• ホーム
  • 話題
  • 敷金返還で貸主と交渉された方おられますか?

敷金返還で貸主と交渉された方おられますか?

レス27
(トピ主0
お気に入り6

生活・身近な話題

みどり

小町のみなさん、はじめまして。
春先に引越しを考えている、みどりと申します。

今まで3〜4回引越しを経験してきましたが、敷金を返還してもらえるなんて思ってなかったので、退去時の立会いもせず、貸主の要求どおりに敷金を全額放棄してきました。
しかし、敷金返還の裁判で借主が勝訴したというニュースを見てから、今住んでいるマンションの敷金を放棄せずに返還してもらえないだろうか、と考えるようになりました。
もちろん故意に傷つけたものは支払うつもりです。

敷金返還で交渉を粘った方おられますか?
また交渉のポイントなどはありますか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数27

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 2万5千円の清掃料を覗いて

    敷金は全額もどってきましたが・・・・・?

    ちなみに5年くらい住みました。
    長く住むほうが戻ってくるんじゃなかったかな?

    ユーザーID:

  • 小額訴訟をした

    敷金よりプラスオーバーの返金を言われたので、小額訴訟をしましたよ。
    たった1年半しか住んでなく、煙草も吸わず、とてもきれいに部屋を使っていたので納得いかなかったから。
    結果、あっさり最初の敷金より3万ほど清掃代を引かれた額が返金されました。
    小額訴訟にいたるまでは、何度も電話、直接会ったりしたけど聞き入れてもらえなかったから最後の手段です。
    私は建築関係の仕事をしていたので、大家の請求書で不当な請求などすぐわかるので幸いでした。

    小額訴訟代は、6000円くらいだったかな。

    あと入居時には、必ず日付入りの写真を部屋中とっておくことをお勧めします。原状回復でもめたときに役に立つ場合があります。

    ユーザーID:

  • 取り返しました。

     たまたま運が良かっただけかもしれませんが、近所の騒音問題で悩んでいたために引越しました。

     そこは1年しか住んでおらず、子供もいないため、退去時に掃除をしたら入居時よりキレイになってしまいました。それでも掃除代と畳代で9万円と言われ、そういえば東京都の条例だかなんだかで、消耗品とかは払わなくて良かったんだっけ?と思い出し交渉。
     でも口頭では全くダメで、一度内容証明ってのを(テレビの影響で)送って見たかったのもあり、専門の人に少し教えてもらって出してみました。

     すると…なんとあっさり全額返金!
     専門の方も、あっさりいかないと思うけど…と言っていたので驚いていましたが、やってみるもんだなーと思いました。
     ちなみにその次は少額裁判だそうで、それもちょっとやってみたかったんですけどね。
     でも皆が皆うまくいくとは限らないみたいです。
     でも全額放棄は勿体無いです!
     勇気がおありでしたらダメもとでやってみてはいかがでしょうか。

    ユーザーID:

  • ありますよ

    二年しか住まなかった学生の時の1DKのお部屋で交渉しました。
    交渉ってか納得行かなかったので管理会社に電話したのですけどね。
    家賃が7万超えている高めのお部屋で、しかも敷金は3ヶ月分くらいと多くて20万以上の敷金を入れていたのです。

    それなのに敷金の返金がいっさい無しとの事だったので、詳細を求めました。
    すると、1DKで広めのお部屋でバストイレ別なのにも関らず、バスルームのカーテンを変えたとか、部屋の掃除をするのでとか、壁紙を張り替えるのでと言ってきたのです。

    ユニットバスなのでカーテン無いですし、最初に部屋入った時に靴下真っ黒になって何度も雑巾がけしましたし(苦情言いました)、壁紙張り替えるのは貸主側の出費ですし(タバコも吸わないし全く汚れていなかった)で、文句を言ったら、管理会社のえらい人が出てきてぐちぐち言いましたが、絶対に納得出来なかったので、そのまま不動産屋に相談に行ったら、不動産屋が交渉してくれて、必要経費の詳細をもらい、殆ど返金されましたよ。

    ユーザーID:

  • かえってきました

    敷金と礼金のうち「礼金」は最初から返却されないという認識で、「敷金」の方はクリーニング代引かれましたが残額ほとんど返って来ました。こちらから交渉したわけではなくそういうものなのかと思いました。二年住んで室内喫煙してたので期待してなかったから嬉しかったです。

