27歳で初めての就活

レス51
(トピ主0
お気に入り2

キャリア・職場

ひろとも

私がカナダに住んで以来もう8年が経ちました。初めは高校留学で1年間この国に来たのがきっかけで、それ以来語学留学、短大、そして大学。昨年26歳にしてやっと大学を卒業し(工学部卒)、大学院に入りました。それだけ時間をかけられたのは、家庭が多少裕福だったおかげだと思います。しかしながら、12月で大学院を辞め日本で就職しよう決意しました。理由として、一つはなんとなくやってきた今までの人生のツケが来たという事。ここの大学はカナダでは有名で勉強もハードでした。平日は睡眠時間を5時間未満にして勉強に専念しました。おかげで成績はカナダ人に負けない位でしたが、今振り返ると本当にその分野を勉強したかったのかは疑問です。つまり、自己分析をしてこなかったと言う事(就活をして初めてこの言葉を知りました)。二つ目には、やはり社会人と学生の責任感の違いに気付いたからです(金銭面も含めて)。社会に出て自分の責任感を向上させたいと思っています。自分の強みは、理系、英語、そして海外で培った順応性(対人関係も含めて)だと思います。ただやはり、27歳と言うのがネックです。社会人の皆様はいかが思われますか。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数51

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • なかなか居ないよね。そういう人。

     すごいですね。ただただ関心です。いろんな意味で。
     おやのお金で留学して27歳で何の職業に就くか悩むなんて、正直ちょっとどうかな…?って思っちゃいますね。
     おまけに大学の成績まで自慢されちゃね…ちょっと幼いかな。

     日本に帰るか残るかはわかりませんが、順応性があるのなら大丈夫なんじゃないでしょうか?なにやっても。

     ただ嫉妬はかいますよ。その経歴は。

     社会に出てからは、謙虚にしてれば大丈夫でしょう。

    ユーザーID:

  • 年齢で既に挫折ですか?

    私の姉は海外で大学を卒業した後、28歳で初めて日本で就職しました。社会人としても初めてです。
    でも彼女は一度も年齢をネックだと思っていませんでしたよ。ある会社(大手企業です。)に新入社員として入り、年下の同期や先輩と一緒に働いてます。

    彼女曰く「年を取っていたらそれなりに我慢ができる」そうです。
    また、郷に入れば郷に従えで、「アメリカでは」とか「カナダでは」を持ち出さず、「日本は日本」だそうです。

    >自分の強みは、理系、英語、

    ごめんなさい。私は学業でしか英語に慣れ親しんでいる人は会社で即戦力になるとは全然思ってません。職種によるのかもしれませんが、プラスアルファーになる程度ではないでしょうか。
    カナダで苦労されたことは大いに誇りに思ってください。でもその苦労話に他人はそれほど関心がないことも心に留めておいてください。

    27歳ならまだ若いですよ。「自分は何も知らないので、一から教えてください、お願いします!」って気持ちで頑張ってみるのはどうでしょうか?英語ができるから、通常の新入社員より物を知っているようにご自身が勘違いされていたら会社側も困るでしょうけど…。

    ユーザーID:

  • 自己分析を始められているようなので

    他己分析で申し訳ありませんが:

    まずどの分野のどういう業務につきたいかを決めることが第一です。決めたとて結局希望通りにいくとは限らず、自分があまり考えていなかったようなところに職が決まるというケースも多々ありますが…

    ・トピ主さんの英語力はそれを求められる職場に応募するなら確かに大いにプラスでしょう。

    ・年齢は確かに突っ込みどころ。自分がどのような意志で27歳までカナダにいるという決断をしたのかをきちんと説明できるようにしましょう。

    ・理系というのはアピールポイントとしては微妙です。まだ大学院を卒業されていないようなので。「理系」が意味を持つのは今日では院卒以上です。

    ・「海外経験」というのも、うまくアピールできればプラスにも働きますが、あまり過大に言い過ぎると逆に反感を買うこともあり得ます。カナダの有名大というのもあまり関係ないでしょう。残念ながらカナダの大学の知名度・評価が日本で特に高いということはありません。

    ユーザーID:

  • 同じ歳です

    27歳までカナダで勉強されていたのですね。
    文中に「多少裕福だったのもあるかも・・・」とありますが、今までずっと学費は、親に出してもらってきたのでしょうか?

