どうにかして、立ち直りたい

レス14
(トピ主0
お気に入り0

キャリア・職場

リズ

ある企業で、1年間セクハラを受けてきました。内容は、叩く、つねるというのから始まり、はじめは冗談交じりでしたが、だんだんエスカレートしていくので「やめて欲しい」と言うと、指導をしてもらえない、評価を下げられるなどの、パワハラも加わりました。

周囲の雰囲気も悪くなり、周りから孤立していくと共に、体調もだんだん悪くなり、最終的には、ただ座っているだけでも、涙が止まらず、食事もほとんど取れず、毎日脅えてすごしていました。

社内の人にも、相談に行っていましたが、取り合ってもらえず、「そんなに辛いなら、辞めなさい」といわれ続け、精神的に追い詰められた私は、辞めざるをえませんでした。

それから、2年、精神科に通い、薬ものみ、カウンセリングも受け、何とか立ち直ろうとしましたが、無理でした。もうすぐ時効がきてしまいます。私は、このまま、将来を諦めなければいけないんでしょうか?

みなさん、アドバイスをお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数14

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 時効、というのは?

     辛い体験をなさいましたね。


     時効、というのは、セクハラ・パワハラを訴える時効ですか(法律関係は疎いので…)?
     もし、立ち直るための時効という意味なのでしたら・・・、私はカウンセリングを受け、精神科に通い、薬を飲んでいましたが、明らかに立ち直ったのは3年目でした。もう少し長い目で構えてみてもいいかもしれません。

     周囲に、いろんな原因でカウンセリング・精神科・薬の治療を受けている人がいるのですが、20〜30代半ばくらいまでの仕事盛りのはず?の時期を治療に費やし、立ち直ってきている人も何人か間近に見ています。そういう私も20代半ばは治療に費やし、いろんな面で理解のある新たな職場をみつけることができました。

    >私は、このまま、将来を諦めなければいけないんでしょうか?

     今描いてる「将来」とまったく同じではないかもしれませんが、諦めるにはまだ早いんじゃないかと思います。

    ユーザーID:

  • 時効が気になるのなら

    労働局に、紛争解決の部署があります。そこに相談してみてください。裁判になる前に何か協議で解決する「紛争委員会」が(こちらの県には)あるので。
    あと、法律相談に行くと、多分トピ主さんの場合は損害賠償などで訴えるかどうかという話しになると思います。弁護士会に問い合わせて、弁護士を紹介してもらうといいです。

    ただ、労働局の紛争委員が入っても、物別れに終わるケースが多いそうです。裁判になると、お金と時間がかかります。傷に塩を揉み込むような思いもするかもしれません。まして、弁護士はビジネスなので、トピ主さんの利益が少ない場合、どうしても心のフォローまで手が届かないかも知れません。

    私も悔しい思いをしたことがあるので、気持ちは分かります。ただ、今なら言えます。「人はみんな違う」ということです。どれ1つとして同じ職場はありません。まず、一歩踏み出すことから始めてみませんか。

    ユーザーID:

  • 人生、明るく!!

    ひどい上司ですね。そして、ひどい会社ですね。
    辞める前にその上司に対して皆の前で、往復ビンタでもして「このスケベジジィ、あんたの事は一生許さんからな、覚悟しとけよ」と怒鳴って潔く辞めるってのはどうでしょう?! きっと貴女もすっきりしますよ!!
    泣き寝入りで終わりじゃなくて、その位のことしてみら、
    その後の人生もきっと明るくなりますよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさん、ありがとうございます。
    弁護士はもう雇って、話し合いの場を設けましたが、相手はセクハラは無かった、相談も受けていないの一点張りです。が、少額の金額掲示はしてきました。
    業界は狭く、ここまでやってしまった(弁護士を立ててしまった)以上、もう、戻る事が難しいと考えられる業界です。
    あとは、この件を、世間に公表して裁判所で、徹底的に戦うのかです。そうすると、まず、戻るのは難しいと考えられます。でも、その道をあきらめきれないのが、苦しいんです。
    他の道も考えましたが、何をやるのにも、過去の恐怖心から来る不安に押し戻され、何も出来なくなってしまいます。
    この不安を断ち切るために、自尊心を取り戻す為にも、きちんと、ここで白黒はっきりさせるべきでしょうか?負けたらって不安もあります。

    ユーザーID:

  • トピ主さんごめんね

    あまり詳しく言えないけど。
    裁判の流れは弁護士さんから聞きましたか。
    裁判は醜いです。そして、お互いにお互いを否定すればするほど長くかかります(お金も)。

    相手に勝つならどんな手でも使います。
    証言とか、いろいろ。その業界の人のトピ主さんへの個人的裏切りとかも経験するでしょう。
    そして、「100%勝つ」ということはほぼあり得ないと思います(裁判はそんなものです。500万請求しても50万だったりとか)。

