無くなったスーツケース

レス22
(トピ主0
お気に入り1

旅行・国内外の地域情報

まめ

今月の3日に知人がドイツからロンドン経由で日本に来ました。BAを使いました。

成田に着いたとき彼のスーツケースは成田に到着しませんでしたので調べてもらったところ、ロンドンにあるということで、すぐこちらの(日本の滞在する)住所に送ってほしいと手配いたしました。

12日まで滞在するので間に合うようにと毎日連絡しているのですが 全く埒があきません。

挙句の果てに今度は間違った飛行機に乗せてしまってアフリカに行ってしまい、いつ成田に届くのかわからないと・・・

こんなことってあるのでしょうか?
楽しみにしていた旅行も半減です。
着替えはすべて買う羽目になり、彼が私たちに用意してくれたお土産も届かず、現在14日ですが未だに行方不明です。

私はこれからどうしたら良いのでしょうか?
泣き寝入りはしたくありません。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数22

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 多分、珍しくはない

    腹立たしいですが荷物の行方不明は珍しいことではないようだ。
    最近でもゴルフのあいちゃん?の荷物が別の国に行ってしまって着いた日にはウエアもゴルフクラブも無くて練習に差支えが!結局、翌日に見つかったそうですが。

    トリノオリンピックでも選手の大切なスキー板が飛行機で行方不明になったりの話はいくつも。幸い、何日か後には出てきたようだけど。

    ですので私は飛行機に乗るときは荷物を少なくして出来るだけ客室に持ち込むようにして預けないようにしている。預ける時も、万一、行方不明になった時のことを考え、薬や2、3日分の着替えや必需品は手荷物として持つようにしています。

    荷物紛失でやむを得ず服を買った場合など補償してもらえる場合があるのでレシートなどを残しておくとよいようです。

    旅行社の知人の話によるとあるお得意様ご夫妻の荷物はとうとう出て来なかったが、航空会社がお詫びに同じ海外への往復ビジネスクラスのチケットをくれたので、お得意様は「大した金額の荷物じゃなかったのに、却って得をしたみたい」と喜んでられたのだとか。金持ちっておおらかなのねえ。私なら怒るわ。

    ユーザーID:

  • 心中お察しいたします(経験者です)1/2

    同じような経験をしました。
    香港経由でイタリアに入り、3日間をイタリア、4日間をロンドンで過ごすはずだったのが、
    飛行機の故障で出発が遅れたために香港での乗り継ぎに間に合わず、
    結局ロンドンに一度入り、その後BAでローマに入りました。日本ーロンドはCX利用です。
    今となってははっきりとした荷物の経路はわからないのですが、荷物は香港から遅れてヒースローに届けられ、
    最悪なことにヒースローでバゲッジクレームの故障が発生、どうやら何千もの貨物がヒースローで足止めをくらったようです。
    3日間のローマ滞在中に荷物が届くはずがいつまでたっても届かず、日本のCXに電話するものの担当者不在との理由で話もできず
    着替えの買い物、日本への連絡(時差がありますからね)などで観光なんかは全くといって良いほどできませんでした。
    その後ロンドンへ移った後、やっとローマのホテルに荷物が届いた、とのこと。でもローマ−ロンドンの移送が間に合いそうになく、
    結局荷物を受け取ったのは日本へ到着したときでした。(続きます)

    ユーザーID:

  • 心中お察しいたします(経験者です)2/2

    私の場合は帰国後航空会社に慰謝料を請求しました。
    往復のチケット、ホテルからの電話代、必要なもの(衣服、歯ブラシなどの生活必需品)、またスーツケースにダメージも見られましたのでその保障など(立ったかな?)。
    はっきり言って、全く旅行を楽しめなかったからです。特に、せっかく長期の休暇をとって楽しみにしていた父親が。
    日本のオフィスの営業時間に間に合うよう早く起きて連絡するもたらいまわしにされ、挙句責任者は、帰国後の荷物の引渡しの際にも顔を出しませんでした。

    お友達、お気の毒でした。お気持ちは痛いほどよくわかります。
    残念ながら荷物の遅延はよくあることですが、しっかりと掛かった金額等を請求してください。

    ユーザーID:

  • なくなっていないから心配しないで・・・

    航空会社ならこのようなケースは日常茶飯事だろうと思います。

    航空会社は社内規定により弁償はしますから安心してください。

    ユーザーID:

  • 出たぁー!

