トイプードルと飛行機

レス26
お気に入り0
トピ主のみ0

K子

健康

 経験のある方、是非アドバイス下さい。アメリカでトイプードルを飼っているのですが、このたび帰国が決まりました。マイクロチップを入れて、一緒に連れて帰る準備はきちんとしているのですが、大きさの関係で、多分客席は無理なのではないかと思います。
 もし、荷物と同じ場所で連れて行かれる場合、国際線の12時間以上のフライトに耐えられるでしょうか?気の弱い、おとなしい性格の子です。
 ここに置いて帰る事は考えられないので、本当に悩んでいます。是非色々な経験談をお聞かせ下さい。お願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

このトピのレス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 大きさは関係ないです・・・

    本気でわんちゃんを家族と思い、
    一緒に帰国する覚悟があるのなら、
    もう少し一生懸命になって調べてくださいよ〜!
    生まれてこのかた
    1回も『ワンッ!』と言ったことがないようなおとなしい子でも
    手の平にれそうな大きさの子でも、犬猫は『貨物』扱い。
    「大きさの関係で、多分客席は無理なのではないか・・・」
    っていうか、絶対ムリです。
    盲導犬でも機内では完全に『貨物』扱いになります。
    本気で悩んでらっしゃるのでしたら、
    帰国の際に利用するご予定の航空会社にお問い合わせを!

    ユーザーID:

  • 経験者です。

    私も3年前日本→某ヨーロッパに、M.ダックスを連れてきました。
    私は、少しでも犬にスペースを与えたかったので大きめのゲージを用意し、トイレのスペース、水、クッキーなどの食事を用意。
    そして、荷物置き場と同じところで、フライト12時間耐えてくれました。(でも、排泄、食事、一切してませんでした)
    が、犬にとってかなりのストレスなのは覚悟ですよ。

    うちの犬は、到着後1週間程で、腕に腫瘍が出来てしまいました。(私の現在住んでる国は、検疫がないのですぐに家に持ち帰ったのも関わらず!)
    幸い良性だったので大事にはいたりませんでしたが、日本へ帰国ってことは到着後2週間の検疫がありますよね?

    私が経験して思ったのは、小さいゲージでも機内持込にして、「飼い主がそばにいる安心感」を与えてあげた方が、よっぽどストレス軽減になると思います。

    あとは、獣医さんに聞いてもらうと分ると思いますが、6時間くらい効く睡眠薬まではいきませんが、頭がぼーっとする薬もあるみたいです。

    飼い主、犬共々ツライと思いますが、がんばってください。

    ユーザーID:

  • 現実は

    航空会社によって貨物になるか手荷物でいいか対応が違うようです。
    利用される航空会社のホームページでご確認されたほうが良いかと思います。
    ただ、一つ言えることは全体的にアレルギー体質の方への配慮として手荷物で機内に持ち込めない方向のようです。
    つまり貨物室に預けてもらうということです。そして貨物扱いの場合、飛行時間内は一切面倒は見てもらえないので、ご自身でそのあたりの手配をする必要があるようです。
    なので耐えてもらうしかないかなという気がします。

    なんかつらい内容になってしまって、すいません。

    ユーザーID:

  • 最近連れてきました 1

    最近海外に愛犬を連れてきました。
    うちの場合、そもそも指定路線で客室持ち込みができなかったので貨物室でした(勿論温度調整してありますが)。
    うちの子は、元々おおらかで環境適応力の高い子なのですが、それはそれは心配しました。

    結果として、中で吐いてしまったようですが、すぐに回復して大変元気に出てきました。1日ほど時差ぼけ?だったようですが、体調も頗る良好。
    その子の性格にもよるので一概には言えませんが。

    我が家では、クレートを早めに買い、慣らしました。飼い主もいる時に、隣で閉じ込めて数時間とか、クレートの中でお留守番とか。
    閉じ込められても絶対また会える!って安心してもらうために。

    ユーザーID:

  • 最近連れてきました 2

    クレート内の環境ですが、PoochPadという洗えるシーツでクッションシートを包んで中に敷きました。(私は自分で縫いましたが、そういう製品も売っていたと思います)

    飼い主の匂いがするものを入れておくのも大切だと思います。それから、別れる前に、何度もすぐ会えるよって話しかけました。言葉は分からないと思うかもしれませんが、飼い主が愛情を込めて何か語りかけていることは通じると思うので…。

    再会できるまでは本当に不安ですが、愛犬との生活は何にも変えがたいですよね。絶対連れて帰って欲しいと思います!

