カウンセラーの正体

レス30
(トピ主0
お気に入り1

家族・友人・人間関係

チビチビ

義母は中学校のスクールカウンセラーです。私と主人は再婚で、私には中学生の娘がいます。義母には、私たちの結婚は反対されましたが、少しずつでも理解していただきたい思い、私なりに義母との距離を近づけようと努力しますが、会えば娘のことなどを「明るく問題のない子が問題を起こす」など言ってみたりして私なりに傷ついています。自分の娘も子供を抱えて離婚し、義母も義父と別居しているにもかかわらず、私のことを何かにつけて非常識な人間だといいます。今年のお正月の年始の挨拶に伺いたいと電話すれば、なんだかんだと言われ拒否されました。どうしてこのような方が人の話を聞く、救うなどといった仕事についているのか理解できません。義姉も「父の顔は見たくない」っといいながら、時折家族としての接点をもっています。痛みを知っている方なら人を評価したりはしないだろうと思ってたりもします。うまくまとまりませんが、こういった内容を聞いて何かコメントしていただけると参考になります。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 仕事と内輪は別かも

    他人の話なら客観的に冷静に判断せいて妥当な助言も出来るが、自分自身のことなら感情が先に立って割り切れない、そういうこともあると思います。
    貴女もその人と今の関係ではなく、第三者として知り合ったら良い人だと思えたかもしれません。そんなものです。

    ただ、貴女の割り切れない気持ちはわかります。

    ユーザーID:

  • カウンセラーとて所詮は人間

    なので、親族内のゴタゴタがない、とは
    言い切れないと思いますが、ちょっと性格に
    問題アリですね。高慢っていうか。

    義母さんのお子さんが子供抱えて出戻ってきたなら
    結構なお年でしょうし、そういう態度を改めるのは
    難しそうですね。
    別に近づかなくても、簡単な挨拶で電話切ってしまうとか。あれこれ言われる前に。
    ただ腹が立つんですよね!!

    ユーザーID:

  • 問題は何なのでしょう??

    義母さんと上手く行かなくて、色々と悔しい思いをされているのですね。
    ただ、義母さんのお仕事については、別にトピ主さんが口出しすべき問題ではないし
    ご家庭の問題とはあまり関係がないように思えます。
    問題をすり替えていませんか?
    一番のお悩みはどういったことなのでしょう?

    ちなみにカウンセラーというのはあくまでも職業です。
    たとえば、福祉施設などの従事者がみな人格的に優れているわけではないように
    同じくカウンセラーも「聖職者」ではありませんので
    みなが人格者というわけではありません。
    人の好き嫌いだってあります。
    でも人間ですもの。これも自然なことだと思いませんか?

    詳しいことが何も分かりませんが
    どうしても義母さんと仲良くしたいということであれば
    まず、その批判がましい気持ちを捨て
    新参者であるトピ主さんのほうから心を開いていくしかないのでは?
    気持ちは態度で必ず伝わります。相手はプロですし。

    でも同居されているわけではないようですし
    適度な距離を保ったままお付き合いされればよいのでは?
    ウマの合わない者同士が、ムリに仲良くする必要ないと思いますよ。

    ユーザーID:

  • 期待しすぎかな?

     カウンセラーという肩書きに、どうしても共感や理解を期待されているのかと思いますけれども、あまり期待されないほうがよいのではないでしょうか。

     学校ではそれなりに業務をこなされているのかわかりませんが、家庭では、その辺のただの姑でしかないのだと思います。『理解すべき』とまでは思わず『そのうちわかる日がくるかも』と基準を下げたほうがよいと思います。
    ご事情が特別にあるのかもしれませんが、娘さんとご主人様とで仲良くやっていればそれだけで十分な気がするのですが。

    ユーザーID:

