再婚するにあたり…

レス6
(トピ主0
お気に入り0

恋愛・結婚・離婚

めるも

30代・×1(子供なし)・1人っ子・♀です。
父親は亡くなっており、母1人・子1人です。(母と現在同居中)
再婚してもいいかな?という人が現われましたが、彼の元へいくには、今住んでいる所とは距離があります。
そんな話を母親にすると、
「私を捨てて行くのね…」とか「骨を拾うつもりはあるのか?」とか やっとパートナーを見つけて、再びではありますが独立する決意も出てきたというのに、後ろ髪引かれる発言ばかり言われ、正直弱ってます。
又、事有るごとに、彼の悪口的な発言で、本当に子供の幸せを願ってくれているのかさえ分らなくなってきています。
私の選択は、間違っているのでしょうか?

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数6

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 間違っていません。

    トピ主さんにはトピ主さんの幸せがあります。親元から巣立って幸せになるのは間違ったことではありません。
    私の考えは冷たいのかもしれませんが、子供は親の面倒を見させるために産むものでも育てるものでもないと思っています。今はこういった依存型の親が増えていますよね。
    誰だって老いていきます。その中でもちろん配偶者に先立たれることもあるでしょう。けれど老いも若きも関係なく、誰だって孤独と向き合って生きているのです。自分の寂しさだけで子供の幸せの足を引っ張ってはいけないと思います。
    もちろん家族なのですから離れていても助け合って生きていくのは当たり前のことです。けれど親の勝手で自分が幸せになることに罪悪感を感じることはないのです。
    まずはトピ主さんが幸せにならなければ!胸を張って再婚してください。

    ユーザーID:

  • どうぞ!

    足蹴にして出て行ってください。
    子供とは神様からの授かりもので一時(いっとき)
    だけお預かりしているのですから。
    子供が連絡を寄越さなければあゝ周りの方と
    うまくやってるんだなと安心してます。
    子供の幸せは親の幸せです。
    お母さんは周りの変化に戸惑っているのでしょう。
    大変ですがあなたが大人になって知恵を駆使して
    お母さんの不安を取り除いてはあげてください。
    くれぐれも自分の幸せを第一に考えて
    実家の問題で悩みませんように。
    めるもさん、お幸せに!!!

    ユーザーID:

  • 利害の対立

    子供の幸せは、親の幸せ・・・ではないのです、残念ながら。

    特にトピ主さんは一人っ子、しかもお父様は亡くなっている。
    お母さまは、自分一人で老後を過ごすことに耐えられないのでしょう。
    病気になったら誰が面倒見てくれるの?家で倒れたらどうなるの? と、心配なのでしょう。

    血はつながっていても別の人間である以上、親子の利害が対立することはあります。
    トピ主さんは、お母さまがそばにいて欲しがっていることを知りながら、自分の利益は再婚して彼のもとへ行くことだと分かってますね。
    逆にお母さまにとっては、一人娘がそばにいてくれることが一番の利益です。
    そのためなら、遠くに住む人との再婚なんて、反対しますよ。

    親のために再婚をあきらめることは出来ないでしょうから、再婚後もお母さまに安心してもらえるような、手立てを考えてはいかがですか。
    親のことなど放っておいてもかまわない、という方でもないようですし。

    ユーザーID:

  • 寂しいのよね。

    私は実両親と同居中ですが、離婚を考えています。
    まだそのことを両親には話していませんが、母は多分
    「私の面倒誰がみるのよ」とか「この家の事どーするのよ」
    とか言ってくると思います。
    もちろん想像ですが。

    年を取ると、子供の幸せより、自分の幸せの方が
    大事になってくるのですかね?

    お母さんの面倒は出来る限り見るけど、私ももう一度
    幸せになりたい。幸せになってもいいよね?
    そう言ってみたらどうでしょうか?

    ユーザーID:

  • 私もそうでした

    私も30代で離婚・実家に戻っていました。
    父は19歳のときに亡くなっていて母と二人でした。
    最初の結婚も母を置いて東京へ出たのですが、離婚後大阪へ戻ることを拒んだ私に母はひどい暴言を吐き、根負けして戻った経緯があります。

    再婚相手は東北在住です。
    再び母を置いて出なければならなくなったとき「前は東京・今度は東北、どんどん遠くなっていく。あんたはそんなに私が嫌いか」と大怒りしてましたが、「おかあちゃんが死ぬまで私は結婚できないの?もし一生結婚できなかったら恨むはず。それでもいいの?」と自問自答し、心を決めました。
    結婚するまで嫌なこともたくさん言われましたし、喧嘩もしました。
    でも、再婚して私が楽しそうに生き生き暮らしていることを知るにつれ、夫を認めてくれるようになりました。
    離れていてもできることはあるはずです。
    今は2〜3ヶ月に1度、実家に戻っていますが円満ですよ。
    まずは自分の幸せを考えてがんばってください。

    ユーザーID:

  • 言葉で安心させる

    おかあさん心細いのですね。不安なのですね。ちょっとすねてるのでしょう。甘えてるのでしょう。それだけ頼りにされてたのですね。
    でも、あなたの幸せも大事です。せめて言葉で安心させてあげてください。
    見捨てたりしないから。顔見たくなったらいつでも遊びに来ていいし、私もできるだけ帰るから。
    病気になったら、こっちの病院に入れば面倒みれるし、最後ちゃんと骨拾ってあげるから。それに孫が出来たら連れてくるから。このまま嫁に行かなかったら、孫だってみせられないよ。とひたすらなだめてあげてください。
    遠くに行っても、ちゃんと思ってくれそうだとわかると、あきらめてくれるでしょう。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