実母および弟との関係について、

レス21
(トピ主0
お気に入り2

家族・友人・人間関係

悩み中

同じような経験をお持ちの方がいらっしゃいましたら、ご相談させてください。
私は結婚5年目、年齢40、子供なし夫婦です。長年実母と
相性があいません。母は私が子供のときにひどく虐待し、弟を溺愛して、常に弟と結託していつも私を邪険に厳しく扱ってきました。父が家庭に無関心のため、私は家族の中で孤立していました。就職すると同時に家を出てからは、正月に義理で帰省しますがいつも嫌味を言われたり意見を押し付けられ、夫婦のことにも干渉します。そこでケンカになると母はかならず弟に泣きついていかに私がひどいことを言ったと訴え、弟がお前は最低だ、親孝行しろ!と説教してきます。ちなみに弟は独身で別居していますが親の援助もあって経済的に成功して今は高価な車などを買い与えて、ますます母は弟贔屓です。一方、私は子供ができないことをしつこく詮索し非難しています。
親との距離が縮まらないまま40を向かえましたが、接触すれば邪険に扱われ、苦痛でなりません。この状況をどうすれば打破できるでしょうか。アドバイスをよろしくお願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数21

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 縁は切れませんか ? その1

    タイトルの「実母」「弟」という言葉が気になり拝読し、
    私とほぼ似た状況なのでレスします。
    まず、貴女は子供の時からひどい精神的仕打ちを
    受けてこられました (この手の精神的虐待のつらさは、経験者しかわからないと思います。身内も含め他人は、身体的虐待にしか関心と理解を示してくれません)。

    今は自立し結婚なさって「義理」でお正月に帰省されているけれど、昔と変わらず二人から嫌な思いをさせられる・・・
    貴女は、それでもお母様の愛と温かい言葉がほしいですか ?
    弟さんに「姉」として扱って貰いたいですか ?
    こういう人達の人間性が、今更改悛される事は
    全く期待出来ません・・・
    いえ、益々ひどくなると思います。

    (続きます)

    ユーザーID:

  • 縁は切れませんか ? その2

    答えは一つ。
    ご主人と婚家に全て話して了解を得て、縁を切ることです。

    電話はこちらから一切しない、するとしても
    どうしても必要な用事がある時のみ。
    向こうが世間話を切り出しても、用件のみですませ話に乗らない。
    干渉してきても、一切聞く耳を持たない。
    その代わり、どんなに困っても一切頼み事はしない。
    一円たりとも借りを作らない。

    義理でも訪問しない (私は子供がいるので、子供から「祖父母」に会う権利だけは取り上げられないので、盆・正月・春休みは一日だけ連れて行き、後は電話で話をさせています)。
    後は何を言われようが非難されようが、
    どう身内に謂われのない悪口雑言を言いふらされようが、
    法的に問題がなければ、全て無視するのです。
    そうすると向こうは貴女を振り向かせようと、
    甘い言葉・罵詈雑言両方言ってきますが、あくまで無視するのです。

    お母様も弟さんも、無責任なお父様も既に死んだものと割り切って、
    夫婦の生活、友人との関係を充実させていく方が、精神衛生上いいと思いませんか ?
    人生は一度きり貴女自身のもので、親・兄弟といえども、踏みにじる権利はないのです。

    ユーザーID:

  • 全く同じです!その1

    私の母も弟を溺愛しています。病的です。小さい頃から食事の内容まで差別されていました。母も弟も自分たちだけのわけのわからないルールの中で生きていて,私たち家族(父と姉がいます)とは向き合おうともせずに文句ばかり言ってます。ある先生に言われたのが「母親は体の関係のない夫婦みたいな状態に弟をさせているので、弟と母親を離さない限り二人とも救いようがない」と言われています。

    「続子どもへのまなざし」(佐々木正美著)という本の中で、不健康な家庭で最悪のケースが『母親が男の子を自分の世界に取り込んで、夫に対応しようとする場合』とあります。『母親に一番のイニシアティブがあって、しかも、その手下に男の子がなってしまった場合、男の子の社会的不適応が最も大きくなり、それらの家族のじつに66%に重症な神経症患者がいた』と続きます。ここでいう不健康な家族というのは、子どもがうまく育たない家庭ということです。

    母は文字通り「神経症患者」です。多くの親戚に病院に通院させた方が良いと言われるほど、ヒステリーが激しいのです。しかも人を恨み、憎み、、、、そんなドロドロした感情に支配されています。
    (続きます)

    ユーザーID:

  • その2です。

    私と父と姉は、今、その状態を断ち切ろうと真剣に悩んでいるのですが、それが上記のしづかさんと同じような結論です。母を実家に帰すか、私たちが縁を切るか。父はもちろん母と弟と同居していますが、私たちが父と暮らしてもいいと考えています。

    これまで何度も話し合いを重ねましたが、弟も母親も私たちの言うことには「逆ギレ」か「無視」で、同居している父を孤立させている状態で、もう許せないのです。何度も何度も許してきましたが、弟が実家を出るつもりもなく、私や姉が実家に行こうものなら母は冷たい態度です。弟はアルバイトで32歳にもなって自立もできていません。

    こんなわけで縁をきるというのは一生涯とは考えていませんが、私たちの話をきちんと聞ける時がくるまで縁をきろうと思います。どうせ自立もできずに他人との人間関係も満足に築けない二人なので、必ず困って連絡をしてくる時があるだろうと。その時まで放っておこうという結論になりそうです。
    あまり参考にならなくてごめんなさい。でも、お互いに頑張りましょうね!

    ユーザーID:

  • 義理で合うことないのでは

    義理で合うことを辞めればいいのでは。

    どうしても顔がみたいと言われたときだけ
    外でお茶する程度くらいで、距離をおいたらよいのではないでしょうか?

    夫婦の問題に干渉される必要もないし、
    わざわざ会いに行って、不快な思いをするのなら合わなきゃいいのでは?

    下手に、気を使ってると、
    老後、弟(結婚等して)がアテにならないと分かったとたん、手のひら返して、あなたの家に転がり込んでくるとも限りませんよ。

    ユーザーID:

  • 家族・友人・人間関係ランキング

    一覧
  • トピ主です。涙がこぼれました。

    トピ主の”悩み中”です。今、”しづか”さんのコメントを頂戴し、拝読させていただきました。しづかさん、ありがとうございます。何度も何度も読み返しました。
    そして、癒され、安堵の涙がこぼれてきました。幼いころから母に殴られ、なじられながら、ずっと”いい子”のフリをし、”平和な家庭”に波風を立たせないよう我慢し、私をあざ笑う母や弟を殺したいほど憎んでも、これまで”絶縁”ということは思ってもとても行動する勇気がなかったのです。でも、考えるためのいいきっかけになりました。揉めるたびに実母は”あんたのため”、”あんたを心配するからこそ”、”子育ての苦労をしらない者に私の気持ちなんかわからない”と言いますので、母の無神経な言動も一種の愛情表現だと自分に言い聞かせてきたのです。先週も”Aちゃん(弟)なんか毎月電話くれて2-3時間も話してくれるよのよ。優しいでしょう?いい子でしょう?それに引き換え、あんたはまるで他人だね。”と嫌味なメールを送ってきました。おまけに”旦那はタネなしなの”といってきました。(40近い独身男が2,3時間も母と電話してるって普通じゃない気もするのですが。)(続きます)

    ユーザーID:

  • トピ主です。涙がこぼれました。(続き)

    私の義父母は、年老いて口数は少ないけれどもそれは優しく穏やかで思いやりのある人です。義父母は辛い戦争時代を経験した方々で、人間的にもとても出来た方々です。私は経済的には恵まれていたものの、親に甘えられず育ったため、親以上にこの義父母に深く愛情を感じ、尊敬し、大切にしたいと思っています。もちろん実母にも毎年母の日や誕生日には私の小遣いで出来る限りの贈り物を欠かしたことはありませんが、そのたびに”Aちゃん(弟)は40万円のロレックスをくれたのよ”、”Aちゃんからは3万円もする洋蘭もらったのよ”など、贈り物を比較するような人です。優しい夫と尊敬する義父母がいる今は、こんな家族はいつでも絶縁したいと思うのですが、心のどこかに道義的、道徳的な”つっかえ”があり、自分が不快にならないために遠ざかろうとするのは、単なるエゴではないかと良心の呵責があり、悶々とする日々であります。肉親ゆえに憎しみも強い分、えにしを葬ることの苛み・苦しみもつきまとっております。

    ユーザーID:

  • 私も似ています。

    私には5歳離れた妹がいますが、環境はトビ主さんとほぼおんなじです。

    二十歳を機に家を出て以来、親とあったのは祖母の葬式のみ。たまに妹と連絡を取ることはありますが、親からの連絡は一切ありません。祖母の死も、気を使って妹が知らせてくれなければ、私は知らぬまま‥でした。