  • ええと

    カウンセラーは人の痛みがわかる
    というのは少し極端かなぁと思います
    同情的な人はカウンセラーに向いていないですしね

    あくまで仕事ですし
    そういった意味での心のありようを
    期待しないほうがいいと思います

    それにしても強烈ですね
    なんともいえませんががんばってください

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 「正体」とは、どきっとする言葉ですね

    私はカウンセリングはしませんが、臨床心理士です。

    一般論になりますが(カウンセラーは国家資格ではないため、経歴による質的なばらつきが大きい)、要は、カウンセラーも人の子、ということに尽きると思います。カウンセラーだって、他人を妬んだり、憎んだり、患者さんに嫌悪感を持つこともあります。

    ただ、仕事上では自分の負の感情をそのまま発したり、逆に否定したりもせず、「私の中のどういう特徴がこの人の中のどういう特徴に反応して、私はこの人を嫌いだと思ったのだろうか?」と、患者さんを理解するための道具の一つとして利用します。

    ですが、私生活ではいちいそんな分析はしません。私も周りの人も疲れちゃうだけですから。(だからカウンセラーが専門職として成立する訳です。)

    もちろん、私も「カウンセラー=聖職者」という世間からの期待は認識しており、そうした期待に合わない振舞いは私生活でも抑えたりしますが、こと家族に対しては、そういうセーブもなく“甘え”が出易いように思います。

    だから、トピ主さんもお義母様がカウンセラーだという事を忘れてお義母様の言葉を聞かれた方がいいと思います。

    ユーザーID:

  • 人格者はカウンセラーになれない

    あまりにも人格者過ぎる人はカウンセラーに向かないんですよね。人の苦しみや意地悪する人の真理が実感できないんです。

    どんなに評価の高いカウンセラーも万能ではなくて、人によっては相性が最悪なこともあります。だからまあ、あなたとお義母さんの相性のことは、職業とからめて考えないほうがよいのでは。

    あと「明るく問題のない子が問題を起こす」のはある意味事実だそうです。何故なら、明るく問題がないと大人たちが見なしている子は、その子が密かに抱えている問題を見抜いてもらえないし、大人たちが「良い子」として期待するので、限界までいい子を演じてしまうからだそうです。

    どういう文脈で言われたのか分かりませんが、もしかして「いい子プレッシャーをかけたり安心しきったりしないで、微妙な変化を見逃さないであげて」という意味だったりしませんか?

    ユーザーID:

  • 紺屋の白袴

    同じ中学生の子どもを持つ親として、興味深く読ませていただきました。
    臨床心理士として資格を持っている人なのに、自分は別居、娘も離婚をしているという方だというわけですね。仕事と私生活は別物で、心理学がわかるから、夫婦間の人間関係や子育てに成功しているわけではないということです。
    私の大学の心理学の講師が、何故、心理学を志したかというと大家族の中に育ち、家族関係で苦労したからだと言っていました。その後、子育てでは親業について学び、インストラクターの資格を取っています。結局、現実の生活から心理学に救いを求めたのでしょう。そこから考えても、人間関係にどこか脆弱な部分を持っている人で、今は幸せな再婚をしたあなたに対して、姑根性を出しているというわけです。心理学の専門家としてあなた方親子に接しているのでなく、現実の家族として接しているわけです。
    向こうはカウンセラーという地位があるだけに、付き合っていくのは大変ですが、素直に姑として接していけばいずれ、態度が軟化していくでしょう。長い期間が必要です。

    ユーザーID:

  • カウンセラーの正体というよりも

    カウンセラーの正体というより、義母とうまくいっていない、義母が嫌いということなのだと思います。その義母がカウンセラーであるということが納得いかないのでしょう。
    医師でも教師でもモラル的にどうかという人も多いですので、義母がカウンセラーであっても仕方のないことだと思います。余計な知識がある分、たぶん気に入っていないあなたにいろいろ嫌味を言うのですから、義母の言うことはどっかに飛ばして、あなたはあなたの家庭のことを大事にしていくべきだと思います。
    がんばってください。

    ユーザーID:

  • カウンセラーは営業中の顔でしょう?

