。

    家賃・光熱費・通信費などを、親の銀行口座からの自動引き落としにはしないこと!
    本人名義の口座から引き落とすようにし、毎月一定額の仕送りの中でやりくりさせるのが重要だと思います。

    光熱費?毎月いくら使っているのかわからない、なんていう学生もいましたが、それでは倹約しようとは思わないでしょう。

    これからの4年間が、自分で生活するための大切な訓練期間です。
    自分で生きていく力を身につけさせるのは親の重要な役割ではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 都内に住む大学生です。

    私の場合は家賃約10万、水道光熱費が3万程度、携帯の使用料が2万弱、それ以外に10万ほどもらっている計算になります。
    バイトもしていますが、給料は月2万弱なので食費、遊びに行くお金、洋服や小物、本などにかかるお金はほとんどすべて両親に出してもらっています。
    同じく一人暮らしをしている弟も、全部併せて月20万ほどかかっているようです。

    銀行口座にある程度入れておいてくれて、少なくなってきたら「入れておいて〜」とお願いするシステムなのでアバウトな金額なのですが・・・

    某国立女子大に通っていますが、バッグや小物、洋服代にけっこうかかるのでこれくらいもらっている人が多いようです。
    でももちろん両親にはとても感謝しています。

    ユーザーID:

  • 確かこんな感じだった。専門学生のころ

    家賃 5万8千円
    食費生活費 2万円
    光熱費 1万5千円
    交通費月 約1万円
    予備費   7千円
       合計11万円

    予備費は合計を切りよくするため半端な値段になってますが、真冬真夏は光熱費に周りますし、小遣いというものはありませんでした。
    必要なものは生活費の中から買う。親の金で暮らしてるのに何万円もする買い物が必要なはずはないという親の考えから。

    バイトできない時期って勉強が忙しいから遊びにお金使わないし、なんとかなりましたよ。
    交際費や洋服などはもちろんバイト代から。
    甘くすればきりが無いです。

    友人たちのほとんどは(裕福な家庭の子が多い専学だったので)言えばもらえるからと言って月2回は電話して送金してもらってました。
    予定の15万プラス電話のたびに5万円くらいだったようです。

    ユーザーID:

  • まずは

    1月の送金金額をがっちりと決めてしまえばよいのではないでしょうか。弁当を買うも、エアコンの使用頻度もその範囲内で自分次第ということで。まあ、家賃を除いて5万円もあれば十分だと私も思いますよ。不足分はバイトか奨学金でまかなえばいいでしょう。
    (それにしても初年度はバイト不可って、どうしてですか?できなくなるのは、文系なら卒論を書く時期くらいでは?)だけど大学生にもなってすべて親掛かりはないでしょう。むしろ2万とか3万とか「これじゃ足りん!」というくらいが娘さんの自立心を養えて案外ちょうどいいかもしれません。

    ちなみに私もお恥ずかしながら、大学1年の前半くらいはお弁当かレトルト食品でした。が、半年もするとコンビニめぐりに飽きてしまって、作るようになりました。コンビニ弁当で生きていける人が信じられません。また、社会人で1人暮らしを3年経験しましたが、どんなに帰宅が遅くても夕飯に関してはとうとう3年間1度もコンビニ弁当を買いませんでしたよ。

    ユーザーID:

  • 続き

    その友人たちは毎月20万ものお金をもらうさい、やはり親から説教されてたようですが、だって足りないんだもん仕方ないでしょ来月は節約するから、と言っているのを聞いたことありますが、毎月同じです。

    そのお金は洋服、飲み食い、映画などの遊びに使われていました。
    甘やかせばきりがありません。

    知人は神奈川在住、渋谷へ通学で10万円の仕送りでした。
    生活費には5万円ほど足りないのでもちろんバイトで自分で稼いでいました。
    知人の生活パターンは、9時から5時学校(週休二日)

    平日3回は6時から0時までバイト。
    日曜バイトという生活でしたが、ちゃんと勉強もバイトも両立させてましたよ。
    少しくらい大変なほうが「やらなきゃ!」てなりますよ。

    余計な援助は飽食による脂肪の増殖と同じで人間を醜くするだけです。

    ユーザーID:

  • 家賃を除いて

    私は大阪市内で5万円送ってもらっていました。
    食費と雑費です。

    自炊は当たり前です。親子とも甘いです。
    週に一度、スーパーに買出しに行って、2000円分野菜やら肉やら買い込んで、それを1週間でやりくりして調理していました。