    ただ、気持ちだけはどうしようもないですよね。
    私も何度、トピ主さんと同じ気持ちになったことか。
    どちらがいいか、決めるのはトピ主さんです。

    でも、本当に、本当に、人間って違うんですよ。人間が違えば職場も違います。今までうまくいっていても、何か変なのが入ってきて雰囲気ががらっと変わったり、本当に変わるんです。

    そして、トピ主さん自身も今、変わっているはずです。ここで相談できるくらい元気になったでしょ?少し前向きになったでしょ?
    もっと自分に自信を持ちましょうよ。
    うまく言えなくてごめんね。

    ユーザーID:

  • キャリア・職場ランキング

    一覧
  • 徹底的に戦っても

    厳しいんじゃないかな…というのが正直な感想です。

    社内で孤立して、周りも取り合ってくれなかった、というのは、たとえば他の社員全員が男性だったのでしょうか?女性社員がいて、それでも孤立・取り合ってもらえない、という状況なら、トピ主さんの就業態度に周りが辟易していた可能性が高いと思うのです。

    セクハラ・パワハラは訴える事が出来るでしょうし、多少の金額なら出る可能性は十分ありますが、トピ主さんが期待しているようなよい結果にはなりにくいと思いますよ…ましてや狭い業界なら。徹底的に戦えば、どちらもダメージをうけます。

    トピ主さんが新たなダメージに耐えられるのかどうか、それを自分で見極めて行動してください。はした金をもらった見返りに完全に精神が壊れちゃったら、元も子もないんですよ。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    むささびさん、有り難うございます。
    おそらく、同じような経験をされたんだと思います。
    悔しいですよね?相手に目を付けられただけで、業界から追い出される覚悟をしなくてはいけないなんて。
    酷い目にあったのに、さらに苦しみから抜け出せなくて、いつまでも恐怖に怯えて生活しなくてはいけないなんて。
    世の中の人全員が敵に見えてしまいます。

    なぜ、権力とか組織に対する弱者は無き寝入りを強いられるんでしょうか?人の上に立つ人ほどやってはいけない事があるんじゃないでしょうか?
    私は、正義はきっとどこかにあると信じています。じゃなきゃ、一生懸命生きてきた自分が馬鹿みたい。

    業界に戻りたいけど、もう、戻れないのが世の中なのかな?って思っています。だったら、私は権力に立ち向かいたい。世の中の同じ苦しみを味わっている人が少しでも、私を見て救われればと思っています。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    むささびさん、少し教えて下さい。
    裁判にどのくらいの期間がかかりましたか?
    お金は着手金はいくらでしたか?その他にいくら払いましたか?
    裁判をして良かったことって何ですか?
    私は今、陳述書を作成しています。1年間とその後の2年間の苦しみを書くのは容易ではありません。
    お医者さんは、「弁護士にだまされているんじゃないか」と言います。
    診断書も協力的に書いてくれ無そうな雰囲気です。

    私は、今確かに変わりつつあります。でも、今を逃したら、一生後悔するかもしれない。それが一番の不安なんです。
    控訴されたら、その先の弁護士料は払えません。
    でも、話し合いにならなかった。先方にセクハラの事実は確認できなかったと言われてしまったけど、「じゃ、なんで私は今も苦しんでるの?」「私が勝手に苦しんでいるとでも言うの?」って思ってしまう。

    悔しくて悔しくて、眠れないんです。

    ユーザーID:

  • 幸せになることが

    一番の復讐(?)なんですよ。そんな奴のこと忘れてしまいましょう!
    世の中の全員が敵というわけではありませんよ(実際、私も働くのが怖くてアルバイトから出直ししましたが、それが「世の中捨てたものじゃない」と思うきっかけになりました)。
    それに、これは私の場合だけれど、私の前の人もどんどん辞めたのですが、私の後の人もどんどん辞めていったので、流石に上の人からどういうことかと問い合わせがきましたよ(でも、しょせん上の人だから、馴れ合いですんでしまったみたいだけど)。
    幸せとか、正義とか、因果応報は、その人の気持ちの問題でしかなくて、こっちが「不幸だろう」って思っていても本人は幸せって思っていたりします。だから、あまり「正義は勝つ!」って断言できないけれど、人生のどこかで帳尻は合うようになっていると思いますよ。頑張ろう!トピ主さん!

    ユーザーID:

  • リズさんごめんなさい(1)

    しかも途中でレスしちゃってるし(昨日)。
    私は裁判はやっていないんです。弁護士に相談をしたことはありますが、やりかえすという気持ちよりもただただ参ってしまって、早く一人だけになりたいっていう気持ちでした。(弁護士も「で、誰を訴えるの?会社?個人?両方?それだけでも変わるし、会社にいたいなら仮処分やらないと」とか言われたので・・・そんな気力ない!)