    仕事が何であれ人格者とそうでない方といますよね。

    サービス業の方は仕事でこそ笑顔で接しますが、疲れて帰ってまで家族に笑顔をふりまいたりしませんよね。

    仕事ぬきで付き合ってるのですから、そういう理解は出来ませんか?

    カウンセラーだからって普段は普通のおばちゃんでしょう。仕事は仕事という意識でやっていると思いますよ。

    私も保育士ですが、それを普段も求められるとかなりつらいですよ。

    ユーザーID:

  • 専門家ではないですが

    「身内と他人は違う」ということではないでしょうか。

    他人のことだったら、突き放して冷静に見ることができるけれど、身内となったらそうはいかない、と。

    ユーザーID:

  • 何もかも気にいらない人なんだ

    義母さんは自分の理想としていたことが、全く180度違ったのでおもしろくないのでしょう。
    トピ主さんが再婚でお子さんがいるというのがそもそも気にいらないのですね。
    なんか心が狭いというか、こういう人がカウンセラーとは
    本当に勤まるのかと思ってしまいます。
    義父とも別居されてるようで、精神的にゆとりがなさそう
    ですね。
    人のカウンセリングするより、ご自分がちゃんとした専門家にみてもらうのが先決ではないですかねえ。

    ユーザーID:

  • 辛いのはわかるけど…

    カウンセラーの正体はこういう酷い人間なのよ〜
    とネットでぶちまけて、どうなるんでしょう?
    スッキリしますか?
    私はこれだけやっている、姑はこんな酷いことを言った、私は傷付いた、義姉はこうだ…不信感や不満だらけですね。

    トピ主さんなりに努力もされているでしょうし、意地悪されて辛いのもわかります。
    でも片方の話だけを聞いて簡単に「相手が悪い!」という反応が返ってくれば、それで気が済むのでしょうか?
    相手を嫌ってばかりいて、陰でこうやって悪く書いていると、ますます嫌いに思えてきませんか?

    相手の立場でしかわからない事だってあるかもしれないので、安易に「そんな人間がカウンセラーだなんて!!」と言いたくないです。

    ユーザーID:

  • そんなものかも

    カウンセラーって千差万別でしょう。臨床心理士って資格?があるけど、持ってなくても、あるいは素人に近い知識でカウンセラーやってる人も多いし。
    いいカウンセラーにはなかなか出会えないとも聞きます。
    義母さんのような人に相談したくないですよね

    ユーザーID:

  • うちの母も「なんちゃって」カウンセラー。

    カウンセリングに限らず、メンタル系のスタッフは、患者やクライアントの前で気持ちを切り替えますから、名カウンセラーや名医の、プライベートが人格者とは限らないし、それはそれでいいと思います。

    自分も医療系の道にいて思うのですが、メンタル系を長く続けられるのは、自分も同様の感性を持つ(だから磨り減ってしまう)タイプか、まったく違う感性で仕事と割り切ってできる(磨り減らない)タイプじゃないか、と。お義母様は後者かもしれませんね。

    自分は「同じ感性→磨り減る」型なのですが、一歩間違えば自分が病人になってしまいます。実際にカウンセリングを受けたこともあります。幸い、とてもいい方でした。
    自分がクライアントの立場になってみると、同業・類職種の人で人柄がすごく悪い人を見ると、なんだかいたたまれない気分ですね。
    実母がそうです。本当にどうしてこんな人がって、思います。

    ユーザーID:

  • そういう人だ、ということです。

    私が出会ったカウンセラーは、自分もつらい経験をもち、それを克服して、人の相談にのり、また人の幸福をこころから喜ぶことのできる人で、この人に会ってよかったと思いました。

