盲導犬のテレビを見ると涙が止まらない

レス39
(トピ主0
お気に入り5

生活・身近な話題

わんこ

盲導犬のことで少し思ったことを書きます。

盲導犬が目の見えない方の大切なパートナーで必要なものだとは思っています。
街頭募金を見かけると必ず寄付をしたり、映画やドラマも見て感動して、素晴らしいものだと思っています。

よくドキュメントでも言われているように、盲導犬は生まれたときから出会いと別れの繰り返しだとありますよね。

ボランティアでパピィウォーカーをされている方もご立派だと思います。
でも、自分がパピィウォーカーになったら・・・一年で別れなきゃならないなんて、とても出来そうにありません。

うちも犬を飼っています。
家族に囲まれ愛されて、いつも一緒にいられるうちの犬と違って、盲導犬は親と一年で別れ、厳しい訓練を行って、その後もしっかりと働かなければならない・・・

先日のテレビでも、引退した盲導犬の足の吸盤がひどい状態になっていたのを見て号泣してしまいました。

彼らにとっては幸せな一生だっのかと思うと・・・
もちろん、必要としている方にとってはこんな意見は知失礼だし、同じ立場でない私が言えることではないのですが。

単純で浅はかな捉え方かもしれませんが、涙が止まりません・・・

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数39

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 盲導犬は不幸せなの?

    犬にとっての幸せとはなんでしょう?
    私は常日頃思いますが
    犬にとって役割を与えられ
    それを全うすることで褒められ
    また飼い主も犬もそれぞれが依存しあって
    それで成り立つ生活を幸せではないと
    誰が言い切れるのでしょうか?
    犬が話をして
    「俺辛いよ」とかいうならわかりますが
    どんな暮らしをしていても
    犬が不幸なのか幸せなのか
    そんなことは人間にはわかりません。

    もちろん飼育放棄された犬や
    無理やり死という運命を与えられた子が
    幸せかどうかは考えてもらえればわかると思いますが
    一般家庭で愛情を持って育てられてきた子を
    どういう環境下で育てても
    それが劣悪でないのなら幸せじゃないとどうしていえるのですか?

    上からものを見るのはやめましょう
    幸せか不幸せかはあなたが決めることじゃない
    人間と同じでどんな暮らしが幸せか
    そんなことは犬に聞かなきゃわかりません
    だからこそ犬が喜ぶようなことを考え
    そして愛を持って接してあげる事が大事なのでは?
    盲導犬のユーザーの方がそうしてあげていないなんて思いますか?

    ユーザーID:

  • 老犬ボランティアを考えてます

    私も盲導犬の番組を見ては涙 涙 涙です。
    いつか犬を飼える状況になったら、老犬ボランティアになろうかと考えています。
    盲導犬に感謝をしつつ。

    以前、近所の犬の飼い主探しをしたことがあります。
    飼い主を何とか見つけてやりたいと、必死でした。
    とても不安だったし、時間も体力もお金も使いました。
    でも、飼い主さんに渡した瞬間の安堵と喜びは最高でした。

    ボランティアっていいなと思います。
    パピィウォーカーも素敵ですが、私は老犬ボランティアも素敵だと思っています。

    ユーザーID:

  • 犬の幸せ

    犬にとって一番の幸せは、強い絆で結ばれた飼い主といつも行動をともにすることです。もちろん、繁殖ボランティア、パピーウォーカー、訓練所、盲導犬ユーザー、引退犬のボランティア・・・と、一生のうちに飼い主が何度も代わる盲導犬は、見方によっては可哀想なのかもしれません。でも、一番一緒にいる期間の長い盲導犬ユーザーの人とは、ほぼ四六時中一緒にいられるのです。それって、犬が一番望むことでありながら、普通の家庭犬ではまずありえないことです。

    ストレスがかからないわけはないと思います。でも、いろんな人に見守られ、必要とされ、人と強い絆で結ばれ、引退した後も優しいボランティアの家族に最期まで看取ってもらえる盲導犬は、それはそれで幸せなのではないかとも思います。誰からも愛されず、惜しまれず、悲しい一生を終えてひっそりとこの世を去る犬だって、世の中にはごまんといるのですから。

    ユーザーID:

  • わかります・・・

    盲導犬って犬の本能をかなり押さえて、お仕事しているのですよね。昔、TVで盲導犬と共にマラソンに参加した方のドキュメンタリーを見ましたが、一旦、盲導犬として訓練された犬を今度は、主人と一緒に走るように訓練するのは大変な事だと知りました。

    でも、盲導犬として性格と素質のある子だけが選ばれる事。ほとんどの犬は主人の為に働くのがとっても嬉しい事。そして、盲導犬として働くのは限られた期間である事。最後にリタイアした後は、再度、パピィ・ウォカーのような専門のボランティアの所でゆったりと余生を送れる事ー