    次に別の物件に二年住んだとき、退去後もともと古いマンションだったのにクリーニング見積書見たら、必要ないと思われる項目が多く、ゴネてみたら少し安くなりました。

    不動産・敷金返却トラブルとかで検索するといろいろなサイトがあります。

    ユーザーID:

  • 生活・身近な話題ランキング

    一覧
  • 何だかんだ理由をつけられて

    敷金が返ってくるというのは、不動産屋から言われるのですが、家主が待ったをかければ、戻ってきません。

    立会いというのは、借主が入らず、不動産屋と大家さんだけで、行ったと思います。
    東京などは、もう敷金は礼金と同じで返ってこないもののようですが、一応返ると言いながら、大家さんが汚いじゃないか、と文句を一言でも入れれば、お掃除業者の費用に当てますからということで、取られてしまいます。

    鬼大家というのもいて、一釘三千円取られるところもあるようです。
    私の家も引越す時に、大家の奥さんにさんざん、汚すぎる(毎日ふき掃除していたのに)と不動産屋が仲裁に入るほど言われ、お掃除隊の費用に・・と取られてしまいました。嫌なものですが、大家とはそういうものです。

    できるだけ、事前に掃除はしておいて、臨むしかありませんが、何か言われたら、元からなっていたとか、私のせいではありません、というしかないと思います。借りている立場というのは弱いんだということを思い知らされますよ。それから、不動産屋も言っていましたが、「そのために、毎月、たくさんお家賃をお支払いしてきましたのに」と、嫌味たっぷりに言ってやることです。

    ユーザーID:

  • 全額返してもらいました。

    みどりさん、こんにちわ
    私もちょうど一年前に賃貸住宅を引き払いました。
    4年間住みました。

    まず、情報収集をしました。都内在住ですので、東京都消費生活総合センター主催の「これで安心賃貸住宅の敷金トラブル対処術」というセミナーに出席し、そこで配布された資料「賃貸住宅トラブル防止ガイドライン」(これは東京都が民間賃貸住宅をめぐるトラブル防止のために作成したもの)とセミナーの内容、そして入居時に交わした契約書の内容を照らし合わせ、交渉しました。まず大切なのは「原状回復」にたいしてそれぞれ借主と貸主がカバーしなければならない範囲をはっきりさせることです。

    その上で契約書を熟読すると契約書の内容とそれ以外の特約の内容など矛盾がある契約書が結構あるそうです。私の場合もそれで、不動産屋にそのことを指摘しました。

    ユーザーID:

  • 全額返してもらいました。つづき

    さらに私が退去した部屋は築6年ほどだったようですが、クロスなどは新築したときから張り替えられていなかったこと、掃除などはきちんとしていたので、全額返ってきたようです。また部屋のクリーニング代も原状回復の規定と契約書に盛り込まれた特約の内容の矛盾について指摘することで払わずにすみました。大家と直接のやり取りでなく、真ん中に不動産屋が入っていたのもよかったのかもしれません。まずは情報収集と契約書の熟読をお勧めします。

    ユーザーID:

  • 返金してもらったことないんですか?

    そっちにビックリですね
    今まで3回引っ越しして どこの物件も敷金の半分は返ってきましたよ
    よっぽどひどい不動産屋さんと大家さんなのでしょうね
    もしくは よほどひどい状態だったのかしら?

    トピづれですみません

    ユーザーID:

  • 国土交通省のガイドラインっていうものが

    あります。正式にはもっと長い名称ですが忘れました。
    具体的にこれこれは家主側、これは借りた側と言う風に書いてありますが、実際の家主や不動産業者の対応はまだまちまちのようです。頑張るならば小額訴訟にもっていく方もおられるようです。そこまでやらなくても借り主側の主張の根拠にはなるので、額によっては見ておいて損はないでしょう。少なくとも言われるままに比べれば戻る分が増える可能性が大だと愚考致します。

    「敷金返還」「訴訟」「国土交通省」「ガイドライン」などで検索されればいろいろみつかると思います。ガイドラインそのものは同省の関連団体が販売していて、たしか\1,600-くらいだったような…

    ユーザーID:

  • 返してもらえますよ

    不必要なお金は払う必要はありません。
    家主や管理会社に一言いえばお金は
    戻って来ます。
    トビ主さんがどちらにお住まいか不明ですが、
    東京であれば条例もありますし
    敷金返還で検索すれば色々出てきます
    下記のサイト等参考にしてください。

    http://www.chintaihakase.com/magazine/04_09/jyorei.html

    http://www.shikikin-seisan.com/

    ユーザーID:

  • ハイ、沢山戻りましたよ

    言ったのは、ただこれだけです。
    『合法的にお願いします!』
    大手不動産会社が仲介だったので、これで通じました。

    ゴチャゴチャ言うよりプレッシャーだったようで、
    逆に「いくらなら払って頂けますか?」と聞かれました。

    洗面所のタオル掛けの位置を、使いやすく変えるために残ったビス穴の補修費用くらいでした。

    だから9割くらいは返還されました。自然損耗分は貸主負担ですからね。

    その後の素人大家の場合は、A4用紙3枚ほどに理路整然としたお手紙を書いて送りました。
    すぐに黙りましたよ。一切請求されませんでした。

    ユーザーID:

  • 原状回復トラブルガイドラインに沿って

    敷金は基本的に全額返してもらえる、というのが最近の判例などですね
    退去するにあたって「原状回復する」となっている契約書が多いのですが、その原状回復とは借りる時のきれいな状態に戻すことではなくて、普通に使って普通に汚れたもの以外は直す、ということです
    詳しくは下記のURL参照。また「原状回復 ガイドライン 敷金」などのキーワードで検索すれば、参考になるサイトがたくさん見つかるでしょう
    ポイントは退去する時にちゃんと相手と一緒に立ち会ってどこを直すかチェックすることです
    汚してもいないところを「はい、ここも。あれも。これも」と言われるようなら、「それはうちは費用もちません」とその場で言ったほうがいいです。


    http://www.mlit.go.jp/jutakukentiku/house/torikumi/kaihukugaido.htm

    ユーザーID:

  • 返還交渉はした事が無いんですが

    2回引越経験ありです。
    1回目の時はクリーニングの実費を差し引いて敷金の半額程度が返還されてきました。
    2回目の時は返還どころか、敷金の倍の額がクリーニングにかかったとして敷金の額とほぼ同じ額を追加請求されました(笑)
    <あまりに変だと思ったのでこれは無視しました。
    敷金は帰って来なかったけど追加請求分も払わずにすんだ。

    法律的には「住んでいるなら仕方が無い経年劣化については借主が負担するものではない」らしいのですが、
    昔ながらの大屋さんはそういう法律を知らずに「借主が出て行くときに、預かった敷金でぴかぴかに部屋を綺麗にしちゃえ」というのが常識と思っているらしいですよ。

    トピ主さんが敷金を返還してほしいなら、まずは出て行くときの立会いをすればいいんじゃないでしょうか?
    大体の大屋さんはその後補修にかかった明細をつけて、敷金以内に済めば返金、済まなければ追加請求してくると思います。
    その時に納得できなければ返還請求すればいいと思います。
    立会いしないと「綺麗に使いました」って主張できないし、「ここは直さないと」なんて話になっても対応できずにいわれるがままになるので損ですよ。

    ユーザーID:

  • 交渉しました

    昨年春に8年住んだアパートを退去する際、管理会社からはクリーニング代が敷金分を超えるので敷金と相殺といわれましたが、交渉し減額しました。
    ポイントは次の2点です。
    1.生活による汚れ(家具を置いた跡や壁紙の劣化など)は借り手の責任ではないことが法律で決まっている
    2.退去時にきれいに掃除をしており、ゴミもすべて処分済みである(当たり前のことだと思いましたが、これができない借り手は多いようです)。

    室内の状態で私が負担しなければならないものはない、という前提であくまで穏やかに話をし、その上で8年間この部屋で快適に暮らしたし、管理会社にもよくしていただきましたので、通常のクリーニング費用の半額は負担しますといって、結局、最初の18万円を2万円まで下げました。まともな相手なら話し合いで解決します。裁判はよほどこじれたときではないでしょうか。

    ユーザーID:

  • チェックなしですか?