    ずっと海外で頑張って勉強されてきたのは、すごい努力されたのだと思いますけど・・・今更自己分析に気づくとは。

    就職は、可能だと思いますよ。
    経験がなくても常識と責任感があれば、あとは努力次第で道は開けると思います。貴女に限らず誰だって。
    しかし、勝手な意見ですが、日本企業よりも日本で働くにしても、外資の方が良いのではないでしょうか?海外生活が長いようなので、日本の(特に女性の?)アホらしいつるみとかに辟易してしまうかも。また、相手からもやっかまれたりしそうじゃないかな?どうでしょうか?

    ユーザーID:

  • トピ主です(補足)

    上記では十分な説明ができなかったので、補足させて頂きます。日本の社会で働きたい理由は、やはり将来に向け日本の一般常識を知る必要があると思ったからです。自己分析をした結果、自分は学ぶ事が好きだと思いました。それは学校の勉強に限らず、全てにおいてです。特に年齢に対する日本社会の意識は類稀だと思います。例えば、よく耳にするのは「〜歳なのだから、〜するべき、又は、〜していて当然」などです。

    その他にも学ぶ事はたくさんあるのではないかと考えています。そして大学、大学院という中でしか生活してこなかったので、視野を広げたいと思います。物理の研究室に2年ほど在籍しましたが、研究はおおよそ研究者のやりたい事なので、「責任がある」という意識は薄いと思われます。それに、人との交流もさほどありません。

    特に私の場合は、英語という言葉のハンデを乗り越えなければいけなかったので、四六時中勉強していました。私の視野は狭くなる一方だったのかも知れません。

    海外で培った順応性に関してですが、私は自分の信念を柔軟にする事で異文化に対応してきました。そして、そこで学んだ上で新たに自分の信念が形成されるものだと考えています。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • ネックどころか

    逆に、海外での経験を活かせるチャンスだと思いますよ。
    そりゃ、多少とまどい等はあるでしょうけど。

    日本の場合、大学受験の為の高校での勉強と言う感がありますよね。もちろん、高校時代に「自分は将来こういう事をやりたい!」と思って勉強に打ち込む人もいるでしょうけど、そうではなく、とりあえず大学に行って…と言う人も多くいるのは事実です。(私は後者でした)
    そして、実際に就職となって、大学で学んだ事の延長で就職する人、全然違う環境に身を置く人、さまざまです。

    自分自身で「恵まれた環境」と言う事を理解しているのであれば、その事をご両親に感謝する事を忘れず、自分のやりたい事、今までの経験を活かせるように頑張る事、それでいいと思いますよ。

    頑張ってくださいね!

    ユーザーID:

  • えーっと その1

    まずトピ主さんの言いたいこと、尋ねたいことがよく分かりません。
    句点までの一文は意味が分かります。
    でも、トータルで文章を読むと分からない。
    文章の書き始めと終わりで、言いたいこと・目的が変わっているからかな?

    で、理系の知識はどの程度のものでしょうか。
    かなりの専門性があるならば、語学力と専門分野次第で就職先は見つかると思います。
    能力が高ければ27歳という年齢は問題視されないかと。
    職種によりますけど。

    それと、ここからは辛口になりますので、読みたくなれば読まないで結構です。
    まず、就職する目的が「責任感を向上」は甘いです。
    責任感って向上させるものでしょうか?

    社会人は責任感があるのがベースで、例え仕事で大きなミスを起こそうと、新人の「責任感の象徴である辞職」など何のツッパリにもなりません。

    ユーザーID:

  • えーっと その2

    就職って「賃金を得る為」にするものと思います。
    仕事を頑張るのも、転職するのも、より良い環境で賃金を得たい、より額面を増やしたいと思うからです。

    それが企業の活性化、売上増に結びつきます。
    「責任感の向上」とは遠く離れた存在です。

    それと、トピ主さんは「日本の常識・ルール」にどこまで染まることができますか?
    私もカナダ留学から帰って日本で就職した人を知っていますが、「日本は窮屈」とばかり言っています。

    ご自分の順応性を評価されてますが、ある程度の覚悟は必要でしょう。

    ユーザーID:

  • 自立する

    それだけの経歴と、海外経験があるなら
    20代であればまだまだ就職活動に困るところまでいかないと思います。

    ただ、ひとつ気になった事。

    >社会に出て自分の責任感を
     向上させたいと思っています。

    おそらく今までずっと向上心から勉強を続けてこられたんだと思いますが、感覚がその延長ですよね。

    お金に困ってなくて、働かなくても生活していけるから27歳の今まで自分を向上させるためだけに時間を使う事ができた方の発言です。(嫌味じゃないですよ)