    なども知って、少し安心しました。私はリタイアした盲導犬達を世話したいと思ってます。

    ユーザーID:

  • 私もです。

    全く同じです。盲導犬に限らず、動物モノにとても弱いのですが、犬が大好きで特に盲導犬には弱いです。
    クイールもですが、引退後の盲導犬など、あのつぶらな瞳を見ているだけで、じわーっと涙が出てきます。

    盲導犬は多くの人に可愛がられて、こんなに必要とされて幸せだったなどと言われますが、本当にそうなのかなあと思ってしまいます。
    犬として生まれてきたのに、好きなだけ走ることもできない、はしゃいでじゃれることもできない、排泄さえも制限される等。人間より理性を求められている気がします。

    でもラブラドールという犬種は人間の役に立てて喜びを感じるそうです。私もそう思うしかないので自分に言い聞かせています。
    盲導犬の訓練センターの見学に行ったり、寄付をしたりしてきました。
    本当にあんなに健気で利口なわんちゃんには涙が出ます。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • そうかなぁ?

    盲導犬はたしかに多くの別れもあるし、ご主人の命を守るということで神経を擦り減らしているかもしれません。普通の家庭で大事にされている犬と比べると仕事がある分、盲導犬の方が格段に大変だとは思います。 それでも大好きなご主人の近くにいられる分、ちゃんとケアしてもらえる分、幸せなのではないでしょうか? 私の職場には盲目の奥様をお持ちの方がいますが、盲導犬との生活はそれは豊かなものです。 奥様を守っている盲導犬もイキイキとしています。 その犬の一生を通して見たら、可哀想だなと思える部分がクローズアップされるのでしょうけど、1日1日を見ていれば、盲導犬の自信に満ち溢れた、ご主人に仕えているという嬉々とした姿を見ることができると思います。

    ユーザーID:

  • それでも幸せなんじゃないかな

    ハーネスをつけた盲導犬を見かける事がありますが、尻尾ふって歩いている印象があります。そして以前住んでいた家の近くに、盲導犬を連れた方が住んでいらっしゃいました。うちもラブを飼っていたので、その方やお仕事をしていない時のワンちゃんと遊んだりしましたが、もちろんお仕事中も、そのワンちゃんは本当に幸せそうでした。大好きな人の為に尽くして、感謝されて愛されて、本当に幸せそうでした。

    残念ながら、その女性が亡くなってしまいましたが、ワンちゃんは女性のご両親に引き取られました。今もたまに見かけますが、とても幸せそうです。

    盲導犬であっても、飼い犬であっても、信頼し合えるパートナー(飼い主)に出会う事こそが犬の幸せです。寿命や高いフードや何よりも、大切なのは愛情。

    ユーザーID:

  • 私も泣けてしまいますが

    たしかに、アスファルトの上を歩くことが多いので、盲導犬は他の犬より足の裏は傷みやすいと思いますが、普通の犬でも老犬になると新陳代謝が衰えて、同じような状態になったりしますよ。だから、絶対彼らだけかわいそうってわけではないです(かわいそうだけど)

    私は、老犬になった盲導犬が、パピーウォーカーさんとして幼い頃を過ごしたおうちに引き取られた話にメチャメチャ感動しました。

    足も腰もヨロヨロになっていて、車に乗るのにも人の介助が必要だった犬が、その家の近くで止まった車から跳び降りて、家の前で待つ家族のところに走っていくんです。

    それまで仕事をしていた犬の姿もりりしくてすてきでしたが、人間で言う「童心」の状態になって、目をキラキラさせながら、十年前、子犬の頃に遊んだおもちゃに夢中でかぶりつく姿なんて、もうもう。

    家の人も覚えていてくれたんだ! と、とてもうれしそうでした。

    彼らは彼らなりに、幸せに生きていると思います。その時々に愛し、必要としてくれる人たちに囲まれながらね。

    ユーザーID:

  • 役に立つと幸せじゃないですか?

    トピ主さんは、盲導犬がかわいそうで泣いているんですか?

    でも、人間だってやることがある人の方が若々しかったりするし、やりがいのある仕事は苦しくても楽しいし。
    逆になんにもやることがないと意味の無いこと考えるどころか、マイナス思考になっちゃったり、ほけちゃったりするし。

    少なくとも私には、盲導犬や他の補助犬、ついでに警察犬や軍用犬も、信頼できるパートナーとやりがいのある仕事があって、リタイアするまで張りのある生活を送れるのは、犬としてとても幸せなことだと思えるけど。

    犬は本来群れで生活するものらしいので、それなりの立場を与えられたほうが落ち着くとも聞いた事あります。
    人間だって、犬だって誰かの役に立つとうれしいのは一緒なんじゃないかな?