    ユーザーID:

  • 詳しくありませんが。

    荷物置き場は氷点下○○℃になるって聞きましたが。各航空会社に問い合わせてみて下さい。

    ユーザーID:

  • できれば機内持ち込み...

    私なら多少狭くても機内持込みにすると思います。貨物の設備はかなり悪いです。最低限というか。ワンちゃんも大好きな家族と離れて、暗くて大きな音が鳴り響いている貨物に入れられて、すごく不安だと思います。 ストレスのあまり病気になる子だって少なくないと聞きます。 それなら多少狭くても自分の足元に置いて、ご家族の匂いもしますし、たまに声をかけてあげたりした方がワンちゃんの精神的に負担が少ないのではないかな、と。トイプーならサイズ的にも大丈夫だと思いますが。

    我が家にも犬2匹いて、機内持ち込みがムリなサイズなので日本帰国もできません。というか、国内旅行でも飛行機旅行は避けたいので、いつも車です。 余談でした。ワンちゃんも元気なまま帰国できると良いですね。

    ユーザーID:

  • 大丈夫!

    古い話で恐縮ですが、10数年前、東南アジアから
    愛犬を連れて帰って来ました。
    貨物室に預づかりとなりました。私たちの帰国より、
    かなり早めに連れて行かれたので、飛行機内でのフォローはしてもらえなかったと思います。
    検疫でも、下痢をしたとかで通常より長い1ヶ月間、
    留め置かれました。
    ボロボロ、痩せて私たちの手許に戻ってきました。
    しかし、その後は南国生まれにもかかわらず、日本で長生きしましたよ。だから、大丈夫!

    ユーザーID:

  • 日系は機内持ち込みが難しいです

    ANA国際線は、昨年の夏から機内持ち込みが出来なくなりました。
    JAL国際線は、4月以降は機内持ち込み不可(3月までに予約すれば可能)です。

    機内でのアレルギーの方への配慮のため、こういう流れになっています。
    持ち込めない事を前提に、狭いゲージに慣れてもらうしかないんでしょうね。

    トピ主さんもワンちゃんも辛いでしょうが、頑張って帰国してくださいね。

    ユーザーID:

  • 悩みますね

    海外から一緒に連れて帰らなければならない状況なので、
    どうしても飛行機に乗らないといけないですよね。
    心配なお気持ち、お察しします。

    例えば、まだ話しが理解できないような幼児が、
    何もわからないまま、
    耳がキーンとして揺れて轟音のする暗い場所に閉じ込められることを想像したら・・・
    たとえ、飛行機に乗っていることがわかっている大人でも、
    今我慢すれば絶対に降りられることがわかっているとしても、
    ものすごく辛い時間ですよね。

    何もわからないまま恐怖にさらされる愛犬が、
    少しでもその恐ろしさを軽減できるように、
    私なら獣医さんに相談して、かるい睡眠薬のようなボ〜ッとする薬を処方していただきます。

    ちなみに、過去のトピで『犬の飛行機持ち込みサイズ』というのがありましたよ。
    検索して、ご覧になってみてください。

    そのトピによれば、トイプードルなら、充分機内持ち込み可能なサイズだと思いますよ。
    せめて人が乗れる場所で、飼い主さんの側にいられる状況をつくってあげられるといいですね。

    トピ主さん、頑張ってください!!

    ユーザーID:

  • チワワ3匹

    数年前に日本からサンフランシスコへ連れてきて
    今年の3月に日本に帰国します。
    老犬なので2週間の成田検疫はかわいそうで帰国はできないと思っていましたが動物検疫改訂により準備は大変になりましたが2週間の成田拘留がないとのことで連れて帰ることにしました。
    3匹なので最初から機内持込はできず貨物扱いでした。
    2匹、1匹にわけ2つのゲージです。
    行きはJAL、帰りはANA。
    現在両社は機内持込できなくなっています。
    ANAは貨物にペット専用のスペースがあるそうです。
    気温、気圧ともに客室と同じにしてあるとのことでした。
    機内持込はまわりの方に気を使って
    何時間もいるので飼主さんがまいってしまいますと
    行きの検疫代行をお願いした日通の方が言っていました。
    私の犬は元気ですが若くても亡くなった子がいるとか
    違う空港にいっていたとかいろんな話を聞きます。
    元気に一緒に帰れるといいですね。
    準備大変ですが一緒にがんばりましょう。

    ユーザーID:

  • 電話して!