    トピ主さん、そこまで勉強しておきながら
    将来どうなりたいか、何がしたいか考えた事が無かったんでしょうか?
    20歳からは親の世話にはならない、と思って働いてきた私からすれば「なんだかなぁ・・」という印象です。

    まずは自立する、という気持ちでがむしゃらに頑張れませんか? 年齢がネック、というのは言い訳です。
    ご自分が今までやってきた事の結果ではないですか。

    ユーザーID:

  • 何はともあれ

    働いてみないと分りませんよね。
    それには積極的な就活が必要だと思いますが、
    学歴からして、申し分ないように思います。

    仕事って実社会です。
    勉強が出来たとしても、社会で通用するかどうかは
    別の問題だと思います。
    勉強熱心と言うことなので、研究職あたりどうでしょうか?
    20代後半で初めて就職した方、結構いましたよ。

    ユーザーID:

  • 年齢ではない

    私の夫も同じような経歴を持っています。日本の大学を1年で休学しアメリカへ渡り、大1からやり直して、最終的には理系の大学院を出ました。ただし、彼はずっと奨学金をもらい続け、かなりの苦学生でしたが(苦笑)。

    彼は28歳で就職活動を始めました。就職活動には、アメリカや日本の、留学経験者を対象にしたジョブフェアーを利用しました。夫は自分が何をしたいか明確にわかっていたので、日本でもアメリカでもターゲットを絞って就職活動をし、いくつか内定をもらいました。最終的には日本の大手メーカーに決めたので、帰国しました。

    実は私も海外の院卒・27歳で就職活動をしたのですが、あまり年齢は問題にされませんでした。ただ大学院を出ていると、自分の専門についての知識や方向性がとても重要です。「この会社で何をしたいか、何が出来るか」を問われます。

    『本当にその分野を勉強したかったのかは疑問』とのことですが、せめて、就職試験を受験する会社では何をしたいかということを考えておくべきだと思います。

    ユーザーID:

  • みなさんの意見に賛成

    カナダなどの海外の大学や大学院は日本では知名度がありません。海外で求められるものと日本で求められるものも違うのでよく考えて決断されることをお勧めします。

    ユーザーID:

  • 年齢は、関係ないと思うよ。

    >社会に出て自分の責任感を向上させたいと思っています。

    それは、とても良いことだと思います。
    しかし…

    「会社」は、自分の責任感を理解している人を雇いたがります。
    それは、15歳の中卒でも、18歳の高卒でも、22歳の大卒でも、または30歳過ぎの転職者でも、全て同じです。

    会社に雇われて、給料を貰おうと考えるのなら、
    「私は、この会社に入って、この仕事をすることが出来る」と、主張してください。

    学業成績や得意分野ではなく、
    「それを活用して、何が出来るか」をアピールしてください。

    その内容が、会社側の意図と合致していれば、
    年齢に関係なく、就職はスムーズです。

    ユーザーID:

  • 大学院を卒業してからでもいいのでは?

    日本の大学を卒業し、7年ほど働いてアメリカの大学院で研究しています。

    大学院を辞める前に、自分の希望する職種にどういう学歴、知識が必要なのか考えてから動かれた方が良いと思います。

    自分のこれまでの留学生活をしっかり総括し、かつ、仕事から謙虚に学ぶ態度があれば、27歳で初めて就職すること自体は問題ないと思います。

    ですが、もし自分の研究に関係がある職種を希望されているなら、大学院は卒業しておいた方がよい場合もあるのではないでしょうか?理系を売りにするのならなおさらのような気もします。

    「社会人と学生の責任感の違い」は就職後に真摯な態度で働けば実感することが出来ます。カナダの法律は存じませんが、大学院に在籍しながらインターンとして職場の経験をある程度積むことも可能ではないでしょうか?

    偉そうなこと書いてしまいましたが、私も再就職は不安ですよ。お互い頑張りましょうね!

    ユーザーID:

  • にげてないよね?

    大学院までいったら正直厳しくて、社会に出るということを理由にして逃げてませんよね?