    私も、きちんと犬が飼えるようになったら、老犬ボランティアできたらいいなと思っています。

    ユーザーID:

  • おっしゃること分かります。

    私はせめて、もう少し早く盲導犬を引退させてあげて欲しいといつも思ってしまいます。
    出会いと別れを繰り返す、本当にそうですよね。
    引退したときには、過酷なお仕事のために疲れてしまっている。
    盲導犬を必要としている人はいます。理解します。
    ただ、引退した後のケアまで皆さんがケアをしなくては、と気づき始めたのは最近のようです。
    盲導犬を寄付する団体の方が、犬の引退後のことまでは
    考えたことがなかったと仰っていたことにも表れているとおもいます。最近のことです。
    北海道だったか?うろ覚えですが、たくさんの引退犬が一箇所に集められ、一人の女性が主に世話をされてるという施設がありました。歩けなくなった犬達が毛布の上で寝ていました。何年も前の出来事ではありません。引退した後の犬の余生、本当に考えさせられます。
    >匿名さん
    トピ主さんのどこが、上からものをおっしゃっているのですか?
    あなたの方がよっぽどですよ。トピ主さんは、盲導犬、盲導犬を必要としている方々、両方を思いやっていらっしゃいます。

    ユーザーID:

  • 涙の理由

    そうですね
    私も鼻の奥が痛くなり涙が目に滲みます。
    70や80のお年寄りの足が
    長年の人生の重みを踏みしめたため
    厚い角質層で魚の目が出来ていたり
    指が曲がっていたりすると
    あぁ一生懸命人生を歩んでこられたのだなぁと。

    盲導犬の方がもっと軽いのではないですか?
    訓練も遊びの一つと考えるような子しかならないのだし働いているというより、主人に喜んでもらってるとしか思ってないし。
    本当に仕事が嫌になった犬は盲導犬にできません。
    盲導犬になる犬の種類は愛玩犬でなく、使役犬ですしね。

    仕事が嫌だ〜と言いつつ、睡眠時間を削りながら
    ワーキングホリックに掛かっている我が主人の方が
    よほど可哀想で涙してやろうかな、と思います。

    主人が替わる直後は確かに可哀想なこともあります。
    でも、人間だって年老いたらホームに入ったりして世話をしてもらう人が変わったりしますしね。
    それに彼らはもともと主人だけでなく人間好きですし。

    盲導犬について否定的でも疑問をもったのであれば
    是非是非、ネットで検索でも良いから勉強していただくようお願いします。目から鱗、おちますよ。

    ユーザーID:

  • 引退後・・

    私も似たような事を思ったことがあります。

    盲導犬としてお仕事する分は、いつもご主人と一緒に行動できるし、幸せだと思うんです。ただ、引退と同時に施設に入る時の大好きでずっとそばにいたご主人との別れが犬にとっては耐え難い苦痛だと思います。犬にとって信頼しているご主人がいなくなる事がなにより一番つらいこと、と聞いた事があります。

    以前、その別れをテレビで放映していたのですが、盲導犬の悲しそうな目を見ていて泣いてしまいました。

    できれば施設に行かせないでずっと大好きな人のもとで老後を暮らし続けさせてあげたい。誰よりご主人がそう思ってると思います。でも新しく来た盲導犬にやきもちを妬いてもっとつらい思いをするかもしれない。

    犬の事を考えれば考えるほど難しいですね。。

    ユーザーID:

  • 必要としている方々がいる

    幸か不幸か、目の不自由な方々はこのトピを見ることが出来ませんね。もし読んだら悲しくなるだろうと思いまして。

    疑問はわかりますが、可哀想かもしれないと思いながらでも仕方なく盲導犬を連れていらっしゃる方々がお気の毒です。疑問は心の中に隠して、もうやめませんか。

    ユーザーID:

  • パピーウォーカーでした。

    むちゃくちゃ長文です。

    私もトビ主さんのように盲導犬は不幸なのか、不幸でないのか考えた事があって、それを確かめたくてパピーウォーカーをした事があります。(最初はリタイヤ犬のボランティアを希望していたのですが)

    結論から言えば、別れてからいつまでも思い返しているのは人間様だけかもしれん。。。という事と、こんなにみんなに注目されて、健康管理も定期的にされて、ご主人と本当に四六時中ベッタリいられる犬は、そうそう不幸じゃないだろうなという事でした(本当のところは犬に聞かなきゃ分かりませんが(笑)

