小学生のアメリカ留学

レス21
(トピ主0
お気に入り0

心や体の悩み

アイスクリーム

在米です。主人が日本の恩師のお孫さん(6歳)の留学の保証人になってくれと頼まれています。

その恩師の娘さんの婚約者が私の家から近いところに住んでいます。婚約者はアメリカ永住権をもっていますが、市民権の申請にはあと1年以上かかるのです。申請後さらに一年かかると思いますので、結婚できるまでには2年以上かかるでしょう。

お孫さんが6歳で、4月から小学校入学予定なのですが、中途半端に日本の小学校に入れるよりは、9月からアメリカの学校に入れたいと考えているようです。母親は、最初の3ヶ月は観光ビザで、途中1年間くらいは学生ビザで、何度か行き来して2年間を乗り越えようと考えているようです。

保証人を頼まれたのは、主人がすでにアメリカ市民だからです。手続き上だけの保証人で、住むのはその婚約者の家です。

主人の恩師のお願いですし、その娘さんも婚約者もしっかりした方なので、保証人になる事に心配はしていません。

ただ検索で調べても手続きの方法が今一良く分かりません。「小学校 留学」とかで調べても、18歳以上の手続き方法しか出てきません。

どなたかご存知の方、教えて下さい。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ガーディアンになるということでしょうか

    小学生の留学はあまり例がないでしょうね。法的な手続きをして「ガーディアン」になれば、とぴ主さんがお住まいの学区で公立学校に入学できるかもしれません。永住権をお持ちの婚約者さんがガーディアンになることはできないのでしょうか?法的なことは知らないのですが、まずその線で調べてみてはいかがですか?

    それよりも、そこまで無理をしてアメリカの小学校に早く入れることの是非を考え直されてはいかがでしょうか?(これはとぴ主さんの聞きたいこととずれるかもしれませんが)
    小学校の低学年なら英語で追いつくのもさほど大変ではないはず。アメリカ永住になる見込みなら、日本語を少しでも身につけておくこと、日本の学校を体験しておくことのほうが貴重に思えます。

    日本語100%の家庭でも、低学年のうちに渡米するとミドルスクールくらいになれば日本語維持に苦労するくらいではないかと思いますよ(実際、周りにそういうお子さんがたくさんいます)。

    これらのことも考えた上で、アメリカの小学校に少しでも早く入れると結論を出されたのなら、私のレスは余計なお世話でしかありませんが。

    ユーザーID:

  • 同じようなレスが付くと思いますが

    まず確認。
    恩師のお嬢さんは、子供(小学生)とアメリカ永住権を持つ男性と再婚される。
    これで合っているでしょうか?

    恩師(またそのお嬢さん)は、その小学生のお子さんは、どんなビザステータスで滞在させるつもりなのでしょうか?以前小町で「子供をアメリカ留学させたいが、私はどんなビザを取ればよいか?」というトピで、皆さんから「小学生は留学生扱いにできない」というレスがついていました。
    市民権を持つご主人が保証人になったくらいでは、無理なのではないでしょうか?まず、その辺りからキチンと調べないと、徒労に終わりそうですね。

    一番確実なのは、ご主人が恩師のお孫さんを養子にすることでしょうね。

    ユーザーID:

  • 子供のビザはどうする?

    「恩師の娘さん」は日本人で、子供は前夫の子供でやはり日本人で、「婚約者」さんは「恩師の娘」の再婚相手、ということで良いのでしょうか。それとも子供は「恩師の娘」と「婚約者」の子供で、二人とも市民権が取れてからアメリカで結婚する予定?

    「婚約者」が子供の戸籍上の父親なら永住権を元に子供のビザが取れそうですが、そうでなければ子供はどんなビザ・ステータスで入国させるつもりなのでしょう。6歳では留学生ビザはとれません。母親には市民権がなく移民ビザもない。アメリカにいる「婚約者」が再婚相手なら子供との関係は今のところ「他人」。これでは、子供は入国できません。保証人がいてもだめです。

    結婚が確定するまで子供さんは日本のアメリカン・スクールに行くのが良いと思います。

    ユーザーID:

  • 小学生では・・

    アメリカでは小学生だけのために普通は学生ヴィザは降りません。

    そのお子さんがよっぽど優秀で(それこそ中学高校へすぐ飛び級できる能力で1学年ずつ上がる日本の学校教育ではお子さんの才能が伸ばせないとか、音楽で秀でていてその才能を伸ばすための教育が必要というのでなければ)なければ、学校へ行くことじたいが無理ですよ。
    そのお子さんの母親が学生ヴィザ(ESLなどではなくて、院へ留学するなどの理由で)を取る予定ならば、それに付属する形でお子さんがヴィザをとることは可能かもしれません、

    保証人を引き受けるつもりならばそれはよしとして、とぴぬしさんがわざわざ小学生の留学の仕方手続き方法を調べる必要ないのでは?