    理系で大学院に入ったのなら修士を出てから就職するのがいいのではないでしょうか。きちんと学んでいるなら就職先はあります。ソレが向いていないにしても、今あるものを売りにして就職して、それから転職してもいいでしょう。

    大学出たのが26歳でしょ、ちゃんとやってきたのかが気になります。

    ユーザーID:

  • うーん

    真剣に物事を考えていらっしゃるのは
    立派だと思います。

    が、私が思ったのは、
    責任感を向上させたいのであれば
    大学院を卒業し、最低でも修士号を取得
    するのが、あなたがまず果たさなくては
    いけない責任なのではないでしょうか。
    (Ph.Dコースに入っていても修士は
    取れるんですよね?)

    今までお金を出して下さったご両親に
    対して失礼なのではないかしら・・・。

    去年大学院に入学して、今年の12月に辞めるのであれば、あと半年がんばれば卒業できるんですよね?
    その半年(あるいは1年)の差で今後身につく
    責任感にそれほど差がつくとは思えません。

    ちなみに私は日本の大学在学中に1年留学し、合計5年かけて卒業後、アメリカの大学院に進み(文系です)、
    日本で新入社員として就職しましたが、
    年齢が不利とは全然感じませんでしたよ。

    ユーザーID:

  • うーん(続きです)

    まずは在学中のまま就職活動をしてみては
    いかがでしょうか?

    カナダなら、アメリカで行われる
    キャリアフォーラム(http://www.careerforum.net/)に参加できますよね?

    そこでいろいろと感触を掴んでみればいいと思います。

    私はボストンキャリアフォーラムで内定をもらいましたし、アメリカ・カナダの日本人留学生でこちらに
    参加している学生は沢山いますよ。

    がんばってください。

    ユーザーID:

  • 私の彼も就職したのは、26才ですが。1

    私の彼は、大学の交換留学生で
    イギリスに行き、そのまま大学に
    居ついてしまいました。

    そして戻ってきて元々いた
    大学を卒業しました。

    彼の場合はトピ主さんの場合と違い
    父親が他界している為、日本の大学の
    学費、渡航費用、あちらでの生活費
    学費、全て自分で負担しました。
    (大学は育英会に出して貰い、
    留学はアルバイトの数々をしながら
    何とか捻出しました。)

    今は、運が良く、人も羨む一流企業に就職しました。
    英語を使う仕事ではありません。

    就職の時に親は泣きました。
    勝手に海外に行って、年をとっているし
    就職出来なかったらどうしようと、
    思っていたそうです。

    ユーザーID:

  • 私の彼も就職したのは、26才ですが。2

    彼と知り合ってから、彼がイギリス留学について
    周りに話す事はほとんど聞いた事は
    ありませんでした。
    付きあった今もあまり聞いた事がありません。

    そう考えるとあまり海外の話は
    しない方が良いかもしれませんね。

    それからどんなに優秀であっても、
    日本で望んだ職につけるかどうかわかりません。
    日本も理系は院卒は当たり前です。
    また、英語を生かせる職とお考えなのでしょうが、
    英語プラスαが無いと難しいと思います。

    理系の会社に勤めている友人の会社では
    英語をしゃべれる人は多く、帰国子女も
    沢山いるそうです。
    でも、海外に行くのは技術者のみ
    トーイック400点で行くそうです。
    技術者だからです。
    英語がしゃべれても、技術が無ければ
    意味が無い会社だからです。

    そこまで来たのですから、大学院卒業して
    からの方が良いのかも・・・知れませんが。

    ユーザーID:

  • 海外で就職

    日本では職歴が無くて年齢が高いと不利です。最初に海外で就職して3年くらい職歴を積んでからその会社の東京支店に転職とか、同業種に転職をした方が確実だと思います。

    ユーザーID:

  • >社会に出て自分の責任感を向上させたいと思っています。

    「仕事って責任感向上の為のもの…?」
    世の中には様々な価値観があって当然なのですが、この一文に疑問を抱きました。
    (ちなみに私にとって仕事とは、口を糊する為のものです)

    ご自分の経歴に誇りをもっておられるとお見受けしますが、おそらく日本の社会はトピ主さんの思っている程、トピ主さんを買ってくれないと思います。プライドをズタズタにされるような出来事も絶対にあります。
    (生活の為なら、食べていく為ならなんとか耐えられるけど、生活に不安の無い人がはたしてそれに耐えられるのでしょうか?)
    仕事は勉強と違って、努力がそれなりの結果を出すかというと必ずしもそうとは限らないですし。
    大学院で研究を続けたほうがトピ主さんの為には良いのでは?と思います。