    ただカウンセラーといえども、やっぱり人なので、他人様の問題と自分のところの問題は別物のように考えている人も多いのではないでしょうか?義母さんが、カウンセラーだからといって、物分りのいい、寛容な人だとは考えないほうがいいと思います。義母さんは、そういう人だと見きりましょう。

    トビ主さんのケースは、他の方が義母との関係で苦しんでいるのと同様に、やっぱり嫁・姑みたいなものがうずまいているのだと思います。トビ主さんとご主人、お嬢さんが幸せならばそれでいいと割り切ってはいかがでしょうか?向こうがよそよそしいのならば、無理して距離を縮めようなどとしなくてもいいと思います。

    ユーザーID:

  • お姑さんがカウンセラーとしてふさわしいか・・・

    という点についてはなんともわかりませんが。
    ただ、人の痛みがわかる、というのも、カウンセラーにとっては諸刃の刃なのかなーとも思います。

    私のいとこがカウンセラーを目指して、大学で勉強をしていたんです。
    優しくて利発で、人の気持ちがよくわかる子です。
    そしたらば・・・自分自身が精神的に不安定になってしまって、大学卒業を前に退学。今は引きこもりになってます。
    どうも負の気持ちに共感しすぎて、引きずり込まれちゃったみたいです。
    相談相手とうまく距離を取れる、見ようによってはある程度鈍感(カウンセラーの方、ごめんなさい)である事も、必要な仕事なのかなーと最近思います。

    それは別として、トピ主さんのお姑さんは、人として冷たいと思います。大変ですね・・・。
    「仕事はどうあれ、そういう人なんだ」と割り切って、娘さんを守ってあげてください。

    ユーザーID:

  • まずは

    言わんとされていることは解りますよ。
    その上で一番と思うアドバイスが「もう一度書き直してみてください」です。
    何度も文章を書いているうちに、少しずつ上手くなっていきます。
    そうしておかないとカウンセラーなんて人に太刀打ちできないと思います。

    ユーザーID:

  • ほっとけば?

    姑との関係を嫌う女性は多いです。
    トピ主さんが再婚を理由に?拒絶されている現状を、
    なぜそんなに気にするのかよくわかりません。

    多くの人がそうであるように、
    お姑さんも、きれい事を他人に、本音を自分にあてはめているんですよ。
    息子のお相手が再婚で、しかも連れ子があるのに批判的なのでしょう。
    しかしそれは恥ずかしい事ですか?
    嘆く必要もないのを嘆くのは、お子さんによくないと思います。

    相手の仕事まで批判しないことです。
    放っておけばいいじゃないですか。
    お正月に挨拶がいらないなんて、楽(笑)。

    ユーザーID:

  • 他の方も書かれていますが1

    カウンセラーやってる友人がいます。
    自分のなりたかった職業を全うしている彼女を尊敬しています。

    そんな彼女も恋愛家族のこと自分の心のこと
    こころが乱されることも多々あり、
    私は互いの悩みを聞いたり聞いてもらったり、くだらない話もしながら過ごす時間がとても好きです。
    彼女もそう思ってくれているはずです。
    そういう職業の人だって人間で、弱い部分もあるということで、弱くなければ強くなろうとしないし
    悩みが無ければ悩みを誰かに相談することもないでしょう。

    彼女になぜその職業になったのか聞いたことがあって
    「精神的に弱かったり、辛かったり
    心のしんどさから体調に出てしまうことがあったりして
    何故自分がそうなるのか知りたくて勉強しはじめた」
    と言っていました。

    心に興味があり敏感であるからこそ
    心に関わる職業を選ばれている人が多いんじゃないかな?

