***夫婦の絆***

レス34
(トピ主0
お気に入り1

恋愛・結婚・離婚

てるみん

 夫婦には血のつながりがありません。親子ほど絆は強くない。それでも夫婦として一緒にいられるのは、そこに愛や思いやり・優しさがあるからこそだと思われます。
 結婚してもうすぐ2年です。相手にはただ愛して欲しい。思いやり言葉や行いを掛けて欲しいと、求めている。相手に依存し、甘えているだけなのです。それをわかっていましたが、私は私。私を選んだのは、このままの私を愛してくれたからだと信じていました。定職に着いたこともなく、家事もできませんが、こんな私を認めてくれた人だと思いましたが、昨日もう「てるみん」とはやっていけないと言われました。
 結婚って紙切れ一枚の絆なんだと思い辛いです。結婚して人は変わってしまうんですね。結婚したら家庭に責任があると言っていましたが、私はあなたの負担になっていたのでしょうか。
 夫婦の絆ってなんでしょう?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数34

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 愛がないと助け合いは成り立ちません

    元々夫婦は他人ですからお互いに助け合っていかないと家庭は破滅してしまいます。

    愛がないと助け合いは成り立ちません。

    ユーザーID:

  • 仕方ないかな

    夫婦の絆・・確かに、トピ主さんのおっしゃるとおり、他人だからこそ思いやりや優しさが必要だと思います。ただ、トピ主さんの考えとは、ちょっとニュアンスが違うように感じます。他人だからこそ、結婚してからもお互いを思いやったり優しくしたり愛したり尊敬したり・・努力の積み重ねが必要ではないでしょうか。

    私を理解して一緒になったのだから、と、努力しないのでは夫婦の絆を深めることは出来ないと思います。所詮は他人。結婚前に相手のことがどれくらい理解できていたというのでしょう。結婚が夫婦のゴールではありません。むしろ始まりであるはずです。

    残念ながら、ご主人が愛想をつかしたというのが本当のところだと思います。ご主人が変わったのではなく、結婚し家庭に対して責任を持つ覚悟があったご主人に対して、トピ主さんがあまりに変わらなすぎたのでは・・。

    ユーザーID:

  • お返しもしないと…

    夫婦の絆って、ギブ&テイクでしょう。

    夫が優しいから自分も優しさで返す。夫が養ってくれるから、その分の感謝を言葉と態度で示す。夫に愛して欲しいから、自分も愛情表現をする。まぁ、例えたらキリがありません。

    受身、依存体質で円満な結婚生活を維持するのは、かなり無理があると思います。「結婚して人は変わってしまう」とおっしゃっていますが、トピ主さんこそ、結婚して(いい方向に)変わるべき、または、最低でも変わる努力をすべきだったのです。自分の欠点はよく分かっておられるようなので、やろうと思えばできたでしょう?

    ユーザーID:

  • 夫婦は他人と思え

     トビ主さんも書いておられるように、家族で一番近い他人?は、(血のつながりが無い)配偶者だと思います。
     夫婦間の絆は、相互の思いやりではないでしょうか。
     相互の思いやりが無くなってきた時、家族としてのズレが生じ、信頼が無くなり、裏切られた気持ちが生じ、一番の憎しみの相手と化すのだと思います。
     したがって、夫婦間の永久の愛を保ちたいのであれば、「初心忘れべからず」で伴侶からの愛を求めるばかりでなく、伴侶に対しても変わらない愛を捧げることが必要だと思います。
     また、相互間のズレは大方の家族が感じてきているものであり、時間の流れと共に、微調整が必要でもあると思います。
    (以上35年間夫婦生活を保ってきた経験者の意見です。・・・考え方が少し古いかも知れません。)

    ユーザーID:

  • しっかりして

    「絆」って、この世に存在しないと思うようにしています。夫婦であれ、何であれ。
    自分のしたことが、相手に伝わる。相手のしたことが、自分に伝わる。
    その繰り返しが25年くらい連れ添った時、「絆だなあ」と感じることがあるのかもな、と思います。

    夫婦だから絆があるはずだ、だから自分は守られてしかるべきだ、と考えてしまったのでしょうか?
    今から定職につくのは難しかったとしても、家事はできるのではないでしょうか?
    今はショックで呆然としているのかも知れませんが、もう一度旦那さんとやり直したいのなら、絆という漠然としたもののせいにするんじゃなくて、もっと現実的に「今自分はどうすべきなのか」考えたほうがいいのでは。

    ユーザーID:

  • 恋愛・結婚・離婚ランキング

    一覧
  • え...

