やってしまいました。

レス16
(トピ主0
お気に入り0

家族・友人・人間関係

ゆりな

41歳にもなって、愚かなことをしてしまいました。
20年来の友人との決別です。
それもフェイドアウトではなく、あろうことか絶交宣言での決別。

その友人とは、学生時代から、お互いの内面にまで踏み込んだ深い付き合いをしてきました。
近づき過ぎたのだと思います。やがて衝突が増え、不快な思いをすることが多くなりました。
距離を置いた友情関係を築こうと努力しても、彼女から悩みを打ち明けられれば、真剣になってしまう。
つい近親に近いような感情を抱いて、親身になり過ぎてしまう。

最後の10年は、私自身、そんな状態にうんざりし、フェイドアウトを何度も試みましたが失敗。
彼女から連絡が入ると、どうしてもはねつけることができず、つい以前のように接してしまう。
そして、ある日、彼女のわがままについに切れて絶交宣言。

馬鹿です。彼女とのことは、もう良いのです。
が、この年で絶交宣言だなんて。なぜ、そんなことを・・。

わかりにくい文章だったと思いますが、読んで下さってありがとうございました。
もし良かったら、こんなアホな私に渇を入れてください。
お願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数16

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • ううん

    私は絶交宣言が愚かな事だとは思いません。

    だって本当にどうでも良いと思っている相手なら一方的に無視して自分が悪者になる必要もないし、むしろトピ主さんがご友人にハッキリと絶縁を伝えた事はお互いが今後モヤモヤする事もない最善の方法だったと思います。

    ユーザーID:

  • 二十年来の友とも切れることはある

    私も、結婚式まで呼んだ関係の恩師を切ったことがあります。
    電話などで近づきすぎた時、向こうの本音がふっと出たのです。「あなたのように、皆から嫌われている人が・・」出すぎた発言をしなくてよい、という傷つく言葉でした。それ以来、電話も訪問もしていません。先生の方としては、気に入らないのにうるさく近寄ってくるなという意味だったのでしょう。
    ふと寄ったときに、その人の心のあり方を垣間見ることがあります。現実に現在進行中の関係の人なら、義理でもお付き合いしたり、やり取りがありますが、過去に親しかっただけの関係なら、フェイドアウトしていきます。友人に先生の発言を伝えて、訪問のお誘いを断りました。
    二人とももう一度同じ気持ちになれて、もう一度会いたいと思うなら、お友達の仲は復活していくでしょう。そうでなければ、心の友として偽りながら付き合っていくのも無意味な気がします。

    ユーザーID:

  • そうなんです。ゴミ箱になるんだよね。

    私は現在32歳。
    でも、同じような経験を21歳の時にしました。

    アルバイト先で仲良くなった年上の女性がいて、
    距離が近くなりすぎました。
    泊まりに行って、その女性の彼氏さんと3人でテレビゲームもしていたくらい。

    でも、ある時からその女性は「浮気」をし始めました。
    その状況で悩みや愚痴を聞かされるようになったんです。
    私は21歳。浅い恋愛経験・人生経験の中から一生懸命彼女の応対をしました。
    で、結果疲れてしまいました。
    最後の方は彼女の「ゴミ箱」になった気分でした。
    私が大学卒業までその状況でした。

    それ以降私は「依存の強い女性」が苦手になりました。
    ある程度なんでも一人でできる女性でないと、すごく引いてしまいます。

    ユーザーID:

  • 大人として

    こんにちは

    トピ主さんと同年代です。私も最近、20年近い付き合いの友人と距離をもっています。年賀状くらいですが、それも止めたい気持ちもあります。
    私の場合も、かなり踏み込んだ関係でしたが、環境や状況、生き方が違い、価値観がずれていました。
    それでも、「昔からの友人だから」と気を取り直して
    交際してきましたが、もう無理でした。
    これなら、少しずつ離れればよかったのかも、とも思います。
    自分に言い訳や、我慢して付き合う必要なかったです。40って色々変わる時期なのかもしれません。

    絶交って、どういう言い方をされたのかは分かりませんが、仕方なかったと思うしかないですよね。
    人には距離のとり方があるのだから、それ以上近づかないように次から気をつけるしかないです。

    自分に正直に、大人としての思いやりを持って、楽しい友達つきあいがしたいです。
    お互い頑張りましょう。

    ユーザーID:

  • それでいいと思いますよ

    私はトピ主さんと同世代なので、学生時代からの親友の大切さと関係持続の大変さを実感しています。
    トピ主さんは10年も頑張った末なのですから、それで良かったのだと思います。

    私も「親友」と呼べる数少ない古い友人たちと、サヨナラしました。
    一人はフェイドアウトで、相手は私に避けられる理由が今でも解らないと思います。ちゃんと理由を言うべきだったと今も後悔しています。
    もう一人からは切られました。東大卒なのに専業主婦に甘んじてる彼女を叱咤激励する私の言葉がきつかったみたいです。
    これからの人生で「親友」を得ることはないと思います。
    親友どころか、本当の友達もできないかも知れません。
    一緒に食事や旅行を楽しむだけの友達はたくさんいますが、心底を話せる相手は夫だけです。
    女の友情って難しいですね。。。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • 別に愚かでもないと思います