    BA ロンドン経由で、スーツケース行方不明! 私もありましたよ。(幸いにも、スーツケースは翌々日に到着しましたが・・・)「ヒースローで不明」はうわさにもよく聞きます。

    買った物のレシートは全て取って置いて、BAに請求しましょう。これ、向うからは何も言ってくれないようです。(出来れば保障したくないので、何も言ってこない人ははそのまま・・・という方針)

    なんにせよ、今回のケースはひどいですよね。

    次回帰国の際の参考にさせて頂きました。(これ読んで、あちらのサービスサイドで改善プランが検討されるといいのですが)

    ひどいスタートになってしまいましたが、それでも、トピ主さんとご友人が、楽しいひと時を過ごされますように!

    ユーザーID:

  • 旅行・国内外の地域情報ランキング

    一覧
  • 航空会社に

    以前米国系航空会社でスーツケースを紛失されました。(米国内で、ですが)

    バゲージクレームで渡された書類に、スーツケースの中身を書き出し、購入価格を記入して、日本で言うところの公証人のサインをもらって航空会社に郵送したところ、1ヶ月ぐらいで詫び状とともに、相応額の小切手が届きました。(当時で2500USドル程度)

    今回、スーツケースが出てこなかった場合、航空会社によっても対応は異なると思いますが、まずはカスタマーセンターのようなところにお尋ねになったらいかがでしょうか?

    ユーザーID:

  • BAは危険

    知人の方、トピ主さん本当にご愁傷様です。

    昨年ヨーロッパへツアーで行った際に添乗員さんから聞いたのですが
    BAのヒースロー経由の国際線乗り継ぎは
    荷物がなくなる確率が他の航空会社、空港より高いそうです。

    実際10年以上前にBAで国際線乗り継ぎでギリシャへ行った時
    同行者のうち一人の荷物が行方不明になりました。
    その時はラッキーにも2日後位に戻ってきましたが
    10日以上帰ってこないとはひどいですね。

    着替え等、本来あるべきものがなくて購入した場合
    必ず領収書を取って料金を請求しましょう!
    また、荷物が戻ってこなくて埒があかないようでしたら
    地元の消費生活相談センターにご相談された方が
    良いと思います。

    不幸な出来事でしたが書き込みありがとうございます。
    以後自分が国際線を利用するときの参考にさせていただきますね。

    ユーザーID:

  • 私もありました。

    新婚旅行でジャマイカに行ったときにスーツケースがなくなりました。
    ニューヨークまでは日本の航空会社、その後N.Y→フロリダ→ジャマイカと乗り継ぎました。
    このときはN.Yで行方不明になってしまったようです。
    1つに荷物を入れ、もう一つはお土産用にほとんどカラの状態だったのですが、そのカラの方がアフリカに行ってしまいました。
    旅行会社のパックツアーだったので現地係員にお願いして2日後に戻ってきました。
    もし荷物の入ったほうだったら大変だったなぁと思いました。
    お国柄によっては重要視しないところもあるようなので、航空会社に毎日でも状況を確認してみたほうが良いようです。

    ユーザーID:

  • ありました

    ロストバゲージって、けっこうよくあるみたいですよ。
    かなり前になりますが、主人がイタリアへ出張した時に
    やられました。
    1週間程の滞在だったんですが、結局スーツケースは見つからず、
    やはり着替え等を買う羽目に。仕事で使うものも入っていたため
    仕事も不便だったそうです。
    結局帰って来たのは帰国後1ヶ月ほど経ってから。
    お詫びにと商品券がたったの3千円ぽっち添えてあった
    だけでした。
    なんのアドバイスにもなってませんが、トピ主さんがんばって
    戦って下さい!

    ユーザーID:

  • 毎日電話しましょう

    その知人の方がご自分で手続きされたと思いますが、荷物が出てこなかった場合、 航空会社のカウンターで詳細を説明します。担当者の名前と電話番号も教えてくれます。

    私の場合、一時帰国の時、エアカナダでモントリオールからトロント経由で成田に着きましたが、スーツケースをひとつトロントに置き去りにされてしまいました。エアカナダは日本では全日空が代行しているので毎日電話しで状況の説明を求め、どんなに不自由しているか訴えました。3日たっても届かない場合は日用品などの購入分レシートがあれば100ドルまで払い戻されると言われました。1週間後に宅配便で無事とどきましたが、お土産のクッキーやチョコレートなどメチャメチャでした。カナダに戻る際、チェックインのときこちらから何も言わなくても、お詫びの言葉とともに返金を受けました。