    ごめんなさい、お歳がまだお若いのでしょうね。

    >愛や思いやり・優しさがあるからこそだと

    お付き合いだけなら、それだけでもいいでしょう。でも、他人同士、ひとつ屋根の下で新生活を築いていくには、プラス、お互いの努力、向上心、忍耐です。
    多分、ご主人様は大きな忍耐力を発揮してくださっていたのだと思います。私も、家庭にまったく向かない人間で、結婚当初、てるみんさんと同様な気持ちがあったこと否定しません。主人もえらく忍耐力がある人ですし。

    でも、主人の仕事での立場も変わり、子どもも出来...いつまでも、私が甘えてばかりじゃいられないのが、現実であり、そして社会人としての責任なんだと思いました。だから、結婚して、人が変わっていくのはあたりまえなんだと思います。別に思いやりがなくなったわけでも、優しさがなくなったわけでもないんですよ。他所様から見れば、今も主人は私にかなり寛大です。でも、それは私も少なからず、自分を直す努力をしたからだと思います。

    私は私、...いつまでも通用しません。家庭だって、小さな社会。努力をしてこそ、他の人にはできない「甘え」が許されるのが、夫婦の絆だと、実感しています。

    ユーザーID:

  • 絆は二人で創るもの

    私も夫に愛されて、結婚したと思っています。もちろん私も夫を愛して結婚しました。
    結婚って、お互いが思いやりを持って、時には我慢をして二人の生活を創ることだと思います。

    てるみんさん、少し甘えていませんか?
    夫婦になる前ならあなたの考えでイイと思います。でもね、家事が苦手でもがんばってみようよ。アナタを愛してくれている夫のためだもん、美味しいご飯を作って喜ばせてあげようよ。

    だんなさんだって、外で働いていれば疲れてくるんだよ。それなのに家でも、妻に甘えられるだけではしんどいんだと思います。

    そんなにカンタンに夫婦の絆なんてできるわけナイと思うよ。私は結婚18年、数えられないくらいのけんかをして、その何万倍の幸せを感じながら、やっと夫婦の絆ができはじめているような気がします。

    あせらず、ゆったり、夫婦の時間を楽しんでみませんか。

    ユーザーID:

  • 相手をうけいれるということ

    私は結婚2年目です。
    まだ短いですが、絆について私も色々考えます。

    トピ主さんの投稿で気になったのは

    >相手にはただ愛して欲しい。
    >思いやり言葉や行いを掛けて欲しい
    >相手に依存し、甘えているだけなのです。
    >それをわかっていましたが、私は私。

    というところです。この私を受け入れてもらえたのだから、という開き直り?の姿勢が気になりました。

    絆って二人で作るものではないでしょうか。
    相手を愛し、相手に対して思いやりを持ち、支えてあげたいと思う。依存ではなくて自立しながら相手と支えあう。難しいしいつもできてるとは思わないですが、こちらが受身では相手の人は疲れちゃうだろうな、と思いました。

    どちらが強く愛してるか、とか、愛すより愛されたいとかそういうレベルの問題ではないと思います。広い意味で相手を受け入れたい、という強い思いが双方にないと、一方通行です。それでは愛は強く、大きくならないのではないかな、と思います。

    ユーザーID:

  • 知人に似てます

    結婚ではなくて同棲をしていた知人がいましたが、彼女もトピ主さんと同じことを言っていましたよ。
    「私は私なんだから、このままの私を受け入れてくれないと嫌だ。私は彼のために変える気は無い」とね。結果として、相手の方が限界を感じて1年半の同棲に生活に終止符が打たれました。
    結婚にしても恋愛にしても、相手のために自分を変えていこうと思える二人は絆がどんどん深まる傾向にあるようです。もちろん無理して相手に100%あわせる必要は無いと思いますが、相手の理想に近づけるように双方が努力を出来るかがポイントだと思いますよ。与えるだけでも、与えられるだけでも駄目ってことです。

    ユーザーID:

  • 厳しく行きますが・・・

    「・・・して欲しい」などと書き連ねながらも「私は私」とはこれいかに。
    仕事も家事も出来ないとはいいつつ、それをやろうとはしていないご様子。
    そんな状態で「絆がうんぬん」などとは笑止。

    あなたはご主人のどこを尊敬していますか?
    その尊敬するご主人にしてあげたことは何ですか?