    頻繁にあることでもありませんが、決して特別珍しいことでもありません。まして、さほど愚かなことでもありません。まあ、あえて言えばフェイドアウトとは言わないまでも、良い意味で自分と相手とを誤魔化す術を発揮できればよかったのかとは思いますが、私の周りでもよく聞く話ではあります。しかも大抵40前後の世間では分別盛りと思われている年代でのことが多いような印象があります。家庭でも、仕事でも気づかないうちにストレスをためていることが遠因のような気もしますが・・・お求めのレス内容ではないかもしれませんが一言申し上げたかったので・・・

    ユーザーID:

  • 46歳の意見

    40歳をすぎると、ああいうことはやめようとか、迷惑にならないかとか、自己中心すぎないかとか、ものすごく常識意識がめばえてきて、考え方が甘い人や子供っぽい人を軽蔑とはいかないまでも、もうすこし大人になってほしいと思ったりするのが普通だと思います。特別な個性が必要な芸能界と違って、ただの常識人でいいですよね。貴方のお友達は、貴方の常識からはずれすぎていたのですね。めったに怒らない貴方が絶交宣言までしてしまった。それを恥じているのですね。でも、こんな貴方に絶交宣言をさせてしまった友達にも責任があるのだから、もうそのことを忘れましょう。きっと貴方の友達は、他の友達に迷惑をかけながらそのまんま変わらないみたいな気がします。でも、貴方の気持ちがわかる人であったらいいですよね。

    ユーザーID:

  • 年齢は関係ないと思いますが

    堪忍袋の緒がきれただけだと思いますが。私も過去に決別を言い渡した人がいます。本当に仲良くしていたので、数年後に許してくれと手紙を書いてみましたが、返事はきませんでした。彼女の自尊心を傷つけたのだと思います。彼女自身もうかかわる必要がないと判断したのだと思います。私はその逆の立場になったこともあります。決別を言い渡されたわけではありませんが、自尊心を傷つけられたので、彼女がアメリカに嫁いだのをいいことに、連絡をとることを止めました。しかしその友人はたまに近況報告で一斉メールをくれていました。先日、9年ぶりに私個人にメールをくれたので、気まぐれにも私は返事をしました。まだ同じところに住んでるかと聞かれたので、そうだと答えると翌日、電話がかかってきました。私は過去の出来事は忘れて、しばらく差し障りのない話をしました。でも、どこかで、まだ彼女に対して不信感があり、ぎくしゃくしたまま電話をきりました。昔のようにはもうもどれないと思うし、逆にうわべだけでつきあってもあまり意味がないのでやはりフェードアウトさせることにしました。

    ユーザーID:

  • 私もやっていしまいましたよ(笑い)

    36歳の時でしたが、年なんて関係ありませんよ。でも、やはりその時は同じように思いました。

    20年付き合えたのは、それだけ通じるものがあったからです。枝は深くしなる程、鋭く撥ね返ります。そういうことです。だから年は関係ありません。

    付き合いが長い場合は、心を開いた深いものだった筈が、いつか限度を超えていたりしますね。片方のサインに片方が気付けば、修復可能なのだけど。私は2勝2敗(苦笑)。

    2敗のうちの1敗の彼女からは2年経った今でも、帰省メールや年賀状が来ます。自分が上に立ちたい人なので、許すとでもいう気でしょうか。

    返事はします。彼女の長年の無礼と同じことをしたくないから。でも私は、最終手段として爆弾を投げたことを全く後悔していません。二度と会いたくもありません。フェードアウトも画策したし、お願いも警告もしました。でも彼女は変わらなかった。

    10年も我慢してたら、爆発するしかありませんって。向こうがそうさせったってことですよ。鈍感だったんです、その人。

    あ〜あって思うのは、トピ主さんが自分に厳しい人だからで、その姿勢に敬服します。この場合、大事なのは方法ではなくて目的ですよ。

    ユーザーID:

  • 良いと思いますよ!!

    私も経験ありますが、高校時代からの20年に渡って仲良くしてた友達がいましたが、彼女はわがままで、自分が困ったときや、子連れで遊びに行く所がないときに我が家に遊びに来たい時だけ連絡をしてきます。

    私が普段連絡をしてもそっけなくて、たまには会いたいと言っても何だかんだと言い訳をして挙句には、今日は疲れてるからと言われ結局は会ってくれない事が多々あるくせに、逆の立場の時に私が断ろうものなら逆切れされてしまい、ほんとうに今までよく付き合ってきたな・・って思ってます。

    最近は子供の子育ての手が落ちつたこともあって専業主婦を辞めてパートで仕事をし始めたら、家事や子供のこととかに手が回らないくらい忙しくなり、その友達とは自然な形で疎遠になることに成功しました。

    今はパート先の友達と仲良くなり、その友達と遊びに出かけたりする楽しさを覚えて充実した日を過ごしています。

    ユーザーID:

  • 建物

    私はトピ主さんより少し年下ですが、最近似たようなことがあって、少し共感をおぼえました。

    私の場合は、かなり未練があります。
    友人その人に対する思いではなくて、これまで共同で作ってきた建物(歴史)を壊したことに対する思いです。

    もとのつきあいに戻る気はないし、相手も私なんかうんざりのはずです。
    でも、長年つきあったせいか、友人もきっと似たようなことを思ってるような気がします。相手ではなくて、そのあいだにできたものはどうなの、と。

    ある意味、もう近親者と一緒なのかもしれません。
    ただ身内なら切りたくても切れない縁が、他人だからあっさりと切れてしまう。
    気持ちはさっぱりしているのに、自分から決別したのに、不思議な喪失感が私にはあります。

    そこで建物は壊したのではなくて、据え置きにしたのだという考えに変えました(内省にしても勝手で、意味不明ですが)。

    その作業に戻るか戻らないかわかりませんが、打ち壊しはなしです。
    だっていろいろあったんです。

    なんだか呟きになってしまいました。
    渇でなくてすみません。
     

    ユーザーID:

  • 人間ですもの

    そういうのは、年齢なんて関係ないです。

    逆に関係をはっきりさせることができたことが、えらいと思います。
    私もゆりなさんの友人のような友達がいて、
    うんざりすることがしょっちゅうなんですが、
    事情があってその子との関係を切ることはできません。

    だから、なんとなくの関係を続けているのだけど、
    適当に笑って彼女の機嫌をとっている自分が嫌になる時があります。
    仕方ないからいまのままやっていきますが・・・。
    落ち込むことなんかないですよ〜。

    ユーザーID:

  • 恥ずかしいことではありません。

    大人気無いだとか、この年になって恥ずかしいだとか思わなくてもいいと思います。そのお友達と絶縁されたことに後悔はないのですよね?ただ、決別の仕方が・・・、ということしょうか。

    とにかく、今まで色々と悩んできたわけですし、後々まで悩みを残すことはないと思います。さっぱりしましょう。もう、その友達のことは考えなくてもいいのだから、どんな決別の仕方でも結論が出たということで。

    ユーザーID:

  • ぜんぜんオッケー!!

     51歳で絶交宣言する事にならなくて良かったですね!

     人はやさしすぎると、気がついたら他人に振り回されてるんですよ。それを何度も後悔してもまた繰り返し、挙句の果ては、相談する方も相談される方も依存状態に陥ってしまったり。

     この10年間はたんに相手を否定するだけでなく、なんとか力になろうとする大人の態度をとっていたと思えば、41歳になってから「さじ」を投げたというのは、41歳なりの大人の判断だったとも言えるんじゃないですか。

     わたしも今年は41歳になります。昔はこだわりがなく誰とでも交際できていたものなのに、この年になると、好き嫌いが激しくなりますね。その逆もあるのかな。でも振り回すような友達は、近くにはいて欲しくないですね。自分の生活は自分で守っていくという事ではないですか。

    ユーザーID:

  • 人それぞれですが

    絶交したことではなくて、絶交と言ったことを後悔しているのですか。
    そういう言い方をしなくても、彼女と縁を切る方法はあったのにって?

    もし私が彼女なら、はっきり言わずに距離をおかれるよりも、幼稚ではあっても、そう言ってくれたほうがスッキリするかもしれないなあと思いました。

    もっとも、もっとベターな表現はあったかも、とは思いますが、ゆりなさんが彼女に対して親身になり尽くした結果なんでしょうね。
    彼女も甘えが過ぎていた、ゆりなさんも、深くかかわりすぎていたということで・・・


    友達というのは、身内みたいに気心が知れても、けして身内ではないということを覚えておかないと、お互いに傷つくことが多くなりますね、私も経験があります。

    私も、「イイトシして何やってんのー・・」と自分で思うことが少なくないので、ゆりなさんに喝など入れられません。

    ユーザーID:

  • トピ主より

    レスを下さった皆様、本当にどうもありがとうございました。
    皆様のレスを何度も何度も、繰り返し読みました。

    読むうちに、今回のことは、
    強く長く密接に付き合っていた分だけ、それを剥がすのに強い力が必要だった、
    と考えても良いのかもしれない、と思うようになりました。

    おそらく彼女にとって、私は唯一、心を許せる友人だったろうと思います。
    だからこそ、まるで子供のように私に甘え、我侭も言ってきた。
    それだけに、今回のことは大きな衝撃だったろうと、どうしても考えてしまいます。

    彼女を傷つけずに済む方法は本当になかったのか。
    「仕方がなかった」「いや、あったはずだ」という二つの思いが、今もせめぎあっていす。

    これまで「言葉にできない」という表現は、
    言葉にする努力を怠っているようで好きではなかったのですが、
    本当に「言葉にできない」状態になることがあるのだと初めて知りました。
    皆様のレスに、暖かくて、大きいものを感じています。
    ただ、ただ、感謝の気持ちでいっぱいです。

    どうもありがとうございました。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