    結婚を考える彼もいますが、自分の家の話をしても彼の家族には信じてもらえず、虐待とゆうのは最近の若い親がするもんだ、わしら世代がそんな事するはずがない!の一点張りで‥その後もこう着状態が続いてて結婚を許してもらえず同棲‥とゆう形で彼が私を守ってくれています。彼が、俺の親にもう無理してもう会わなくていいよ‥と。

    義理でも無理して会わなくても良いと思います。私自身今後会うつもりもないし、彼も無理しなくて良いと言っています。
    周りには理解しがたい状況でも、そばに理解してくれる人がいれば無理することはないと思います。

    ユーザーID:

  • 拘らないようにしたほうが良いと思います。

    私の母も弟を溺愛しています。弟が産まれた時から30年、今でも変わりません。父が単身赴任だったこともあり、私を虐待することでストレスを解消していたようです。
    親戚にもいましたが、男の子が結婚すると母親から離れていきます。そしてその息子が当てにならないと気付いた時、母親は急に考えが変わるようです。やはり娘のほうが良いと。でも実際、虐待を受けた私達からすれば「何を今更」ですよね。だから私は実家とは距離を置いています。弟にも「私はこの家とは関係ないから」と言い切っています。

    ユーザーID:

  • 不幸の原因1

    >不健康な家庭で最悪のケースが『母親が男の子を自分の世界に取り込んで、夫に対応しようとする場合』とあります。

    ゆみさんが投稿したこの話は本当です。親が特定の子供に無意識あるいは意識的に依存したり、特別扱いするのはよくあることです。友人などに「上の子、あるいは下の子はあまりかわいいと思わない」などと打ち明けたりする話もよく聞くことだと思いませんか。

    子供時代ならともかく、自分が親になれば、このようなことは「世間によくあること」として受け入れるしかないのですが、そういった感情を一切「許さない」となれば不和になるしかありません。

    特定の子供に対する精神依存は夫婦仲、嫁姑、親戚関係など他の家族との折り合いが悪いといったよくあるパターンだけではなく、女姉妹で育ったために男の子をどう扱っていいかわからず、女の子供と極端な関係を築いてしまうといったこともあるようです。

    ユーザーID:

  • 不幸の原因2

    私は40代で「弟」の立場になるのですが、両親は夫婦仲が悪く---母は父を嫌っていたのですが、普段は私を味方につけることで精神的不安から逃れようとしていました。しかし、父の機嫌が悪く自分が危ないと思うと、私を悪者に仕立てて、自分がその影に隠れるということを繰り返していました。

    私からすれば「被害者は私」なのですが、姉は「愛情を弟に奪われた」、「父の方になついていた、考えが似ていたので母から愛されていない」、「成績で劣っていたので傷つけられた」という子供の頃の感覚に今も支配されているようです。未だに過去の感情から自由になれないため、何かと私を敵視するのですが困ったものです。

    姉は子育て経験もあり、他の家庭の話を聞く機会も多いはずなのに、自分たちの育った環境を客観的に見られないようで、両親の夫婦仲の問題、父親、母親の内面・外面の問題はまったく理解しないようです。

    そのために母親は自分の心を理解せず、何事もきちんとできない姉を信頼しないのです。そして、その雰囲気を察知する姉はまた、母親と私に苛立つということを繰り返しているのです。

    ユーザーID:

  • 不幸の原因3

    悩み中さんの中には「一身に受けていた愛情を弟に奪われた」「私は厳しくされた、被害者だ」という心があるかも知れません。そのような強い思い込み、感情が言動に表れ、それを本能的に察知する母親と弟が一層反発している可能性もあります。また、客観的現実にそう問題がなくても、過去のいきさつから何もかもが問題に見えてしまうということもあるかも知れません。

    また、悩み中さんそのような思いがまったくなくても、母親が何らかの強い思い込みに支配され、言動を頑なにしている可能性も考えた方がいいでしょう。一人ひとりの人間には「思考の働き」があり、それは場合によっては本人がまったく意識できない奥深い感情から生まれてきます。

    過去から現在に至るいきさつを作り出した本当の原因は一人ひとりの心の中にあるはずです。それを理解し、解きほぐさなければいつまで経っても同じことの繰り返しかも知れません。

    ユーザーID:

  • トピ主です。ありがとうございます。

    しづかさん、ゆみさん、さやかさん、本当にありがとうございます。どうしても良心の呵責があって、親を突き放すことができず、求められるままに会いにいっては毎度痛い目にあってきましたが、皆さんのおかげでようやく距離を置く決心がつきました。
    私は、母と弟は擬似恋愛に近いものがあると思っていました!しかし母は、私ばかりでなく弟も不幸にしていると思います。弟が30のときに私の友達(33歳)を紹介したら、弟はいたく彼女を気に入ってつきあいたいと言ったのですが、母が激怒して、”そんな年増の女、どうせ金目当てだろう、そんなババア絶対許さない!”と無理やり縁談を壊してしまいました。かくして弟のたった一度の淡い恋も破られ、弟は彼女なし暦40年になろうとしています。そしてホリエモンのように、”女は金についてくる。結婚なんてその気があればいつでもできる”と豪語しています。独身女性の皆さん、月収1000万円の40近い独身男いかがですか?セレブ生活と引き換えに、将来舅姑の世話ももれなくついてきますが。(実の娘も愛せない母が、嫁とうまくいくはずが・・・)私ならそんな縁談死んでも嫌ですね。。。

    ユーザーID:

  • 絶縁していますよ

    お辛かったですね。
    もう、優しいご主人、義両親のことを大切にする生活を考えて良いのではないですか。

    今まで辛抱してきたのですから。
    お母様には自分がどんなに辛かったか電話ででもお話して
    絶縁宣言しても良いかと。勇気のいることだし、お母様や弟さんに非難されるでしょうが、気にしない。
    ひどい娘、恩知らず、親不孝者と言われても、そういう状況にしたのは相手側にあるわけですから、一切、気にしない。

    ご主人や義両親に恵まれたのですから良かったですね。
    わたしも母親には恵まれなかったけれど、夫や夫の家族には恵まれました。
    人生、トントン。
    これからはご主人との生活と自分の心を大切にしてくださいね。

    ユーザーID:

  • 自分を守ろう

    30歳既婚です。
    私の実母も息子(兄)を特別扱いしてきました。母は夫(父)も娘(私)も軽蔑してきましたが、兄の扱いだけは丁寧でした。でも、兄は母の性格を見抜き、程よい距離を保ってきただけなのです。だから母にとって兄は、余計な事を言わない心地よい存在だったのでしょう。しかし、母は兄の結婚で豹変しました。結婚に大反対、兄嫁が大嫌い、そして兄の事も大嫌いになり、父とも別居に至りました。私は結婚して家を出ている娘なので、延々、電話で愚痴、毒を吐かれました。結局は、私にも、父と兄と絶縁しろということなのです。私は、母と連絡を取らない事を決意しました。

    問題は解決していませんが、母の事は考えても解決しないのだから、離れて、考えない道を選ぶしかないと思いました。実母だから、何度割り切ろうとしても無理な部分もあります。でも、自分を守るのは自分しかいないな、と思います。

    トピ主さんも、きっと打開策を模索していらっしゃると思いますが、身内だから絶対に解決しなければと思ったりして、つぶれないで下さい。離れたり、あきらめることでしか解決できないことってあると思います。

    ユーザーID:

  • トピ主です。続きです

    Taroさんありがとうございます。確かにおっしゃるとおりです。

    母の私への虐待の原因は弟が生まれた後、父が仕事や趣味に多忙で全く家庭を顧みなかったために子育てノイローゼになったことからはじまったようです。

    母はいつも遅く帰宅する父をなじり、姑や父の親戚の悪口まで子供に吹聴していました。母は憎い父の代わりに私を殴り、いじめることで気を晴らしていたのかもしれません。

    弟は私が母に虐められるのをにやにやと眺め、彼自身も母のまねをして私を蹴り、物を盗み、乱暴の限りを尽くしたので彼にも激しいマイナス感情を持っています。これらのトラウマを消すためには、彼らと会わないことしかない、とようやく自覚しました。

    世間から見れば親不孝としかとられませんが、私の中の拘りが取れない限り関係は修復できないと思います。しばらく距離を置いて相手の反応を見たいと思います。

    ユーザーID:

  • わたしは母親を理解しました

    TAROさんのご指摘通り、わたしは母親と兄を冷静に分析し、体力的・経済的に優位に立った時点で、再び、親と会う頻度を増やしました。

    母親は夫を嫌悪している。
    1 夫は都会出身、自分は田舎者。潜在的にコンプレックスがあるが、絶対認めたくない。
    2 夫は私大出身なので、東大卒の夫を持つ奥さんたちに大きな顔をできないのがくやしい。
    3 自分よりずっと成績が悪かった同級生のご主人の方が、夫より出世している。
    4 男にちやほやされるのが大好き。
    5 とにかく男が好きだが、自分は家柄がいいので、それを口には出せない。


    トピ主さんの弟さんのように、兄も、幼児のわたしが庭石を抱かされても、小学生のわたしが剃刀を持って追いかけられ切りつけられても、誘拐されて死んでしまえと画策されたときも、母に加勢しながら、にやにやして喜んでいました。

