子供は好き。でも未来は怖い。

レス26
(トピ主0
お気に入り0

妊娠・出産・育児

りな

30代前半の専業主婦です。子供はいません。
子供が大好きですが自分の子を育てるのが怖いです。
原因は色々ありますが、一つに母の影響があります。私が幼稚園の頃から母の口癖は「あなたが何かしたら恥ずかしいのはお母さんなんだからね」でした。
私の個性や子供らしさよりも誰からも「しっかりしたいいお子さんね」と褒められる子でなければいけない。が最重要とされてきた気がします。

結婚後に一時精神科に通院したのですが、そのときカウンセリングで私に「甘える」という感情が激しく欠如している。と言われました。
自覚がなかったので主人に聞いたところ確かに甘えないそうなのです。
そこで子供を持つ親の方にお尋ねします。やはり子育ては親に似ますか?虐待は連鎖しやすい。と言うように自分が育った環境はそのまま子供に連鎖するのでしょうか。母が特別悪い親だったとは思いません。だけど母と同じような親にはなりたくないのです。「甘える」を知らない子供には絶対にしたくありません。

だけどもし妊娠して産む前には絶対に同じ親にならないと誓っていても、知らずのうちに同じことをしてしまいそうで怖いです。
ご意見いただけたらうれしいです。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア facebookでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数26

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 焦点をあてない

    精神世界(自分探し)のセミナーにいくと、自分のいやなことに焦点をあてないということを説かれます。
    甘えられなくなった理由や背景がはっきりしているのだから、母親のようになるまいと、心に誓ったり念じたりするのではなく、甘える子にするために何が必要かを想像しましょう。
    子供は天からの授かりもの、その個性を伸ばすために子供を育て、育てることを通じて、自身が氣づき成長するのでしょう。

    ユーザーID:

  • 大丈夫!

    トビ主さんは、お母さんを反面教師としてみているじゃないですか。それに、そんなお母さんの事も認めている。

    私も母にひどいこと言われましたよ。性格、容姿、勉強が出来ない事、兄弟の中で一番出来が悪かったから「自分が悪い」と思い込んでいました。
    大人になり子供を産んで、この子には私と同じ思いをさせない!と強く思い、子供を否定するような言葉は絶対言いませんでした。もちろん反抗する子供にいらいらする事もあるので、その行動や言動に「そんな事するな(言うな)!」と怒る事はありますが。
    私の母もそれほど悪い人だとは思いません。ただお互いの相性が悪かったのかも。
    自分に足りないところはご主人に補ってもらいましょう。二人の子供を育てるのですから・・。

    ユーザーID:

  • 想像ができない

    私も母親から甘やかされずに育ちました。
    教育ママというわけでもなく、いい本やいい音楽、手作りの料理、お菓子は与えられていたけど、肝心の母親は冷たい人でした。
    妹なんか小学校高学年まで「ママが抱っこしてあげるー」なんて言われていたのに。

    よし、私も自分の子供には愛情をたっぷり注ぐぞ!と思うのですが、イマイチ想像できないんですよね。「ママの一番の宝物」と言って育てれば素直な子になるのか?わからない。どうしても私のようにひねくれて気だけは強く寂しい子しか想像できないんですよ。
    どうしたものでしょうね。

    ユーザーID:

  • 私の母は一時期病んでいました。

    転勤が多く、もともと社交的でなかったうえに近所に馴染めなかった母は一時期おかしくなり、奇行がめだちました。
    思春期だった私はまだまだ親の苦労など知るよしもなく「いやな母だ、わたしはこうありたくない」と反面教師にしか思えなかったですね。

    だけど、母のようになるかもとは一度も思ったことはありませんし姉も私も自分の意思でそれぞれの人生を歩み、子供を育てたと思います。
    私達姉妹は暴力の激しい暴君な父親と、世間体ばかりで神経質母の下で育ち子供の頃は大変しんどかったですが、今は親も歳をとり、当時のことを水に流せるようになりました。

    過度な期待を寄せすぎたり、子供の可能性を無理やり押さえつけるような事さえしなければ、その子なりの人生を歩いていきますよ。

    子供の事をもっと信頼し、温かい目で見てあげてください。あなたの心の問題は自分で向き合い、夫婦で治して行きましょうよ。

    ユーザーID:

  • ペットやぬいぐるみとかに対しては?