    あと、やはり普通の飼い犬よりは別れは多いので、新しい環境に順応しやすい犬種を選んでいるそうです。(例えば一生一主人しか認めない日本犬などには、かなりのストレスになるのでむいていないそうです)それと、リタイヤしてから、もとのパピーウォーカーさんの家に引き取られる事も多いです。

    続きます。

    ユーザーID:

  • パピーウォーカーでした。

    続きです

    こう言うと元もこうも無いのですが、大抵のワンコは母犬との別れと言う、もの凄くストレスのかかる事を親離れする前にさせられている訳ですから、ペットを飼うと言うこと事態が動物虐待になっているような気もします。それでペット反対と言っている団体もあるようですが、私はペット無しではかなりつらいです〜(汗)。でも、ペットショップで動物を衝動買いするのは賛成しかねます。

    あと、全てのパピーが盲導犬になれるわけではありません。盲導犬の仕事を遊びとして楽しめた犬だけが選ばれます。仕事が楽しめない犬は集中できないので、結果的に試験にはパスせず、以前にパピーウォーカーをしていた方などに引き取られて、普通の犬になります。それか、他の才能があれば、他のジャンルのボランティア犬になる事もあるそうです。それと、ユーザーさんと犬の相性が合わなければ、これもダメです。犬が次の飼い主をある程度選ぶと言う感じでしょうか。

    続きます。

    ユーザーID:

  • パピーウォーカーでした。

    またまた続きです。

    あと、ハーネスをつけている時は仕事の時間ですが、外したらまったく普通の犬になります。ひっぱりっこ遊びもするし、普通に生意気です。あと、犬の調子が悪い時は、もちろん仕事は中止だそうです。そうしないと危ないですし、犬にもストレスになりますから。

    トビ主さんの言っている、にくきゅうがボロボロになったと言うのは一体どんな状況だったのかな?と考えてみました。盲導犬はすごく歩くようなイメージがありますが、実は人間が一日歩くぐらいの距離なわけで、普通の犬にとってもなんと言う事の無い距離なわけで。う〜ん。雪国だったとか熱いアスファルトを歩いたとかだとしても、盲導犬はそれ用の靴を持っているはずだし。う〜ん。お肌が荒れやすい体質のワンちゃんだったのかな?(ボロボロかげんがそんな程度じゃなかったらごめんなさい)

    盲導犬ボランティアグループは日本に沢山あって、それぞれの団体で違いはあるので、一概に私の少ない知識ではなんとも言えませんが、たぶんこんな感じだと思います。

    す、すいません。まだ続きます。。。

    ユーザーID:

  • パピーウォーカーでした。

    最後です。

    何だかんだ書きましたが、初めての事でやっぱりお別れの時は悲しかったですよ〜〜〜も〜〜〜〜涙が顔の表情を変えずに自動的に出てくる感じでした(二度目以降からは悲しさは和らぐそうですが)でも私のパピーが難しい試験をパスして盲導犬になった時は複雑でしたがやっぱり嬉しかったです。やってよかったと思いました。

    この経験を経て思った事は、盲導犬を否定したら、全ての働く犬や、犬だけでなく全ての人に飼われた動物を可哀相と言わなくてはならないかなということでした。

    他の方も書かれている通り、正直言って盲導犬として働く彼らはどの程度ストレスを感じているのか、ちゃんと楽しんでいるのか、彼らと生活を共にしているユーザーさんでもないし、犬自身でもないのでわかりません。でもやっぱり思い返せば、私の家にいた時のワンコは何を教えても楽しんでいたので(イヤな事は面倒くさそうな顔してやらなかったし(笑)たぶん変わらないで、あのまま、生意気で勝気でひょうきんなままで生活してるんだろうなぁと思います。

    長文大変失礼いたしました。

    ユーザーID:

  • 見ません

    私は、辛くなるので一切見ません。
    関連本も読みません。

    本来人間がすべきことをワンコにさせている。
    彼らに選択の余地はありません。介助犬も然りです。

    ユーザーID:

  • いっぱい愛されていますよ

    盲導犬は確かに「働く犬」ですが、24時間ハーネスをつけて盲導犬として働いているわけではありません。
    ユーザーさんのお家の中ではハーネスをはずし、家庭犬として、普通に暮らしています。
    当たり前ですが、盲導犬は、その時の飼い主に、いっぱいいっぱい愛されています。
    視覚障害者の方にとっては、本当に自分の分身ですらあるのですから。

    一般家庭に飼われている犬で、12時間一匹でお留守番、飼い主と散歩は朝晩1時間、遊ぶのは仕事後の夜の1時間で、ふれあいはそれだけという犬もいます。
    鎖に繋がれっぱなしの犬もいます。
    それらの犬と、1日中ユーザーさんと一緒に過ごし、愛され褒められている盲導犬と、どちらが幸せなのでしょう?