    こんにちは。バンクーバーからニューヨークまで引っ越しをした際に家のトイプードルを飛行機にのせて連れて行きました。 (乗り換え時間を入れてトータル11時間)家の犬は5.2キロのちょっぴりおデブさんプードルで機内持ち込みのバッグできつめでしたが、貨物扱いには絶対にしたくなかったので、バンクーバー/ニューヨーク間を飛んでいるエアライン全てに電話をして機内持ち込みのペットのクレートの大きさを確かめました。

    エアラインによっては私が使用した布製のもの(中で動いても多少は余裕がある)でも大丈夫という所と、しっかりとしたケージでないとだめ という所がありました。そして多少の差ですが(2インチ以下だったと思いますが)大きさの差もありました。私は、その結果をもとに一番大きなサイズ指定をしているエアラインを選びました。(直行便でなく乗り換えになってしまいましたが、結果的には空港の外にでて少しだけお散歩もできたし良かったと思います)

    ちょっときつめでもK子さんと一緒に機内にのせてあげられる方法が残っていないか、確かめてあげてくださいね。

    ユーザーID:

  • 通りすがりさん、そんなことはないです

    飛行機の外は氷点下50度、下手をすると氷点下70度近くなることもありますが、貨物室内は客室内同様に与圧されてますし、気温もあまり変わりありません。貨物室だけ与圧しないとしたら、客室の床をものすごく頑丈に作らなければならない(1平方メートルあたり6トンかかる勘定ですから)ことになります。それに、貨物室が氷点下何十度の世界だとしたら、バナナで釘が打てるどころか、搭乗の際に預けた荷物は全部カチンカチンに凍結して出てくるはずですよね。

    さて、問題の貨物室内の気温ですが、貨物室はB747(ジャンボ)等の大型機だと3つありまして、前からFore・Aft・Bulkと呼んでます。ForeとAftは20度くらい、いちばん後ろのバルクカーゴ、ペットをのせるのはここですが、ここは通常10度くらいです。ただし、ペットをのせる場合は20度程度に設定されます。ということで冷凍プードルになる心配はありません。

    ユーザーID:

  • 各航空会社に

    確認された方が良いと思います。
    日本航空などは2006年4月より機内にペットを搭乗させる事を不可とするそうです。(アレルギー等に配慮との事)各社のガイドラインがあると思いますので、トピ主さんが搭乗する期間に規則がどうなっているか、お調べになるのが良いと思います。

    ちなみに、貨物室でも空調は整っています。
    (客室と同等の気温)というか、零下??℃なんてありえませんよ・・・そんな所に生きているペットを放り込むなんて、航空会社がする筈ありません。常識で考えてもね。その点は心配ないと思いますが
    寂しさからストレスが溜まる事はあるかもしれません。獣医師さんに相談するのも良いかと思います。

    ユーザーID:

  • カーゴスペース

    旅客機にせよ貨物機にせよ、カーゴスペースに動物を収納するときは与圧&空調が施されます。氷点下になることはありえません。

    航空会社ではアレルギー対策で動物のキャビン内持込を制限する方向で動いています。動物を持ち込むことでアレルギー反応を発症されるほうが航空会社としてはたまったもんじゃありませんからね。最悪死亡にいたりますから。

    まずは犬がケージになれるように訓練するのと、孤独に耐えるように訓練することが先決でしょう。

    ユーザーID:

  • 機内持込できましたよ。

    うちもトイプードルを飼ってるので、タイトルが気になりました。
    トイプードル飛行機に乗せたことありますよ。
    3年間の海外赴任にも連れていったのですが、行きも帰りも客室持込させてくれましたよ。
    NWエアラインです。
    ずっとゲージに入れておくのもかわいそうだったので、
    膝の上に置いて毛布をかぶせてました。
    本人も異常事態だと思ったのか、非常に大人しく膝でじっとしていて、一度も吠えたりしなかったので、周りの席の人もスチュワーデスさんも気づいてなかったようです。
    ただ行きは11年前、帰りは5年前のことになるので、
    その後厳しくなったりしてないといいのですが。。。
    貨物扱いはかわいそうですよね。
    客室に持ち込みさせてくれるといいですね。

    ユーザーID:

  • 貨物室(カーゴルーム)は過酷です。

    こんにちは。航空機産業に携わっているものです。

    貨物室は動物が乗っているときのみ、エアコンを効かせます。
    ただし、客室と同じようなエアコンではありません。客室乗務員やパイロットが操作できるようなシステムではありません。あくまでも温度一定が保たれるだけです。当然真暗です。

    相当犬にはストレスを与えると思います。ですから、一緒に旅行に連れて行くなどのように気軽に乗せるのだけはやめたほうがいいと思います。

    機内に入れてあげられるならそれが一番ですよ!