    退去時に家主が立ち会いをしなかったというのは、
    どういうことでしょう?
    私の場合は立ち会いをして、破損している箇所がないかチェックをしましたよ。
    そのうえで、敷金を使って修繕するか決めるのではないかと思ってましたが・・・。

    ユーザーID:

  • 敷金は

    基本的には返してもらえます。
    契約にもよりますが,家主さんに払う家賃には通常使用の範囲内での修繕費なども含まれています。一度契約書で退去する時にどういう契約内容になっているのか確認してください。
    よくあるのが
    ・クロスの前面張り替えをするので追加徴収
     これは基本的に成り立ちません。壁紙・障子などは使っていなくても日に焼けたりして痛むもの。2〜3年経ってしまえば減価償却していくと1〜2万位の価値しか残らないと考えられるからです。

    一番いいのは入居時に傷ついている床やトイレ・風呂場などど写真を撮っておいて、退去時敷金返金の交渉をするときに自分が傷つけていないこと,普通の生活傷であることを退去時に示すことです。
    ひどい家主さんでなければ大体戻ってくるみたいです。

    ユーザーID:

  • 交渉はしていませんが...

    まずは、貸す側/借りる側の修繕負担について調べてみましょう。
    以外と知らない方も多いのですが(過去の私も)、壁の画びょう跡・タンスや食器棚と壁が触れて壁紙が
    傷ついたor剥がれた、等のケースは全て貸す側が修繕費を負担することになっています。

    私が3年過ごした新築マンションは敷金3ヶ月分、礼金は0でした。
    引っ越しの際に管理会社立ち会いで部屋チェックを行いましたが、軽く部屋を回っただけ
    細かなチェックは何もせず「クリーニング代引いて○○万円返金です」って言われました。
    余計に取られたら言い返すつもりで構えていたのですが(笑)、予想以上に返金されて唖然としました。
    お小遣いもらった気分でしたよ(笑)。

    クリーニング代とは部屋数(ウチは2LDK)で決まってました。後、部屋でたばこを吸うかは最初に
    確認されましたよ。沢山敷金が戻ってくると良いですね。頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • ありがとうございます!トピ主です。1

    みなさん、いろいろな情報をありがとうございました。

    これまでの引越しは、下宿、就職、結婚等、次の引越し先までが電車で2時間以上かかるところばかりだったので、退去後の立会いができず不動産会社にお任せしました。

    その時は本当に勉強不足で、後日じゃないと立会いできないと言われたら「そうか。じゃぁお任せで」。
    本当は敷金以上の金額がかかったが、大家さんの好意で敷金内に収めることができた、と言われると「それはありがたい」と思ってました。

    (続きます)

    ユーザーID:

  • ありがとうございます!トピ主です。2

    立会い後の見積書も郵送してもらいましたが、クロス張替え等いくつも項目があげてあり、相当な金額でしたが、その当時はあまり疑問に思いませんでした。情けないですが・・・。

    現住に移ってからはネット環境も整い、いろいろと自分なりに調べてみたのですが、裁判で違法敷金を取り戻した事例が多く、それまでの交渉方法があまり見つかりませんでした。
    またあるHPで『あまり「ガイドライン」を強調するとかえって不動産会社の気分を損ねて痛い目に合いますよ』という趣旨の文を読んで、しり込みしてしまいました。
    一番有効なのが、実際体験された方の話を聞くことだということで、小町で相談させていただきました。

    みなさんのご意見を参考にして、更なる情報を収集して立会いに挑みたいと思います。
    ちょっと気合いれすぎかしら・・・。

    ユーザーID:

  • 全額返還しかありえない

    結婚前と新婚の2回賃貸で2回とも全額返還です。
    結婚前の2年住んだ2kアパートは立会い後、敷金全額振り込まれていました。これは当たり前だけど良心的な不動産の場合なんでしょう。

    結婚後の2年半住んだ3LDKのマンションでは、礼金のない物件だったのですが、礼金相当の1.5か月分をクリーニング等を理由に引かれると通知がきました。
    入居時・退去時の立会いのメモを元に「原状回復ライン」にそって全額返還が妥当と不動産に話しましたが、「大家が聞かなくて」とのらりくらり。それで小額訴訟を起こしました。
    裁判所からの証明郵便物の受取不可などの抵抗がありましたが、洗濯物がかかっている、車の出入りがある、という写真を撮って裁判所に提出すると、大家の抵抗も無視されてトントン…と手続きがすみ、敷金全額および訴訟代・滞納金もついて約4ヶ月後に振込み返還完了しました。

