英文のオススメ小説

レス25
(トピ主0
お気に入り2

趣味・教育・教養

チャーリー

みなさま、こんにちは。

社会人になって英語から離れてしまったこともあり、英語作品に最近手を出すようになりました。
亀の歩みでま〜ったりと読み進めます。もちろん片手に電子辞書は欠かせません(笑)。

こんな私ですが、オススメの英書がありましたら教えてください。

ちなみに最近までに読破したのは↓です。
・チャーチーとチョコレート工場
・若草物語
・クリスマス・キャロル

※ハリーポッターは途中で挫折しました。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数25

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 例えば

    ジェイン・オースティン『高慢と偏見』(難しい語はあまり出てこなくて、会話が主なので読みやすい)

    ルイス・キャロル『不思議の国のアリス』(英語自体は高校生レベル。英語特有のだじゃれやナンセンスを楽しめるかどうかが鍵)

    カズオ・イシグロ『日の名残り』(19世紀的な作品のように見えて実は現代的。英語も正統派)

    エレナ・ポーター『パレアナ』(児童文学。読みやすい。)

    などはいかがでしょう。

    ユーザーID:

  • Geisha

    "MEMOIRS OF A GEISHA"

    映画化された”サユリ”の原作ですね。
    英文だけれども日本のことだし、読みやすかったです。

    ユーザーID:

  • 私がはまったのが

    たまたま友達に貸してもらって読んだのですが、英語初心者用に編集してあった事もあり、即読めました。

    「レベッカ」です。

    映画にもなっているので、読んだ後、映画見るのも先に見ちゃうのもいいですよ!

    ユーザーID:

  • いろいろ楽しみたいですね

    私のおススメは、SIDNEY SHELDON の「IF TOMORROW COMES」(明日があるなら)です。
    わくわく・どきどきの連続で、かなり早いペ−スで読めました。
    ジャンルはまったく違いますが、LAURA INGALLS WILDER
    の「FARMER BOY」(農場の少年)も、気に入っています。私事ですが、小説に出てくる、少年アルマンゾの、お母さんの手作り料理の描写は何回も繰り返して読んでしまいます。
    ご存知かもしれませんが、「大草原の小さな家」のロ−ラの夫の幼少期の物語です。

    ユーザーID:

  • レイモンド・カーヴァー

    わかります、お気持ち。私もときおり原文で小説読んでみようかと思っては、ザセツしたりして。

    ザセツの理由は、まあ当然英語力不足によるストレスなんでしょうけども、

    講談社英語文庫から出ている、レイモンド・カーヴァーの小説は、面白くてかつ比較的平易だと思うし、また行き詰ったら村上春樹さんの素敵な日本語訳も簡単に手に入るので、対照してヘルプもらえるので、オススメです。

    なんとか一冊読み終えたら嬉しいですよね。

    ユーザーID:

  • 趣味・教育・教養ランキング

    一覧
  • エミリーへの手紙

    たまたま日本語訳の本「エミリーへの手紙」がほんのりと心温まるストーリーで、原訳でも読みたいと思いました。

    量も程良く、とぎれとぎれに読んでも日本語訳が頭に入っていれば心配ありません。
    若い夫婦とその女の子、舅と彼の世話をするヘルパーさんが主な登場人物です。
    言葉使いも問題なく、若い方にもお勧めできる本と思います。

    原題は LETTERS FOR EMILY 作者はCAMERON WRIGHT です。

    ユーザーID:

  • 赤毛のアンシリーズ

    若草物語を読んだのでしたら、赤毛のアンシリーズなど、いかがですか?
    Anne of Green Gablesから始まる一連のアンシリーズは、気軽にまったり読めるような気がします。
    ハリーポッターは、私も原書で読んでいますが、なかなか手ごわいですね。
    英国では子供向けなのでしょうが・・・。

    ユーザーID:

  • 一話一話が短いのでおすすめ

    ハリーポッターを途中で挫折されたそうで。

    実は内容を見るまでハリーポッターを紹介しようと思っていました。
    英会話の先生(オーストラリア人)からも薦められていましたし
    TOEIC600点前後で読める本ってあまり多くないように思いますし。

    ゆっくりと読みすすめていくとの事ですので
    Lilian Jackson BraunのShort and Tall storyはいかがでしょう?
    これは彼女の代表作The Cat who ...シリーズの関連作なのですが
    The Cat who の主人公のジャーナリストが
    地元の人から聞いた民話をまとめた形を取っています。
    一話一話が短いのですぐ読めますのでお勧めです。

    ユーザーID:

  • ちょっとホラー物ですが

    私の一押しは
    Darren Shan !!
    日本語でも子供向けに翻訳されてます
    ヴァンパイアの話で 読み始めたら読者を退屈させ
    ない素早いストーリー展開です。
    全12巻で、 英語レベルでは チョコレート工場より
    やや難しいといったところでしょうか。
    英語学習者の中でハリーポッターで挫折した人は多いと思います。あれは造語が多すぎて難しいですよね。
    私も 語彙を増やすために小説は英語で読んでます
    がんばりましょう!