    ユーザーID:

  • きついかもしれませんが・・・

     通りすがりにみてちょっと気になったので、一言言わせてください。
     私の学生時代の友人はほとんど理系院卒です。国内の大学ですが、はっきりいって、院まで行くくらいなら英語が使えるのは当たり前といっても良いと思います(専門分野に関して言えば)。だって、専門文献はほとんど英語でしょう? 学生時代、英語ができるとは思えなかった友人が学会の発表準備とか、英語でやってましたよ?
     だから海外の大学院を修了時点で27。それで初めて就職というのははっきりいって大きなハンデだと思います。特にすごいことでも何でもありません。
     一番大事なことは、学歴・海外経験を忘れて人並み以上に謙虚になることです。トピ主様より年下の人にキャリアのあるなしに関わらず、丁寧に新人として振舞うことができますか? その覚悟なしに日本社会へのデビューは厳しいと思います。
     きつくてごめんなさい。

    ユーザーID:

  • 私が面接官ならば

    私が面接するならば、就職の動機が「視野を広げたい」で、自己PRの内容が「学ぶのが好き」では、物足りません。
    年齢の27歳はさほど気になりません。
    しかし理由に関係なく、その年齢ならば一般常識は既に身に付いていてほしいと思います。
    企業の研究開発室に行くなら別かもしれませんが、
    30歳に近いとなると顧客との折衝もする年齢です。

    文章全体から受ける印象は「おっとり」ですね。
    (前後のつながりが不明瞭な所はありますが)
    企業側としては、もっとこうガツガツしたタイプが欲しいです。
    「なんとしてでもこの企業に入りたい。稼ぎたい」
    という強い意欲。

    専門性+語学力はとても武器になると思います。
    一般の英会話ができる人は、この時代珍しくありませんが、専門分野の専門用語まで身に付いてるとなると貴重な人材ですね。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    様々な御意見有難うございます。社会というのは、私が予想していたものよりも一つ上の次元にある事がわかりました。謙虚さ、社会の厳しさ、そして様々な人達がいる事をこれからは一つ次元を上げて考えていきたいと思います。その上で自分のしてきた事を考えたいと思います。

    お話を聞いて不思議に思うのは、面接で学生は自己PRをしなければならないと思いますが、社会人である面接官は学生が大学生活で学んだ事を重要視しないという事になると思われます。では、自己PRというものの目的は別の所にあるという事でしょうか。

    このサイトを通じて学ぶ事は多いと思います。やはり知り合いの社会人のお話を聞いても、実際に顔を合わせて話しているせいか、レスさん達ほどはっきりと物事を話してはくれませんでした。「耳に痛い言葉」ほど学べるものは無いと思います。よりたくさんのご意見ご感想を聞かせて下さい。有難うございます。

    ユーザーID:

  • ごちゃごちゃ考えてるみたいだけど

    責任感を向上させたいから就職…?
    既に身に付いていないとダメなんじゃないかなぁ?
    勿論、社会に出て更に責任感の大切さを痛感したりという事はあるだろうけど、トピ主さんはそれ以前の段階のように見える。

    それから、イロイロと自己分析の内容を書き連ねておられますが、語学だの何だのと自信があってもそれを生かせるかどうかは、就職してみないと何とも言えないじゃん、と思いました。
    年齢を気にしたところで若返る事は無理なんだし。
    誰だって新しいことを始めようとする時には多少の不安はあるものだと思うけど、結局やらなきゃ何も始まらないんじゃないのかなあ。

    ユーザーID:

  • もっと具体的に 1

    タイトルの意味は、
    「もっと具体的に自分のやりたい分野を突き詰める」
    「もっと具体的に行動する」

    という両方の意味です。

    辛口な意見が多いですが、日本で27歳の女性ってある程度会社員経験がある人が多いので、同じようなことを求めた発言なんだと思います。今はその発言にショックを受ける必要はないけれど、日本の企業で働けば、多かれ少なかれこういう批判的なリアクションはあると思っておかれたほうが良いと思います。

    私も海外に住んでいるので、トピ主さんの発言や考え方は嫌味に聞こえないし、努力してきたこともよくわかります。(ただあなたの表現の仕方は日本人には驚かれることもあるかも)今私がいる国でも28歳で修士修了で初めて就職なんて人ゴロゴロいますから。
    ただ、日本では特殊というだけです。