    ユーザーID:

  • そのお子さんに万が一のことがあったら?

    素朴な疑問ですが、その息子さんの保証人になったとしたら、その子に何かあった時はトピ主さんの責任になっちゃうのでしょうか?

    学校の送り迎えとかもしなくてはいけないのでしょうか?

    何だか、あまりにも漠然とした留学計画ですね。
    聞いているほうが「本気?」と突っ込みたくなりますね。
    寄宿舎学校にでも入れるのでしょうか?

    まだ、「はい」とは答えないほうが良いような気がします。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 恩師と子供の両親の指示に従った方がいい

    こんにちは。
    手続きなどはまったく分からないのですが、トピ主さんやご主人が調べる必要はないと思います。

    こういうものは依頼する人が徹底的に調べるべきのものです。こういう書類を取り寄せて欲しい、とかそんな依頼が来たら対応すればいいと思います。

    もちろん、トピ主さん夫婦が、恩師の力になってあげたいという気持ちは非常によくわかるのですが、依頼する側がアメリカ大使館や留学センター(小学生むきのものがあるかは知りませんが)で調べるべきだと私は思うのです。保証人が必要だとわかっているなら、その手続きにどういう書類が必要かは分かるはずです。(もしかしたら書式がなく、外国人の査証を申請するときのように、いわゆるインビテーションレターのような保証する旨の文章とサインで済むのかもしれません。)

    お子さんの留学手続き事体には関わらない方がいいと思います。頼まれたら保証人の手続きを米国内で取るだけでいいと思います。

    ユーザーID:

  • 何のための保証人?

    その恩師はどんな役割を保証人に期待しているのでしょうか?知り合いだし近くだから面倒見てやってくださいくらいの依頼ですか?

    アメリカではGuardianがありますが、実の両親が死去あるいは保護監督不可の場合に裁判所の承認を得て法的に未成年者の保護監督になるというものだとの認識をしてます(法律に詳しくありませんが)。

    アメリカの弁護士に相談してみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • 無理です

    お子さんは結婚されてから母親と一緒に渡米されるしかないと思います。
    あるいは婚約者の養子になるとか・・
    お子さんのビザはどうされるのでしょう?
    同じ状況がたとえばお子さんが高校生であったとしてもビザは無理かと思います。

    まだ6,7才のお子さんが母親と離れて異国の地、アメリカで母親の婚約者の家に住むなんて可哀相すぎます。

    母親代わりのナニーでも雇わぬ限り、お子さんは生活できないと思います。日本とは勝手が違いますよね。
    一人で留守番は法律で禁じられていますし。

    失礼かもしれませんが、恩師の娘さん、常識に欠ける所があると思われます。
    トピ主さんのお近くにお住まいになられるとの事、よくお気をつけくださいね。

    ユーザーID:

  • もしかして、それ…

    「留学」と言わないんじゃないですか?

    「アメリカ 転校 小学生」でググっても見つかりませんか?
    「留学」といったら普通、ある程度自国の学校に通った後で、自分の意思で行くもの、というニュアンスがあると思います。

    ユーザーID:

  • 小学生の留学は不可能です

    残念ながら、その計画は無謀です。
    まず、たとえアメリカ人が保証人になったとしても、小・中学生の留学に学生ビザは下りません(恩師はオーストラリアなどと勘違いされているのでは?)。

    母親が申請する場合でも、子連れ語学留学のF-1ビザ取得は、ほぼ絶望的だそうです。
    なぜなら、税金を払っていない留学生の子供の授業料にアメリカ人の血税を使うべきではないという観点だからです。
    また、子連れでハワイなどに遊学し、日本の夫と離婚してアメリカ人と結婚してしまう日本人女性が多いため、移民局が子連れ留学に非常に神経を尖らせていますんで。

    もし、ビザなし観光の90日ぎりぎりの滞在で頻繁に行き来すると、2回目か3回目には入国拒否を受ける確率が高いです。1度でも入国拒否で強制送還されたら、その後アメリカに入国できませんし、永住権を取得するにも障害になるかもしれませんよ。
    また、アメリカに入国後、ビザなしの身分から学生ビザの申請は許されていません。

    お子さんをアメリカンスクールに入れ、再婚相手にはたまに会いに行くことにして、おとなしく日本で待つ方が安全だと思います。

    ユーザーID:

  • やめた方が

    私は中学からアメリカに留学しましたけれど、きちんと大手の留学期間を通しました。 何かあった時に留学期間を通すとすんなり解決できるからです。 素人の方が他人のお子さんの責任を持つのはおやめになった方がよろしいかと思われます。

    ユーザーID:

  • 思っているより複雑かも。。。

    アメリカ在住のものです。
    他の方からの発言もありましたが、多分ガーディアンになるという事だと思います。 でもアメリカは子供を守る法律がとても厳しく、何かの理由で法律的に困った事がおきる可能性も高いような。。。自分の子供でないのであればそう簡単に引き受けてはいけないと思いますよ。

    私も2年くらいなら日本の小学校に入れるのが一番と思います。 私も小学6年の時に長期で渡米したことがありますが、学校なんてすぐなれました。 なのでここはお断りしておく事が賢明かと。。。

    ユーザーID:

  • 小学生でも留学できます。

    小学生でも幼稚園生でも留学できます。
    ただ、その場合には、確かな理由が必要で
    (たとえば英才教育、音楽教育など)
    そのため、普通の公立校には入ることができません。
    (中学生から公立校の留学が認められるようになります。)
    つまり、私立の学校であり
    理由を明確に説明できるのであれば
    (親がビザを取るまでというのは理由にならない)
    普通のF1ビザで留学が可能です。

    また、アメリカにいる親戚、知人などが、ビザのために
    その子供の保証人になることはできません。

    詳しくは、このサイト↓を参照してください。

    http://usembassy.state.gov/posts/ks1/wwwh1380.html

    ユーザーID:

  • アメリカ移民法。

    正確なことは言えませんが・・・・・・

    婚約者の方が只今シチズンを申請ですよね?
    その手続きには弁護士は雇われますか?
    もしそうなら、弁護士に相談した方がいいですが、確か市民権を申請のときに、婚約者の方と知り合いの娘さんがすでに結婚という形を取っていたら、自動的に婚約者の方が市民権を取得したときに娘さんも永住権をもらえると思います。

    その時にお子さんがいれば、手続きを取ればお子さんも永住権が取れます。

    まだ申請中ならこういう手段もあるので手続きを変更できるかも知れません。

    あと、これは相手が市民権を持ってる場合、彼女が「婚約者ビザ」を申請してアメリカに来ることも出来ます。
    そのときにも併記欄に子供の名前を書いておけば、自動的に子供も永住権をもらえると思います。
    これは実際、私の主人の知り合いが経験済みです。

    学校ですが、一旦、日本の学校に入れるのもいい経験だと思いますよ。
    こちらは移民の子供はたくさんいます。
    だから小学校からでもESLのクラスはあるので、途中からアメリカの学校でも問題ないと思います。
    何より婚約者の方が弁護士と一度相談されるのをお勧めします。

    ユーザーID:

  • トピ主です1

    皆様、レスをありがとうございます。
    説明不足だったようですので補足します。
    6歳の息子さんは、恩人の娘さんの一回目の結婚で生まれた子供です。娘さんも息子さんも日本人です。婚約者とは2年前に知り合ったそうです。
    2年後に、婚約者が市民権を取った後に結婚してアメリカに来るのが一番の得策だという事は、関係者全員が承知しています。けれども婚約した2人は一刻も早くいっしょに住みたいと望んでいます。娘さんも自分1人なら年に2-3回、2ヶ月ほどの滞在でアメリカに来ることも考えられますが、小学生に上がる子供が一緒だと、長期滞在は夏休みくらいしか出来ません。

    ガーディアンさんのご指摘のような、「日本語を少しでも身につけておく事が得策」というご意見はわかりますが、これは私ではなく、子供の母親と婚約者の考える問題のように思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です2

    おばさんさんのご指摘の通り、私が調べる事ではないのは承知しています。その婚約者も自分で手続きが出来ないものかと出来るだけのことは調べたようですが、解決策がなかったようです。娘さんと私は個人的にも親しいので、出来るだけ協力して上げたいと自分なりに調べようと思った次第です。

    トマトさん。レスを下さる気持ちは有りがたいのですが、私のトピを良くお読みになっていないように思います。保証人にはなっても、一緒に住む訳でもありませんし、その子に何かあっても私の責任にはなりません。その子が何か犯罪でも犯したら、責任を問われるでしょうが、その心配はしていません。学校の送り迎えの必要もありません。そして目的は極めてハッキリしています。「中途半端に日本の小学校に入れるよりは、9月からアメリカの学校に入れたい」というのが理由です。

    今の段階では、娘さんがF-1を取り、子供のF-2を申請するのが一番のようですね。もう少し手はないか調べてみて、他に方法がなさそうでしたら F-1を勧めます。
    もし「こんな方法がある」という裏技をご存知でしたらお願いします。

    ユーザーID:

  • トピ主です3

    ちぃさん ありがとうございます。
    私も調べていくうちに、これはちぃさんのおっしゃる通り、また先のおばさんさんのおっしゃる通り、子供の親御さんが調べて結論を出すべき問題だという意識が強くなって来ました。生半可に私が調べても、結局結論を出すのは先方ですので。
    レモンエッセンスさん アドバイスありがとうございます。やはり弁護士に相談するのが早道なのでしょうね。婚約者といっしょに弁護士に相談に行く事にします。「どうしてあなたが」とまた言われそうですが、関係者の中で私が一番英語が得意で(たいした事はありませんが)、私が住んでいる土地には日本語で相談できる弁護士さんはいないもので、私が当然のように駆り出される事を予測しているのです。でも今回は通訳に徹することにします。
    皆様、ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 手続き上だけの保証人

    この世の中“保証人”のほとんどは手続き上です。でも何に関する事でもこの“保証人”軽く見てはいけません!!