    先日、夫がカナダ国内線でやはり荷物がでてきませんでしたが、エアカナダでは苦情はファックスでしか受付ず、もちろん返事もいっさいなし。1週間後には届きましたが荷物が1週間届かなかったことに対する謝罪も補償もありませんでした。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    ありがとうございます。
    皆様の経験談を参考にしっかりと戦っていこうと思っています。

    18日現在の状況です
    ほぼ毎日BAに電話をしています。
    アフリカに行った荷物はロンドンに戻っているようです。
    知人がもうドイツに戻ってしまったので荷物をミュンヘンに送ると言われましたが、また無くなる心配があるため、成田に送ってほしいと伝え(彼の私たちへのお土産などもありますし)、手配をしたと言われました。

    早くて16日に成田に着くと言われ、荷物が成田に着いたらまず連絡をくださいとお願いしたにもかかわらず、未だに連絡も荷物も来ません。

    BAの方からはお詫びとして35ポンドのカードをいただきました。
    日本で購入した衣類などのレシートはちゃんととってあります。きちんと請求します。
    今後はいくら高くても、きちんと信用のできる航空会社を利用しようと硬く決心しました。

    ユーザーID:

  • 多いらしいですね ロンドン

    ロンドンで紛失、私も経験者です。しかも見つかったスーツケースは鍵が壊されていました。かれこれ10年以上前です。
    未だに改善されてないのですね。改善の意識もないのか。怠慢にあきれます。

    ロンドンで乗り換えるなら荷物をスルーにしない方が良かったのでしょうね。後の祭りですが。

    ユーザーID:

  • 欧州系

    多いってききます。
    わたしもアリタリアで3回ロストバゲージにあいました。積み忘れです。
    パリのシャルルドゴール空港では、スタンドバイ(空席待ち)で荷物を預けたら、おそらく空港係員により預け荷物のスーツケースの鍵を破壊されて金目のものが全て盗まれました。当時はフランスワールドカップ直前で、臨時職員が多く雇われた頃だったのでやられたのでしょう。金目のものはCDウォークマンやブランドお土産等で10万円以上でしたが、高額商品や精密機械はどっちにしても預けてはいけないとのことで一切補償もしてもらえませんでした。
    それから6年後にニュースでシャルルドゴール空港の職員窃盗団逮捕の知らせが。
    それよりは数倍マシですよ。

    ユーザーID:

  • 規定があります

    旅行関係の仕事をしています。
    私の経験から言うと、各航空会社でそれぞれ規定があり、例えば12時間以上、24時間以上遅延の場合はいくら、というように金額も出ています。
    ただし、どなたかが書かれているように、問い合わせないとこの数字は出てきません。

    トピ主さんのお友達の例は、かなりの遅延、というか結局全く届かなかったということ(ですよね?)になりますよね。その時の規定がどうなのかはわかりませんが、BAにその規定があるか、具体的にない場合は(考えにくいですが)、状況を細かく文書で説明して、レシートのコピーなども送るようにすることをお勧めします。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    今回私の立てたトピックに沢山のレスをいただきましてありがとうございました。

    20日 19時半に無事我が家にスーツケースが届けられました。
    取っ手が壊れていましたが、これはBAのほうで修理代出していただくことになりました。

    お土産として入っていたものはいくつか無くなっていて衣類が粉まみれになっていました。
    これから洗濯して、何枚かはクリーニング出して、郵便局からドイツに送ることになります。

    クリーニング代と荷物送料は請求しようと思います。

    私も今回のことで色々と勉強になりました。
    皆様のレスも参考にさせていただきました。
    これをもって最終報告とさせていただきます。

    本当にありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 問題は空港職員にあり

    >今後はいくら高くても、きちんと信用のできる航空会社を利用しようと硬く決心しました。

    乗り継ぎでのロストバゲージや荷抜きは、乗り継ぎ空港でやられるので、航空会社よりも空港に問題があります。
    空港運営会社は航空会社とは普通異なりますから。

    ですので、他社を使っても可能性は減らないでしょう。

    重要なのは、貴重品・当日の着替えなどは機内持ち込みにすることです。

    ユーザーID:

  • 追加情報ですが

    ツアーの添乗員さんに聞いた話の追加ですが
    バゲッジロストは国際線-国際線の乗り継ぎで
    起こりやすいようです。(特にBAでヒースローは多いそう)

    知人の方はミュンヘン近郊在住でしたら
    LHの方が断然安全だったと思います。
    前回のツアーでは全ての飛行機をLH利用で
    プラハからミュンヘン経由で成田に戻りましたが
    ツアーメンバー約30人の誰一人バゲッジロストしませんでしたよ。
    チケット代やマイレージの関係もあるでしょうが
    次回からはLHを選んでいただきましょう。