    ユーザーID:

  • 他の方も書かれていますが2

    義母さんも心に積もらせてしまっている吐き出せない「思い」が
    あるのでしょうね。
    息子を取られた・・・等。

    自分のフィールドに踏み込まれてしまった。自分の理想や範疇を超えてきた人。
    遠慮しているトピ主さんへの勝手な人物像を作り上げられてしまっているような気がしました。
    誰かを悪者にしたてないと自分の心の弱さが解消できないと思っているのか。。。

    だからって暴言や意地悪なことをされて言い訳ではないので、
    ご自分の思っていること言ってみてもいいような気がします。
    時に遠慮している的な態度は人の怒りを買ったりする
    こともありますよ。(職場で遠慮して気を遣っていたところ、つっけんどんにされた経験あり。今は大丈夫です)

    それと娘さんへの義母さんの意見は一般論ですよね。
    職業にプライド持ってそうだからそういった切り口の発言は続くような気がします。直面したときにうまく切り抜ける手段は持っていたほうがいいのかも。

    「そういうことも有るらしいですねえ 
     年頃の子の話聞かせてください ニコッ」みたいな。
    むしろ娘さんが嫌な思いをしていなければ良いのですが。

    旦那さんは何か言っていますか?

    ユーザーID:

  • 気持ちはわかります

    自分たちには理不尽なことをしつつ、他人には良いことをして感謝されている…納得できないのは当然です。
    私の親戚でも似たような方がいます。
    身内から言わせるとなんであの人が?と思ってしまいます。
    しょうがないとは思うんですけどね。

    ただそういう状態を見ているため、やや人間不信にはなります。
    真剣にその職業に取り組んでいらっしゃる方には申し訳ないですが、心の底からは信頼できないかな…。

    ユーザーID:

  • 私の場合

    少しズレるかもしれませんが。

    同級生でとてもイヤミな男がいて、学生の頃からどうも好かん・・と思いある程度距離を置いて接していました(サークルが一緒でしたので)

    何かにつけて上からの発言や行動に、かなりうっとしく思っていたのですが・・

    その彼はカウンセラーを目指しているというのです。

    留学して心理学を学び、さらに戻ってきて(日本に)また大学院へ行っています・・

    で、今年みんなで集まった時に、久々にその男に会ったのですが、イヤミな所は全く変わってませんでした(汗)

    心理学を学んで、さらにカウンセラーを目指している彼の、嫌味な事を言う心理を全く理解できません。

    でも、そんなもんかな〜なんて。

    カウンセラーの人も、所詮人間。人の痛みなど分からない人も中にはいるんでしょう。
    上に書いた男のように。

    ユーザーID:

  • カウンセラーも。

    カウンセラーにもいろいろいます。
    信頼される方からそうでない方まで。
    お義母さまはどうなのかわかりませんが、もし日常のあなたに対する言動をおくびにも出さず、信頼されるカウンセラーならある意味プロかも。

    それはさておき新年の挨拶も来るなという失礼な人なんて、気にしないで放っておきましょう!
    いくら夫の母親でも合わないもの同士が一緒にいることはお互いにとって苦痛です。

    悲しいかな一生義理の親子ということに変わりはないのですから、今すぐでなくても時間をかけて解決することもあるはずです。

    今はあなたの落ち込んだ気持ちを元気にすることが一番。
    ストレス解消することに専念すれば、きっといつか解決の糸口も見つかると思いますよ。

    ユーザーID:

  • 分かります!

    読んでいて、すぐに義姉のことを思い浮かべました。義姉は教師をしています。学校では生徒からも同僚からも絶大なる信頼を得ているという話しを周りから聞きますし、本人もそれは自覚している様子です。しかし、身内から見ると、「本当にこの人が・・・?」というような人です。とても冷たい人で、会って挨拶しても無視されますし、何かを贈ってもお礼を言ってもらったこともありません。外面は良くても内面が悪い人っているんですね。。

    トピ主さんのお義母さんも、相当性格が良くないように思います。でもカウンセラーとしての顔はまた全く違う顔である可能性が高いですね。2面性があるというのでしょうか。うまく距離を置くことです。会わなくてすむならそれに越したことはないですし、節目節目に呼ばれて「来て嫁として手伝いなさい!」言われるよりはマシですよ!

