高熱に氷風呂?

レス30
(トピ主0
お気に入り1

心や体の悩み

はてな

以前アメリカに留学中に何度か目にしたのですが、
あちらの人は風邪で高熱を出したりすると
バスに氷水をはってその中にしばらく身を沈めるんです。
ブルブル震えながら・・・
高熱を下げる為に、氷水で身体を冷やすのは理に叶っていて当然という感じでした。
日本では、風邪をひいたら暖かくして寝るというのが
一般的ですよね。
そう信じていた私は「そんなことして肺炎にでもなったらどうするの?!」と
ドキドキしていたのですが、
高熱に氷風呂というのは、医学的に見てどうなのでしょうか?
効果があるのなら、何故日本ではあまり知られていないのでしょうか。

ずっと気になっています。
医療関係者の方、是非教えてください。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数30

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 医者ではありませんが・・・

    赤ん坊が高熱を出した時など、脇の下や太の付け根を氷嚢などで、冷やします。

    解熱剤より害が無く、即効性があるとのことでした。

    今では、日本でも、熱が出たら薄着になって体を冷やし、寒気が出たら、暖める・・・
    というのが、一般的にになっているような気がします。

    さすがに、氷風呂は聞いた事がありませんが・・・
    それ、辛そうですね。

    ユーザーID:

  • すみません、医療関係者じゃないですけど

    そういえば、学生時代、医学部の男の子が高熱のときはそうするって言ってました。それで次の日には治るって言ってましたよ。でも屈強な二十歳の男の子なんて何しても大丈夫そうで(笑)。私も本当にそんなことしていいのか聞きたいです!他の方のレス、楽しみにしてます。

    ユーザーID:

  • 聞いたことあります!

    子供が高熱を出して病院に行った時に「熱が上がってる最中は暖かくして、上がりきったら薄着にしていいですよ」って言われたのですが、その際そのタイミングなどを聞いていた時の話の流れで、それと同じ内容の事を教えてもらいました。

    「まぁ、外国では水風呂に入れるってとこもあるけどね。慣れない日本人が急にそんな事をすると体に良くないとか、色々問題はあるけどね〜」と先生は笑っていました。
    食べ物もそうですが、食べなれない物を食べたり、し慣れない事をすると体もびっくりしますよね。

    ユーザーID:

  • 医療関係者ではないですが。

    子供をアメリカで育てています。子供が高熱を出すといつも服を脱がせて身体を冷やす様に心がけています。こちらの大学にいた時学んだのですが,高熱がある時に日本の様に身体を温めると結局熱に拍車をかける形になり、結果もっとひどい高熱になり脳に影響がおよび、脳障害を起こしてしまうとまなびました。だから何が何でもまず熱を下げるというのがこちらの考えです。日本でも医者関係では知られていることの様にも思えますが,昔からの考え方で国民の習慣を変えるのには時間がかかってるのかもしれませんね。 

    ユーザーID:

  • 熱は冷まさない

    先日テレビで風邪をひいた時の熱について放送していましたが、発熱しているときは無理に冷まさないで寝ていたほうがいいんだそうです。

    熱が出るのは、風邪のウイルス(かなにか)を体の中で壊そうと戦っているので、薬などで熱を下げるとウイルスを殺す抗体(かなにか)が効かなくなってしまうんだそうです。
    なので、熱があるときにはおとなしく寝ましょうといっていました。汗をかくので着替えはこまめに。

    ロシア人の友人はやはり冷たいお風呂で冷やすといってましたが、水道数では充分冷たくないとぶつぶつ言っていました。

    コスタリカ人の友人は熱いお風呂に入って汗を出して寝るといっていました。

    ユーザーID:

  • 心や体の悩みランキング

    一覧
  • 待って待って〜!