    一人なんで、結構それでも大丈夫でした。
    昼は学食が安いので、そこで食べたり。300円もあればおいしいものが食べれました。
    大阪は物価が意外なことに安いです。

    親の意識から変えないといけないですね。
    生活雑貨も今時100円ショップで消耗品から鍋までなんだって揃います。

    ユーザーID:

  • 自炊させましょうよ〜

    「自炊をする気はさらさらない」じゃなくてさせましょうよ。
    炊飯器があればご飯は炊けます。
    1人なら手間かけなくてもいいんだから野菜炒めくらい出来るでしょ?
    ご飯あればお茶漬けだってチャーハンだっていいんだし。

    作るのが面倒なら100円ショップでレトルトのカレーを買って食べれば100円×30日=3000円。
    夕食はこれで決まり。
    カレー以外にもいろいろ中華丼の具とか売ってますよ。
    コンビニやスーパーのお弁当やお惣菜は高いだけ。
    たまにはいいけど毎日それじゃ不経済。

    1日1000円として1ヶ月で30000円。
    食費はこれで十分ですよ。
    あとは光熱費で月2万円渡せば十分じゃないですか?
    真冬と真夏は電気代がかかるでしょうけどそれ以外の季節はおそらくさほどかからないはずだから月2万円のあまりが出るはずでそれを真夏・真冬用に貯めておけば十分生活出来るはずでは?

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    沢山のコメントありがとうございます。
    お1人お1人にお返事をするのが筋だとは思いますが大変なので省略させて頂きたいと思います。

    初年度にバイトは無理と書きましたのは進学予定の大学の在校生の方々が集まる掲示板で聞いた事なのです。
    1回生の間はカリキュラムがきついので夏休みの短期以外のバイトは無理だと。
    大学生活に慣れて余裕が出来さえすればすぐにでもバイトを探すとは思いますが、在校生の方々がそう仰るので無理だと思いました。

    自炊の件ですが炊飯器は要らないと言いつつ包丁とまな板は必要みたいです^^; 期待して良いでしょうか。

    1人暮らしを始めるに当たっての必要な生活用品はなるべく予め用意して無用の出費は抑えるつもりでいます。
    家賃は53000円でお風呂付きです。
    学費、通学に必要な定期代、食費と小遣いを含む最低限必要な生活費を仕送り、電気代などを節約した分小遣いが増えるという形にした方が良さそうですね。

    参考になります。本当にありがとうございます。

    ユーザーID:

  • 家賃のぞいて6万円

    5年前地方の大学生だったわたしの例ですが、家賃は親が直接大家さんの口座にふりこんでくれて、それ以外はわたしの郵便貯金の口座に毎月6万円いれてくれました。それで足りない分はバイトしなさいと言われ、月に5万前後バイトでかせぎましたが、実習などでバイトが出来ない時期は、けっこうきつかったです。ただし、バイトをすることでいい経験もできたし、いまとなってはいい思い出です。

    ユーザーID:

  • トピ主さんの考える最低限とは(1)

    気になることが一点、トピ主さんが仰る最低限とは自炊で何とかやっていける程度のことでしょうか。それとも自炊をしないでということでしょうか。

    もう一つ気になるのが、お嬢様の料理の腕前です。料理することはできて、その上で自炊をしないと仰っているのでしょうか。

    料理が出来るということであれば、自炊しないことを前提に仕送りすることは贅沢を認めている事だと思います。

    もし料理が出来ないのであれば、春までに最低限のことを教えてあげて、時間のある学生のうちに自炊できるようにすることも必要なのではないですか。

    料理はやらなければ出来るようにはなりません。そして必要に迫られないとやりません。外食に必要なだけの仕送りをしていたら必要には迫られません。

    また暖房については石油ファンヒーターを使うことはできないのでしょうか。

    私が学生の頃住んでいたアパートも電気ストーブや石油ストーブは駄目でしたが、問い合わせたら石油ファンヒーターは使用可ということでした。

    ユーザーID:

  • トピ主さんの考える最低限とは(2)

    私も数年前まで学生だったのでその時のことを。

    私は家賃が4万円で月に10万円仕送りをして貰っていました。春などに教科書を購入する時にはそれとは別に貰っていました。

    社会人になった今、思い返すととても恵まれていたと思います。勉強するとはいえ、自分で何もしなくても食べられて、好きに使える余裕もあるだけのお金を送って貰えたからです。バイトを始めたら給料は全部自分の小遣いになっていました。