    ただ、例えば損害賠償=精神的な慰謝料+実際にかかった病院代とかいう話になりますよね。そうなると、簡単に言えばお金はいくらでもつり上げることはできます。私の心を傷つけた慰謝料は1億円だーとか(その代わり印紙代もかかるが)。

    だから、損害賠償なんてあってないようなものなんですよ。それに、長くかかるとそれだけ費用もかかる(今は、費用はその弁護士事務所によるという規定になりました。ただ、日弁連の過去の規定に沿っている事務所が多いです。報酬の何%とか、請求する金額の何%が着手金とかです)し、果たしていくらとれるのかも未知数。
    続きます。

    ユーザーID:

  • リズさんごめんなさい(2)

    しかも、最後にいくら取れるか未知数の上、そこからも報酬で弁護士に払わなければなりません・・・と考えると、時間とお金の無駄だなと私は思ったんです。最初の弁護士がいい人なら、また変わったかも知れません。弁護士にもいろいろいるんですよ。一人で決めるのはけっこう危なかったりします。

    もし、費用が心配なのであれば、きちんと弁護士に「報酬規定をみせてください」と言いましょう。「これは日弁連の規定を参照したものですか?」とか。大抵、表になっているはずです。あと、期間がどれくらいなのか、似たような判例はあるかも聞いてみましょう。私の知っている事例では、2年かかったのがあります。

    参考にならなくて本当にごめんなさい。リズさんから見ると、私は逃げた人かも知れません。利己的なのかも知れません。
    ただ、リズさんには似たような体験をした人間としては、「逃げではなくて、とりあえず忘れてみる。全く新しい分野で、新しくやり直してみるという選択肢もある」ということも示したいです。
    最後に決断するのはリズさんです。

    ユーザーID:

  • 最後にひとこと

    私も、職を探している時は、本当に自分がみじめでみじめで仕方がなかったし、気晴らしに映画に行ったりもしたけれど、「あの人なんで平日に映画にいるんだろ」ってみんな思っているかもとか、自分って世の中に必要とされていないんだってずっと思っていました。
    でもある時、バイトでもいいやと思ってしたことが、思いがけずその職場の人に気に入られたりするようになって、今は正社員です。

    もし、自分があの頃の自分に言ってあげられるとしたら、「もったいない!あなたはこれからいいことだってあるのに、死んでしまいたいとかどうして思ってるの?本当に、時間が解決してくれる。だからそんな顔しないで」って言ってあげたいです。

    自分に言うのはさすがに無理なので、トピ主さんに本当は直に言いたいです。「ずっとどん底なんてありえないよ!本当に一歩踏み出すだけで変わるから、過去に囚われないで、私を信じてにっこりしてみて」って。まず、体と心を治しましょう、トピ主さん。辛いものを好きこのんで見る必要はないんですよ。それは逃げでもない。ただ、違う選択をしたっていうだけです。

    ユーザーID:

  • 心配

    小町はタイムラグがあるので、話がだんだん食い違っているところもあるんじゃないかと心配。レスしている皆さんは、どちらかというと「裁判はよしたほうがいい」派ですよね?でもトピ主さんはもう弁護士を立ててしまっている。精神的にもダメージを受けてるみたいだし、混乱しているんじゃないかと。
    トピ主さん、もう戻れないのか、どういう解決方法があるのか、しっかりその弁護士と話し合ってください。小町で発言している人はいくら詳しくてもしろうとなんです。状況も掲示板でさらすわけにもいかないし。その医者には「先生が書いてくれなきゃ裁判で負けちゃう」とか言ってみればどうでしょう。
    判決までならなくても、和解するとかあるでしょう。ここは冷静になって、「利害関係」を軸にして考えましょう。紙に書いてみてもけっこう落ち着きます。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    むささびさん、有難うございます。
    弁護士料は2度着手金を取られるので???と思いました、負けた場合先方の弁護資料も負担するのかと思いましたが弁護士に確認したらそれは一切ないということでした。
    ほかの事をしても思うように行かなかったら結局私はこの件を告訴しなかった事を後悔する自分が見える気がします。だから、やっぱり告訴しようと決めてから大分体調がいいです。この訴訟が生きるきっかけになればいいと思います。請求する慰謝料は、多額でも得られる慰謝料はわずかなのもわかっています。むしろ経費の方が高い事も。
    昨日行列のできる〜を見ました。橋下弁護士が言ってました「他人の身体に触る権利はない」と。出演者も「触る人が居ると思うだけで嫌な気分になる」と言っていました。それに大分励まされました。私の弁護士もその部分だけで勝てると言っています。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