    続きます。

    ユーザーID:

  • もっと具体的に 2

    タイトルに絡んだ話に戻します。

    自己分析などから何がしたくて、何が得意か見えてきたかと思いますが、どうでしょう?理系という言葉はあまりにも漠然としすぎです。物理でも専門的な内容で仕事ができそうか(ちなみに日本の大学出身者はできないと判断されていて、修士課程修了が必須です)、できなさそうでも例えば特許の事務などならある程度いかせることはあるかもしれません。

    でも事務職を希望しているかどうかにもよると思います。

    もっともっと自分がやってみたいこと、できそうなことを具体的に探しつつ、ネットなどで企業や団体を探してどんどんアタックしてみてはどうでしょう?履歴書を送って反応を見るのも一つでしょうし。英語の資格試験を受けておくのも良いと思います。

    ここまで勉強を一生懸命やって来られたでしょうが、ここからは自分の人生に自分で責任を持って進まなければなりません。上司はいても、先生や指導者はいないです。自分で自分を売り込んで、(しかも日本では謙虚な姿勢を忘れず!)進んでいかなければ行けないと思います。

    大変だと思いますが、頑張ってください!

    ユーザーID:

  • 日本と海外の違い

    私もいささか海外経験があるのですが、「学生は楽」というのは日本と隣国だけですね。学生の本分は勉強です。それをあやふやにしているのが日本の学生達です。

    みなさんが今まで学んできた事を全部海外でしてきたと想像してみて下さい。まずは、言葉すら通じません。次に日本の常識は通じません。そして、周りは全て英語ペラペラの現地人です。その中で現地の人達以上の成績の修める事は更に難しいでしょう。語学留学は遊びです。しかし、海外の有名大学で良い成績を修めるということはまた意味が違いますね。また睡眠時間を削るほどの勉強を4年間続けるというのは大変なことです。なぜなら勉強というのは自分との戦いなのですから。社会に出てきて「学生は楽」と思うということは、それはあなた、又はあなたの知り合いの学生達が楽をしてきたからではないでしょうか。

    また親として、息子が海外にいるということは不安です。海外で一人ということは、何があっても一人ということです。日本にいればすぐに駆けつけられますが。遠く離れた日本にいる私の気持ちに息子が答えてくれているのなら、援助は惜しみませんよ。

    ユーザーID:

  • ちょっと辛口ですが

    私は、トピ主さんとは逆で、日本で8年仕事をしてから、現在アメリカに留学しています。
    気になったのは、日本の企業に就職したい理由です。
    「日本の常識を身に付けたいから。」と仰いますが、もしもそれを就職試験で言ってしまったら、企業側は欲しいとは思わないでしょう。何故ならば、欲しいと思う人間は、そうした常識が備わっていると思われる人物を採用するからです。もちろん、就職後も「人生日々勉強」の姿勢は必要です。これは向上心という意味です。
    もっと言ってしまえば、あなたは会社へ何かの貢献をし、それに対する報酬が与えられる、これが企業と就労者の関係であり、あなたの常識を学ぶことに企業がお金を払うとは思えません。もっと強い日本での就職理由を考えるべきです。
    (続きます)

    ユーザーID:

  • ちょっと辛口ですが(続き)

    (続きです)
    あなたが書かれたカナダで頑張った事、学んだことをもっと違う表現で表せるといいと思いますよ。
    例えば、
    睡眠時間5時間で頑張った→体力には自信がある。
    対人関係における柔軟性→人当たりが良い。
    英語と理系の知識→特定の分野において、日英の通訳・翻訳が出来る(もし出来るならば。英語で理解していることと、適切な日本語に出来ることは違います。正式な場での翻訳・通訳の経験はありますか?企業が欲しい英語の専門スキルは、日英どちらのレベルも標準以上ではないとならないですよ。)

    何だか、文章を読んでいると、とても賢い方なのは理解出来ます。ただアピールの仕方がちょっと違うかな、と思います。多分その辺がかなり欧米化してしまっているのかもしれませんね。
    蛇足ですが、まだまだ日本では「何歳だから〜すべき」という意識は抜けてはいません。
    一応、建前として口には出さないものの、まだまだその意識はあります。でも気にするか気にしないかはご本人次第だと思いますよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