    でもTAROさん、兄は母の精神的奴隷なので、哀れには思っても怨んではいません。

    今は老いてもなお健康な母を、医者が男性で東大出身であることを確認してから病院へ連れてゆき、至福のときを味あわせてあげています。母は、「わたしって、東大の男の方と合うわー」とメロメロです。

    ユーザーID:

  • 癒しの時が必要

    再投稿です。私の投稿は悩み中さんの投稿を読む前のものでした。

    状況は深刻でしばらくは癒しの時が必要のようですね。
    私はうつ病、ノイローゼなど子供に深刻な影響を及ぼすケースはかなり多いと思っています。さほど深刻でなければ、自分や周りの子育てをよく知ることで、「結局、両親も自分も(たいていの人間は)完全な子育てなんて出来ないんだ」ということで許せる時が来るかもしれません。

    ただ、かなり深刻な問題を抱えていた人も数十年の時を経て何もかも許せる時が来ることもあるようです。私も40代になり、いろんな経験を経て、両親を責める思いはなくなりました。人間として生まれ生きることの悲しみを知り、勇気を持って可能性を開く方−−−想像もつかない苦しみから立ち上がる方がおられるのを見て、うらやましく思っていたものですが、今、私は地獄の子供時代には考えらなかった心に近づきつつあるようです。

    私が子供の頃「時代」という歌が流行っていました。当時を笑って話せる日なんて絶対ありえないと思いつつ、そんな時を夢見ていました。あんな時代もあったねと振り返る事が出来る日がいつか訪れることを心より祈ります。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます。道がひらけそうです

    トピ主です。皆さま、貴重なアドバイスをいただきまして、ほんとうにありがとうございます。コメントをいただきました皆様に本当に心から感謝いたします。

    皆さんもつらい思いをされながらも、困難を乗り越えてこられ、本当に頭が下がる思いです。私も40になりますのに、いまだに70の老親と確執の関係の真っ最中である人間的未熟さを恥ずかしく思います。今は、過去のトラウマを清算するためにも、親と衝突する機会をできるだけ避けようと思います。それには一定時間、半絶縁状態になって、お互いの心境にどのような変化が現れるか見てみたいと思います。親は今はまだ私に悪態をついて強がるほどまだまだ元気なのだと思います。

    しかし、いずれ”夫に感謝する妻”様のおっしゃるように、自分が優位に立てたと思ったときにあらためて親と向き合ってみたいと思います。介護が必要になったときが本当の地獄を見るときかもしれません。皆様、また進展を報告させていただきます。その節はまたどうぞアドバイスやご教示をよろしくお願いします。

    ユーザーID:

  • 再投稿です。

    2回目です。
    Taroさんのレスが心に響きました。
    私も、母だけでなく、兄への複雑な思いも消化できない時があります。
    憎しみや、許せないという感情は自分でも苦しくなったりします。
    家族とは言え、人間関係って難しいものですね。相性もありますし。でも、その中で多くを学び、時間をかけて消化し、そしていつか乗り越えて行きたいと思いつつ過ごしています。

    家族の問題は実に苦しいものだと最近思います。自分がどう生きればいいのか、かなり深いところまで問われるような感じです。何度も何度も、割り切ろうと決意したり、「こうしよう」と思っても、葛藤が襲います。その上、結局どうしようもなかったりします。身内という因縁を感じずにはいられません。でも、それでも、家族の問題と共に生きていかねばと思う日々です。

    苦しみと共に歩む・・・そしてきっとその中に、いろんな喜びや助けも含まれているのかなって思いたいです。

    ユーザーID:

  • 人間失格を許す必要はない

    とわたしは考えています。

    わたしなら、危ないことをしたときに子供のお尻を叩いても、叩いた自分のほうが辛いくらいです。


    なんらかの事情があって自分をコントロールできずに子供を不平等に育てる、あるいは虐待してしまい、のちに後悔し、子供に自分の真情を吐露した親なら許せます。

    しかし、きっかけは人それぞれにしても、子供を不平等に育てることが快楽となっている親は、子供が大人になっても、虐待を被害を受けた側のせい、あるいは思い込みにします。被害を訴えるほど、バカにします。
    加勢した人間も絶対反省しません。

    生きていると、自分は間違っている?と自問自答すること、反省することの連続ですよね、普通の人間は。

    自分は悪くないという視点にしか立てない人間失格を許すことはできません。

    母は今、東大に受かりそうにない孫(兄の子)を虐めの対象にしています。治りません。
    兄は、母親の言動を正当なものと受け取っています。
    兄嫁が、子供を守っています。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