    甘えているだけと分かっているなら変わればよろしい。
    分かっててやらないのは分からないよりひどい。
    希望が無いから。
    分かりさえすれば変わる人もいますからね。

    私も既婚ですが、あんな紙切れ、名前以外何を書いたかなんて忘れました。
    役所が火事になれば丸焼けです。
    それよりも、役所が出来る前は皆どうやって絆を保っていたのでしょう?

    絆なんてものは己の中の相手を思いやる心の中にあるのです。
    そしてそれは相手がこちらを思いやってくれているときにより一層輝く。
    愛とはその総体。
    鏡と鏡。
    あなたの鏡にはご主人は映っていましたか?

    ユーザーID:

  • 人は心変わりするもの

    いつまでも同じ形であり続けるものなんてないんです。
    縛ろうとしても、相手は変わる。自分も変化する。
    結婚したからって、フられないとは限らない。

    それだけのことです。

    ユーザーID:

  • 結婚前と結婚後・・・求めるものは違います

    >定職に着いたこともなく、家事もできませんが、こんな私を認めてくれた人だと思いましたが・・・

    それは結婚前だったからでしょう
    結婚して仕事もしてないのに、家事もできないんじゃ、旦那さんもたまったもんじゃないでしょう。

    あなたに不満ばかり感じるようなっていったら、そのうち、外の女性に惹かれていくかもしれませんよ。
    だって働いている女性ってそれなりに化粧もしていい面(外ツラ)しかみてないから。
    世の中、仕事も家事もこなす女性多いですからね。

    もし、あなたが独身一人暮らししてたとして、ヒモ男が家に同棲されたらどうですか?いくら好きだったとしても、生活費いれてくれない、家事もしてくれない。なんで自分が一生懸命働いて、この人の生活費稼がにゃいけないの?って思うんじゃないの?

    思いやりを求める前に、甘ったれたこといってないで、できることは自分から進んでやりなさい!!
    せめて、会社勤めしないなら、家事くらい完璧にこなしなさい!!

    ユーザーID:

  • それでも努力をする気はないわけ?

    >定職に着いたこともなく、家事もできませんが、こんな私を認めてくれた人だと思いました

    そうだったんだろうけど、その後努力をしない人とは思わなかったんじゃない?
    努力をしない人間はどこにいても置いていかれます。

    ユーザーID:

  • うわあ〜。

    「定職に付いた事もない、家事も出来ない、そんな私をあなたはしっかり働いて、私の良いところも悪いところもすべてを受け止めて一生涯、面倒みてよね、、」ってそりゃあ、、もう。
    勘弁してって思うよ、、。
    努力しようよ、ね。
    ご主人が喜ぶように家事を頑張ってみよう。
    ご主人はトピ主さんの保護者じゃないですものね。
    夫婦はお互いに助け合わないとね。
    トピ主さんにとってご主人さまがとても大切なように、
    ご主人さまにとってもトピ主さんの事がかけがえのない人になれるよう頑張ろう。

    ユーザーID:

  • 良妻賢母のすすめ

    「新・良妻賢母のすすめ 愛と幸せを約束する26章」(著者 ヘレン・B.・アンデリン 岡喜代子 訳 出版社 コスモトゥーワン)という本を読んでみてください。
    今のてるみんさんにお役に立てる内容だと思います。
    わたしも人にすすめられて半信半疑で読み始めました。この本の内容を実践したところ、驚くほど夫との関係が良くなりました。
    小町内の別のトピでも紹介されていますので、よろしければご覧ください。

    ユーザーID:

  • 自分が変わろうとしない為の言い訳

    トピを読んで、トピ主さんが自分が変わろうと努力しない為の言い訳を延々と聞かされてるような気がします。

    同じような理由で旦那様に別れを告げられた女性を知っていますよ。彼女は今も変わっていません。離婚後も何人かの男性を付き合っているそうですが、いつも男性の方からフェードアウトされてしまうそうですが、自分が変わろうとする努力をしない為の言い訳ばかりしています。

    ユーザーID:

  • 糸が半分

    遠い遠い昔、まだかわいいOLだった頃。。奥さんのいる人に思いを寄せていた時、相手の人に言われた言葉です。
    夫婦の絆ってもろいものなんだよ、って。。。だからお互いに努力しなきゃいけないって。。
    結局、というか当然振られましたけどねぇ〜
    半分ずつの糸2本で、優しく優しくより合わせていく、そして一本の糸が出来上がる。夫婦ってそんなもの。。。かな?
    半分の糸じゃすぐ切れちゃうでしょ?

    な〜んて、我ながらかっこいいこと言っちゃいましたが、うちの糸は擦り切れて切れそうかも〜

    ユーザーID:

  • 愛の火は燃やし続ける努力が必要。

    夫婦は親子のような血の繋がりがありません。
    だから、もっと強い繋がりを求めて努力するもの。

    恋人の愛はキャンプファイヤに於ける「マッチ」。

    結婚とは、マッチから点火された積上げの太い薪。

    点火された火が太い薪に完全に燃え付くまでは、人は必死に仰ぎつづけるではありませんか?そして勢いよく燃え上がる。明るくて温かくて力強い。そして火が弱まれば更に薪をくべる。

    てるみんさん。「愛されているのよ」と愛のマッチ棒をもって結婚しても、薪に火を燃え付けなければ、それは、唯の直ぐに消えるマッチ棒です。

    他の人が必死に「マッチの火が消えないうちに」と薪を燃え付けて居る時、貴女は手にしたマッチ一本が何の為のものかに気が付かなかったのでしょうね。

    結婚の絆?
    それは努力によって編み上げていく男女二人の人間関係です。

    ユーザーID:

  • 愛情の情

    人を愛することは素敵なこと、人に愛されることは喜びであると思います。
    てるみんさんとご主人のことはこの投稿だけでは私にはよくわかりません。ただ、ご主人の理想とは違っていたのでしょうね。てるみんさんは何一つ不満なく幸せだったのですか?一般的な事を書きます。
    他人と結婚もしくは同棲してひとつ屋根の下に暮らす。これが『好き!大好き!!』から始まる場合は総てが上手くいくように思えると思います。
    しかし時間の経過とともに相手を思いやる以上に自分の理想を相手に押し付けたりしてしまう。こうなると陣取り合戦が始まってお互いに引けなくなってしまうのではないでしょうか?
    人は大人になるに従い、様々な経験をして何が正しいか分からなくなってくると私は思います。
    自分が正しいとか思い込む前に、自分の理想や自己主張が果たしてどれほどの意味を持つか冷静になって考えるべきではないでしょうか?そして出逢った頃の熱い思いと自分の理想とする家庭を見直してみたら進むべき道が見えたりするような気がします。妥協出来る、譲れることがアカの他人と上手く暮らすには必要だと私は思います。

    ユーザーID:

  • 当然?

    てるみんさんの文章からは、彼に愛され認められていたことへの自己満足や、そんな彼が去って行ってしまう寂しさは伝わってきますが、彼に対する愛情は微塵も感じられません。

    努力をしないのも自分を変えられないのも、彼に対する愛情や思いやりがないのだから当たり前です。愛情が一方通行である以上、結婚生活は成立しませんから離婚は当然だと思います。

    ユーザーID:

  • 絆は長年かけてつちかっていくもの(1)

    夫婦の絆ってなんでしょうね。
    血のつながりがない、育った環境が違うもの同士の結婚において、結婚してすぐ絆が生まれるものではないと思いますよ。

    では、家族の絆はどうやって生まれるのでしょう。母親が子を産み、その後何かの理由で別れて生活をした場合、血がつながっているから母と子は絆で結ばれていると思いますか?