    氷風呂じゃないですよ! (そうしてる人がいるのかわかりませんが。)熱があるときに熱より少し低い温度のぬるま湯につかります。体温を下げるためです。少なくともうちの子の小児科にはそう言われました。冷たい水に浸かるのは良くないそうです。

    日本でも高熱になると氷枕(氷水を入れた枕)を使いますよね。それと同じ原理で、冷やすことで熱をとるわけです。日本式お風呂に入っていけないのもそのためです。熱いお湯に使ったら体温が一層上昇してしまうから危ないんですよね。アメリカ式の体温の下げ方は体を必要以上に冷やすのが目的ではありません、念のため。

    ユーザーID:

  • 思わず書いてしまいました。

    オーストラリアに住んでいた時、子供が高熱を出し医者に連れて行くと氷風呂とまではいきませんでしたが『水のシャワーに入れさせてください。体を冷やすように。』といわれました。近くに住む友人に聞いてみるとやっぱりそれが常識みたいでして、半信半疑でしたがシャワーにいれるとやっぱり体が熱いので子供は気持ちよかったみたいです。

    わたしの母ぐらいの人に言わせたら非常識といわれそうですが熱を下げる時は子供向けのパナドールというシロップと体を涼しくするということを心がけています。

    ユーザーID:

  • 最近医者に聞いたこと

    確かに昔は、発熱をすると水風呂で熱を取ることを医者から勧められ、一般的によく行われていましたが、最近の解釈はどうも違うようです。

    体が発熱をしているということは、体温を上げて、体内の病原菌(?)を殺すという自浄作用なので、この働きを解熱剤・抗生物質などで妨げることは、症状の回復にはなっても、体の免疫・抵抗力と言う点で考えると、良いことではないという話を聞きました。

    但し、熱によるダメージを受けやすい頭部は、しっかりと冷やす必要があるそうです。また異常な高熱が続いた場合は、強制的に熱を取ることは、普通に行われているようです。

    確かに熱が出ても休めない事情もありますが、なるべく体の危険信号を無視しないようにとのことでした。

    ユーザーID:

  • え????

    え〜っと、皆さんが仰ってるように、
    「暑い」と感じるときには、水風呂です。
    氷は入れないでね。

    病気で発熱する場合、
    これからまだ熱が上がっていくときは、「寒い」と感じるようで、
    そのときには、暖かくするのが基本です。
    暖かい飲み物(エッグノック)やチキンスープ、湯たんぽを用意し、
    毛布もかぶせたりします。
    あ、このときはシャワーもお風呂あきらめます。
    ピークに達し、下がり始めるときには「暑い」と感じはじめます。
    このときには、本人の負担になるので厚着はしません。
    正確には、水ではなく体温よりも3〜5度低めのお湯を張ったお風呂に入ったりします。

    余談ですが、子供が発熱した場合、40度を越す熱で薬が効かない場合のみ、
    病院に連れて来いといってもらえました。
    後は大抵、電話で問診の後「薬屋さんでこの薬を」といわれるだけでした。

    ユーザーID:

  • アメリカ在住

    アイスクリームなど冷たい物を食べたとき頭にキーンと来ますよね、それと同じで熱があるときに氷水のような冷たい水に漬けると危ないです。熱さましのお薬を飲んでもなかなか熱が下がらないときは、バスタブに体温程度のお湯を張り、小指太さの水を垂らして徐々に水温を下げます。肩が出ないようにタオルをかけて肩からお湯をかけてあげる。お湯が少し冷たくなってくる頃には体温も下がっています。

    ユーザーID:

  • 解熱の意味

    氷風呂って・・・すごいですね〜!

