宝石に詳しい方教えてください

レス7
(トピ主0
お気に入り0

美容・ファッション・ダイエット

ジュエル

最近宝石に興味を持ち始めた30代女性のジュエルと申します。
職場が首都圏なので会社帰りにアクセサリー売り場のパンフレットをあれこれ貰い、素敵ねぇなんて言って眺めています。

そこでふと疑問に思ったのですが、最近パヴェタイプの「ピンクダイヤ」「ブルーダイヤ」「ブラックダイヤ」等の色付きダイヤモンドジュエリーを良く見かけるように思います。
しかもそんなに高くない。かなりボリュームがあるものでも10万円以下がほとんどです。
これとは別ですが、結婚指輪の内側に無料でブルーダイヤ付けられます!よか。

私の乏しい知識ではカラーダイヤってお高いのでは??と思ってしまいます。それともくずダイヤだから安いの?無料!?
宝石に詳しい方、私のこの疑問を晴らしてください!
お願いします。

ユーザーID:

これポチに投票しよう!

ランキング
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 0
  • 面白い
  • びっくり
  • 涙ぽろり
  • エール

このトピをシェアする

Twitterでシェア LINEでシェア はてなブログでシェア

レス

レス数7

レスする
このトピックはレスの投稿受け付けを終了しました
  • 2種類あるらしい

    私も聞いた話で、詳しい訳ではありませんが、カラーダイヤって、2種類あるみたいですよ。

    1.最初から色がついている天然ダイヤ
    2.透明のダイヤに色をつけたもの

    この説明でわかります?もちろん1の方がかなり高価です。トピ主さんがご覧になったのは2のダイヤでしょうね。たぶん。
    私も、つい最近マリッジリングを買いに行って聞いたんです。内側につけるダイヤっていろんな色から選べたんですが、ピンクだけが高かったんです。
    で、お店の人に聞いたら、ピンクは天然のピンクダイヤでその他(青とか黒とか)は透明のダイヤに色をつけたものなんですよ。って言われました。
    なので、本物のカラーダイヤはトピ主さんの御理解のとおり、お高いものだと思います。

    ユーザーID:

  • カラー=クズではないです

    ダイヤには、天然でも沢山カラーがあります。
    もちろんトリートメント物も沢山あります。
    天然代表は、ピンク、イエロー等。

    イエローは、ダイヤの4Cの「カラー」のランクが低い物になると出てくる物なので、クズ石との境界が微妙な物もあります。(不純物が少なければ、良いイエローダイヤです)
    ブルーの多くはトリートメントだと思います。ブラウンは、ごめんなさい。私には不明です。ちなみに、ブラックダイヤは別物です。
    天然でも、色の濃い物はとんでもなく高いです。

    私は以前、結構濃い色の天然ピンクダイヤのメレ(パヴェ用)×2ヶを、リングリフォーム時に10万円で買ったことがあります。10年前だから今よりも珍しかった事もありますが。高かった〜。

    ユーザーID:

  • それはですね

    人工的に着色されたダイヤだから、お安いのですよ〜。いわゆるファンシーカラーダイヤモンドと呼ばれるピンクダイヤなどは「天然のピンク色」である事がポイントです。着色されたものは「いかにも」な色ですが、天然物は結構淡い色合いです。

    仰るとおり、カラーダイヤは高価です。以前、とても気に入ったルビーをリングとネックレスにしたのですが、何を思ったかピンクダイヤでバチカンを作ったり、サイドに6石並べてみたりしました。結局、メインのルビーよりも高くなりました。ハァ〜・・。ま、そういう既製品では有り得ない事が出来るのがオーダーなんですけどね・・。

    ユーザーID:

  • 同じレスが山ほどかと思いますが

    カラーダイヤには、天然もの(ファンシーダイヤ)と養殖もの(トリートメントダイヤ)があるんですわ〜。

    「ファンシーダイヤ」はトピ主さんが思ってらっしゃる通り、そりゃもうびっくりするほど高値です。色がハッキリ視認できなくても、鑑定で「ファンシー」の域なら価値が上がります。

    養殖ものは、ダイヤに、ある一定時間の放射線をあてて、色を変えるんです。その対象になる石は「そのままだと使いにくい石」つまり、クズ石の類に近くなります。

    私はプロじゃないのでこの辺がいい加減ですが、トリートメントする時(髪みたいですね)、どの石がどの色になるか、照射してみなければわからないというのは本当なんでしょうか?だからピンクダイヤは、養殖ものでも比較的高値で取引されると。(きれいなピンク色を確実に出せるなら、需要が高くても安定供給が可能ですもんね)

    ただ、私もいい年になった今、そう言って需要の高いピンクダイヤやブルーダイヤを高く売る、店の作戦だったのかな〜と疑っております。

    ところで「ブラックダイヤって、艶のある石炭やん」と思ってしまう私って、だめでしょうか?(笑)

    ユーザーID:

  • パヴェを選ぶのは難しい、、、

    ダイヤに関して言えば、
    濁っていたりカットの悪い石は輝きが鈍いです。
    メレは鑑定が付かないので、購入時にはわかりにくいんですが、
    人と比べた時に、輝きの劣るダイヤでは、後悔します。

    又、今はダイヤの色を加工することも出来るので、
    そういう人口色と、天然色とは価値が全然、違います。
    まあ、人口色でも自分がきれいだと思い、
    そういうものだと納得してればいいんですけどね。

    他にも、仕事が雑で爪が衣服に引っかかる、
    裏の仕上げがペラペラで、指に跡が付く、
    パヴェが均一でなく隙間がある、など、、、
    安価なものはそれなり、、、である可能性が高い。

    一度、高級ジュエリーブランドに行って、
    職人が手塩にかけたパヴェを手にとって見てください。
    (もちろん、それにしても高すぎると、私は思いますが)
    その後で「広告の品」を見ると、絶対に買う気が失せます。

    ユーザーID:

  • それはトリートメントかと

    そういう安いカラーダイヤは人工的に色を着色したものです。人工着色でカラーダイヤのキラキラ感を気軽に楽しむ為のもの。もちろん、大きくて綺麗な発色のトリートメントダイヤモンドはそれなりのお値段がします。
    ちなみに私、馴染みの宝石店でナチュラルのファンシーピンクパープルダイヤ、1ctUPを指に乗せてもらった事があります。
    「お値段いくらですか」
    「1000万円」
    と言われました・・・

    ユーザーID:

  • トピ主です

    お礼が遅くなってしまって申し訳ありません。
    カラーダイヤといっても、天然のものから加工したものまで色々とあるんですね。
    確かに結婚指輪にサービスでつけてくれるブルーダイヤ、ものすごい青でした。
    いろいろと教えて下さった皆様、どうもありがとうございます。

    ユーザーID:

レス求!トピ一覧