    親に甘えられないというのはわかりました。

    でもあなた自身がペットや人形、ぬいぐるみなどをかわいと感じた経験はないのでしょうか?小さな物(者)、かわいい物(者)をいとおしむ心があるのと、自分が他人に甘えられないことは別問題だと思うのですが。

    ユーザーID:

  • 妊娠・出産・育児ランキング

    一覧
  • 難しいね

    私もトピ主さんと似てるかも・・・私の場合は、親は仕事で忙しく、世話をしたのは(同居していた)父方の祖母ですが、「良い子」でいないといけない、子どもらしくない、甘えを知らない子だった気がする。
    だからかな、専業主婦で同居はせず子育てしました。
    小学生の2人の子がいます。
    自分がしてほしかった事、甘えを受け止める、自分らしく(躾も忘れないようにはしましたが)・・・
    子どもらしい子どもに育ってます。
    だけど、心のどこかで、きちんとした「良い子」(大人にとって)にしようとしてしまう所があり、バランスが難しいなあって考えてしまいます。
    反面教師だと思って、なるべくそうしないようにするじゃいけませんか?
    親になって子どもに親育てをしてもらってる気もします。

    ユーザーID:

  • 私も同じ事考えていました

    若い頃、拒食症で苦しみ、通院した経験があります。私も甘えるのが下手で、母の重圧も大きな原因の一つでした。子供を持つことは私も不安でした。母娘の屈折した関係は3代連鎖すると、何かの本で読んだこともあります。でもそんな私も今は一児の母。子育ての結果はまだでていませんが、母にされて嫌だったことは決してすまい、されて嬉しかったことは沢山してあげよう、結局は自分次第、と強く心に決めています。毎朝起きたら一番に子供を抱きしめ、好き好き大好き、○○君はママの宝物!と言っています。プレッシャーではなく愛された言葉を沢山受けて、愛を素直に受け止め、与えられる人に育ちますように、と願いをこめて。自分の子育ての意味を確かめている気もします。私は、夫もいるからきっと大丈夫と信じながら子育てしています。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    ご意見ありがとうございました。

    バリトモ様

    >甘える子にするために何が必要かを想像しましょう。

    そんな方法考えたことがなかったです。目からうろこと言う感じです。そうですね、プラス面から考えてみることが必要ですね。


    涙目様

    >私の母もそれほど悪い人だとは思いません。ただお互いの相性が悪かったのかも。

    私もそれを感じます。親子でも相性というものはあると思います。最近になってようやく認められるようになりました。

    30女様

    >どうしても私のようにひねくれて気だけは強く寂しい子しか想像できないんですよ。

    私もそんな感じです。だけど皆さんの意見を伺って方に力が入りすぎていたのかも。と思いました。
    30女さんも私のように楽になってもらえたらうれしいです。

    皆さんありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 大丈夫!

    身体障害者であるが故に、結婚も育児も無理かなと思っていたし、子供はあまり好きでなかった私でも、結婚して二人の子を産み、育てているうちに子供に愛情を持てたし、幸せになれたのです。怒ることもありますが、もし自分が怒られたらイヤだなと思うと、怒れなくなるのですし、愛しくなります。誰だって、親のようになるわけじゃ有りません。要するに環境の問題です。家庭さえ守っていれば、大丈夫です♪

    ユーザーID:

  • 育てるだけではない

    虐待の連鎖は現実にあります。
    が、多くは虐待が原因の人格障害ではないでしょうか。
    現実をきちんと見ているなら恐れることはないと思います。
    大事なのは、「育てる」だけではなく自分も「育つ」ことです。
    子育ての大半は自分自身の勉強でもあります。
    私は子供が嫌いでしたが、それは子供を知らないからでした。
    子供のわがまま、無軌道も知ってしまえば理解できます。
    理解した上で、叱る、大目に見るなどを判断するのです。
    本気で子供と一緒に成長しようと思うなら、是非がんばってください。

    ユーザーID:

  • 「恥ずかしいから」という概念

    日本人には多い気がします。集団行動が大好きで、周りの目を常に気にしている。そのくせ、誰も見ていないと平気で不道徳なことをする。「旅の恥はかきすて」と言いますが、理解できるのは日本人だけだと思います。

    私も母から「恥ずかしいから」と言われて自分の感情を抑えたり、見栄やプライドを重んじるような育ち方をしてしまいました。しかし学生時代の数年を海外で過ごし、価値観が180度変わりました。人の目を気にして何かをするというのではなく、自分の価値観や道徳観が大切であることに気づいたのです。

    人間は、時代と一緒に進化するものだと思います。親からもらった良いところを伸ばし、悪いところを変えていく。だからこそ人は子供を生み、育てるのだと思うのです。それに、あなたには一緒に育ててくれるご主人もいるのでしょう?

    昔テレビを見ていて「自分の理想を子供に押し付けず、じっと観察して、この子はこういう性質があるんだな、こういう性格なんだなと思って受け入れなさい」という言葉を聞きました。どなたがおっしゃったか忘れたのですが、とても印象に残りました。

    ユーザーID:

  • 人に甘えるのが下手な母親で〜す

    私も「甘えること」を知らずに育ちました。実母は私が物心付く前に他界。その後に義母に育てられました。義母が来てから弟が生まれて、当たり前のように母親に甘え、言いたいことが言える弟の姿を見ては何度も羨ましいと思い育ちました。

    ですから私もどう人に甘えていいのかわからず、人に甘えるのは苦手です。よく友達から「もっと甘えればいいのに」って言われてきました。

    そんな私も32歳で始めて母となり、今は二人の子供がいます。自分がして欲しかったことを今は自分の子供に精一杯しています。ぎゅっと抱きしめて、「お母さんはあなたたちが一番大好きだよ」という意思表示を心がけて。

    子供を深く愛する心さえあれば、親からの愛情を感じ安心してまっすぐに育っていくものだと思います。だから自信を持って優しいお母さんになってくださいね。

    ユーザーID:

  • 案ずるより産むが易し

    あなたはいくつと言いたい。
    親の育て方云々を言うのは20歳までの子供が言うことです。
    あなたは結婚もした大人です。
    自分で考え行動もしなければならないのです。
    ちなみに私も2人の子供を働きながら育てました。
    いつも子供に言ったのは一つはあの学校はいい学校かと聞かれたとき必ず
    「勉強は良くできる学校、いいかどうかはわからない。」
    もう1つは「お母さんは恥ずかしくない。恥ずかしいのはあんた」
    おかげで自分で考え行動する大人になりました。
    本当は自分自身で親のせいにする方が楽だからではないのかな。

    たぶん同年齢ぐらいの娘もいろいろ言っていましたが、
    結婚して3年以上子供ができずその後授かってからは、
    こんなに子供ってかわいいと思っていなかった。
    と何度も言ってます。とても手のかかる子供なんですが。

    ユーザーID:

  • わかります

    私もトピ主さんのように「母のことは嫌いじゃないけど、母のようにはなりたくない」と思っている人間です。この矛盾に対していまだに「なぜなんだろう」と悩んでいます。私は独身ですが、長く付き合っている半同棲の彼がいます。私の彼もトピ主さんの旦那さんのように私の事を「甘えない」と言います。私自身、言われるまでは考えもしなかったことですが、確かにそう言われてみると「甘え方がわからない」という感じがしまています。心の中では人の温もりを求めているのに。私も長女なので、子供ながらに「いいお姉さん」を演じていたのかもしれません。でも、人は成長していくものだと、環境などによって変われるものだと信じています。その人の本質は変わらなくても、何かはきっと変わるはずです。旦那さんと赤ちゃんとトピ主さんで、いい環境を作っていけば、トピ主さんご自身も、私と同じような「いい子ちゃん主義」から解放されるはずです。意見か何かわからない内容になってしまいましたが、気を張らずに頑張って下さい。

    ユーザーID:

  • よき親になる情報いっぱいあるから大丈夫

    うちの母も、娘をただただ監視&ダメ出しするのが
    趣味で、かわいそうな人生ですよね。
    まるで、モグラたたきゲームなんですよねー。
    何してもダメなところを見つけ出す天才なんですよー。

    おかげで、姉妹みなが、ひよわなんですよね。
    「なんで、うちの子はみな弱いのかしら」といって
    ますけど。

    わたしは子育て真っ最中で結果はまだ出てませんが
    子供は繊細みたいです。でも快活で元気だけど。

    トピ主さんも、意識の中に自分のお母さんのように
    なるまいと思ってらっしゃるし、今の時代
    コーチングと言って、親業セミナーがあるし
    努力次第だと思います。

    ユーザーID:

  • 深く考え過ぎない事

    トピ様、

    人の性格は10人10色。子供でも同じです。環境からも、その10色はいろいろな色に変わります。それが、子供を産んで育てる楽しみでもあり、悩みでもあり、人生です。

    お母さんの何気ない言葉でも子供は不幸にもその言葉を忘れずに覚えているものです。
    私の経験からも似たような事があります。大人になった娘が、「ママは私が100点取っても当たり前みたいな顔ばかりしていた。」と言った事がありました。私はすっかり忘れていた事でしたが。
    私はその時に娘に本気でごめんなさい、と誤りました。
    つまり、親は一生懸命になっているうちに自分のしている事が見えなくなってしまう事があるのです。

    トピ様の場合も全部それは昔の事です。そういう経験を上手にいかして、自分がされて嫌だったと思う事を回避して子育てすれば良いだけの事です。
    どんな子育てが一番良いかなんて、どんな名医の精神科医にだって分かる筈無いと私は思います。

    一番大切なのは自分が自分を大事に思うような気持ちで子育てする心を持つ事です。子供はトピ様自身を育ててくれますよ。

    ユーザーID:

  • 大丈夫ですよ!

    りなさんの文面から、とても客観性をお持ちの方とお見受けしました。私は今3歳の娘がおり、お腹には4ヶ月目に入る子がおりますが、全然素晴らしい母親とは言えませんよ(苦笑)。
     私は母親からとても甘やかされて育てられましたが、あまりにも甘やかされたので自分が成人して自分を直すのに苦労しました。それで子どもには何でも自分でさせることを重視して子育てしています。たまに厳しすぎるかなぁと思うこともしばしばあります。
     りなさんの様子からすると母親になれば自然に子どもが甘えたいのを十分に察知できるタイプに思えるし、心配しなくても自然に子どもをもうけても大丈夫だと思うのですが。
     ダンナ様はどのような方ですか?家事や育児に参加してくれるタイプだと、さらに安心ですね。

    ユーザーID:

  • 反面教師

    私はもう30年以上母親のぬくもりを知りません。
    子供のときは、母親との接触といえば、たたかれる
    ときでした。私に子供ができたとき、私が虐待
    しないか心配して謝ってきました。厳しすぎたので、
    私も同じく誰に対しても甘えるのが下手ですが、
    だからこそ今では独立してちゃんと生活してるので、
    甘やかされるよりはましだったと思ってます。
    だから、子供にも厳しくしてますが、愛情も存分に
    注いでいます。自分が渇望していた母親のぬくもりを
    子供に味わってほしいからです。一種のセラピーに
    なってるかもしれません。子供を抱きしめるとき、
    子供のときの自分を抱きしめる気分で抱きしめる
    というか。こんなことしていいのかわかりませんが。
    私の場合は、母親が反面教師です。