    働く犬はかわいそうですか?
    結婚したら専業主婦が当たり前で、共働きはお金が無くて生活のためで、かわいそうだという人と同じなような。
    働くことに生き甲斐を見出す既婚女性もいます。
    働くことが幸せに繋がる犬もいると思いませんか?

    ユーザーID:

  • 吠えない「引退盲導犬」

    引退した盲導犬を知人が引き取りました。
    盲導犬のイメージが大きく変わったそうです。

    散歩に行くと自分の行きたい方向にズンズン行くそうです。

    人間が食事をしているとうるんだ目で「ちょーだい・ちょーだい」とお皿に突進してくるそうです。

    ただ1つ「一度も吠えない。」と言っていました。

    知人は、
    「この子は今までずっと我慢してきたのかな?それとも仕事と割り切っていたのかな?他の盲導犬はどうなんだろう・・?」

    今の自分と盲導犬としての自分。どっちが満足なんだろう・・・

    どうやったら幸せになれるかな?
    と悩んでおりました。

    ユーザーID:

  • 姉がアイメイトと一緒です

    私の姉は生まれつき全盲です。

    杖を使い街中をたどたどしく歩く姉を助けてくれたのは、アイメイトでした。アイメイトと出会って、姉の性格も一転して明るくなり、姿勢も良くなり、毎日外に行くのが楽しみだと言う様になり…。

    今では健常者の男性と結婚し、アイメイトと共に育児・家事・勉強・仕事をこなす忙しい毎日を送っています。

    この様にアイメイトに助けられている姉ですが、アイメイトも姉無しでは駄目と言った表情を幾度と無く見せます。
    アイメイトはハーネスを付けると『働きモード』になり、姉の目として働くのですが、そのハーネスを付ける時、足をバタバタ言わせ、シッポをブンブンふって、『嬉しい』という感情を態度で示すんです。

    余程お仕事が好きみたいです。
    そして姉が大好き!な様です。相思相愛ですね。

    ペットとして飼われ、家ではいつも留守番、場合によれば外の犬小屋に年中紐で繋がれている犬より、余程幸せだと思います。だって大好きなご主人様と常に一緒に居られるんですもん。
    毎日、毛の手入れをしてもらって、体に良い食事を貰って、家族と一緒に遊んで…。とても幸せそうです。

    ユーザーID:

  • 募金してます!

    私も盲導犬の番組を見るとウルウルします。
    パピーウォーカー、とっても興味があります。
    このたび決心をし、盲導犬協会のHPを見ました。

    しかし、全国どこにでもあると思ってたら違うんですね。北海道、仙台、名古屋、神戸、福岡でしたっけか・・・。
    うちは広島市。一番近くて福岡。毎月預かった子犬の状況をセンターに見せに行くなど出来ません。
    断念しました。

    HPには「パピーウォーカーが不足しています!」
    とかかれています。そりゃこんなんじゃしょーがないわな。と思いつつみんなが募金すればセンターがもっと全国各地に作れることを祈って募金しています。
    いつも行くスーパー。余ったお釣り。毎日数十円程度なんですけど。

    子犬のほかにも任務をまっとうした老犬の引き取りや
    、盲導犬になれなかった若犬の引き取りなどのボランティアもあるんですね。
    あと、繁殖させて赤ちゃんを協会に譲り渡すボランティアの方にも頭が下がる思いです。

    ユーザーID:

  • 比べないでください

    私もテレビで盲導犬の番組をよく見ます。

    年老いた盲導犬とお別れするところを見ると、飼い主(と言って良いのかな?)との別れをとても惜しみ、去っていった飼い主の方をいつまでも眺めていたりする姿には涙無しでいられません。

    それほど強い絆で結ばれていたのだと思うと、盲導犬を不幸だ可哀相だと考えるにはあまりにも浅はかな気がします。盲導犬達に失礼な気がします。
    人間同士でもそこまで深い信頼関係を築くのはたやすいことではないのに、そんな彼ら(犬ですが)に尊敬すら覚えます。

    ご自分の犬と盲導犬とを比べて見るのはやめた方がいいと思いました。

    ユーザーID:

  • うーん

    トピ主さん、テレビをみて主観で書き込みするまえに、盲導犬の本なりなんなり、たくさん読んでみてください。
    パピーウォーカーやリタイヤウォーカーの方のブログなんかもネットでみればたくさんあります。
    こんなにたくさんの人に大切に愛されて、そしてなにより目の不自由の方の力になることで、どんな犬よりもかけがえのない存在として愛される彼らが不幸だとは私は思えませんけど。
    どなたかもおっしゃってますが、適正のない犬が無理やりに盲導犬にさせられることはありません。
    猛勉強して医者になった子は、好きなようにくらしてニートしてる子より不幸ですか?
    それは本人が決めることですよね?