    ユーザーID:

  • 和訳のお気に入りの本を英語で

    日本語でも途中で挫折する本ってありますよね。
    だからといって国語の成績が悪いせいだわ、とは思いません。
    ですので挫折は言語にはあまり関係ないですよね。

    私もすごく読みたい本はわからない単語すっ飛ばしでどんどん読んでしまいますが、ハリーポッターは駄目でしたよ。

    よって自分が和訳で読んで好きな本を英語で再読することをお薦めします。

    ユーザーID:

  • Roald Dahl

    「チャーリーとチョコレート工場」の作者の他の本も是非お読みください!ナンセンスでありつつも、温かい作品ばかり。ちょっぴり泣けるものもありました。(これは私が涙もろいせいかも)
    明るい気持ちになるものばっかりで、おすすめです!

    ユーザーID:

  • ホームズさんに一票

    英語の難易度に関わらず、読みたい本を読んだほうがいいですよ。
    「英語の勉強」に重きを置くなら別ですが。

    私の場合、わからない単語が出てきても、ストーリーの大筋に
    あまり関係がなさそうなら、どんどんとばして読み進みます。
    ツボにはまった箇所は後からちゃんと辞書を引いて、
    二度おいしい読書というか、二度手間というか(笑)

    意外に読みやすいのは、ロマンス小説とミステリー物。
    特にベストセラーになっている作品は、誰でも読めるから
    売れているので、難しい単語や文体はあまり出てきません。

    最近読んだ中では、Jeffrey Deaver の "Twisted" という短編集は
    短いセンテンスでぐいぐい展開し、タイトルどおりヒネリのきいた
    オチのつく作品ばかりで面白かったです。

    ユーザーID:

  • 海外ドラマのフルハウスの

     本がいいですよ!アマゾンなどで、500円程度で買えます。特にミシェルが主役の本だと、とても簡単な英語で書かれているのでいいですよ。

    ユーザーID:

  • 風と共に去りぬ

    日本語訳では1巻途中で挫折しましたが、原文でそのおもしろさにはまり、2日で読破してしまいました。

    昔のスラングが出てくるので最初は慣れるまでとまどうかもしれませんが、英語に抵抗がない方であれば問題ないと思います。

    ユーザーID:

  • 翻訳本を利用。

    ホームズさんもおっしゃっているように、翻訳されたお気に入りの本というのは、原文でもとっつきやすいです。
    まず、話そのものが好き。それだけでかなり読みやすいのです。それに日本語での言い回しが頭に入っていますから、「英語だとこういうのか〜」と感心することが多いです。

    多読は大賛成。少々わからないことがあっても、どんどん読むべし! でも、それだけじゃあ、読み慣れははしても、気持ちのニュアンスを英語にすることが難しいのではないかと思うのです。プロの翻訳家さんはさすがです。日本語と英語、読み比べればおもしろいです。
    まったくの予備知識なしに読めるようになる訓練も大事でしょうから、それに平行してこういう方法もちょこっと取り入れてみる、というのはいかがでしょうか。
    というか…、私の場合、わからない英文ばかりだと、読むのがつまらなくなってしまうので、こんなふうにときどき自分を甘やかし、なだめすかしつつ、英語から離れないように工夫しているのです。

    ユーザーID:

  • トピ主です。

    わーい、たくさんのオススメ本♪ みなさま、ありがとうございます。

    >passer-byさま

    英語レベルまで書いていただいてありがとうございます。
    「不思議の国のアリス」と「パレアナ」は翻訳物を読んだことがあるので、とっつきやすそうです。
    「日の名残」は初めて聞きました! 粗筋読んでみます。
    「高慢と偏見」は恩師に読んでみろと言われながら手を伸ばさなかった話です(笑)。これを機にチャレンジしてみようかと思います。

    >naoさま

    「サユリ」に原作あるんですね(←知らなすぎ?/笑)。日本文化に英語で触れるのも面白そうです。

    >どむどむさま

    オススメの「レベッカ」は映画もあるんですね。映画を見てからのほうが英語を拾い易いかな? レンタルで探してみますv

    >ジェイさま

    SIDNEY SHELDON の「IF TOMORROW COMES」は初めて聞きました! 速いペースということは、のめり込める率が高そうですね。
    LAURA INGALLS WILDERの「FARMER BOY」のオススメ描写・料理シーンが気になります(笑)。「大草原〜」を読んでいなくても通じるのでしょうか?