    ユーザーID:

  • 新米ママです

    私の母は高圧的なタイプで、子供が何かしようとしても自分の考えに反していると、頭ごなしに否定し、やる気を無くさせてしまう人です。私は子供が生まれて、こんな大切な存在に対して、絶対高圧的にはならないぞ、という気持ちが一層強くなりました。
    しかし母なのだから、考えが似ていたり、同じような行動をとっている事もあります。私の母もそうですが、いい所も沢山あり、そのお陰で今の自分がある、と感じる点も沢山あるのです。嫌な部分に関しては、主人に、考え方や行動に違和感があったら言って、とお願いし、直せるよう努力しているところです。(これからも現在進行形ですね。)
    完璧な人間はいないのだから、子供に対して、常に間違いのない行動を取るのって、誰もできないはずですよね。でも心がけがあれば、きっと子供と一緒に自分も成長したり、変われると思います。

    ユーザーID:

  • そう、考え込まないで

    安心して自分の子供を持って下さい。
    それで自分自身も成長します。

    私の母親も、旧家へ養女に来て、家事と二歳上の兄と私達双子を育てた関係からか、真の母親の愛情を知らなかったと今は、思っていますが、デリカシーに欠け、子供心を傷つける人でした。小学生時代に「あんたは音痴だ」と言われ続け、そのトラウマから学校で歌の試験があると、音痴だ・恥ずかしいと思い、歌い終われば、いつも机の上で泣いていた私でした。

    自分の子供を持って、「絶対に自分の母親の様に子供の心を傷つける事はスマイ」と決心し、いつも笑顔で接し・スキンシップも忘れませんでした。近所の方々から「この子は笑顔良しさんね」と言われました。

    そこまで貴女自身を自己分析しているのなら、貴女の子供です、自信を持って下さい。

    ユーザーID:

  • 自分らしくあれば

    私の母も、手作りのお菓子や洋服を作りましたし、わがままも聞いてくれたのですが、どこか冷たい雰囲気もあり「お母さんが恥ずかしいことはしないで」と口うるさく言われておりました。今思うと、親になろうと一生懸命だったのだなあと思います。最悪だったのは、更年期でつらかったであろう頃、面と向かって、あんたなんか生まなきゃ良かった、と言われたこともあります。なので、結婚もしたくなければ、自身の子供も欲しいとも思いませんでした。でも。その母のおかげというか、手回しのおかげで、結婚をしてしまい、子供も授かりました。結婚直前に、かなり大きな子宮筋腫があり、症状がわるいため子供は無理かもしれないという事態になりましたが、旦那になる人が、子供のために結婚するわけではないとはっきり言ってくれたのです。それでふっきれたのかなー、今では、子供には、自分に出来る精一杯で毎日接しています。かわいいです。がんばらなくても大丈夫。いつかは、乗り越えられます。

    ユーザーID:

  • というより

    育児って「・・・ねばならない」「・・・するべき」
    とがんばりすぎないのがいいと思います
    初産の前は誰でも何もわからないし不安なのです
    良い母親に育てられたからといって、その人が良い母親になれるとも限りません
    逆ももちろんそうです
    どうしたらいいか、と悩みすぎないで。
    赤ちゃんが生まれたらいくも「今、この子は何を求めているか」をよく見て、それに答えるようにしていればいいんです
    赤ちゃんはみんな甘えてきますから、それに答えていれば大丈夫。
    頭で考えすぎるのはダメですよ

    ユーザーID:

  • 育てる時代が違う

    お母さんと私たち、30代の世代が育ってきた時代の違いがあります。母たちの世代は、子は背中をみて育つと、あまり、プラス思考で言葉かけをするとか子育て論も今ほど、活発ではなかったと思います。トピ主さんの世代の連鎖の問題は、よくわかります。私もそうです。でも、いくら、うまく、プラス思考で育てたとしても、あのころなかったハイテク機器にかこまれて育つ世代が子供たちでしょう。事件も多いし、学歴主義もこわれて、勝ち負けで、子供を判断する時代に私たちはいます。みんな、不安をかかえているし、今はプラス思考でほめて育った子供が多いが、会社や社会でつらい目にあうと、すぐやめたりする弱い人も増えてきていると専門家はいいます。だから、誰だって不安ですよ。トピ主さんが、授かったら、産めばすてきなことだし、親子の連鎖を考えすぎても、今は、昔とは時代も違う。あまり考えすぎないことです。

    ユーザーID:

  • 先の事はわからない

    自分がどういう母になるかなんて、わからないんですよ、誰にも。自分が母になる前は「親子関係」と言うと自分と親しか思い浮かびませんから、ついそこを基点に考えがちです。
    でも実際産んでみると・・・きっとトピ主さんも驚きますよ。とてもとても、想像も出来なかったような個性の子供が現れるんです。
    そして、今までの生活にはまったくなかった色々な要素が出てきます。たくさんの心配事も出てきます。周囲の環境も変わります。
    「あなたが何かしたら恥ずかしいのはお母さんなんだからね」という言葉に拘束され続けたトピ主さん。お子さんを思いっきり甘えさせてあげたいですよね?
    でも他人から言われたりするんですよ。あなた甘やかせすぎよ、かえって子供がかわいそうよ、なんてね。たいした根拠もないのに、そう言われたりとか、それを聞いて自分も「甘えさせすぎたか?」と悩んだり、そんな事もあるんですよ。想像つきませんよね?
    というわけで、未来を悪く考えすぎるのはやめましょう。過去は過去。未来は未来で、未来の事は自分にはわからないのですから。

    ユーザーID:

  • トピ主です

    みなさん御意見ありがとうございました。
    こんなにたくさんの方からお話が聞けると思わなかったので嬉しいです。
    親の育て方を云々言うのは20歳まで。という意見をいただきましたがまさにその通りだと思い、大人になれない自分が恥ずかしいです。励ましのお言葉も多数いただけて自分の中にも希望が芽生えたのを実感しています。また、私と同じ気持ちをもっていらっしゃる方が他にもいるんだ。と知ることができて孤独から開放された気分でした。ペットにも愛情を注げませんか?と御意見いただきましたが現在ペットを飼っておりその子達は可愛くて仕方ありません。ペットと子供を一緒にしてはいけないと思いますがペットに愛情を注げている自分を改めて発見できました。まだ妊娠もしておりませんが、皆さんの意見を聞いてなんだか勇気がわいてきました。ありがとうございました。

    ユーザーID:

  • 試行錯誤しています

    甘やかしなかったです。恥ずかしくない子供で泣ければダメでした。
    今子供が二人います。最初の子は気づけば母と同じように叱っていました。でも母にして欲しかったこと、抱きしめる、頭をなでる、目をみて笑う、は意識してしています。感情的になりすぎたときは、きちんと謝って抱っこします。
    幼い頃母に「ママー」と抱きついたときに「気持ち悪い」と言われてショックでした。母は「ママ」が気持ち悪かったのでしょうが(普段はお母さんと呼んでいた)、子供心に悲しかったです。
    つまり、自分が悲しかった事は子供にしない。
    下手に甘やかそう!と気負わずにいれば大丈夫ですよ。

    ユーザーID:

あなたも書いてみませんか?

  • 他人への誹謗中傷は禁止しているので安心
  • 不愉快・いかがわしい表現掲載されません
  • 匿名で楽しめるので、特定されません
[詳しいルールを確認する]
レス求!トピ一覧