    ところで、通常、熱は無理に下げる必要はないようです。
    冷やすのは、気持ちがいいから。
    気持ちが良くて楽になるからです。
    解熱剤も、一時的に熱を下げて体をラクにし、
    食事や水分をとれるようにするため。
    発熱が必要な間は、薬が切れればまた熱は上がるでしょ。

    日本でも今は、熱が上がりきったら涼しく過ごさせてあげるのが一般的ですね。

    ユーザーID:

  • 解熱剤の乱用は危険

    はーい!5歳になる息子が1歳半くらいのときだったでしょうか、すごい高熱(確か40度くらい)を出し、アメリカ人のだんなが「よし水風呂に入れよう」と言ったときには「この人は一体ナニを考えてるの?」と心の底から思いましたが、あとでいろいろ調べたらそれは正しい対処法と分かりました。
    特にアスピリン系(だったと思う)の解熱剤を子供に与えると脳炎などにつながる恐れもあるので絶対に与えるなと記憶してます。
    また他の方も言っているように体は熱を出して体内の悪いばい菌を殺そうとしているので、無理に下げると治りを遅くするとか。
    とはいえ、やはり40度以上の高熱と言うのは、それはそれでまた他の問題を多々引き起こす元なので、そこまであがっちゃったら体を冷やしましょうと言うことのようですよ。

    ユーザーID:

  • こちらでもやってます

    オーストラリアに住んでいますが、こちらでも同じです。例えば子供が熱を出すと、日本では温めて寝かせますよね、こちらでは、水風呂にいれたり、スポンジで体をふいたりして、その後は完全に乾かさずに、蒸発させます。つまり、熱を蒸発する水と一緒に吹き飛ばすと言う意味です。それから、どんどん冷やして、肺炎になったとしても肺炎なら治療できるが、熱が上がって、脳に異常をきたしたら、治療はできないと言う考えもあります。ですので、高熱の人はどんどん冷やします。私の元彼が高熱で入院したとき、薬は少ししかくれずに、びちゃびちゃにぬらして、扇風機を当てて、水を蒸発させて、熱を飛ばしていました。日本なら注射をしてでも熱を下げてくれると思うような高熱でした。考え方によっては、理にかなっていると思います。熱があるのに暖めたら、もっと熱がこもって上がる。。と言うのはナルホドと思いました。

    ユーザーID:

  • 基本は・・・

    冷やす時は熱がっている時。
    温めるのは寒がっている時。

    大人の場合38〜38.5℃以上になってから解熱剤を使ってください。
    理由は栗太郎さんが書いていらっしゃいます。
    乳児は基本的に平熱が高めなので、37℃を越えたからといって一概に熱が出ているとは言えません。
    平熱が37.3℃の乳児なんてざらにいますから。
    親御さんは普段からの平熱を知っておく必要がありますね。

    また、お風呂についてはかなりの体力を消耗します。
    その時と場合によって判断する必要があります。

    ユーザーID:

  • ぬるま湯です

    子供の高熱を下げる為にぬるま湯の風呂に入れるという手段がありますが氷水のお風呂は危険ですよ...

    ユーザーID:

  • 大草原の小さな家!

     海外ドラマ、大好きです。大草原の小さな家で、ネリーが熱を出したときに、氷水のお風呂に浸かってて、すっごくびっくりしたのを思い出しました。懐かしい〜

     

    ユーザーID:

  • 映画で観たな〜

    外国の映画で タイトルは忘れました。
    オープニング直前 風邪で熱を出している
    子供を母親が抱きかかえ いきなり
    氷風呂にドボンと落とすところ。
    「な、何すんだこの母親!」って思いました。
    外国じゃ一般的なんですよね。

    ちなみにその子はそれからもっと具合悪くなって
    死んじゃったような?

    誰か映画のタイトル知っている人いるかな?

    ユーザーID:

  • アメリカでは、常識です。

    アメリカ在住です。私もはじめは疑問に感じました。私の聞いたのは、あくまでもぬるま湯で、肺炎の恐れや、心臓に心配などがない場合に限ります。しかし、日本の住宅とアメリカの住宅では、部屋の温度が違います。

    日本では、お風呂から上がると、暖房器具のない部屋は、寒いですが、アメリカは、セントラルヒーティングのおかげで、どの部屋もTシャツで過ごせるほど、暖かいのです。だから、ぬるま湯(ほとんど水でも)のお風呂に入って、熱を下げるのが手っ取り早いし、安全であるということです。