    飼育放棄で成犬になったラブを飼ったことがありますが、飼い主が変わることに対してストレスの少ない犬種ではあるんですよ。
    人間がみんな大好きなので。
    彼らは愛なくはたらかされてるわけではないですから。

    ユーザーID:

  • 幸せだと思う

    私も犬を飼ってます。
    引退した盲導犬の話を聞くと切なくなりますが、彼らは決して「つらい仕事」をしていたんじゃないと思います。
    犬って主従関係があると聞きました。
    それと訓練をして目の悪いかたのパートナーとして信頼関係が出来ると、お互いが幸せなんじゃないかなぁ・・って思います。

    私の言うことは全部「思います」としか言えないけれど、でもいろんな話を聞いてるとそう思えてきます。
    愛玩犬としての幸せはないけれど、違った関係の(人間と人間の結びつきのような)幸せがあるんじゃないでしょうか。

    「もう一度会えあたら」という外国の方の書いた本で、亡くなった聴導犬からパートナーだった女性へ霊媒師(江原さんみたいな方)の言葉を借りて「無償の愛」を伝えてきた・・と書いてありました。
    私その言葉を信じてます。
    愛玩犬も盲導犬も、信頼関係が出来ればパートナーとは無償の愛で繋がってると思ってます。

    ユーザーID:

  • 横ですが 吠えない犬は変でしょうか?

    ワンダービートさん。

    うちの3歳のキャリアチェンジも吠えません。
    四六時中、家の中も外もそばにいて、
    目でして欲しいことを訴えるので吠える必要がないようです。
    目で訴えるのに気が付かないときはゴニョゴニョ言ってみたり、
    鼻ツンして訴えに来ます。
    24時間ユーザーのそばにいる犬ならなおのこと、吠える必要はなかったでしょう。

    それでも、気付かれずに廊下に閉じこめられたり、痛い想いをしたら、吠えますけどね。

    番犬にはなりませんが、ご近所からは静かな犬、と
    好意的にみてもらえ、飼いやすいです。

    >今の自分と盲導犬としての自分。どっちが満足なんだろう・・・

    仕事として周囲に認めてもらい生き甲斐を感じる自分。
    リタイアして、余生を生きる自分。
    どちらも幸せなのではないですか?人間も同じです。

    ひょっとして、うちの、家庭犬としてキャリアチェンジした犬のように
    リタイアして友人宅の癒し犬となることを、仕事と思っているかもしれませんよ。

    ユーザーID:

  • 所詮

    こういう書き方をしてしまうと「確かにそうだけど」と言われそうですが、そのワンコに聞いてみないと分からない話ですよね。

    大切な事は、使役犬であれ、家庭のペットであれ、人間とワンコの間に、ちゃんと信頼関係があり、愛情があればいいことではないでしょうか?

    私も、トピ主様と同様、その手のTVや映画には弱いです。すぐに涙が出てきます。
    そして、我が家にもかわいいワンコ(生後2ヵ月半)がいます。
    今はしつけの真っ最中です。やってはいけない事をした時は思いっきり叱ります。
    それでも、遊んでると私の足元に擦り寄ってきます。
    そういう姿を見てると、責任を持って一緒に暮らそうと思います。

    ユーザーID:

  • 人間と動物

    わかる気がします。

    たしかに犬は忠誠心が強い動物で、信頼する人に仕えることに幸せを感じるかもしれませんが、盲導犬で人の役に立っているといっても、自分の意思で盲導犬になったわけじゃないですからね。

    人間が、そういう犬の習性を利用しているだけのことですから。
    盲導犬に限らず、首輪につながれペットとして飼われている犬や動物園の動物を見ていると、すこし気の毒に思うこともあります。

    また、人間がネコや犬に避妊手術をするというのも、仕方がないことですが、とても気の毒なことと思います。
    そこに動物の意思は関係ないのですから。彼らにはそんなこと考える頭脳はないでしょうか?!

    最初から人に飼われたり、動物園で生まれ育ったのであれば、それ以外の生き方は知らないのですから、野生の厳しい世界に生きるより、愛されて大切にされていれば幸せなのかもしれないですが・・・。

    人間の勝手な考えによって、動物を人間の世界に取り入れているということは忘れないようにしたいと思います。

    ユーザーID:

  • 可哀想と思うから本当に可哀想になる

    盲導犬は不幸なのでしょうか?
    見る限り、街中でユーザーさんとともに歩いている盲導犬ちゃんは皆しっぽをブンブン振って凛々しくお仕事してましたけどねぇ・・・・・。
    嫌がっているのを無理やり訓練して育てられるわけじゃないんだし。
    「盲導犬は可哀想」と思うこと自体が盲導犬より人間や人間に飼われてるペット犬の方が優位ということになりますよね。
    でも、少なくとも性格的に盲導犬としての仕事が苦役になるような犬はまず盲導犬にはなってないと思うのです。
    犬本来の幸せな姿ではないというなら、家庭で飼われているペットのワンちゃんも同じこと。特に最近は犬が不必要に「人かわいがり」されてるように感じます。
    人間のエゴとわかっていながらそれでも目の見えない人は切実に盲導犬を必要とし、犬好きな人は犬を飼いたいと思うのですよね。
    どっちもどっちじゃないですか?
    盲導犬や障害のある人はご本人(本犬?)にとってはそれが当たり前の状態なのだから、楽で恵まれた所からあれこれ言ってわざわざ惨めにさせることはないのじゃないかと思います。

    ユーザーID:

  • 吸盤?

    犬の足の吸盤でタコを思い浮かべて笑ってしまいました

    犬にとって働くことはきっと幸せなんでしょうね
    生まれてすぐ可愛がられて人間大好きに育ててもらって
    悲しい別れはあっても、訓練も厳しいだけじゃなく楽しいこともたくさんあると思いますよ

    ボール投げて持ってくることだって、教えたらペット犬でもやるようになりますけど、それは遊びとしてやってるんだし
    人間好きじゃないと盲導犬はやっていけないですし、訓練は訓練で幸せだと思います

    その後また悲しい別れがあって、ユーザーの方とめぐり合って
    そこでも愛情を貰って、自分が人を支えてる誇りを持って生き
    働けなくなったらまた飼い主は変わるけど
    大勢の人の愛情を得て生きてきたんですから、すごく幸せな一生だと思いますよ

    ユーザーID:

  • 全盲です。

    みなさんこんにちは。私、全盲の者です。
    パソコンを音声で読み上げるソフトというのがあり、これを使用して文章を読み上げさせたり、インターネットにアクセスしたりしています。
    私、盲導犬がほしいなって思っていて、盲導犬協会に足を運んだり、ユーザーに話を聞いたり、ネットで検索したりして勉強中です。
    小町は色々とためになるので読ませていただいてます。それでたまたまこのトピを見つけました。
    みなさま、盲導犬のことを考えていただき感謝しています。少しでも盲導犬に対する理解が深まればいいなと思います。
    トピを立てていただいた方にお礼を申し上げます。

    ユーザーID:6529071039

  • 犬も犬それぞれ

    私も盲導犬関連のテレビ番組があったら、もう見ないと思います。
    トピ主さんに共感しますが、犬も生まれてきた場所で
    運命が決まりますよね。人より運命の落差が大きいですよね。
    飼い主に恵まれ一身に愛情を受けて、のびのびと暮らす犬が
    一番幸せだと思いますが。
    盲導犬が犬の一番の幸福だとも思わないし、不幸だとも思わないです。
    やっぱり、犬にもいろいろな人生?があるでしょう。
    暖かい寝場所と世話をしてくれる人間とご飯があれば、
    そこそこ幸せなんじゃないかな。

    ユーザーID:4212647071

  • 感謝ですよね。

    私は犬好きなので(自分でも犬を飼ってます)犬関係の番組、盲導犬の物も見ます。そのたびに盲導犬に感謝の涙でうるうるしてしまいます。
    先日みたものでは目が見えないご主人の為に立派な働きをするのだけど、ハーネスをはずしたら、甘えんぼうで無邪気にご主人様と遊ぶわんこになると言ってまして、実際すごくはしゃいでいました(笑)
    ウチのわんこは精神的に癒してくれますが、盲導犬は癒し+ご主人の為に働くという立派な仕事もして、そしてご主人からも頼りにされて愛されてるのだと思います。
    私が今思っているのは、盲導犬と盲導犬を必要な方々の為に日頃から少しずつ寄付する事と、将来自分の遺産は盲導犬の育成の為に寄付しようと思っています。

    ユーザーID:7698579419

  • 犬の顔をみるとわかるナー

     ハーネスをして仕事している犬は、顔にプライドがあるね。単に訓練されて、ひとにいいように使われているんじゃないね。自分で進んでやっているよ。やっぱり、仕事にプライドがあるんだな。ただ、ハーネスをはずすと、自分モードになり、遊びが入るんだろうね。犬も責任感が強くないと、盲導犬になれないな。

     盲導犬は精神レベルの高い幸せを感じているんだよ。

    ユーザーID:3841080796

  • 盲導犬はりっぱですね!