    ユーザーID:

  • 焦らないで。。その1

    荷物まだ見つからないでしょうか。

    BAにはきちんとカバンの色、形、スーツケースベルトの有無、名札の有無、伝えましたでしょうか。

    その際BAから連絡先と事故報告書という用紙はもらいましたでしょうか。
    とにかく航空会社にこまめに連絡する事が必要ですが、海外の空港の航空会社はなかなか電話に出ないので、その時は日本のBAに電話するのもいいかと思います。

    でも日本のBAにクレームをしたところで補償はできません。私は以前航空会社で働いていましたが、やはりよくこのケースが沢山ありました、荷物のタグが取れてしまった不明のカバン、しっかりタグが付いてるのにミスロードしてしまったカバン、間違って他の人が荷物を持っていってしまったり。

    航空会社は事故報告書を発行するとその情報をシステムに入力します。
    どこの航空会社もこのシステムを使うので、全世界の似たようなカバンの情報がポーンと見ることができます。それから一つ一つファイルを開いて探していきます。大変な仕事です。

    ユーザーID:

  • 焦らないで。。その2

    もし荷物が出てこない場合航空会社は規定として荷物一キロ20ドル払うことになっているので、20キロの荷物でしたら400ドルです。ただ、これをこのままきちんと払う航空会社は少ないですね。もし、今回の旅行で海外保険に加入されているのでしたら、事故報告書と共に問い合わせてみてください。保険の内容にもよりますが、補償できるはずです!!

    ユーザーID:

  • ヒースローやシャルルドゴールは多いようです

    横レス気味ですが。
    僕自身は幸いにもロストバゲージの経験はありませんが、今まで一緒のツアーになった方の話によると、この二つの空港でのロスト確率は多いようです。私もAFでのCDGトランジットとVSでのLHRトランジットは一度ずつ経験アリですが、幸いにも2度ともロストはなかったです。
    ツアーの場合、航空会社を選べないものが多いですが、なるべくならコペンハーゲンかフランクフルト、チューリヒ、アムステルダム乗継にした方が良さそうです。
    今夏、欧州に行きますがスイス航空指定コースにしました。

    ユーザーID:3790399818

  • 夏休みも終わりですが

    古いトピでしたが、夏の海外旅行で体験してしまった方も多いかなと思って書きます。
    私の場合は、パリ経由でチューリヒへ飛ぶ際に無くなり、一週間後、ツエルマットのホテルを出発する直前にホテルの玄関に届きました。中身はキリのようなもので突かれた後がありありでした。肌寒い山のリゾートへ行くのに、現地で10万円以上使いました。最初、チューリヒの空港で、英語で荷物の中身リストを1日がかりで作らされ、市内で下着ナドの最低必要な物を買って、領収書をまた空港まで持って行って、やっと200スイスフラン手にしました。チューリヒで3日足留めです。シェンゲン協定があるので、エコノミーなら400ドルまでしか保証しませんし、荷物が無くなると、最後の航空会社が責任を負わされるので、全く無責任な態度をとるので、かなり気が滅入りますね。
    私の場合、ハイキング等の計画も丸つぶれでしたし、日本に戻って請求しましたが、結局、日本円にして8万円ほどのスイスエアーでしか使えない商品券を貰って終わりました。

    ユーザーID:5397749494

  • ヒースロー経由はトラブル多し。

    最近、どこかの記事で読みました。BAはEU域内の航空会社でロスト率がトップだそうです。EUの大陸側と日本との往復はできればヒースローを経由しない会社で飛ぶほうがよいようですね。ただ、他の方も書かれていましたが、ア○タリアも遅れたりいろいろ問題が多いと聞きました。ですのでこれまで欧州と日本の往復はそれぞれウイーン、アムステルダム、ドバイ経由、またはフランクフルトから直行で、日本で乗り換えのパターンを利用しましたが、問題なかったです。唯一、シャルルドゴール空港乗り換えのとき、わかりにくい案内(各ゲートの案内板が大きな柱の後ろにあったり)と建物内の構造のため、次の便に間に合わなくなりそうになりました(有名な建築家がデザインした建物だそうですが、使い勝手は完全に無視されたつくりだなと痛感しました)。EU圏外パスポートの列が長蛇の列で、まともに並んでいたら無理だったでしょう。現地人の妻とどうしようかと話していたら横にいた係員がEUパスポートの列に行くようにしてくれたので間に合いましたが。もうパリ経由はこりごりです。

    ユーザーID:2174268081

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