    ほかには、赤ちゃんがすぐに寝てしまい、おっぱいを飲まないというときは、暖かいので寝てしまうらしいです。だから、赤ちゃんをはだかんぼうにして、おむつだけにして、飲ませるそうです。

    日本とはまるで反対だと思っても、その国の常識には、意味があるのです。疑問に感じたときは、疑わず、周りの人に、聞くことです。

    ユーザーID:

  • ぬるま湯です

    赤ちゃんの予防接種後に熱が出た時に、
    看護婦さんから指示があったのは”Lukewarm”のお風呂に入れて下さいとの事でした。

    ユーザーID:

  • 熱について

    >高熱がある時に日本の様に身体を温めると結局熱に拍車をかける形になり、結果もっとひどい高熱になり脳に影響がおよび、脳障害を起こしてしまうとまなびました。

    以前医者から聞いた話では、「単なる風邪などで出た熱ではいくら高熱になろうと脳障害を起こす事はないのでむやみに熱を下げる必要はない。脳障害を起こす可能性のある病気で高熱が出た場合のみ脳障害を心配しなくてはいけない。」との事でした。

    熱は体の中でウイルスなどと戦う為の自然な防御反応で、それを不自然に止めてはいけないという話にとても納得していたのですが。実際体力のないお年寄りはインフルエンザや肺炎にかかっても高熱が出ずに(防御反応が弱まっている)亡くなってしまう場合が多いそうです。

    ユーザーID:

  • 心身をリラックスさせることが目的で

    二人の男の子を北米で育ててきました。二人とも突然の高熱をよく出しました。
    高熱の時っておでこも体も熱くなってるので、親の手でお湯を測って温度を感じない程度のお湯をたっぷり入れた湯船に子供を入れました。
    そういう高熱を出す年齢の頃はまだ体が小さかったので、洋式の湯船で全身を伸ばさせ、仰向けに、頭も湯につけさせ、お湯に全身を浮かせました。
    「お魚になろうね」と言って全身をリラックスさせました。気分はよさそうでした。
    そのあと十分な湯冷ましをたくさん飲ませました。あまり熱がでて水も飲みたがらない時は、看護婦をしている子供の友達の母親に教わって、ゲートレードというスポーツ飲料を与えました。

    ユーザーID:

  • 厳密にいうと 腰湯です

    氷をいれるお風呂は聞いた事がありません。
    アメリカの家の御風呂場は,一般に暖房が行き届いている為他の部屋とそれほど温度差がありません。熱があり,腰湯にはいり,出てくるという作業は日本の御風呂場の状況で想像するよりも,はるかに簡単でスムーズにできます。

    本格的高熱の場合ですが。ぬるいお湯の腰湯につかり,肩からスポンジ等でぬるま湯をゆっくりかけること5分くらいでしょうか。熱も下がりますが,なにはともあれ気分がさっぱりします。子供達の高熱の対処は小児科医の電話の指導でこれでした。大人の場合にも同様効果あり。さっぱり気分がいいんですよ。我が家ではこれで 寒い!とか,もっと気分が悪くなった事はありませんでした。

    ユーザーID:

  • 横ですが…水谷豊のドラマ!

    水谷豊さんと元奥さん(ミッキー・マッケンジーさん)が共演していたドラマで、氷風呂を見ました!

    元奥さんが、風邪の水谷さんを氷風呂に入れ「アメリカではこうやるのよ。」と言っていました。

    ユーザーID:

  • うちも

    熱のケアは薬に頼るのではなく物理的にします。
    薬に頼ると治りが悪いし、一旦下がった後再度熱が上がる時に痙攣を起こしやすいからです。

    首、脇、足の付け根を氷嚢やヒエピタで冷やし、
    それでもカッカしているような時は水風呂です。

    在米の時の主治医からも、現在の日本の主治医からもそう指示されています。
    痙攣を起こしやすく、起こすと重篤な状態になりやすい子なので熱のたびにドキドキしますが、
    薬でさげた後の熱の急激なゆり戻しで起きた痙攣が一番重篤で、それ以来解熱剤は恐ろしくて使えません。