    ユーザーID:

  • トピ主です。2

    >しなもんさま

    そうなんです、挫折とは密接な関係が…(笑)!
    講談社英語文庫ということは、後ろに日本語意訳がついているやつですよね? 話自体も読み易いようですし、探してみます。

    >kupferさま

    程よい量って重要ですよね(笑)。まずは日本語訳で読んで見ようと思います。

    >えいごさま

    「赤毛のアン」は実は日本語でもまだ手を出してない領域なんです。いきなり原作から入ったら人間関係わかりにくいでしょうか? こちらもまずは日本語訳から入ろうかな…。

    >Sarahさま

    ハリポタは前後のつながりが上手くとらえられなかったんです(>_<)。。 
    Lilian Jackson BraunのShort and Tall storyは民話がモトになっているんですね。1話1話完結というのも魅力的ですv

    >飲茶さま

    Darren Shanは名前だけ知ってます。あれってヴァンパイア物なんですね(←そこからかよ!)。チョコレート工場と英語レベルが似ているのなら最後までいけるかな…。

    ユーザーID:

  • トピ主です。3

    >ホームズさま

    温かいお言葉ありがとうございます(涙)。
    「若草」を手に取ったのも幼い頃から好きな話だからなんです。あと好きな本…グリム童話、とか? 英国圏の本ってあまり読んでいないかも…。

    >ろこさま

    Roald Dahlって他の話も面白いんですか? 今回チョコレート工場を読んだのも、映画化されることがきっかけだったんです。映画にされるほど面白そう〜って。あのナンセンスさが出ているのなら楽しそうですね。

    まだまだオススメ本がありましたら、よろしくお願いします

    ユーザーID:

  • ダビンチコード

    これは翻訳も出ていますが、最近のベストセラーの中では
    出色の本です。ストーリーも面白いのですが、英語も大変優れています。これを何とか読み通すことができれば、英語に対する自信がつきます。又、同じ作者の天使と悪魔も
    大変面白い本です。
    更にベストセラー作家の中ではジョン・グリシャムの本が
    面白くかつ読みやすいと思います。
    なお、英辞郎という辞典は英語を読むのに大変便利です。
    普段耳にしない俗語も多数記載されていて、小説を読むの
    に大変役に立ちます。

    ユーザーID:

  • 映画になってるもの

    The Notebook (きみに読む物語)

    ブリジットジョーンズの日記

    私もハリーポッター2巻で挫折しました(笑)。
    ファンタジー物は英語圏の人とは想像のベース?なるものが違うと思うのでキツイと思いました。。

    きみに読む物語は英語がとても易しいです。ストーリーも素直で感動的。
    ブリジットジョーンズは映画を先に観たからか、読みやすかったです。

    ユーザーID:

  • まずは映画を見てから

    映画化される小説ってたくさんありますよね。英文学ならジェーン・オースティン作「高慢と偏見」「いつか晴れた日に(英文タイトル:Sense and Sensibility)」「エマ」、トマス・ハーディ「テス」、エミリー・ブロンテ「嵐が丘」、シャーロット・ブロンテ「ジェイン・エア」、チャールズ・ディケンズ「オリバー・ツィスト」、シェークスピア「ロミオとジュリエット」「から騒ぎ」などなど。英文学がとっつきにくいのであれば、最新映画の小説でもOK。まず、映画を見てから、原作を読んでみると、映画と原作との相違の発見があったり、または「ああ、イメージ通りだなー。あの映画監督はエライ!」とか、「なんで、このシーンをぬかしたんだ。間抜けな映画制作者め!」とか色々思ったりで楽しいです。
    私も色々、見ては読んだなぁ。「ジョイ・ラック・クラブ」「ジュラシック・パーク」「ギルバート・グレイプ」「フライド・グリーン・トマト」「パトリオット・ゲーム」「ブリジッド・ジョーンズの日記」「デビル」などなど。あと、ペーパーバックとともにCDやカセットがついてる場合もありますよね。それを活用するのもいいかと思います。

    ユーザーID:

  • 日本の小説

    日本人作家の小説の英語翻訳版はけっこう読みやすいと思います。

    遠藤周作の“沈黙”Silence、井伏鱒二の“黒い雨”Blackrain、三島由紀夫の“Runnerway horse series”(日本語のタイトルちょっと忘れました)などは、私にはおもしろかったです。

    www.thejapanpage.comは講談社Internationalのサイトで、英文の本を探すことができます。

    ユーザーID:

  • ナルニア

    今、ナルニア英文で読み始めたのですが、びっくりするほど取り付きやすいです。
    私も、赤毛のアン、好きなのですが、アンより読みやすいかもしれません。

    後のほうになると、難しくなるのかもしれませんね。

    ユーザーID:

  • ルイス・サッカー

    私もチャーリー読みました!ロアルド・ダールの他の作品もいいと思いますが、あえて別の作家で。

    ルイス・サッカーの「HOLES」がお勧めです!
    映画化されていますので(シガニーウィーバー出演)先にご覧になってもよいと思います。

    この作品もそうですが、「ジョン・ニューベリー賞」という児童文学作品に与えられる賞(アメリカ)を受賞しているものはどれもお勧めです。また年齢別では対象年齢8歳〜14歳くらいが一番読みやすいと思います。(読まれた作品群が私と似ているので)

    ユーザーID:

  • 私もダレン・シャン

    ハリー・ポッターが三人称で書かれているのとは違い
    こちらは主人公ダレンの一人称です。
    会話も多いので、読みやすいのではと思います。
    特に1巻の最後のほうは泣けますよー。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