    私も盲導犬のドラマに感動していました。本も読みました。厳しい訓練をして選ばれたりっぱな盲導犬のお陰で、助けて貰える方がいらっしゃると思うと本当に素晴らしいですね。

    話が逸れるのですが、10年程前に盲導犬教会に僅かですが寄付した時に、何の音沙汰も無く葉書での礼状も無かったのは、疑問です。盲導犬に釣られた詐欺まがいもありえます。
    これからは、こんなご時勢ですから、気を付けなくては・・・

    ユーザーID:3440187782

  • 幸せだと思います

    私も盲導犬は幸せだと思います。
    何人の方がおっしゃっているように、飼い主(ユーザーさん)といつも一緒、そして大好きな飼い主さんの視力の仕事を楽しんでやっている。
    老後は理解ある方の下で静かな余生を送って・・・幸せだと思いたいです。

    以前TVで、ある盲導犬のベテラン訓練士さんの番組を見ました。
    その番組で取り上げていた、盲導犬と新しいユーザーさんを仕事場近くでお見かけしました。
    その訓練士さんが近くにいましたので、まだ訓練中と思いますが
    本当に楽しそうに盲導犬としての仕事をしていましたよ。
    その姿に涙しました。

    盲導犬は確かに「犬」で人間ではありません。
    でも、盲導犬になるまでに沢山の方々の協力を経ているので、
    「幸せ、不幸せ」と比べてはいけない存在なのではないかなと思います。

    ユーザーID:2701404327

  • 犬のしあわせ、動物のしあわせ

    こんにちは!
    以前犬好きが高じて「犬にとっての一番の幸せは何だろう」と考えた事がありました。
    散歩1日2回はダメ?避妊手術は人間の身勝手?厳しい訓練は犬にとって苦痛?

    ある時ふと、「人間は動物を自分の都合の良い様に扱っている。私達の生活はそれが前提で成り立っている。」と思い至りました。
    補助犬はもとより、馬、牛、鶏、兎、羊、鷹、猫、家鴨。。。
    労働用、肉/乳/皮革/毛を取る為、狩猟用、愛玩用、実験用...たくさんの動物達のお世話になっていますね。

    考えていくと悲しくなりますね。人間に役立つ為に生きている動物に対しては、生きている限りは出来る限りの世話をし役立ってくれた事については精一杯活用しようとせめて思います。じゃないと「動物達を利用した上で生きててて申し訳ありません。」と毎日謝罪の日々となってしまいます。補助犬について正確に知るようにする、食べ物は残さないようにする等。

    どなたかのレスで「本来は人がお手伝いするべき」とありましたが、人に介助をお願いするのは結構気疲れするものだそうです。
    盲導犬、聴導犬、介助犬は人間では出来ない種類の介助ができるのですよ!

    ユーザーID:7497067900

  • 擬人化するから可哀想

    もしくは人と同列に見るから?

    「盲導犬は適性が認められた犬がなる」に対して、「でも自分(犬自身)が選んだ道じゃない」的な評は「あほか?」と思います。
    失礼ですけど。
    どこの動物が自分で選んだ(?)生き方をしてるって言うんでしょうか?
    ペットとして飼われている犬、盲導犬でない犬は自分から飼い主を決めてペットになりに来たの?
    寝言は寝て言え!と。
    犬はですね、生まれてきたから生きてるんですよ。
    そして主人である人間がいれば、そこで生き方が決まるんです。
    犬自身が「自分はどうやって生きていけばいいんだろう?」なんて模索してるってのは妄想です。
    だから、周りの人間は出来うる限りの愛情と責任を持たねばならないのです。
    犬の生き物の生き方を決めなければならないから。
    それだけだと思います。
    虐待されたり、不当に扱われている犬は可哀想です。
    ですが、人間に使役されているから可哀想、というのは自己満足に近い発想だと感じます(自分を美化しているような)

    私も盲導犬の情報に触れる度、たいていはダダ泣きしてます。
    でも、それは「人に使われて可哀想」だからではないです。

    ユーザーID:2319378405

  • かわいそうだと思います。

    私はブドウ膜炎という失明に至る眼病を患っています。
    今のところ進行は止まりましたが、直ることはありません。

    また、今現在、17歳になる黒ラブが寝たきりです。
    家族総出で世話をしています。
    たかが犬ですが、家族として招き入れたものです。

    盲導犬らの使役犬は人間の都合で最愛の主人との別れを何度も経験させられ、老いて捨てられます。
    盲導犬もユーザーも身を切られる思いだと思います。
    それでも犬も幸せと思いたいのは、人間のエゴとしか思えません。

    でも人はみんな様々な生き物の命をもらって(食べて)生きています。
    盲導犬だけが特別と考えるのも人のエゴだと思います。

    すべての命へ感謝し、心の痛みはそのまま胸に秘めて、生きていくしかありません。

    ユーザーID:2767532482

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