    子が成長していくなかで、母親をはじめ家族の一員として共に幸・不幸を分かち合い一緒に人生を歩んで行く、その中で家族に対する思いやりや協力する心を学び、その子が家族から離れ社会に出、自立し、結婚してはじめて家族の絆を実感するのではないでしょうか?

    ユーザーID:

  • 絆は長年かけてつちかっていくもの (2)

    血がつながっていても一方通行で、お互いの努力なしに絆は成り立ちません。「私が・・私のため」とトピ主さんが仰っている間は、絆どころか何も始まりませんよ。

    結婚って形だけを求めるのではなく、お互いが思いやりをもって互いに歩んでいこうという姿勢がなければ、ちょっとした困難にぶつかっただけで崩れてしまうもろいものなのです。

    愛する人の為に何かをしてあげたい・・・という気持ちがあるのなら、上手・下手など関係ないです。まずは、努力してみましょうよ。「絆って何」って自問自答する前に、努力あるのみ・・・10年後、20年後に自ずと答えが見出せますよ。

    ユーザーID:

  • がんばれー

    てるみんさん、逆の立場なら離婚するでしょ!?

    私は私=って、通用するのはこの世で母親だけだと思ってます。無償の愛でどんな子でも愛してくれるでしょう。(一部家庭を除くかも)
    でもだんな様は他人ですから、愛し、愛される努力をしないとー!

    努力しないで、ただ甘えて生きてちゃダメですよ〜。
    結婚した意味ないよー。
    ガンバって、おいしいゴハンを作ったり、家事をこなして下さいね。

    ユーザーID:

  • 今は幸せです

    肉親の間柄では努力しなくても血縁に甘えて絆を築こうという努力を怠ります。それでも絆は消えることはないし。
    でも夫婦は他人なのでそうはいかない。

    大変な努力と妥協と忍耐の末に絆が少しずつ出来上がっていくと思います。

    でも他人だからこそ一度できた絆は大抵のことでは壊れません。

    私はわけあって夫とは3年別居しました。
    子供二人を抱え大変辛い時期を過ごしました。

    でも夫は帰ってきてくれました。義実家のことが原因だったのですが、義実家と縁を切ってくれました。

    帰ってきてからは以前と変らぬどころか、以前より増して深い信頼関係で絆が強くなったように思います。

    紆余曲折しながらも不思議な縁で結ばれたパートナーだから、その縁を大切にしたいと思っています。

    ユーザーID:

  • 私も知りたい

    ウチの夫がそうです。

    「何もしなくても家に居てくれればいい」と言われ続け十年・・・。
    家事など殆どを夫がしてくれます。何もしなくていいとは言え、何かと気は使ってるつもりです。

    トピ主さんのように受身でいればいいのでしょうか?
    これはこれで正直しんどいです。

    ユーザーID:

  • ちょっと・・

    >相手にはただ愛して欲しい。思いやり言葉や行いを掛けて
    >欲しいと、求めている。相手に依存し、甘えているだけな
    >のです。それをわかっていましたが、私は私。私を選んだ
    >のは、このままの私を愛してくれたからだと信じていまし
    >た。定職に着いたこともなく、家事もできませんが、こん>な私を認めてくれた人だと思いましたが

    ・・ちょっと苦しいかもしれません・・

    結婚したら落ち着いて多少は前進すると思っていたのではないでしょうか。共に成長していくのが夫婦です。
    長い年月かまたはいっしょに困難を乗り切って初めて絆と呼べるものができるような。。

    ま、2年でお子さんがいなければお試し期間みたいなものです。これを機会によりすてきな女性をめざして、ご自分を変えてみてはいかがでしょうか。努力を見せつけたらまた気持ちが変わるかもしれませんよ。劇的な変化は感動を呼ぶ・・。

    ユーザーID:

  • そりゃ〜しょうがない。。

    ハッピートピかと思って覗いてみたのですが 違いましたね。
    「夫婦の絆」って 言えることを てもみんさんは していないのと違いますか?
    結婚したらゴールじゃないんですよ。このままでいいわけ 無いんですよ。
    私は夫に対して敬意・感謝・思いやり・忍耐・を忘れずにいます。
    紙切れ1枚で・・・って嘆いているみたいだけれど自分のしてきた事に
    反省する態度は全然なさそうですね。 文面を見る限り・・・。
    >結婚して人は変わってしまうんですね って 旦那様を 批難しているようですが呆れます。
    土下座でもなんでもして 変われるチャンスを下さいと旦那様にお願いしてみてはいかがですか?
    頑張ってくださいね。

    ユーザーID:

  • まず、深呼吸しよう。。。

    貴方の言い分、よく分かりますよ。

    私も結婚前付き合っていた人に貴方と同じような気持ちを相手に抱き、家事もしてくれるなど、似たような関係をしてました。

    私を愛してくれていれば、というか、私の全てを誰かに受け入れて欲しい、と無意識に思っていました。世の中で一人だけでいいから心のよりどころがあるだけで安心できる、それが恋人であれば尚いい、と無意識に求めていたんだと思います。

    皆、トピさんのように寄りかかって生きられたら、楽なんです。でも本当に最後まで楽でしょうか?そして結婚てそれでいいのでしょうか?

    私が寄りかかるだけ寄りかかった結果得たのは、「絆」でも「安心感」、でもなく、自分が自分で立っているようでたっていない自分、自分が好きで深い暗い穴に入っていき、心地悪い、あ、登らなきゃ、と思っても足をしばらく使っていなかったため、筋肉が衰えてどうやったら歩けるか忘れてしまった、そんな感じで「焦り」や「今後の不安」「自己嫌悪」のみで、きちんと歩けない自分に苛立ちとともに二人の関係はドロドロ、最後までいったのは死ぬしかない、そんなことまで思って終わりました。

    ユーザーID:

  • 続き1

    はっきり言って恋人以外仕事でも色々あった時期なのでそこまで思ってしまったのでしょうが、別れて逆によかったのです。自分で筋肉を使わなくてはいけない状況になり、本当にすぐに歩けるようになりました。あんなに一人になるのが恐かったのに一人になったら急に心も気楽に明るくなり。。

    この恋で得たこと。人は誰かにわかってほしい、と寄りかかりたくなるけど、何処までも寄りかかっても、助けてくれるのはこの世で親のみだ,と痛いほど感じました。逆に全て相手に分かってくれと思うのは自分も最後は嫌に不幸になるだけ、ということです。

    だから、結婚は2番目に好きな人とするのがいい、という昔の人、よくいったもんです。それだけ、思いを入れない相手の方が一歩引いて相手を見ているから寄りかからないで済む。

    私はそれから一年後別な人と結婚し、あたり前のように家事をしています。貴方と違うのは私は働いていることですが、男の人の辛さが分かっていいですよ。自分が朝辛くても毎日起きて、嫌でも一生働かなくては、だれも助けてくれない、という男のプレッッシャーは相当なものなんですよ。気持ちわかってあげよう。。

    ユーザーID:

  • 心をゆったりいこう。。(最後)

    自分ひとりでも楽しいのがわかればそれが自信に繋がり、今度は自分を保てるはず、と二度と同じことはしたくなかったので何年かは一人でいる予定でしたが、何ヶ月かで今の主人にあい、今のところ貴方と同じ結婚二年ですが、たまに、助けてもらうことはあってもあたり前、だとはおもっていません。
    基本は50対50。これが崩れるなら、夫婦は上手くいかないのではないかな。自分も辛くなるし。。

    結婚は一人対一人、がするもの。精神的に自立していないならするべきではないし、親ではないから嫌になって当然、そこまでできる人は神様くらいしかいない、と思います。

    貴方と何故相手は結婚しようと思ったのでしょうか?精神的なおんぶに抱っこまでしようとまで思っていなかったはず。貴方もそんな相手なら嫌でしょう。


    誰でも、ふかふかのお布団が前にあったら、ばふん!と体ごと倒れこみ顔をうずめたらどんなに気持ちいいか!という欲求はあると思います。一時的にそうしても、熟睡する前に仮眠ぐらいで起きましょうよ☆熟睡したらその分お布団をきちんと整えてあげ、管理して自分の汗とかをお日さまにさらして吹き飛ばしてあげてください☆

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