    でもだからといって、置いて行くのだけはやめてくださいね。。

    ユーザーID:

  • NY⇒成田乗り換え⇒名古屋計18時間

    2004年12月にアメリカンエスキモを連れ帰りました。結果から言うと大丈夫です。その後2週間検疫にも居ました。うちもとにかく蚤の心臓で近所では有名な犬で心配しましたが元気元気です。

    機内に持ち込みも日系なら2004年時点では大丈夫でしたがケージの大きさ、身長など規定があります。それに見合わなければ貨物ですが動物を積むときは機長さんに「動物積まれてます、温度調整してください」と連絡があり貨物内も客室内と同様の温度に保たれるそうです。

    どなたかの所と同じくうちも18時間排泄しないで居た為
    名古屋に着き私の顔をみるや検疫の詰め所でじょーっとしてしまいましたが、何はともあれ元気に無事名古屋まで到着でき良かった!機内持込でも行けそうな大きさだったけど結局機内に居てもケージから出せないなら鳴く犬だと18時間お互い辛いかなと思って辞めました。大丈夫!あんまり心配なさらないでご帰国ください。

    ユーザーID:

  • 犬を連れた人、見ました

    去年か一昨年の夏に、成田→ロサンゼルスのユナイテッドで犬を連れた人を見ました。ちなみに、エコノミーです。盲導犬以外、動物は客室には入れないと思っていたので、とってもびっくりしました。

    ただ、私自身、動物が苦手というか、不慣れなので、正直言って、隣の席でなくてよかったと思いました。(その犬連れの人を見たのは、着陸後に機内から出るために待っているとき。) 過剰反応と思われる方もいらっしゃるかもしれませんが、その人、機内の通路で降りるのを待っているときには、犬をかご(?)から出してだっこしていたんです。いくら小さい犬(動物に興味があまり無いので、種類はわかりません)だといっても、もうちょっと気を遣ってよ〜と思いました。

    ユーザーID:

  • 獣医さんに...

    獣医さんに相談してみてはいかがでしょうか?
    私の会社の人も 帰国で飼っていた犬を連れてかえりました。 もちろん 犬は貨物室です。 獣医さんに相談したら 飛行機に乗る前に子供用の鎮痛剤を与えたそうです。 これで犬もストレスをあまり感じなく無事帰国できたそうです。 鎮痛剤を与えられた犬を見ましたがとてもおとなしく おりの中で おとなしく座っていました。 

    ユーザーID:

  • うちもプードル

    スペインから帰国するときにプードルを機内に持ち込み一緒に帰国しました。乗客が少なかった事と犬が大人しかった事、乗務員の方の配慮もあったかと思います。成田の検疫で1ヶ月程お別れになり迎えに行った時すごく喜んでいたのを思い出します。10年前の事なので今はどうなんでしょう・・

    ユーザーID:

  • ご利用のエアラインにご相談されるのが一番では?

    私もアメリカでシーズーを二匹飼っていて、そろそろ日本に帰ろうと準備中です。
    日本の検疫制度が変わったことについてはすでにご存知で、マイクロチップも埋め込んだと言うことでしたので、後は飛行機での旅行の問題だけですよね。

    私はノースウエストエアラインを使う予定にしていますが、ノースウエストですと、ペットを入れて運ぶキャリヤーを含む重さが15ポンド以内であれば機内への持込みを認めています。但し、事前に許可を取る必要があります。これらのことは以下のウェブサイトに料金と共に詳しく掲載されています。残念ながら同じノースウエストでも日本語のサイトではペットについての記載は見つけられませんでした。

    http://www.nwa.com/travel/animals/index.html

    もし、重たすぎて荷物室の方へ乗せられるとしても、何人かの方が書いておられるように、ちゃんと気温、気圧のコントロールがされているそうですので、ご心配は分かりますが、エアラインにお任せしましょう。これまでにたくさんのペットたちがそうやって旅行していますので、大丈夫だと思いますよ。