    通常の使用の範囲であればクリーニング代や畳の表替えも大家の負担すべきものです。敷金から引けないですよ。ペットを飼っていれば一部借主にも責任はありますが。
    みんなが当たり前に敷金返還を要求すれば、ごねる大家や不動産は少数派になるはずです。

    ユーザーID:

  • タバコすわないなら

    基本的にはクリーニング代以外は返ってくると思います。私は一人くらい引越し暦3回ですが、最初の1回はまったくの無知で全額とられました(泣)次からは入居時に、管理会社と傷の部分の確認を行い書類で残しています。タバコを吸う方の場合、壁紙がきばんでしまったりするとかなり費用を多く取られますが、そうでなければフローリングを派手に傷つけたり、壁紙or壁を派手に傷つけていなければ、敷金1か月分は返却されるはずです(関東で最初に敷金2か月分とられた場合)

    ユーザーID:

  • みおさんが

    清掃料を除いて全額返ってきましたと書かれてますが
    その「清掃料を差し引く」ということ自体がおかしい
    のでは?

    だって貸衣装やさんで振袖や留袖を借りたからって
    返却時にクリーニング代を払いますか?

    よっぽどジュースをぶちまけてしまった、とか特殊な
    事情がある場合は勿論別として、貸す側は貸すことで
    お金を取っているのですから、レンタル代にクリーニング
    代は含まれている、と考えるべきで家の貸し借りの
    場合は家賃を払ってきているのにさらに清掃料を取ることは料金の二重取りになるのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 返ってきました

    不動産屋さんに普通に「敷金返ってきますよね。修理費などの差し引き分は領収書を見せてください」と言ったら返ってきましたよ。

    ユーザーID:

  • 参考になりますー

    引越し考えてるので参考になります。
    ところで、いずれにしても礼金は返ってきませんよね。

    関西では、敷金+礼金相当額を「保証金」といい、
    うち、返って来ないお金が「敷引」、
    という仕組みだと思っていたのですが、
    この「敷引」も返してもらえるのでしょうか。
    それとも、敷引=礼金扱いなんでしょうか。

    うちは保証金のうち、8割以上敷引で、
    返してもらえない金額がすごーく高いので、
    関西方面(大阪)の実例もあれば、教えて下さい!

    ユーザーID:

  • 書面で。

    新築のテラスハウスを2年間賃貸していました。

    退去の後、不動産屋から敷金を越える十数万の修繕費の請求がありました。
    内訳はハウスクリーニングと部屋中のクロス張替えというものでした。

    納得がいかなかったので不動産屋に電話すると
    『何が気にくわないんだ!こっちは善意で安く納めているのに』と喧嘩口調で話し合いにならなかったので書面で交渉しました。

    内容は

    1 室内で喫煙していないこと
    2 平日は勤務の為、日中ほとんど家に居なかったこと
    3 こまめに掃除をしていたこと
    4 入居時にあった室内器具の備品など全て揃えておいたこと
    5 退去の際には綺麗に掃除したこと
    6 クーラーと冷蔵庫の裏の汚れは『生活による自然損耗』であること

    書面を出した数日後、ハウスクリーニング代(3万5千円)を除いた敷金が返金されました。

    6については、入居時の契約書にどちらの負担になるか
    明記してあると思いますので読み返してみると良いのでは。

    頑張ってください!

    ユーザーID:

  • 付け焼き刃でもいいですから

    法律を勉強しましょう。判例も。
    某有名マンション業者の物件を、その業者を通じて借りてました。部屋はきれいに使ってました。
    家賃10万・敷金2ヶ月でした。
    いざ退去の時、その有名業者が部屋を調べに来て、敷金没収の上に32万払えと言ってきた時には驚きましたね。
    すぐ書店に行って一夜漬けの「勉強」をし、業者に電話。判例などを引き合いに出しながら交渉したら、わずか15分で「わかりました。敷金は全額お返しします」になりました。
    逆に驚きましたし、いい加減だなあとも思いましたよ。

    人生でもっともコストパフォーマンスのよかった時間でした。15分で52万円ですから(笑)。

    ユーザーID:4136232502

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