    友人の中には奨学金を借りて、家賃だけ補助して貰い、後は自分で稼ぐという人も居たのに、当時の自分はその有り難みを全然分かっておらず、親の負担を軽くしようとも思わない親不孝者でした。

    私も最低限ということならば家賃以外に大体5万位で足りると思いますが、外食のみならば到底足りないですね。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    家賃の他は月5万でした。

    水道光熱費:1万5千円(各5千円づつ)
    食費:3万円(一日千円)
    交通費(バス通学でした)と教材費:5千円
    1年生の4月には初期費用として5万円
    毎年4月には教科書代として5万円プラスでした。

    1年生で履修が決まり次第バイト始めました。
    お小遣い(携帯代含む)は完全自腹でしたよ。
    まかないのあるバイトを選び、それ以外は自炊しました。

    お米と非常食(インスタントラーメン等)は定期的に送られてきましたし、
    帰省した時はガッツリお土産を持たされました。
    それだけでも涙が出るほど嬉しかったです。

    芸術系で課題が忙しかったのですが、
    それでもバイトで月8万円、休み中は月20万円稼いでいました。
    もちろん(睡眠時間を削って)遊びもしました。
    自腹で車の免許も取ったし、海外旅行にも行きました。
    社会人で一人暮らしをしている今よりよっぽど自由になるお金も時間もありました。

    甘やかしてはいけません。

    ユーザーID:

  • 勉強になると思います。

     私は16歳から寮生活でその後は一人暮らしや友達との共同生活でしたが 皆さんの書かれているように。ぎりぎりに生活できるくらいで十分だと思いますよ。

     どんな状況でも自炊は出来ると思います。2万あれば自炊の場合一ヶ月の食費となると思います。公共料金も全部で2万内でおさまると思います。

     親心・・・も大切ですが、生活を満たしてあげることだけでなくて これから自立していく練習をさせる事も親としての親心だと思います。

     女の子だったら いつか結婚して旦那さまやお子さんに料理を作るようになるでしょう。家計も管理していくかもしれません。そうなった時に賢く対応できる女の人になってもらいたいですものね。

     どれだけあれば何が食べれるのか?お金が厳しければ自分で作る事もあるんじゃないでしょうか?簡単に作れる料理の本と100円均一で調理器具でも揃えて彼女の部屋に置いてきましょう。

     公共料金も自分の暮らし方ひとつで水道代や電気代が変わってくることを経験するのはいいことです。そういう感覚を勉強するのも自立の一歩だと思います。

    ユーザーID:

  • 経験者です

    自炊しないと言っているのは今の内でしょう。

    外食ばかりでは体調も悪くなるし、味も飽きます。お金もかかるもので、私も次第に自炊に移行しました。良い気分転換にもなりましたし。

    友人との遊びは、バイト内とすれば自然可能な範囲内に収まると思います。
    時々、お金の使い方を娘さんに聞いてみては如何ですか?私も母にたまに聞かれました。そして度が過ぎると判断されたら、一緒にご相談されたら良いのではないでしょうか。

    というより、自炊しないのを可としていては、娘さんの体が本当に心配です。

    結局私の場合は、食費が2〜3万(飲み会代込)、光熱費が2万+α、あと雑費で1〜2万(学生なので本代など)だったように記憶しています。苦しいときは恥かしいけど親に泣きついてました。年に2回くらい。

    ユーザーID:

  • 甘やかしすぎでは・・・?

    24歳女です。
    19〜22歳までの4年間、学生だったため毎月仕送りをしてもらいました。
    家賃は奨学金でまかなうため、実質両親からは月7万の仕送りでした。
    バイトはしていましたが本業の勉強がもちろんメインですから、バイト代は月2〜3万円程度。
    0の月もありましたが、仕送りで何とかやりくりはできましたよ。

    最初から自炊する気もないなんていう娘さん、そしてそれを容認するお母さん、初めて見ました。
    友達は一円でも安いアパートを捜し、親の負担を下げようと躍起になっていましたし、
    私もアルバイトをしてお小遣いを賄うのは当たり前かと思っていましたが、
    甘い親御さんもいらっしゃるんですね。驚きました。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