    (ちなみにその時はICUで体中氷嚢で冷やされていました。)

    解熱剤に頼らなくなってから、治りが非常に早くなったと思います。

    ユーザーID:

  • 伊東家のウラ技

    『お風呂から出る直前に、氷を溶けるまでなめて口の中を冷やし続けたことで、“体がまだ温まっていない”という信号が脳に伝わるんだそうです。
    そのため、脳から“もっと血行を良くして体を温めなきゃ”という信号が出て、さらに血行を良くし、お風呂から出た後も血行が良い状態が普通より長く続くので、ポカポカが長く続いてくれたというワケなんです。』

    伊東家で検索すると2/7にありますが、水風呂とちょっと似ているかと思いました。

    ユーザーID:

  • 日本ではだめ

    日本家屋は寒いです。体を冷やした後、どうするのでしょう。アメリカは、部屋が暖かいから、良いでしょうけれど。

    ユーザーID:

  • 判らない事があれば、お近くの病院にどうぞ。

    >高熱に氷風呂というのは、医学的に見てどうなのでしょうか?
    >効果があるのなら、何故日本ではあまり知られていないのでしょうか。
    普通の熱の時、氷風呂ではなく、水ぶろで、さらに、熱の上がる前に、熱い風呂に入ると言う慣習をもつ国は確かにあります。

    結論から言って、医学的には、効果は特に確認されておりません。
    熱がではじめる手前に無理やり熱い風呂に入る事で、熱が急激に上がりますので、これが風邪をはやく直す事に繋がるしているのかも知れません。
    ただ、熱を出して体力を烈しく消耗している中で、さらに、風呂に入れば、さらに体力を消耗しますので、個人的には、やめた方がいいと思います。

    高熱の時、老人や幼児で体力に問題があるなら往診、動かせるなら病院、夜間、危険そうなら救急車を呼ぶ事を検討して下さい。

    ユーザーID:

  • 聞いた話

    西洋医学と東洋医学の違いだと聞いた事があります。

    西洋医学は悪いものを取り除く。
    東洋医学は内から治す。

    この話を聞いた時妙に納得してしまいました。

    ユーザーID:

  • 友人の子供が氷風呂に。。。

    アメリカ在住です。アメリカ人の友人(ご主人はギリシャ人)夫婦がギリシャに住んでいた時、娘さん(当時5歳位)が高熱を出し何をしても下がらない為、医者が氷風呂に娘さんを入れたそうです。ええっ、氷風呂?と私は絶叫しましたよ、どうしても信じられなかったのですが、彼女はとても真面目で真剣でした。

    どの位の時間氷浸しにされたのか忘れましたけれど、翌日にはもう外で遊べる位に回復したそうです。熱は一挙に下がった、と言ってました。私には真似出来そうにないと今は思っていますが、(そんなひどい熱を出したくない)万が一の状態になったらそうするしか仕方なくなるでしょう。

    さて、氷風呂の話を他の友人達に話したら何人かは知っていましたよ、解熱にそういう方法が有るという事を。

    ユーザーID:

  • フランスでは・・・

    いまさらの遅レスですが、フランス出身の主人は子供が熱を出すとぬるめのシャワーを浴びさせると熱が下がりやすくなり、回復も早いといいます。

    子供は日本の保育園に行っているのですが、初めて子供が保育園で熱を出して「迎えに来てください」と連絡があったとき、主人が「これから迎えに行きますがそれまでの間にぬるめのシャワーを浴びさせてもらえますか」と言ったところ「熱を出している子供にシャワーですか?!?!」と大騒ぎになりました。フランスではそうすることによって回復が早くなるとされている、と私が説明してなんとか「非常識な親」のレッテルを貼られずに済んだ次第です^^;

    実際のところ、子供も、また私自身も乳腺炎で40度の熱を出したときもぬるめのシャワーで長引かずに済みました。
    ご参考まで。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