    その“恩師”もそうですが、その“娘さん”に“婚約者”、考え方が“変”だとは思いませんか?

    その娘さんが“未婚の母”ではない限り、その婚約者は“ただの婚約者”です。大切な我が子を結婚もしていない人に(まだ他人)しかも海外にその人と一緒に住まわせてしまうという神経が理解できません。

    お子さんがその婚約者の子供だとしますと、今まで“籍”も入れずに、6年もですか?信じられません。

    とてもじゃないけど「娘さんも婚約者もしっかりした方なので、」とは思えません。

    アメリカは子供の犯罪が多いですし、さすがに“法律国家”でもあります。下手に保証人になって、何か問題が起こると“保証人のご主人に”圧し掛かってきます。

    この場合、“恩師”はあなたのご主人をただ“利用”したいだけのようですよね。

    あまり関わらない方がいいと思います。
    関わらない方が無難です。

    それと、アメリカには長く住んでいましたが“小学生の留学”って知りません。聞いたこともありません。

    ユーザーID:

  • 極めてはっきりしていないでしょう

    トピ主さんのレス読みました。留学の是非については何も申しません。

    でも、米国に小学生が留学というには、「理由は極めてはっきりしていない」でしょう。語学のためでもなければ、スポーツ、芸術のためでもなく「中途半端に日本の小学校に入れたくない」って、大使館からみれば「極めてはっきりしていない」と思います。

    お力になってあげたい気持ちは非常によくわかります。でも犯罪を犯す心配はなくても、巻き込まれる心配はありますよね。アメリカの法律では、一定の年齢以下の子供を一人で家にいさせてはならないことはご存知でしょう。婚約者さんは、始終家にいるのでしょうか?

    もし、婚約者さんが不在のときになにか事件に巻き込まれたりしたら、あなたではなく、あなたの旦那様の責任は問われると思います。だって「保証人」なのですから。サインをしたらそれが効力を持つことはご存知ですよね?

    もちろん、それを承知の上で保証人を引き受けるのでしょうからいいのですが、でも、サインをするってそういうことですよね。

    あまりにもトピ主さんが、「その子に何かあっても私の責任にはなりません」と言い切ってるあたり、不安です・・・・。

    ユーザーID:

  • 考えが余りに甘い!

    あの〜、

    >保証人にはなっても、一緒に住む訳でもありませんし、その子に何かあっても私の責任にはなりません。その子が何か犯罪でも犯したら、責任を問われるでしょうが、その心配はしていません。

    保証人になるけど、自分の責任にはならないって、誰が決めた事なんでしょうか…。アメリカを甘く見ちゃいけませんよ。
    保証人=責任取ります、って事でしょう…普通。

    他の方も仰ってる様に、ビザ受理は難しいと思いますよ。トライしてみるのも良いかもしれませんが、そうしている間に2年経っちゃいそうですね。

    『婚約者と一刻も早く一緒になりたい』とか、『自分1人なら2ヶ月ほどの滞在でアメリカに来ることも出来るが、小学生の子が一緒だと、長期滞在は夏休みくらいしか出来ない』とか、なんか親の身勝手もいいところですね。お子さんが可哀相です。
    『中途半端に日本の学校に行かせるよりは…』という点、コジツケにしか聞こえません…。

    ユーザーID:

  • ガーディアンは保護者の次の連絡先

    トピ主さんは送り迎えをするわけでもないし、とおっしゃってますが、特に小学生の場合学校との連絡はかなり頻繁にありますので、保護者がつかまらないとガーディアンに行くことがあります。

    現地の友人が日本人の高校生のガーディアンでしたが、レポートやイベントの案内が送られてきてましたよ。

    トピ主さんの恩師の娘さんご家族はいつ現地入りされるのでしょうか? それまでトピ主さんが学校や行政との連絡係になるのでしょうか?

    基本的に現地住所が無いと入学はできません(私学でも)ので、恩師の娘さんの現地入りが先だと思うのですが・・

    横ですが、トピ主さん、求めてらっしゃる情報とは違うことも、皆さんトピ主さんのことを思ってレスして下さってますよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