    ユーザーID:

  • ご利用のエアラインに相談されては、その2

    続きです。

    さて、気の弱いプードルちゃんが荷物室で運ばれることになったら本当に心配ですよね。うちの2匹のシーズーのうち、一匹がすごい怖がりで、特に大きなうるさい感じの男の人や大きな音は嫌いで、震えて、おしっこの失敗までしてしまうほどなので、人事ではありません。

    で、うちでは今から時々ケンネルに預けたり、私と離れて過ごす時間を経験させるよう仕向けています。自分の知らないところに置いていかれても「しばらくしたらお母さんに会えるんだ」と言うことを覚えさせるためです。

    夜は、うちの犬たちはケージに入れられて私たちとは離れた部屋で寝ています。犬の寝る部屋は毎晩真っ暗にしています。また車で出かけるときも荷物室にケージを置いてその中に入れています。

    また、人ごみにも慣れさせるようにしています。要するに、飛行機での旅行とできるだけ似た状況を何度も経験させるようにしています。

    残念ながらその効果についてはまだ分かりませんが、K子さんとプードルちゃんが安全に日本に帰れるように祈っています。

    ユーザーID:

  • 大丈夫だと思いますよ

    かれこれ10年前になりますが、アメリカからポメラニアンを連れて帰ってきました。
    当時2歳。テンカン持ちで機内での発作がすごく不安でした。

    LAまではデルタ。指定の範囲のゲージで機内持込OKでした。興奮して離着陸時は少し吠えましたが、私が傍にいるからかフライト中は比較的落ち着いてました。

    国際線はJAL。当時の問い合わせでは「基本的には貨物扱い。ただ病気を考慮し、全く吠えないなら機内持ち込みについて搭乗手続きの際判断する」との事。元々よく吠える犬種だし、一度も吠えないなんて無理。ゲージを覗かれた途端吠えまくり、即座に貨物扱い。一応配慮はすると言われました。

    獣医のアドバイス通り、ゲージの中には愛用のおもちゃとシート。取り付け用のこぼれにくい水ボトルとクッキー。あと処方された精神鎮静剤を飲ませました。あとは、本人(本犬?)を信じるのみ。

    そんなこんなで無事日本到着。よく頑張った!検疫はテンカン持ちの診断書を提出していたので自宅係留でした。検疫については、昔とルールが変わっているみたいですね。

    耐えて貰うしかないのだから、飛行機会社や獣医に相談して、後は犬の精神力と体力を信じて!

    ユーザーID:

  • 私も9月に

    私も今年の九月にポメラニアンをアメリカから日本につれて帰ろうと用意をしています。
    私は初めから貨物室に預けるつもりでいます。
    ワンワンとないて周囲の方への迷惑と、私自身も猫のアレルギーがあるから同じような方への配慮からです。
    確かに、貨物室に預けることはかなり心配ですが、私が選んだJ○Lは2006年4月以降、機内持ち込みは出来なくなるようです。貨物室は、温度なども管理されているようなのでその点は心配ないようです。
    下のURLを参考にされてください。
    http://www.jal.co.jp/inter/service/pet/

    うちの場合、JALへの乗り継ぎ便は、反対に貨物室には預けられないようです。
    飛行機が小さいので、きっと貨物室の温度や気圧の調整設備が整っていないためだと思われます。
    なので、国際線乗継までは機内用の小さなもの、国際線からは大きなしっかりしたクレートを用意しなくてはならないみたいです。

    ユーザーID:

  • 私も九月に (続きです)

    書類をそろえるのも大変ですし、当日のことも心配ですが、愛犬は家族ですし、頑張って連れて帰ろうと思います。

    他の方への迷惑を考えて、ビジネスクラスやファストクラスでの機内持ち込みを考えていらっしゃる方がおられるようですが、そのクラスの方は現地に着いたらすぐに仕事が待っていたりする方もおられます。
    なのにペットがうるさかったりだと本当に迷惑です。
    小さな子供さんのそのクラスへの搭乗も同じことがいえると思います。
    厳しいようですが、飼い主として、親として、他の方への当然の配慮ではないでしょうか。

    ユーザーID:

お気に入りに追加しました

レス求!トピ一覧