    ユーザーID:

  • ウチの母

    どなたかも仰ってましたが、うちの母もカウンセラーでした。家に本はたくさん並んで思春期の子供のために日々勉強してました。

    でも実生活では、いつもなんで私にこんなひどいことが言えるのだろうというくらい辛辣でしたよ。

    母にその点をたずねると
    「よそ様はよそ様。ウチはウチ。うちのことは関係ない」

    これを何十回言われたか。
    人生に生かせなくて、一体何のための勉強なんでしょうね。

    ってわけで、お姑さんがカウンセラーであることは
    関係なく問題を解決したほうがいいとも思いますよ。

    ユーザーID:

  • 職業と人格

    切り離して考えたほうがいいですよ。
    すべての学校の先生が子育て上手いわけじゃないでしょ? 本来はそうあってほしいですが、警察官すべてが正義感に満ち溢れてさえいないですしね。
    嫌味なお姑さんに「カウンセラー」ゆえの幻想をもって接しても傷つくばかりです。嫌味バトルになってかまわないのであれば、お子さんのことを言われたら、「学校でそういうこと口に出されているんですか? ああ、でもそういうこと言われたら私だったら、もう学校行けないかも」とか「どういう根拠で?」とかツッコンじゃうかもしれません。
    でも、腹が立つでしょうが聞き流しておくのが一番ですよ。

    ユーザーID:

  • えっと

    まず、義母さんと義父・義姉たちには、ほかの人にはわからない事情もあるでしょう。それから人と距離を近づけたくないのかも。

    トピ主さんが再婚して幸せであることが一番大切です。義母さんに認めてもらえないのは辛いと思います。ちょっと極端だけど、もう認められようが認められまいが、結婚して生活しているのだし、別所帯なのだから、「よし」としてみてはいかがでしょう。きっとお嫁さんに対してはそういう態度をとる人なのです。どうぞ無理せず今の生活を大切にしてください。

    カウンセリングは相談者とある一定の距離が大切ですから、そういう意味ではあっているのかも。問題の早期発見に取り組んでいて、何でもそういう目で思春期のお子さんを見てしまっているのかもしれません。

    ユーザーID:

  • ありがとうございました。

    皆さんのたくさんのご意見をいただけたこと嬉しく思います。自分に都合のよい話ばかりではなく、いろいろな考え方のおかげで私自身を見つめなおすことができそうです。
    結婚したことで、「家族」と思い込んでいることもいけないことだと思います。ついもっと仲良くとか、もっとこうしたいが先走り、相手に不信感を与えていたのかもとも思います。まだ、すぐにという勇気はないのですが、もう一度初心に戻り、「お元気ですか」と素直に電話したいと思っています。自分の親を心配したりするときのように、主人の両親のことも気になるときもあります。でも、嫌われていると思うと、話すことが怖くなっているのも事実です。まだまだ行動には出せそうにありませんが、いろんなお話が聞けたこと感謝します。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 仕事と私情は別よ

     私は占い師ですが仕事の顔とプレイベートは別ですよ。私だって人間だしキャパが広い訳では有りません。小姑だって大嫌いで1年くらい口も聞いてないけど、そういう自分が居ても良いと思うわ。

     女って理屈抜きで「合わない」と思うことも有るでしょう?

     トピ主さん力入り過ぎよ。
    その力みが勘に障るのではないのかなぁ?
    一々真に受けないで「そうですね、そういう考えも有ると思いますがわたしはこうなんですよ」くらい言って切り替えれば良いのに。

     相手だって言い分は有るのよね。それにバツ1だって良いじゃない!人より悲しみを経験したから優しくなれるし真剣になれるのだから。

     しかし相手に期待しない事だね。辛くなるだけだよ。それから何でも一回でOKにしようと思わない方が良いよ。少し時間掛ければどうかなぁ?

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